手越 祐也 リアルタイム。 手越祐也のスキャンダル写真が文春砲!女遊びやコネチケ謝罪まとめ

手越祐也のスキャンダル写真が文春砲!女遊びやコネチケ謝罪まとめ

手越 祐也 リアルタイム

いつか、大きな夢が叶うことを願い、 夢への第一歩について残しておこう。 2019年7月6日 19:35 手越くんがXJAPANのメジャーデビュー曲 を生放送の舞台で披露しました。 彼が長年XJAPANのファンであることも、 ToshIさんの歌をリスペクトしていることも、 この1年間何度も一緒に歌ってみたいと公言していたことも知っていたので、紅をカバーすることが発表された6月22日から、7月6日の本番までの2週間、時にドキドキ、時にワクワク、時にT越祐也くんに沸きつつ、緊張と期待を胸に過ごしていました。 大好きな手越くんの大きなチャンスであり、 大きなチャレンジ。 こんなに緊張と期待が入り交じる経験、 自分の子供でもなかなかないかも 笑 当日は、多くの手越くんファンがアイコンを紅に染めて、手越くんにエールを送っていて、私の画面の左側は真っ赤 笑 見慣れないアイコンばかりで、誰が誰だか全然分からなかったけど、手越くんファンなことだけは一目瞭然。 頑張れーっ!応援してるよーっ!って、そんな声が聞こえてくるようだった。 番宣CMにも起用され、 たぶん4パターンはあった 番組からの期待も感じるなか披露した紅は、 ・楽曲に対するリスペクト ・ボーとしての挑戦 ・彼の魂 が込められた、 にしか歌えない紅だった。 ライブで見るだ! と、直後に思ったけど、 今思うと、 ライブでも見たことがない ボーだったかもしれない。 本気のだった。 音圧も届かない、現場の音を全て電波に乗せることも出来ないテレビから聴こえる歌声で、こんなこと、今までなったことないんだけど、しばらくまともに息が出来ない状態が続いた。 涙が出た。 はっきりと身体に空気を取り込んだ瞬間、 かっこいい! かっこよかったよ! 手越くんの大好きって気持ち、 伝わってきたよ。 もう、何度でも言いたい! 手越くんかっこいい!! 大好き!!! テレビの前で。 ネットでも大きな反響、 色んな感想があったけど、 音程がどうとか、 喉の調子がどうとかじゃなくて、 その時の彼の持てる全てで挑んだ、 たった1回の歌唱に、 彼の生きざまや愛を感じてか、 すごい!よかった!と絶賛する方の声や XJAPANファンの方々の温かい声が 少なくなかったことが本当に嬉しかった。 チャラいとよく言われる彼だけど、ファンのわたしから見ると、多角的に物事を捉えて、細部にまで愛を込めて行動する人。 心の真ん中に大きな愛がある人なの。 だから、紅を披露するにあたって、 歌で伝えたいこと、 伝えたい相手、 どうすればその愛が伝わるか、 を考えていっぱい準備して本番を迎えたと思う。 原キーにこだわったこと。 5月末にラストを迎えたツアー限定の髪色だよ、 と言っていたはずのピンク髪だったこと。 尊敬の念を感じる 紅色とは真逆の真っ白な衣装。 いつもステージでつけている指輪を 外していたこと。 目や耳で感じるだけでもたくさんの 愛とリスペクトが散りばめられていたように思う。 あれから2週間… 後日談もいくつか語られたけど、 そのどれもが嬉し涙を伴う、 とても心温まるエピソードだった。 ここからは、 そのエピソードについて綴ろう。 オファーから楽曲決定に至るまで 開催の情報解禁が2019年6月1日だったので、オファーを受けたのは5月辺りだったのかもしれないね。 