ウォン 通貨保証。 韓国経済ついに“崩壊”か!? 頼みの「日韓通貨スワップ」は“反日暴挙”で絶望的… 識者「ウォン暴落なら外資は一気に引き揚げ」 (1/3ページ)

【韓国】日韓通貨スワップって何? 【韓国経済崩壊】終了 韓国さよなら再開大反対 完全消滅!!

ウォン 通貨保証

一時約2年8カ月ぶりの1ドル=1200ウォン台をつけました。 円とウォンで見ても、現在は100円=1100ウォン前後と、100円=1000ウォン台から明らかにウォン安が進んでいます。 韓国を訪れる日本の旅行者にとってはウォン安のメリットは受けられそうですが、金融市場にとってはむしろ、大きなデメリットとなってしまう可能性があります。 なぜ、一段の韓国ウォン安が世界経済の不安定度を高めてしまう可能性があるのでしょうか?今回は、ウォン安になった時に市場でよく言われる韓国の短期の対外債務や外貨準備高による信用不安云々の話ではなく、貿易分野での対外政策の視点から見ていきたいと思います。 世界各地での「異常事態」が「常態化」? 8月から9月に入り、世界では異常とも言える事態が頻発しています。 香港では「逃亡犯条例改正案」をきっかけとするデモが過激化し、8月31日には、当局が集会とデモ行進の両方を認めない中で、路上で火を放ったり、政府庁舎に火炎瓶を投げつけるなどのデモ行進が発生する異常事態となりました。 一部の香港の中高・大学生は9月2日から授業のボイコットを始めるなどデモ収束の出口が見えず、先行き不透明感も強まっていました。 こうした混乱が続く中、香港政府は4日にようやく逃亡犯条例改正案の撤回を認めましたが、依然として混乱が尾を引きそうです。 南米のアルゼンチンでは、大統領の予備選挙で予想を上回る得票率差によるマウリシオ・マクリ大統領の敗北を受け、8月12日には、株価、債券、通貨ペソがそろって暴落する「トリプル安」が発生しました。 アルゼンチンを代表する株価指数であるメルバル指数は、8月9日の高値から9月3日の安値まで約48%も急落するなど異常事態となりました。

