カブ価 計算。 あつ森「カブ価予測ツール」とかいう便利ツール│SWITCH速報

あつ森のカブの期待値は約2倍!? 期待値を計算してみた

カブ価 計算

入力されたデータを元に1週間のカブ価の変動を予測して表示します。 入力されたカブ価が正しければ正確な範囲を出力します。 (Ver 1. 0で確認)• 表示される結果はあくまでも「予測」なので売買で出た損益については一切保証しません。 使い方• まずは日曜午前にウリから購入したカブ価を「 ウリ売値」に入力します。 (必須)• 次に月曜~土曜の午前と午後のカブ価を入力していくと予測結果を絞り込んで表示します。 変動タイプが分かる場合は「変動タイプ」を選択する。 「リセット」を押すと入力が全てリセットされます。 「グラフ非表示」を押すとグラフを非表示にできます。 列フィルタは各曜日の列を非表示にします。 スマホなど画面に収まりきらない場合に利用してください。 初購入チェック• 自分の島で初めてカブを購入する場合だけチェックをオンにします。 自分の島の住民が既にカブを購入したことがある場合はチェックをオフにします。 補足説明• 「購入時の価格」とそれぞれの「カブ価」は同じ島のものに限ります。 「購入時の価格」が他人の島、「カブ価」が自分の島あるいはその逆の組み合わせだと予測できません。 対応ブラウザ• Firefox、Chrome、Edge、Safari• 動作しない場合はページを更新して、全て読み込んだのを確認してから使用してください。 カブ価基礎知識 変動タイプ• 減少型:日曜日の午前が最高値で少しずつ下がり続けます。 上がることはありません。 波型:カブ価が上下に変動します。 跳ね小型:最大で買値の約2倍まで上がるのが特徴です。 跳ね大型:最大で買値の約6倍まで上がるのが特徴です。 変動タイプは翌週のカブ価に影響します。 1つ前の変動タイプが与える影響• カブ価は1つ前の「変動タイプ」の影響を受けます。 「変動タイプ」の決定には「1つ前の変動タイプ」が参照されています。 跳ね大型が2週続けて出る可能性が低いことも分かります。 カブ価予測ツール.

次の

とびカブ 〜とびだせ どうぶつの森 カブ価予測ツール〜

カブ価 計算

パターン2-B(四期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 4期目でピークとなるパターン。 ピーク後は暴落し、低価格で推移する(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 「変調」、「変調1期」などについては下記参照。 なお 四期型は2期目に1期よりもカブ価が下がることもある。 その後、3期には回復し、1期よりも高いカブ価となる。 パターン2-C(三期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 3期目でピークとなるパターン。 ピーク後は下落し、低価格で推移(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 いわゆる「高騰型」で、600ベル以上を記録することもある。 変調について 上記「パターン2-A(ジリ貧型)」のように小幅な値下がりで推移していたものが、木曜午後までのある時点で急に値上がりすることを「変調」という。 この場合「水曜午前に『変調』した」ことになる 「変調」が起こった時点(例では水曜午前の112ベル)を「変調1期」という。 以下、1期が午前ならその日の午後を、1期が午後なら翌日の午前を「変調2期」と定義(例では水曜午後196ベル)する。 「3期」(例では木曜午前576ベル)も同様。 「パターン2-C(三期型)」は、変調3期にピークを迎えることから、「三期型」と呼ばれている。 「四期型」も同様。 「変調」が起こると、『パターン2-B(四期型)』または『パターン2-C(三期型)』のどちらかになることが確定する。 変調は木曜午後までに起こる。 木曜午後まで値下がりが続いた場合は『パターン2-A(ジリ貧高騰無し型)』確定。 あくまでも『パターン2-A(ジリ貧型)』の推移から急に値上がりすることを「変調」というのであって、 『パターン1(波型)』の推移の中で値上がりしたことを「変調」とはいわない。 なお、「月曜午前変調四期型」は月曜午前に「変調」をする(とみなす)ことから、「小幅な値下がり後の急な値上がり」というパターンでなく、 月曜午前から火曜午後まで値上がりするパターンとなる(四期型のパターンとして、変調2期目(この場合月曜午後)に値下がりすることもある)。 これは「月曜午後変調四期型」(月曜午後に変調、水曜午前まで値上がり)、「月曜午後変調三期型」(月曜午後に変調、火曜午後まで値上がり)も同様。 例) 「月曜午前変調四期型」=月曜午前に「変調」したとみなす。 その後の動きは四期型で火曜午後にピークとなる。 その後の動きは四期型で水曜午前にピークとなる。 その後の動きは三期型で火曜午後にピークとなる。 月曜日午前 今作では月曜日午前の値でパターンを推測することは難しくなっています。 ちなみに前作までは、以下のような大まかな見極めが可能でした。 午前が 65ベル以下 or 92ベル以上 なら確実にパターン1(波型)。 午前が 66~67ベルor 88~91ベル ならほぼパターン1(波型)。 それ以外はパターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)。 今回は月曜午前が65ベル以下でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』になる例が報告されています。 また、月曜午前が92ベル以上でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』となる例が報告されています。 ここまでの報告を見る限り、月曜午前がだいたい110ベル以上の場合は『パターン1(波型)』となることが多いようです。 月曜午前の値だけでなく、月曜午後以降の動向をチェックしてパターンを推測することが賢明かと思います。 火曜午前が月曜午後よりも上昇していれば『パターン1(波型 』、早めに変調する『パターン2-B(四期型)』、『パターン2-C(三期型)』の可能性がある。 変調1期が月曜午後となるパターン(変調については上記参照)。 火曜午後まで上がり続けて220ベル以上ならおそらくこのパターン。 変調1期が月曜午前で、4期目の火曜午後にピークとなる。 変調1期が月曜午後で、4期目の水曜午前にピークとなる。 これらは『パターン1(波型 』との判別が難しい。 迷った時は火曜午後、水曜午前などピークとなる時まで待ってみるのも手。 上記のいずれもに当てはまらない場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前に月曜午後よりも大きく下落した、または火曜午前まで上がり続けても火曜午後に下落や横ばいとなったときは『パターン1(波型 』。 火曜午前以降に2~6ベルの範囲外での大幅な下落があった場合は『パターン1(波型 』。 月曜午後から引き続き木曜午後まで2~6ベルの下げ幅で減り続けた場合は『パターン2-A ジリ貧高騰無し型 』。 月曜午後から引き続き2~6ベルの下落が続いた後、木曜午後までのある時点で急に値上がりしたら、 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の可能性が高い。 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の判別は下記参照。 上記の「変調」があり、2期目に若干の下落があれば『パターン2-B 四期型 』 この場合、2期で若干下落しても3期目には1期よりも高い値にまで回復する。 それ以外の動きをする場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前以降、2~6ベルの範囲外での上昇があっても、下記『パターン2-C 三期型 』や『パターン2-B 四期型 』の動きに当てはまらず、上昇後すぐに大きく下落したりランダムな動きをする場合は『パターン1(波型 』 三期型、四期型の判別 変調前から1期にかけての変化ではパターンはわからない。 1期から2期にかけて、• 1期目よりも2期目の方が低かったら、間違いなく『パターン2-B 四期型 』。 1期目から2期目の上昇幅が小さかったら『パターン2-B 四期型 』の可能性が高い。 1期目から2期目の上昇幅が70ベル以上ならおそらく『パターン2-C 三期型 』。 2期から3期にかけて、• 3期目のカブ価が207ベル以上なら、おそらく『パターン2-C 三期型 』• 3期目のカブ値が150前後なら、おそらく『パターン2-B 四期型 』• 2期目から3期目の上昇幅が小さければ(13以下?)『パターン2-B 四期型 』の確率が高い• 2期目から3期目の上昇幅が大きければ(88以上?)『パターン2-C 三期型 』の確率が高い.

