ワイモバイル 不満。 [2020年]ワイモバイルの口コミ・評判は悪い?実際の口コミから本当の評価を検証|スマちょ。

【2020年7月】ワイモバイルの評判は悪い?|独自アンケートで徹底調査!

ワイモバイル 不満

運転免許証• 日本国パスポート• マイナンバーカード• 健康保険証+補助書類• 住民基本台帳カード(QRコード付)• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳 ドコモからワイモバイルに乗り換えるために必要な本人確認書類として、これらが使用できます。 公式サイトに明記されている書類以外の利用は問い合わせが必要とのことなので、念のために確認しましょう。 ちなみに健康保険証の場合は補助書類が必要となります。 クレジットカードまたは住民票などの住所確認書類を用意しましょう。 ステップ2:ドコモで「MNP予約番号」を取得する 次に、ドコモで「MNP予約番号」を取得しましょう。 この番号を取得することでワイモバイルでもドコモと同じ電話番号を使うことができ、ワイモバイルにの利用開始とともにドコモは解約となります。 ショップで発行する• ドコモコールセンターに電話して発行する• My docomoで発行する 予約番号を取得する方法は上記の3つです。 ショップやドコモコールセンターの場合は、スタッフと直接話して予約番号を取得することができます。 スタッフに伝える時は しっかりと「予約番号が欲しい」と伝えましょう。 最終的にドコモを解約するからといって「解約したい」と伝えてしまうと、その場でドコモの回線を解約してしまい乗り換えができなくなってしまいます。 筆者もショップスタッフとして働いていた時に、「解約したい」と言われてそのまま解約したら、後から予約番号が欲しかったということがわかり、解約をキャンセルするのに時間がかかりました。 まだ新人だった頃のミスではありますが、言葉を鵜呑みにしてしまうスタッフも多いので気をつけましょう。 My docomoでの予約番号取得のやり方 My docomoで予約番号を発行する場合、少しアクセス方法が複雑なので、この章で手順を解説します。 My docomoにアクセス• 下にスクロールして「その他のお手続きはこちらから」を選択• 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択• 最下部にある「ドコモオンライン手続きトップへ」を選択しPCページへ移動• 「解約お手続き」を選択• 「お手続き内容を確認」と「受付確認メールの送信」にチェックを入れる• 内容を確認し、「手続きを完了する」を選択• 完了 アクセスはスマホやタブレット、PCから可能です。 コールセンターやショップの場合混雑して時間がかかる恐れがあるので、1番素早く取得したいのであればMy docomoを利用するのがおすすめです。 予約番号の有効期限は15日!事前に取得しておこう 予約番号は、必ずしもショップなどで乗り換えが確定した時に取得する必要はありません。 有効期限は15日あるので、前もって用意することが可能です。 前述したように、予約番号の取得方法によっては大変混み合い、時間がかかる恐れがあります。 事前に予約番号を用意しておいた方が契約当日の流れもスムーズになるので、是非用意しておきましょう。 ステップ3:ワイモバイルに申し込む 次に、ワイモバイルに乗り換える手順について解説します。 ワイモバイルに申込から開通までの流れ• ワイモバイルオンラインストアにアクセスする• 購入したい機種のページへ移動• カラーやプラン、オプションなどを選択する• 「ご購入手続きへ」を選択• 必要事項を入力して申し込み内容を送信• 審査完了後、最短翌日にスマホが発送される• スマホを受け取り初期設定と開通手続きを完了させたら終了 オンラインストアで申し込む時は、機種から料金プランまで全て自分で決める必要があります。 とはいっても画面に書いてある通りに進んでいけばいいので、初心者でも問題ありません。 また、ワイモバイルのオンラインストアでは 24時間いつでも申し込みできますし、ショップに行く必要は一切ありません。 日中ショップに行く暇がない人は是非利用してみてください。 ワイモバイルに乗り換えるメリット 画像引用元: ドコモは「通信品質が良い・取り扱っているスマホが多い・サービスが手厚い」など非常に人気のある携帯キャリアです。 では、 ドコモからワイモバイルへ乗り換えるメリットはあるのでしょうか。 この章では、ワイモバイルに乗り換えるメリットについて解説していきます。 ドコモよりワイモバイルのほうが料金が安い ワイモバイルの料金プランは下記の通りです。 ドコモでも従量制プランで、最安値1,980円で使うことができますが、「使ったら使った分だけお金がかかる」というネックがあります。 また、通話定額のオプションをつけるとさらに料金が高くなります。 一方で、ワイモバイルの料金プランは通話もネットもコミコミで定額制なので、 制限を超えたら通信速度が低速化するだけで一切課金されません。 