次の

「通貨保証」に関するQ&A

ウォン 通貨保証

Contents• ハードカレンシーって何だ? ハードカレンシーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日本語では国際決済通貨と訳される事もあるようです。 国際決済通貨という表記からも分かるように、その国以外でも決済で使える通貨の事をハードカレンシーと言います。 例えば、アジアの国の一部では、買い物の時に現地通貨よりも米ドルや日本円を求められる事があるようです。 その意味で、米ドルや日本円はハードカレンシーです。 もう少し正確な定義を確認しておきましょう ハードカレンシーについてもう少し厳密な定義を見ておきましょう。 大辞林では、次のような定義がされています。 国際的に信用が高く、他国の通貨と自由な交換が可能な通貨。 他国の通貨と自由に交換ができる通貨をハードカレンシーというわけです。 自由に交換ができるから、その通貨で、他国で買い物が出来たりもするわけですね。 何が「ハード」なの? ちなみに、ハードカレンシーのハードは、英単語で書くと「hard」です。 日本人が「hard」と聞くと「熱心な」というような意味を思い浮かべるかもしれません。 しかしこの場合は、「硬い」という意味です。 「soft」の対義語としての「hard」というわけです。 また、カレンシーは英単語にすると「currency」で、「通貨」という意味ですね。 ところで、他の通貨と交換可能な通貨がなぜ「硬い」のでしょうか。 実は金本位制の時代に、「金」と交換できる通貨という意味で、ハードカレンシーという言葉が使われていたそうです。 物理的に硬い金と交換できるからハードカレンシーというわけです。 金が硬いのかどうかは、かなり微妙な感じもしますけどね。 一応そういう語源だそうです。 少なくとも、何カ所かで目にしたことがあります。 人民元はハードカレンシーに入るのか? 上に書いた定義からも分かるように、ハードカレンシーかどうかの判断は人によって異なります。 そもそも、信用が高いかどうかは相対的な話ですからね。 また、自由に交換できるかどうかも、程度問題です。 米ドルならどの国でも交換してくれるでしょうが、日本円だとそうもいかない地域もあるでしょうし。 とりあえず、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフランあたりはハードカレンシーと考えて良さそうです。 この辺りは、何を見てもハードカレンシーに含まれています。 スイスフランはちょっと意外な気もしますが、大体何を見てもハードカレンシーに含まれていました。 ちょっと微妙なのが、人民元でしょうか。 人民元はウィキペディアの中ではハードカレンシーとして紹介されていました。 ただ、人民元を外して、カナダドルを入れているものもあるみたいですね。 人によってまちまちといった感じです。 ということで人民元は、ハードカレンシーと呼ぶかどうかはかなり微妙な通貨と言えそうですね。 変動相場制ではない人民元をハードカレンシーと呼ぶ? そもそも人民元というのは、完全な変動相場制ではありません。 管理変動相場制という仕組みを採用しています。 大きな変動が無いように、調整されているのです。 もっと言ってしまうと、中国の金融当局によってかなりの介入が行われているようなのです。 その証拠に、中国の外貨準備高は速いペースで減少しています。 本来なら、もっと人民元安の水準のはずなんですよね。 そんな通貨をハードカレンシーに入れて良いものかと言われると、結構微妙な気がするのです。 国際的に信頼が高いという部分は、かなり疑問に感じるんですよね。 さらに言ってしまうと、人民元には暴落の噂が付きまとっていますしね。 ま、誰かが人民元をハードカレンシーに入れたから、どうなるというものでもありませんけどね。 しょせんは個人が勝手に決めるものですから。 ソフトカレンシーとは ハードカレンシーに対して、ソフトカレンシーというものもあります。 簡単に言うと、ハードカレンシー以外の通貨をソフトカレンシーと呼ぶそうです。 ハードに対するソフトというわけですね。 コンタクトレンズみたいなものでしょうか。 近場では、韓国ウォンはソフトカレンシーですね。 あとは、FXで関係がありそうなところだと、トルコリラとか豪ドルとかニュージーランドドルとか南アフリカランドあたりはソフトカレンシーと呼んでいいでしょう。 韓国が通貨スワップを望む理由 ところで、これを書いている現在、韓国と日本の通貨スワップの枠組みは壊れたままの状態です。 でも、韓国の反応を見ていると、日本との通貨スワップはぜひともやりたい様子ですね。 彼らはプライドが高いので自分から頭は下げたりしないでしょうが、韓国系の新聞記事には通貨スワップという単語が頻出しています。 相当気になっているのでしょう。 ハードカレンシーとソフトカレンシーという分類で考えても、韓国が日本との通貨スワップを望むのは、実は当然の事なのです。 万が一の時に、国際的に通用している日本円と交換できることは、韓国ウォンの信頼性を高めるのに非常に役に立つのです。 日本との通貨スワップと比べると、中韓の通貨スワップは、率直に言ってあまり意味がないものです。 というのも、人民元をハードカレンシーと呼べるかどうかは微妙なところだからです。 ないよりはマシという程度です。 そして、その中韓の通貨スワップですら、更新されないまま枠組みが無くなりそうな状況です。 さて、何か起きた時に、韓国経済は大丈夫なのでしょうか。 ちょっと不安ですね。

次の

【米FRB】9つの中央銀行と通貨スワップではなく一時的な為替スワップを締結 民間金融機関に対するドル資金の供給オペ

ウォン 通貨保証

経済評論家の渡邉哲也氏は「韓国の通貨ウォンは国際通貨ではない。 韓国の政府系銀行は財務状況も健全ではなく、信用度は低いとされる。 そこで、韓国の銀行が発行する『信用状』(=貿易用の小切手)を日本の銀行が保証する枠を与え、間接的に支援している。 そうした支援を打ち切ることも考えられる」と語る。 あくまで、韓国への「優遇措置」を取り消すだけである。 さらに、渡邉氏は「日本の大物政治家が『韓国向けの債券には注視することが必要だ』と口先介入するだけでも、韓国側はドルの調達ができにくくなるだろう。 輸出依存度が高い国だけに、輸出も簡単ではなくなり、貿易赤字は増え、通貨ウォンは売られるのではないか」と語った。 これが現実となれば、韓国の金融面でのリスクは高まりかねない。 1997年の「アジア通貨危機」の再現も考えられる。 元内閣参事官の高橋洋一氏も夕刊フジの連載「『日本』の解き方」で5日、対韓輸出管理体制の強化をめぐり、「筆者は、モノよりカネのほうが韓国への打撃が大きく、国内関係者への誤爆が少ないと論じてきた」「日本政府はまだカネのカードを温存している」と指摘している。 主導権は日本にある。

次の