予想です スタッフさんが用意した10曲ほどの候補曲の中から、最終的に自らを選曲した手越くん。 スタッフさんからは紅を推されていて、 手越くんの「紅だあぁぁぁーー!!」で 会場を盛り上げて欲しい! って言われていたんだって。 きっと手越くんも紅に挑戦したい気持ち、 最初からあったよね。 だけど、まずは歌えなきゃ歌っちゃだめだからって、とりあえず楽曲決定前から紅の歌練習を始めていたらしい。 まっすーはドラマ撮影で練習後は席外し 「「手越!これなら絶対に歌った方がいいよ!」」 嬉しかっただろうなぁー。 「じゃあ、やってみっか!キツイけど!」 そんな、メンバーの後押しもあり、 生放送の大きな舞台で、ずっと憧れてきたアーティストの楽曲を歌う機会がもらえるのは、これが最初で最後かもしれない。 キツいチャレンジだけど、やらずの後悔はしたくない。 そんな思いを胸に、 「リスペクトのもと是非歌わせていただきます!」 と生放送の舞台で紅を歌う決心をしたんだって。 本番までの心境 2019年6月26日、日テレの情報番組「」の取材を受けたNEWS。 放送は7月2日 取材の中で、紅カバーについて触れられ、 こんなことを言っていたね。 「好きだからこそプレッシャー」 歌う楽曲を即決しなかったことも含め、 リスペクトしているからこそ、 気軽には歌えないんだよね。 手越くんのことだから、 日々ガチ練習積んでたんだろうなぁ。 NEWSでの歌唱直後に行われた「」の取材 放送は7月8日 で、緊張感漂う楽屋での様子が暴露されてたね。 めっっっちゃ喉ケアして超静かだったらしいw そらそーだw いや、ほんとさ! この時、わたしもめーっちゃくちゃ緊張しててさ! ピークだったかも 一緒にすな まじ記憶ないの。 この辺 笑 本番を終えて めちゃくちゃプレッシャーだったけど めっっっちゃ気持ちよかった! 手越くんからはそんな感想が。 後日、一緒に食事をしていたさんから 「すごかったよ~!感動しちゃったー!」 って絶賛の声を頂いたり、 イッテQの収録 おそらく7月9日 で、 Qメンバーやスタッフさんからも感想を貰ったり、 ほかにも大きな反響が 手越くんにも届いていたみたいだね。 その反響は、なんと、 ご本人であるToshIさんの耳にも。 ToshIさんのブログ 2019年7月8日 20:39 反響を知ったToshIさんが、オンエア映像を観て、手越くんの紅についてブログで触れてくださったの。 これを読んだとき、 本気で泣いてしまったんだよーーー。 手越くんの魂が伝わった…! いちばん伝えたい人に伝わった! たった1回の歌唱で…!って。 本当に嬉しくて嬉しくて。 そして、 誰よりも手越くんに読んでほしい! 誰か手越くんにこのことを伝えてほしい! って思った。 そしたらね、時を同じくして、ブログを知ったNEWSの音楽プロデューサーさんが、手越くんに記事を送ったんだって。 嬉しすぎて泣いた手越くん。 さんに紅を絶賛された、 知人のお誕生日会の席でのことだったみたいね。 本当に歌って良かったね。 手越くんが嬉しいとわたしも嬉しい! 今年も 手越くんの魂 うた という大きな宝物を貰った夏。 貴方のファンで本当に幸せです。 この紅歌唱をきっかけに更に大きくなった ・ToshIさんとduetしたい! ・さんのピアノ伴奏で歌いたい! という大きな夢。 1歩前進どころか、大きくジャンプした気がする。 近い将来、叶うといいね。