より確実に最安値で利用できるといっても良いでしょう。 スマホの機種代金も安い ワイモバイルで取り扱っているスマホのほとんどは 3万~5万円の格安スマホと呼ばれる機種です。 基本的に24回の分割支払いとなりますが、一括でも購入しやすい価格というのが魅力的です。 ドコモのスマホのほとんどは5万円以上の高額スマホなので、料金プランと機種代金を合算して月額8,000円程度になることも少なくありません。 機種代金を含めたトータルコストで考えても、ワイモバイルはかなりリーズナブルです。 ドコモで使っていたスマホを引き続き使える どのキャリアや格安SIMでも共通していますが、今まで使っていたスマホを引き続き使うことも可能です。 その場合は、 「SIMのみ契約」で乗り換えをする必要があります。 ドコモで使っていたスマホの機種代金が残っている場合も、ワイモバイルでSIMカードだけ契約すれば、• ドコモのスマホを引き続き使う場合の注意点 ドコモのスマホをワイモバイルで使う場合、いくつか注意事項があります。 SIMロック解除が必要• ワイモバイルの動作確認済みスマホのリストに含まれているかどうかチェックする• ドコモのスマホはワイモバイルのサポート対象外なので全て自己責任 ドコモのスマホの SIMロックを事前に解除する必要があります。 また、動作確認済みスマホのリストに自分が今使っている機種が含まれているかも、必ず確認しましょう。 さらにワイモバイルのサポートには一切対応していないので、修理などの保証オプションも利用することができません。 これらのリスクを踏まえた上で、ドコモのスマホを使うようにしてください。 ソフトバンク回線を快適に使える ワイモバイルはソフトバンクの子会社にあたる格安SIMです。 そのため、ワイモバイルではソフトバンクの回線を利用することができます。 どの格安SIMもキャリアの回線を借りて使っていますが、時間帯によって通信速度が遅くなるなどのデメリットがあります。 一方で、ワイモバイルは借りているわけではなく、 回線をソフトバンクと同じように使えます。 そのため、ネットの通信速度は「キャリアを使っていた時と変わらないくらい快適」だともいわれています。 名前はワイモバイルですが、実質ドコモと同じ大手キャリアである ソフトバンクに乗り換えるのと同じ感覚といって良いでしょう。 2年契約・解除料一切なし! 2019年10月1日から、ワイモバイルの料金プランや契約内容がガラリと変わりました。 その中でも大きな変更点が「2年契約と契約解除料の廃止」です。 ワイモバイルには、従来の2年縛りがなくなり、 契約の自由度が一気に高くなりました。 短期間使いたい人• 契約を気にせずに使いたい人 上記のような人にも、ワイモバイルは非常にお得です。 最安値1,480円で使える格安の料金プラン• ドコモのスマホを引き続き使える• ソフトバンク回線をキャリアと同じように快適に使える• 2年契約や解除料は一切ない ドコモからワイモバイルに乗り換える時の注意点 乗り換えの手続き自体はそこまで複雑なものではありませんが、 いくつか注意しなければいけない点があります。 この章では乗り換えの注意事項について解説するので、手続きをする前に知っておきましょう。 乗り換え手続きが完了した時点でドコモのスマホは使えなくなる 契約の手続きが全て完了すると、自動的にドコモが解約されワイモバイルの回線が開通されます。 そのため、ドコモのスマホでは下記のことができなくなります。 ドコモ回線によるネット接続• ドコモのキャリアメールの送受信 一方で、オンラインストアで契約した場合は、ユーザー側で開通手続きをするまで回線が切り替わることはありません。 そのため、 ドコモのスマホが使えなくても問題ないタイミングで手続きするようにしましょう。 データのバックアップやメールアドレスの変更などを事前にしておくことをおすすめします。 ドコモ側で契約解除料やMNP転出手数料などが発生する ワイモバイルに乗り換える場合、ドコモ側でも費用が発生します。 契約解除料:9,500円(2019年10月1日からの新プランは1,000円)• MNP転出手数料:3,000円 ドコモも10月から2年契約が緩和されたので、契約解除料は安くなりました。 しかし、 以前に契約していた人に関しては9,500円の解除料がかかる可能性があります。 (契約内容や状況によって異なります) 予約番号を取得する時に案内があると思うので、しっかり確認しましょう。 ドコモの料金は日割り計算されない ワイモバイルに乗り換えた時点でドコモは自動解約になります。 解約の場合、ドコモでは月額料金の日割り計算はありません。 つまり、いつ解約しても月額料金が満額かかるということになります。 そのため乗り換えするタイミングは、 月末が1番おすすめです。 人気スマホの最新モデルなど取り扱っていない機種が多い ワイモバイルでは、3万円~5万円程度の格安スマホがメインに取り扱いされています。 