紫式部 日記 若宮 誕生。 『紫式部日記』の【若宮誕生】の「十月十余日までも、~思ひよ...

古典、紫式部日記の若宮誕生というお話についてです。紫式部の若宮...

紫式部 日記 若宮 誕生

紫式部日記「若宮誕生」 現代語訳 紫式部日記「若宮誕生」 現代語訳 十月十日余りまでも、(中宮様はお産の後も)御帳(台の床)からお出になりません。 (私どもは)西側の傍らにある御座に、夜も昼も控えてお仕えする。 殿(道長様)が、夜中にも明け方にもお伺いになさっては、御乳母の懐をお探りに(なって皇子をおかわいがりに)なるので、(乳母が)くつろいで眠っているときなどは、何やらわからないで寝ぼけて目を覚ますのも、とても気の毒に思える。 皇子は)まだ頼りないご様子なのを、(道長様が)よいご気分で、高い高いをしてかわいがりなさるのも、当然のことながら結構なことである。 あるときは、(皇子が)とんでもないことをしかけ申し上げなさったのを、(道長様は)濡れた御直衣の)御紐を解いて、御几帳の奥であぶりなさいます。 「ああ、この皇子のおしっこで濡れるのは、うれしいことだなあ。 この濡れたのを、あぶるのは、願っていたとおりという気分だよ。 」とおっしゃって、お喜びになる。 中務の宮に関する御ことを、(道長様は ご熱心になさって、(私を 中務の宮家に心を傾けている人とお思いになって、ご相談になるにつけても、本当に(私の)心の中は、思案にくれていることが多い。 帝の行幸が近くなったというので、 道長様は)お邸の内をますます美しく造作し手入れをなさる。 実に美しい菊を見いだしては、根から掘って(人々が持って)参上する。 菊のいろいろな色に変色しているのも、黄色で見どころのあるのも、さまざまな様子に植え並べてあるのも、朝霧のかかる切れ目にずっと見通しているのは、ほんとうに老いもなくなるにちがいないという気がするのに、どうしてだろうか。 まして、もの思いが少しでも世間並みな人間であったとしたら、(このような折には 風流好みにも振る舞い、若い気分になって、無常のこの世をも過ごすことであろうに。 すばらしいことや、興味を引かれることを見たり聞いたりするにつけても、ただ思いつめた憂愁が引きつける面ばかりが強くて、憂鬱で、思いに任せずに、嘆かわしいことが多くなるのは、とてもつらいことだ。 なんとかして、今はやはり、もの忘れしてしまおう、思ってもしようがない、(思い悩むことは)罪深いことだというなどと、夜が明けてくると思いにふけりながら外を眺めて、水鳥たちが何のもの思いもない様子で遊び合っているのを見る。 水鳥を水の上に浮かんでいる、自分に関係ないものと見ることができようか、いや、できない。 この私も、水鳥のように浮いている不安定な生活を送っているのだ。 あの水鳥も、あのように気ままに遊んでいると見えるけれど、それ自身は(水面下で懸命に足掻きをして)たいそうつらい生き方をしているようだと、わが身に思い比べられる。 advanced Q. 1 懐をひき探させ給ふとあるが、何のためにそのようなことをするのか。 一〇字以内(句読点は含まない)で簡潔に答えよ。 advanced Q. 2 罪も深かなりと考えるのはなぜか、簡潔に説明しなさい。

次の

紫式部日記

紫式部 日記 若宮 誕生

説明は、後でします。 まず、ご指摘の「10月10余日」から「と、よろこばせたまふ」までは、道長の娘であり、一条天皇の后である彰子が、待望の男の子を産んで、それを喜んだ道長が、乳母が抱いている赤ん坊を抱き上げたり、抱いている赤ん坊からおしっこをかけられて、喜んでいる様子、が書かれているのですね。 で、次の「中務の宮」からご指摘の「苦しかんなりと、思ひよそへらる」までは、作者である紫式部の、現段階での心情を述べているのです。 訳すと、「道長様は、私が、中務宮に縁のある人間とおもって、その時、進んでいた中務宮つまり具平親王の娘と道長の息子との縁談について、私に、色々とお話をされるけど、本当は、こんな話は 嫌!なんです。 一条天皇が若君を見にこられるので、お屋敷を、菊で飾ったりして、それは、確かに、美しい光景だけども、どうも、今の私は、そんな気分にはなれません。 だって、出家したいのに、宮仕えをさせられているのですから。 水鳥が、楽しそうに遊んでいるけれども、あれは、私の姿なのかもしれません。 だって、浮ついているから。 でも、あの水鳥も、遊んでいるようにみえて、とても苦しんでいたりするかもしれない、なんて思ってしまいます。 」という大意になるでしょうか。 学校の先生(って、勝手に決めつけてしまってすみません)が、どのようにこの部分を説明したのかわかりませんが、この紫式部日記には、消息文 と言われる部分があって、それは、式部から他人にあてた書簡ではないか、と言われています。 ただ、現在、消息文は、この段のさらに後段の、正月を過ぎてからの記述だといわれています。 ただ、この日記も、また源氏物語にも、なぜか、式部が 嘆息した ような文章が交じっています。 質問者ご指摘の部分は、まさに、そのような記述部分かと思われます。 こういう文章が混ざっているので、理解しにくいのだと思います。 ご理解いただけましたでしょうか?もし、この部分がわからない、ということであれば、再度、当方までご質問ください。

次の

5分でわかる『紫式部日記』!内容と構成、清少納言の評価などを簡単に解説!

紫式部 日記 若宮 誕生

説明は、後でします。 まず、ご指摘の「10月10余日」から「と、よろこばせたまふ」までは、道長の娘であり、一条天皇の后である彰子が、待望の男の子を産んで、それを喜んだ道長が、乳母が抱いている赤ん坊を抱き上げたり、抱いている赤ん坊からおしっこをかけられて、喜んでいる様子、が書かれているのですね。 で、次の「中務の宮」からご指摘の「苦しかんなりと、思ひよそへらる」までは、作者である紫式部の、現段階での心情を述べているのです。 訳すと、「道長様は、私が、中務宮に縁のある人間とおもって、その時、進んでいた中務宮つまり具平親王の娘と道長の息子との縁談について、私に、色々とお話をされるけど、本当は、こんな話は 嫌!なんです。 一条天皇が若君を見にこられるので、お屋敷を、菊で飾ったりして、それは、確かに、美しい光景だけども、どうも、今の私は、そんな気分にはなれません。 だって、出家したいのに、宮仕えをさせられているのですから。 水鳥が、楽しそうに遊んでいるけれども、あれは、私の姿なのかもしれません。 だって、浮ついているから。 でも、あの水鳥も、遊んでいるようにみえて、とても苦しんでいたりするかもしれない、なんて思ってしまいます。 」という大意になるでしょうか。 学校の先生(って、勝手に決めつけてしまってすみません)が、どのようにこの部分を説明したのかわかりませんが、この紫式部日記には、消息文 と言われる部分があって、それは、式部から他人にあてた書簡ではないか、と言われています。 ただ、現在、消息文は、この段のさらに後段の、正月を過ぎてからの記述だといわれています。 ただ、この日記も、また源氏物語にも、なぜか、式部が 嘆息した ような文章が交じっています。 質問者ご指摘の部分は、まさに、そのような記述部分かと思われます。 こういう文章が混ざっているので、理解しにくいのだと思います。 ご理解いただけましたでしょうか?もし、この部分がわからない、ということであれば、再度、当方までご質問ください。

次の