次の

手越祐也『荒野行動』のオフ会で寿司桶をおごりSNSに現場画像が流出か

手越 祐也 リアルタイム

手越祐也さんの簡単プロフィール 手越 祐也(てごし ゆうや)さんは、 1987年11月11日生まれの現在31歳で、神奈川県横浜市出身のB型です。 もう皆さんご存知のお顔はこんな感じです。 てごちゃんが きょうも幸せでいますように 💗 最近は お友達が増えて どの公演かに入っています 笑 羨ましくもあり 安心しています💗 ラブラブデート 楽しんでね💗 — めぐみん 2iRElPG11NZZGMl 2002年にジャニーズ事務所に入所し、 10ヶ月後にはNEWSのメンバーに選ばれてデビューされました。 NEWSでは最年少メンバーとして、当時は黒髪でまだ初々しさがあり、たくさんの先輩からかわいがられていましたね。 そして同じグループの増田貴久さんとボーカルユニット 『テゴマス』を結成し、NEWSの傍ら2人でも活動していました。 例えば、1番有名なのは 『世界の果てまでイッテQ!』ですよね。 これで一躍お茶の間に顔と名前が広がったと思います。 他にも、 俳優としてテレビドラマや映画に出演したり、舞台やスポーツ番組なんかでも活躍していますね。 手越祐也さんは元々 サッカーが大好きということで、そのサッカー好きが高じて2012年から2018年までFIFAクラブワールドカップを中継する日本テレビ系番組で 7大会連続でゲストやメインキャスターを務めました。 2014年と2018年には、 2大会連続でFIFAワールドカップの日本テレビ系メインキャスターを務めています。 好きなサッカーで重大な仕事ができるようになって、すごいですよね。 手越祐也さんは、アイドルとしての活動以外でも幅広く活躍されています。 スポンサーリンク 手越祐也さんの逮捕間近な理由って何? 手越祐也さんの逮捕が間近だという話が出たのは、 3月6日の「東スポweb」での報道が原因のようですね。 そこには、 3人の大物芸能人が逮捕間近であると報じられていました。 最近だと俳優の新井浩文さんが逮捕されて世間を騒がせましたが、 それ以上に激震が走るようです。 最新の情報によると、このような話が出ているそうです。 東スポによると、逮捕が近いとされている芸能人は3人いるそうです。 まず1人目は、映画やドラマでは欠かせない中堅俳優で、女性へのDVがいつ事件化してもおかしくない状況とのこと。 2人目は、NHK大河ドラマにも出演した大物で、法律違反の薬物に手を染めている可能性が高いそうです。 そして3人目は、もし逮捕されれば全テレビ局が真っ青になる人気アイドルで、歌番組だけでなく、バラエティやスポーツ番組などでも活躍。 その彼は、反社会勢力と組み、詐欺話に加担しているというのです。 そしてこの3人目とされる人気アイドルとして疑われているのが、手越祐也さんということですね。 手越祐也さんが疑われる理由は、 『歌番組だけでなく、バラエティやスポーツ番組などでも活躍』とう部分に全て当てはまっているからですね。 私の中で現在バラエティー番組でも大活躍しているアイドルと言えば、 指原莉乃さんなんか思いついてしまいますが、スポーツ番組で活躍している姿はみかけたことがないので、条件に当てはまらないですね。 これだけではまだなんとも言えませんが、手越祐也さんほど当てはまるアイドルもなかなかいない感じがしてきますね。 そんな時に、 アイドルは「ジャニーズ」で「イニシャルがT」という新しい情報がはいりました。 手越祐也さんが逮捕間近だと疑われてもおかしくないような状況になってきていますね。 ちなみに、逮捕間近っていつ頃なんだろうと思って調べてみたのですが、 いつ頃かについては特に情報がありませんでした。 逮捕間近といえば手越祐也さんと同じく逮捕が噂されている田中圭さんについて『』の記事で情報をまとめているのでぜひ見てみてくださいね。 ファンからすると、早く手越祐也さん以外の人が捕まって無実だと証明してほしいですよね。 私的には、芸能人が逮捕されるなんていう報道事態、無いほうが嬉しいですね。