iPhoneの取り扱いもありますが、1番新しい機種でもiPhone 7と6世代ほど前のモデルです。 GalaxyのスマホやiPhoneの高スペックで最新モデルは、ワイモバイルにはありません。 それらの機種を使いたい人にとっては、ワイモバイルは不向きでしょう。 通信エリアが変わるので場所によって使えなくなる可能性も 通信エリアはドコモからソフトバンクに変わります。 そのため、 今までドコモで繋がっていたエリアで使えなくなる可能性も0ではありません。 使えない可能性は限りなく低いですが、自宅や職場など、よく利用するエリアでちゃんと使えるかどうかしっかり確認しましょう。 乗り換え手続きが終わった時点でドコモのスマホは使えなくなる• ドコモで契約解除料やMNP転出手数料が発生する• 解約時のドコモの料金は日割りされない• GalaxyやiPhoneの最新モデルなど取り扱いされていない機種が多い• 通信エリアがドコモからソフトバンクに変わるので使えなくなる可能性もある• キャンセルは8日以内であれば可能 ワイモバイルは料金も安く通信品質もキャリア並なので、 キャリアからの乗り換え先として非常におすすめです。 ドコモの料金が高いと感じている人は、是非一度乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。 ワイモバイルは初めて格安SIMを利用しようと考えている人にとっても、非常に使いやすい格安SIMです。 これから格安SIMを利用してみようと考えている人も、まずはワイモバイルを試してみることをおすすめします。

次の

不満続出!?ワイモバイルの無料じゃない「タダ学割」に潜む落とし穴

ワイモバイル 不満

データ量によって自分にあったプランをS/M/Rの中から選ぶだけです。 料金は、最初の7ヶ月は「新規割」が適用されて月700円安くなります。 最低利用期間・契約解除料 スマホベーシックプランには 最低利用期間(いわゆる縛り期間)はありません。 よって、いつ解約しても 解約金や違約金はありません。 以前のスマホプランは2年縛りがあり、契約更新月以外に解約すると9,500円の解約金が発生していました。 スマホベーシックプランは解約金なしですので、安心して契約できますね。 UQモバイルとの比較 よく似た料金プラン UQモバイルとワイモバイルのメインのプランの料金はかなり似ています。 UQモバイルのメインとなる料金プランはスマホプランですが、ワイモバイルのスマホベーシックプランと使えるデータ容量は全く同じです。 必要に応じて10分かけ放題(月700円)や通話パック60分(月500円)を追加します。 10分かけ放題がついていない分、料金はUQモバイルのほうが安いです。 10分かけ放題つきならワイモバイルが安い ワイモバイルとUQモバイルの料金を比較した場合、結論から言うと以下のとおりです。 10分かけ放題あり:ワイモバイルが安い• 10分かけ放題不要:UQモバイルが安い ワイモバイルのスマホベーシックプランは10分かけ放題が含まれたプランです。 一方、UQモバイルの10分かけ放題は月額700円のオプションです。 10分かけ放題付けたときの料金はワイモバイルもUQモバイルも同じですが、最初の6ヶ月間だけ700円割引が適用されるワイモバイルのほうがお得です。 一方、通話を全くしないと仮定した場合、ワイモバイルは料金が変わりませんが、UQモバイルはオプションが不要になるので UQモバイルの方が安くなります。 UQモバイルとワイモバイルの違い UQモバイルとワイモバイルの料金プランは似ていますが、いくつか大きな違いがあります。 例えば UQモバイルは「余ったデータの繰り越し」「データ速度の切り替え」が可能ですが、 ワイモバイルはできません。 一方、 キャリアメール・留守番電話はワイモバイルは無料なのに対し UQモバイルは有料です。 また、 光回線とのセット割があるのはワイモバイルだけです。 ワイモバイルとUQモバイルの違いは下記記事に詳しくまとめています。 詳細:• かけ放題なしならmineoが圧倒的に安い• 通信速度はワイモバイルが速い 結論:ワイモバイルは高い? かけ放題不要なら他社が安い 結論から言うと、 ワイモバイルの月額料金は他の格安SIMより少々高いです。 よく比較されるUQモバイルとはほぼ同じです。 ただし、他の格安SIMで10分かけ放題付きプランを選ぶ場合は、Ymobileを選んでもあまり料金は変わらない場合もあります。 しかし、通話をほとんどせずに10分かけ放題が不要な場合、月額料金は圧倒的に他社の方が安くなります。 料金以外も考慮が必要 ただし、上記は単純に料金プランとデータ容量を比較した場合のみです。 格安SIMは料金以外にも考慮すべき点が多数あります。 例えば、 ワイモバイル(とUQモバイル)は通信速度が圧倒的に速いです。 他の格安SIMはお昼や朝夕の通勤時間帯に速度が低下します。 