次の

【あつ森】カブ価厳選方法を分かりやすく紹介!月曜午前の売値を見れば3期型の見極めもできちゃうヨ!【金策/ベル稼ぎ】

カブ価 計算

もくじ• カブの基本情報 本作では、 日曜日の午前中に訪れる「ウリ」から、カブを購入することができます。 アイテム欄1つに10個のカブが入るので、最大合計400個のカブを所持できます。 カブは収納に入れることは出来ないので、購入の際はアイテム欄をスカスカにしておきましょう。 大体1カブ100ベル前後なので、40万ベルあれば最大まで購入が可能です。 このカブは現実での「株」と同様に、 「カブ価」が午前と午後で変動します。 仕入れ価格より高いカブ価の時に売る事で、カブで儲けることができます。 また、時間操作で少しでも時間を戻すと、カブは腐ってしまいますね。 カブ価は、 タヌキ商店で午前と午後に確認できるため、1日2回は絶対に確認すること。 ロード時間がそこそこあるので、11時59分だと午後しか確認できませんしね。 カブ価の変動パターンを予測する 過去作同様に、今作でも カブの買値と売値の変動に複数のパターンがあるようです。 パターンを把握することで、こまめに確認しなくてもカブで儲けやすくなるかも知れません。 過去作の価格変動パターンは以下の通りです。 価格変動パターン 特徴 3期型 序盤は下がり続け、木曜日午後までに偏重し、3期でピークになる。 価格が最も高騰しやすく変動パターン。 4期型 序盤は下がり続け、木曜日午後までに変調し。 3期でピークになる。 3期ほどではないが価格は高騰する。 波型 価格が上下し続け、ピーク時でも最大1. 5倍程度の売値にしかならない。 ジリ貧型 価格が少しずつ下がり続け、木曜日午後までに変調する可能性もある。 他にもパターンはあるかも知れませんが、まだまだ試行回数は少ないので、見つかったら追記します、 チャンスなのは「3期型」と「4期型」で、序盤に下がり続けたらチャンスだと思いましょう。 その他の変動パターンの場合は、大きくは儲けられないので、少しでもカブ価が高い時に売ること。 少しでも損は避けたいですからね。 カブ価が高い友達の島で売る 友達の島と自分の島ではカブ価が異なるので、 カブ価の高い友達の島で売る事で確実に儲けられます。 まとめ カブは楽にお金を儲けることができるので、本作ではとても有効な金稼ぎの手段です。 現実みたいに数百万単位を損することもないので、売り時を見極めて少しでも多く設けてみて下さい。

次の