次の

手越祐也は会見で何を語った?リアルタイムで見た内容と感想まとめ

手越 祐也 リアルタイム

ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が23日、東京都内で記者会見を開き、今後の活動について発表した。 【全文(9 )】 「滝沢君と対立なんて一切ないし」に引き続き、会見の一問一答を掲載する。 そして今後やりたいことは引き続き歌って踊ってステージに立ち続けたい。 なぜ事務所を辞めなければいけないのかがわからない。 手越:先ほど話した夢のなかにもいろいろあったと思うんですけど、自分がまずメディアを持つ。 僕が独立した後に目標に掲げているのが、影響力を最大化するというところが一つなんですね。 今の時代において、SNSというのは影響力や発信力において切っても切り離せないと思っていて。 でもジャニーズ事務所にはジャニーズ事務所のやり方があると思うので、やはり影響力をこれ以上持つためには、個人でいろいろなところに出て行って、勝負していって、いろいろなところに手越祐也という名前を刻んでいくしかないなという思いが一つ。 たとえば僕とつながりのあるミュージシャンの方々から、名前を出すと角が立つのであれですけど、日本の音楽を引っ張ってきた方々なんですけど、(彼らから)「僕らのフェスに出てほしい」とか、「ライブに出てほしい」とか、その時は手越祐也でゲストももらったし、「テゴマス」でゲストももらったんですけど、そういったときに、NEWSのライブがホームだとしたら、フェスとかってどちらかというとアウェー戦になるじゃないですか。 アウェー戦で僕らのパフォーマンスをみてもらったほうが、NEWSに還元できるなというのが僕の思い。 なので、そういうセッションだったり活動をたくさんして、NEWSに持ち帰れたらいいかなというので、当時のマネージャーに「こういうオファーをいただいたんですけどどうですか?」って言ったら、断ってしまったんですよね。 超有名ミュージシャンからのオファーだったんですけど。 ジャニーズ事務所って、自分の事務所のファンだったりとか、ジャニーズファミリーを大事にするので、飛び出した人とのコラボとか、僕はX JAPANに憧れていたのでToshiさんとはラジオでコラボさせてもらったんですけど、コラボとか、自分の頭のなかにあるファンとのディナーショーだったり、ファンミーティングというのは、全部通らなかったんですよ。 全てにおいて。 最近この4、5年で僕が個人で持ってきた仕事だったり、NEWSで持ってきた仕事っていうのも、わりと僕がプライベートの人脈で仲良くなったところから、「せっかくだから手越とやりたいから」というので僕が事務所のマネージャーとつないで、そこで決まってきた仕事っていうのが本当に多くて。 っていうのもあって、でもやっぱりジャニーズって巨大な日本ナンバーワンの事務所なので、「これはマイナスがあるんじゃないか」というのを細かく精査するじゃないですか。 そのなかで僕はスピード感を大事にしたい人なので。 「やりたい」と思ったらやりたい、「欲しい」っていうものは欲しいという性格なので、なかなかもっていったものが具現化されてファンに届くというのが10カ月、1年かかっちゃっていたんですよね。 というのもあって、僕のアイドル人生の1年って、テレビ局のみなさんの1年はもしかしたら普通なのかもしれないけど、アイドルの30歳から31歳の1年って、本当に大切だし、1分1秒を僕は大事にしたいと思って生活している。 そこの僕の理想のスピード感との開きが出てきたというのは、理由として大きいです。 海外進出という面や、音楽性で自由に広げていきたい。 例えば一人で作詞作曲のアルバムを作りたいと言っても、ジャニーズにいたらなかなかOKは出ないし、時間はかかる。 自分がやりたいアイディアが、ジャニーズにいたらスピード感が遅いし、なかなかかなわないよなと。 このままの現状に満足して、ずっと5年10年活動するっていうのでも絶対幸せだと思うんですけども、やっぱり僕の人生の夢として、人間いつか死ぬわけですから、死んだときに悔いを残すっていうのは絶対にしたくないと思って毎日を生きている。 思ったことをすぐに行動に移してしまうというところにつながってくるんですけど。 