また、ワイモバイルには 実店舗が全国に1,000店舗以上あり、 ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えたり ヤフープレミアム会員費が無料といった特典もあります。 次章で解説するメリット・デメリットも必ず読んでから格安SIMを検討しましょう。 料金以外のワイモバイルのメリット 料金以外のワイモバイルの主要なメリットを解説します。 特に通信速度が他の格安SIMに比べかなり速いのは大きな魅力ですね。 通信速度はとにかく速い ワイモバイルの最大のメリットは通信速度が速いことです。 正直、格安SIMの通信速度はドコモ・au・ソフトバンクと比べてかなり遅いです。 通常は3Mbps、お昼は0. 5Mbpsくらいが一般的です。 (ドコモはお昼でも40Mbpsとか) しかし、 ワイモバイルの通信速度は非常に快適です。 他から回線を借りて運営するMVNOではなく、自社回線を持つMNOの強みですね。 私も実際に通信速度を計測しましたが、最も回線が混雑する12時半頃でも25Mbpsを超えていました。 キャリア決済・キャリアメール ワイモバイルは キャリア決済「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。 キャリア決済とは、WEBサービスや通販などで発生した請求を、スマホ料金とまとめて払う事ができるサービスです。 キャリア決済が使える格安SIMは、ワイモバイル・UQモバイルなどごく一部です。 また、ワイモバイルではキャリアメールも無料で使えます。 キャリアメールとは「~ docomo. jp」「~ softbank. jp」といった、キャリア独自のメールアドレスですが、 ワイモバイルも「~ yahoo. jp」というキャリアメールが使えます。 ちなみに、UQモバイルにもキャリアメールのサービスがありますが、 ワイモバイルは無料なのに対し、UQモバイルは月額200円のオプションサービスです。 特に以下の2点はかなり大きなデメリットですのでよくお読みください。 デメリット詳細は下記にまとめています。 ・ データの繰り越しができない ワイモバイルの最大のデメリットが、 余ったデータの繰り越し機能がないことです。 主要な格安SIMでデータ繰り越し機能がないキャリアはワイモバイルくらいです。 同じサブブランドのUQモバイルにもある繰り越し機能が使えないのは、ワイモバイルの大きなデメリットです。 私はWi-Fi環境下にいる事が多くあまりデータを消費しないのでそこまで困りません。 しかし、月によるデータ容量の変動を吸収できないため、月末になると通信制限がかかっている方は大きなマイナスポイントです。 この点はライバルの「UQモバイル」の方が優れています。 詳細: データの低速モードがない ワイモバイルには 他の格安SIMにあるような「低速モード」がありません。 多くの格安SIMでは、低速モード(節約モード)といって、データ速度を低速に切り替えることで容量を消費しないしくみがあります。 低速でも音楽ストリーミングやラジオ視聴、文字のLINEやメールのやりとりは問題ないため、うまく使えばデータ容量を節約できます。 しかし、ワイモバイルにはないため、音楽ストリーミングやラジオ視聴でもデータ容量が消費されてしまいます。 Ymobileで得する人・損する人 結局、私が考えるワイモバイルがおすすめな方、おすすめではない方は以下の通りです。 こんな人にYmobileはおすすめ <おすすめの人>• 通信速度にこだわる• ネット・SNS・動画を見る• 通話をよくする• 店舗があった方が安心• キャリア決済が必要• キャリアメールが必要 特に ワイモバイルは通信速度が本当に快適です。 よくネットやSNSを見たり、動画を見る方はワイモバイル(またはUQモバイル)がおすすめです。 また、ワイモバイルのスマホベーシックプランは10分かけ放題がついています。 通話を良くする方はワイモバイルがお得です。 さらに、 店舗がたくさんあるのも魅力です。 他の格安SIMは店舗がほとんどなく手続きはWEBで完結する必要がありますが、ワイモバイルは全国に1,000店舗以上あります。 近くに店舗があるのは安心ですね。 こんな人にはおすすめしない 逆に、こんな人にはワイモバイルはおすすめしません。 <おすすめしない人>• それほどスマホは使わない• かけ放題は不要• 少しでも料金を安くしたい• 頻繁にキャリアを買える• データ繰り越し機能が必須 本記事で解説した通り、 ワイモバイルの料金プランは他社に比べて少々高いです。 「スマホはそれほど使わないので料金を1円でも安くしたい」という方は他の格安SIMのほうがおすすめですね。 また、主要な格安スマホキャリアでは唯一 余ったデータの繰り越し機能がありません。 速度制限時の最大速度も遅いので、よく通信制限にかかる方はのほうが良いかもしれません。 ワイモバイル料金の節約技 おうち割でさらに料金割引 ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプラン活用術ガイド!

ワイモバイル 不満

ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、なんとなく中古みたいな印象があってこれまで敬遠していたのですが、 実際に買ってみたら、見た目も中身も未使用新品としか思えないスマホでした。 そもそも、ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、• 実際に申し込んで利用されないまま、ユーザー都合で返品された商品• 実際に申し込んで利用されたけど、ユーザーの都合で返品された商品 のいずれかです。 なので、全く未使用か使っている期間がめちゃめちゃ短いかなので、新品同様というのは当然と言えば当然です。 アウトレット品というだけで、端末代金は1万円以下がざらで、5千円以下で購入できる端末もあるため、スマホにかけるお金を大幅に節約できます。 というわけで、アウトレット品は基本的に動作不良はなく見た目もキレイなので、どうしても新品じゃないと嫌だという方でなければ、端末代が節約できてとてもオススメの機種です! ワイモバイル Ymobile のアウトレット品を購入する時にぜひ活用したいのが、タイムセールです。 通常、タイムセールというと、不定期な印象がありますが、 ワイモバイルのタイムセールは毎日21時からやってます。 毎日21時になると端末代が値下げされるので、このタイムセールを活用すると、元々安いアウトレット品がさらに安くなります。 タイムセールを使えば通常7560円の端末がたったの100円になったりするので、単純にタイムセールを利用した方が圧倒的にお得です。 タイムセールは毎日21時から開催されるので、事前に、販売予定の端末が分かるのでアウトレット品がないかチェックしておきましょう。 タイムセールの申し込みは、21時以降にオンラインストアにアクセスして専用ページから申し込むだけです! 人気の機種はどんどん在庫がなくなるので、気になる機種があれば早めに購入しておくのがオススメです。 Contents• ワイモバイルのアウトレット品を買った感想は? ドコモ docomo のiPhoneSEが気に入っていたのですが、バッテリーの持ちが悪くなってきたので、そろそろ機種変更をしようということで、ワイモバイル Ymobile のアウトレット品を購入してみました。 スマホを色々リサーチしてみると、ワイモバイル Ymobile のアウトレットがなかなかいい値段だったのでちょっと試してみようということになりました。 アウトレット商品は定期的に入れ替わるのですが、ちょうど、狭額縁が気になる507SH, Android One S2がラインナップに加わっていました。 しかもちょうど タイムセール 期間で一括7,560円です。 スマホで7,560円なら、失敗してもそこまで痛くないので、買ってみることにしました。 もちろんオンラインショップで申し込みをしたところ、水曜の夜遅くに申し込み、土曜にはすでに自宅に到着していた模様です。 不在にしていたので実際に受け取ったのは日曜でした。 実際中を開けてみると、ワイモバイルのアウトレット商品は「修理上がりもしくは返品されたもの。 付属品等は一切なし」という定義になっているようですが、 届いたものはどう見ても未使用新品にしか見えない感じです。 ちょっと、中身も完璧な状態になっているように思えます。 ただ、実際にスマホを起動してみると、初期設定画面より先に進まない事象が発生しました。 どうやら無効なSIMカードが刺さった状態で起動すると、初期画面で止まる症状がおこるとのことでした。 そこで、刺さっていたSIMカードを抜くと無事初期画面が進み、とりあえず起動しました。 よく分からないのですが、SIMを抜き差ししたら上手くいって、今は問題なく使えています。 それから1週間程度使っていますが、全く中古といった感じはせず、フル充電すれば2日間電池持ち、これで7,560円というのはかなり買いだと思います。 ワイモバイル Ymobile のアウトレットはすごく状態がいいものが送られくることが分かりました。 ただ、初期設定はなれない方も多いと思うので、SIMを抜き挿ししたりして、頑張って起動させましょう。 そうですね。 タイムセールというと、不定期な印象がありますが、ワイモバイルのタイムセールは毎日21時からやってます。 使えるものは使って、端末代をバンバン節約しましょう! そもそもワイモバイル Ymobile のアウトレット品とは、 利用者の都合で返品された 未使用品や短期間利用した端末のクリーニング、修理、動作確認を行い問題がない端末のことです。 端末はリフレッシュ品ではありますがワイモバイルが動作保証をしていますし、初期不良があった場合もちろん交換対応をしてくれるので安心して利用できます。 ワイモバイル Ymobile のアウトレット品の定義としては、• お客様の都合により返品された未使用品、または短期使用端末などがアウトレット品として販売される• クリーニング、修理、稼働確認済みの商品のみ販売• 外箱や保証書、説明書、USBケーブルやSIMカードを取り出すためのピンなど付属品もついてこない となっています。 アウトレット商品は新品の製品と比較して圧倒的に低価格である点にも大きな特徴があります。 うまく購入できれば新品と同品質のスマートフォンを格安で購入できるので、端末代を節約したいという方にはとてもオススメです。 どんな機種がある? ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、以下のスマホ、ガラケー、ポケットWiFiの3種類があります。 機種代金一括 7,560円• 月額料金 2,138円~(1年間) 京セラ製の安心スマホ「Android One S2」は、信頼の国産スマホで、カメラ・CPUの性能は高くありませんが、バッテリーは長持ちです。 