NEWSの活動をしながらこの夢がかなうのなら、僕は絶対NEWSもジャニーズも出ていないです。 ただ、ジャニーズを出ざるを得なかったというのが、一番大きな僕の心情の変化であり、原因ですね。 そのなかには退所をネガティブに捉えている人もいる。 ポジティブになってもらうにはどんな言葉をかけたらいいか。 手越:僕が15年、20年くらい応援していたユニットが例えば一人が脱退するとか、解散だったりするというのは、僕自身がそのファンだったら、そんな簡単に受け止められることだとは思わないし、自分がその立場だったら本当にショックだろうし。 そこに対して強制的に「大丈夫だから。 ついてこいよ」というのを簡単に軽い言葉で言えないというのがある。 先ほども話しましたが、NEWSのファンってスーパーなので、心の底からNEWSの成功と応援を願ってくれていたというのは、僕もだてに16、17年いたわけではないので、それは心の底から知っているし、今回の僕のジャニーズ退所を受け止められないという気持ちも痛いほど理解しているつもりでいるけど、それに対して反発だったり、残された3人のファンだったり、3人に公式に謝らせてしまったことというのは、僕は簡単に「ここからの俺の活躍をみてくれれば大丈夫だよ」という風には言えないですけど。 僕がメンバー3人に話していたタイミングとか、退所を決めたタイミングというのは、僕自身は男の夢を持って、強い覚悟と決意を持ってメンバーにも報告したし、ジャニーズにも報告したし、僕も今後もっとファンと密になって。 今、「密になって」という言葉を使うとよくないですね(笑)。 もっと距離を縮めて、活躍して、絶対に今まで応援してくれていたファンの期待を裏切らない、「私たち、いろいろなことがあったけど、手越祐也を応援してあげられて本当によかったな」と思わせられるような準備だったり、活動というのは、今後の手越祐也という第二の人生をかけて、命をかけて攻めていくつもりだし、できる限り準備期間は短かったけど、僕的にはある程度の準備はできているつもりなので、ここはもう言葉で言うのは簡単ですし、言葉でしか言えない現状ですけど、信じてついてきてほしいなと思います。 その先にはすばらしい景色を見せられる自信があるので、ついてきてほしいなと思います。 僕はこんなことを軽い気持ちで言ってしまうのはよくないですけど、NEWSと心が離れたわけでもないし、小山(慶一郎)さんにも言いましたけど、俺はいまだにNEWSのことが大好きだし、3月に退所を決めてから、そしてジャニーズの弁護士との交渉に入ってから、そして退所日が決まってからも、やはりDVD見ちゃうし。 風呂場で歌っちゃうし。 「いい曲だなあ」とか「STORYやりたかったな」って心の底から思っているし、今でも思っているし。 ついてきてくれという強い意思でしか言えないけど、俺はどこかで、またNEWS4人で、何かしらの形で、どんな形であれ、みせたいな、みせられたらいいなという突拍子もないわがままですけど。 想像ですけど、「STORYやりたいな」とは思っています。 (ここで、ライブ配信をしているYouTubeのコメント欄からの質問に答える。 僕は自分が進みたい道が3月に最初に決めた段階というか、4、5年前から「今の自分でいいのかな」とか、もっとあんなことこんなことをやりたいというのがあったので、今までジャニーズを抜けた赤西君だったり、錦戸亮君だったり中居(正広)さんだったりという方々の活動はリスペクトしていますし、それぞれ夢を持って抜けた方々だと思いますけど、またちょっと僕がやりたいことってあまりに多種多様なので。 今やりたいことがたくさんあって、ここで話していたらキリがないんですけど、僕は一人なので、まず何を大切にしたいかということで、応援してくださっているファンや、SNSでいろんなボランティアやものを伝えるメディアとしての僕の役割だったり。 そういう方々を知らない人って本当に多いと思うので、できる限り僕の力で広めていく、伝えていくということが、まず僕がやりたいこと。 プラス海外進出だったり、僕の表現の一つとしてそれがYouTubeというだけなんですけども、そこに先人というか、先にジャニーズを抜けた方々に影響を受けたというのは1ミリもないですね。 完全に僕の意思で「これがやりたい」というので決めたことです。 