防水・防塵・耐衝撃を完備しています。 また、濡れた手や手袋をはめたままでも操作できるがメリットです。 メール・電話・LINEが中心であまりスマホを使わない方にはオススメです。 機種代金一括 7,560円• 月額料金 2,138円~(1年間) ワイモバイルの人気シリーズ「Android One」の最初の機種である「507SH」は、発売から時期が経っているものの、Snapdragon617を搭載したなかなかのスペックの機種です。 安心の国産SHARP製でバッテリーの持ちもよく、防水・防塵やワンセグにも対応しています。 性能の割に端末代金が非常に安く、私もおすすめの機種です。 16GB SDカード付• 機種代金一括 4,320円• 月額料金 2,138円~(1年間) 京セラの安心スマホ「DIGNO E」は、3日間充電不要の長持ちバッテリーと、防水・防塵・耐衝撃を搭載したスマホです。 濡れた手や、手袋をしたままでも操作できるのも特徴です。 CPU性能やカメラは決して高性能ではありませんが、価格も安いので、電話やメール、LINEが中心の方には大変オススメです。 機種代金一括 1,080円• 月額料金 1,008円~ AQUOS ケータイは、ガラホです。 ガラホは、ガラケーを利用している人にもスマホを利用している人にもオススメできる端末です。 AQUOS ケータイは、• LINEが使用できる• 高速通信が可能• クリアな通話が楽しめる ガラホにはさまざまな特徴がありますが、ケータイと違う点をまとめてみました。 まず、 スマホと同じくLINEを使うことが可能です。 INEをガラケーの見た目で使えるのは助かるという方も多いです。 さらにLTE 4Gで、ガラケーとは違った 高速通信を楽しむことができます。 他にもクリアな音質で通話が楽しめたり、高画質カメラで撮影できたりと魅力の多い端末です。 機種代金一括 3,240円• 月額料金 3,991円~ Pocket WiFi 502HWは、ワイモバイル Ymobile のポケットWiFiです。 そもそもポケットWiFiとは、ルーターというスマホよりちょっと大きいサイズの箱、これを持ち運んで電源をオンにすれば、どこでもインターネットができるというものです。 最近ではスマホが普及しているから、PCをあまり使わない人も多いかと思います。 とはいえ、自宅にインターネット回線を工事して引くまでもなく、手軽にインターネットできればいいなという人にオススメなのがこのポケットWiFiです。 商品は中古? 結論から言うと、ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、中古品となります。 一応定義としては未使用端末もアウトレットで販売されているとなっていますが、若干の使用品もあるのは事実です。 なので、前の使用者が使っていた時についた傷や汚れが残っている場合もあるということです。 ただしワイモバイルでは最低限のクリーニングは行ってくれているのでそこまで心配することはないです。 また、アウトレット品の場合、以下のものが付属されません。 保証書• 説明書• 付属品(ACアダプタ・充電ケーブルなど) 商品は簡易包装で送られてくるので、その点も注意しましょう。 アウトレット商品では、充電アダプタやUSBケーブルも入っていないため、充電器もないです。 アウトレット品が新品であってもAndroid端末では充電器がついてこない場合が多いので、前に使っていたAndroidの充電器や新しく購入するかして利用するようにしましょう。 また、SIM取出用のピンも付属では付いてこないので、SIMを抜き出す場合はご自身でピンを準備するようにしてください。 保証内容は? ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、 保証書がついていないので、保証期間がないです。 よって通常受けられるメーカーの1年保証も受けることができません。 なので、交換可能なタイミングは、商品受け取り直後の初期不良についてのみ、つまり、受け取り直後というのは約8日間だけです。 ワイモバイル Ymobile はアウトレット品は新品ではないため、故障時の保障がありません。 傷や汚れがある場合もあるとのことです。 ただし、商品受け取り後8日以内に確認された初期不良については同等のアウトレット品と交換できます 初期不良かどうかの確認は、ワイモバイル オンランストア事務局 0120-200-128 に連絡してワイモバイルに確認します。 以前アウトレット品を購入して初期不良があったのですが、不良の申告から交換端末送付が伝えられるまでの手続き自体は非常にスムースで、5分ほどで完了しました。 担当の方は非常に丁寧な対応とまではいかないものの、こちらが不満を感じるような対応はなかったです。 料金プランはどうなる? ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、端末は安い上に、料金プランは通常購入と変わらないです。 2018年9月1日より、ワイモバイル Ymobile では、データ容量がギガ増量ということで、• この料金プランがアウトレット品でも使えるんです。 つまり端末購入時も安く、維持費も安く利用できるということなので、とにかく携帯電話料金を節約したいという方には、アウトレット品はおすすめできます。 ワイモバイルのアウトレット品とは、ワイモバイルの再生施設でクリーニング・修理・稼動確認を行い、問題なく使用できると確認された商品• 外箱、保証書及び説明書、付属品の同梱及び発行はされず、それを理由とした返品等は受け付けてもらえない点に注意 ワイモバイルのアウトレット品の評判・口コミは? 続いて、ワイモバイルのアウトレット品を実際に使った方の口コミ・評判を見ていきたいと思います。 