手越:いや、急きょの記者会見だったので、周りの方があわあわ探してくださった結果、この会場が一番よかったという判断だと思います。 僕はその背景は何も聞いていないです。 (ここで司会が質疑応答を締め切るも、記者席から「認識の違いとはどこですか?」という声があがる) 高野弁護士:先ほど手越さんから詳細な説明がありましたけれども、4月の出来事と5月下旬の出来事ですね。 手越さんとしては3月から進めてきた将来の自分の仕事、芸能活動についての打ち合わせといいますか、助言を得るための会合だったわけですよね。 それについてジャニーズ事務所のプレスリリースは、報道について「一部誤りがある」ということを一応アナウンスされているんですけども、あまりにも「一部ある」というだけでその他は全部間違いないみたいなリリースのされ方をして、「それはちょっと違うでしょ」というところが出発点だったわけです。 (司会が締める。 最後に手越から締めの挨拶を促す) 手越:改めまして本日はお忙しいなかお集まりいただき皆さんありがとうございます。 短時間ではあったので、きっとみなさんのなかにも、YouTubeをみてくださっている方のなかにも、「もうちょっとこれ聞きたい」というのがあったと思うんですけど、先ほど言いましたとおり、TwitterやInstagramでみなさんとの交流、よりファンの方の近くでファンの方の人生相談だったりを受けられる場というのが今後できていくので、よりファンの方には、もちろんパフォーマンスは見てほしいけど、より近くで僕がいるという存在になれればいいなと思いますし、今後、メディアにいろいろお世話になった方々もたくさんいらっしゃるので、もちろんジャニーズ事務所ではなくなってしまいましたけれども、お声がけがあれば、手越祐也・一人の男として、それを盛り上げられるようなパフォーマンスは尽力していきたいと思いますので、またみなさんと仕事をできる機会があれば、その時はよろしくお願いしますというのと、ジャニーズ、そしてNEWSの他のメンバーとはもしかしたら違う土俵というか、違うところには立ってしまっていますけれども、僕はジャニーズ事務所のことを今でも大好きだし、それに関わってくれたスタッフの皆さんだったり、今までの番組のみなさんだったり、もっと言うとNEWSのメンバー、ファンというのはいまだに僕の血に流れているくらいの心の宝だと思っていますので、もちろん裏切られたとか厳しい意見も受けとめるつもりですし、そういうジャニーズ事務所で2002年12月から経験させてもらった僕の経験値だったりとか、僕の歌だったりスキルというものは、最大限に感謝しつつ今後新しい人生、ジャニーズしか知らない手越祐也の新しい人生にできる限り魂が消えるまでチャレンジしていきたいと思いますので。 追って僕のああいうことやりたい、こういうことやりたいというのは、発表させていただきますので、これからも末永く応援してくれたらと思います。 じゃあ手越に対しての意見とか連絡先どうすればいいのかってみなさん思うと思いますが、今月中くらいには窓口というのは、ご報告をTwitterなりInstagramでできると思いますので、その時まで待っていただけたらと。 僕も急きょだったので、準備万端ではなく、でき次第、僕の口から報告します。 TwitterやInstagram、YouTubeというものも僕の今後の活動を進めていく上で大きな支えとなっていきますので、初めてこの言葉を言うんですけれども、「ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします」。 みなさん本当にお忙しいなか、こんなにたくさんの方にお集まりいただきまして、そして厳しい質問もいただきましたけれども、僕の中ではすべて真実をお答えしましたし、僕は不器用で嘘はつけない人間なので、しっかり質問には、Twitterで発言の場ができるので、しっかりみなさまには真摯に答えていきたいと思いますので、今後とも手越祐也をよろしくお願い致します。 今日はありがとうございました。 (記者から「テイ!」のポーズを求められる) 「テイ!」行きますか? マジですか? どこにやればいいんですか? あのカメラに? じゃあ久しぶりに全力で行きますね。 行きまーす。 「テイ!」ありがとうございます。 今後もよろしくお願いします! AERAdot.

次の