良い評判・口コミは? 良い評判・口コミには以下のようなものがあります。 当初は実質的にはどうか分かりませんが価格設定45000円くらいだったと思いますが、最近はMNP108円~新規1万円くらいでワイモバイルで販売しているようです。 ハッキリ言ってかなりの高コスパだと思います。 海外製のSIMフリー機種、ワイモバイルの機種、iPhoneなどさまざま検討した結果、一番コスパいいんじゃないか、と感じています。 価格は、2年縛りがあるものの、7,500円クラスのSIMフリー機種と同等と考えれば、相当安いと思います。 同価格帯のHUAWEIのGR5、ZTMのV580などと比較しましたが、ワンセグ、おサイフケータイというガラパゴスな機能もついて、性能的にほぼ同等ということで、コスパは上と判断しました。 ワンセグなんて、基本的に使いものにならないですが、震災時にあると、絶対役立つんですよ。 Android One S1の総評ですが良いですね、電池も持つし動作はヌルサク、毎月の料金も割引を効かせて安くできましたし大満足です。 ただ、カメラの画質がイマイチなのと性能があまり良くないので学生さんに正直あまりお勧めできないですね。 ですが写真をそんなに撮らない、ゲームもあまりしない、ブラウジングとSNSがメインって人にはかなりお勧めです。 YモバイルのAndroid One S1を機種変更でバーゲン価格に釣られて購入。 ASUSのZenfone2laserとの比較になりますが、意外にも「良い!」と思います。 国内メーカのスマホには,正直全く期待してなかったのですが、やはり日常身につける物は、小さく軽いのが良いと再認識させられました。 ワイモバイルのアウトレット品で長く使えるAndroidスマホが欲しい。 あるいはワイモバイルならではのスマホがあるなら使ってみたいという場合は、「Android One」シリーズの最新機種「Android One S1」がよいかもしれません。 IP65/IP67相当の防塵防水設計で、ディスプレイは高精細さと省電力性を兼ね備えるIGZO液晶ディスプレイとなっており、2,530mAhのバッテリーとあわせて、公表値で3日間を超える連続起動時間で、満足度も高いです。 イマイチな評判・口コミは? イマイチな評判・口コミには以下のようなものがあります。 比較対象がドコモの高価格帯機種ですが、やはり一段落ちると言わざるをえません。 ネットの読み込み、アプリの起動などが遅く、待ち時間があります。 また、ブラウザでタブで複数画面を開くとメモリの関係か、いちいち画面遷移の際にネットに接続して読み込まなければなりません。 自分はゲームはやりませんが、ゲームや容量を使うアプリを使用する人には向かないでしょう。 通話も今時電波がないなんて事態になるとは想定外です。 いつでもすぐに電話をしなくてもいい人、メールやメッセージアプリ、カメラくらいしか使わない人にはいいのではないでしょうか。 ハードに使うには貧弱です。 私は後悔しています。 激安だったので選んだだけ。 WiFiは2. 4Gのみで、アウトカメラも今となっては何だかな~な画質。 タッチ感度がやや弱く、軽いタッチだと抜けてしまうときがある。 乾燥の季節には辛い。 画面映りは普通、価格からしたらいい方。 何て言っても一万円だから、同価格帯の中華よりはマシに決まっている。 docomoやソフバンのSHARP機に比べては見劣りするので、比べてはいけない。 Android One 507SHですが、カメラの画質は悪いし、反応遅い。 留守電がない。 スピーカーからの音は大きくなったり、小さくなったり、波がある。 電池の持ちが悪い。 アップデートで基盤が壊れた。 良いところがない。 格安と言っても決して安くないのに。 二度とこの機種にはしません。 最初は結構バッテリーの持ちもよく、操作時のレスポンスも良かった気がするが、使い始めて1年半程経過したら、バッテリーは半日でほとんどなくなるし、データ通信量もまだかなり余っているのにもかかわらず操作してからの反応がかなり遅くなった(本体の空き容量が少ないから?)。 そろそろ買い換えを検討してる。 ワイモバイルのアウトレットではAndroid Oneシリーズがオススメ• 動作保証があり返品が可能• アウトレット品はSIMロック解除に対応• 故障時などに店舗サポートが受けられる といったものがあります。 動作保証があり返品が可能 ワイモバイル Ymobile のアウトレット品には保証書がついていません。 しかし、アウトレット品特有の以下の保証があります。 初期不良の場合は、商品受け取り後8日以内なら同等アウトレット品と交換が可能• 初期不良の場合、未開封の場合は返品も可能 ちなみに、アウトレット品は傷などがある場合がありますが、これを理由にした返品は不可です。 やっぱりアウトレット品なので動かないっていうこともありそうと思っている方もいるかと思いますが、ワイモバイルのアウトレット品には動作保証が付いています。 もし、ワイモバイルのアウトレット品を購入して動かないなど初期不良が疑われる場合、アウトレット商品受け取り後8日以内なら、同等のアウトレット品と交換してもらうことができます。 このように、ワイモバイルのアウトレット品は動作保証もついているので、もし購入したアウトレット品が動かないというトラブルがあった場合でも対応してくれるので安心です。 アウトレット品はSIMロック解除に対応 ワイモバイル Ymobile のアウトレット品もSIMロック解除に対応しています。 SIMロック解除が可能になるのは購入から101日経過後に可能になります。 これはワイモバイル Ymobile で販売されている他の機種と同じです。 ロック解除方法は店舗とWEBの2つの方法があります。 店舗での受付• WEBのY! mobileでの受付 店舗の場合は製品を持って行けばスタッフさんに行ってもらう事が出来ます。 WEBでの申し込み方法は、まずMyY! mobileからログインして、SIMロック解除コードを発行する必要があります。 IMEI スマートフォン固有の番号 を入力するとSIMロック解除コードが発行されます。 そのSIMロック解除コードを端末に入力すると解除が完了します。 作業は簡単に行う事が出来ますので、手数料が無料WEBで行う事をオススメします。 故障時などに店舗サポートが受けられる また、アウトレットで購入したとしてもワイモバイルとの契約となるので、全国にあるワイモバイルショップや取扱店でサポートが受けられます。 利用直後の端末交換など端末への問い合わせに関してはワイモバイルオンラインストア事務局が窓口になるのですが、契約内容の確認・変更・解約などはワイモバイルとの契約に関してではショップでももちろんと取り扱ってくれます。 ワイモバイルのアウトレット品のデメリットは? ワイモバイル Ymobile のアウトレットのデメリットとしては、• アウトレット品にiPhoneはない• OSのバージョンが古い場合がある• 転売目的の購入は不可 といったものがあります。 といっても、端末代や性能についてのデメリットは特になく、安いからサポートは手薄というくらいで、他のサイトやショップで同じ機種を購入するよりも、ワイモバイルのアウトレットを活用した方が、安くスマホを手に入れられることは間違いありません。 アウトレット品にiPhoneはない ウトレットの対象となる端末は時期によって変わるものの、2018年10月現在、 iPhoneはアウトレット品になったことはないです。 過去にNexus5などの人気機種もアウトレットで安売りされていたこともあるので、今後iPhone5sなど過去にワイモバイルで販売されていたiPhoneがアウトレットに出る可能性もあります。 ただ、ワイモバイル Ymobile のiPhoneは以下のように値下げされていて、既に安いので、アウトレットでさらに安売りされる可能性は低いと思います。 なので、保管期間が長いアウトレット端末はOSが最新でない場合があります。 しかし これは端末が手元に届き、OSのバージョンアップを行うと最新のバージョンで利用できるため心配ありません。 端末が届いて電源を入れた際には、OSのアップデートを行ってください。 OSアップデートにはたくさんのデータ容量を利用するので、Wi-Fi環境下で行うことがオススメです。 転売目的の購入は不可 ワイモバイルでのアウトレット商品は、実際に利用するユーザーに向けての販売となっています。 再販売や転売での目的での購入はNGとなっています。 ワイモバイルのアウトレットのデメリットは、アウトレット品にiPhoneはない、OSのバージョンが古い場合がある、転売目的の購入は不可といったものがある• iPhoneはアウトレットはないものの、値下げされていることが多いので、SIMフリー版を購入するよりも、ワイモバイルのセット割のiPhoneを購入する方がお得 アウトレット品をタイムセールを使って安く購入する方法 アウトレットという時点で端末代は安くなっているのですが、さらにタイムセールを活用することで、端末代がぐっと安くなる点は特に見逃せません。 mobileではアウトレットとは別にタイムセールの特設ページが用意されています。 ワイモバイル Ymobile のタイムセールは毎日21時から開始されます。 従って、21時になったら にアクセスして、以下の専用ページから申し込みをすれば、タイムセールは確実に適用されます! 夜の9時を過ぎると、タイムセールが開始されました! 毎日開催されているのですが、実際問題、かなり在庫がなくなるスピードが速いので、気になる端末があったら、迷わず購入しておくのがオススメです! タイムセールで買った端末を転売する業者もいるほど、タイムセールの端末代金は間違いなく安いので、他で買った方が高かったということはまずありません。 私が確認したタイミングでは、AQUOS CRYSTAL Y2のカラーのターコイズ、ホワイト、ピンクは完売しており、ブラックのみしか購入できませんでした。 やはりタイムセールの端末は人気です! 画面を下に進んでいくと、端末代金、月額料金が表示されます。 タイムセールであっても、家族割引サービスや下取りプログラムといった割引は併用されるので安心してください。 基本的に新品端末を扱うタイムセールですが、たまにアウトレット品が販売されます。 ここではスーパーのタイムセールと同様に、端末価格が激安になります。 一括100円、500円あるいは一括0円の端末が販売されることもあるため要チェックです。 タイムセールの申し込みは、21時以降にオンラインストアにアクセスして専用ページから申し込むだけ• 人気の機種はどんどん在庫がなくなるので、気になる機種があれば早めに購入しておくのがオススメ ワイモバイルのアウトレット品の購入から初期設定まで ワイモバイル Ymobile のアウトレット品の購入から初期設定までは、• 申し込み• 初期設定 の3ステップです。 できれば申し込みは、毎日21時以降になったらタイムセールが利用できるので、仕事帰りなどにワイモバイル Ymobile のオンラインストアにアクセスして、タイムセールでお得に端末を購入しましょう! 申し込み にアクセスすると、上記のようなページが表示されます。 時期によって変わりますが、タイムセールのバナーがいきなりドカンと出てくることもあります。 ページの下の方まで行くと、おすすめ情報というところにタイムセールのバナーが表示されています。 どれでもよいので、「タイムセール」という赤いバナーをクリックすればOKです。 タイムセールのバナーをクリックすると、上記のように専用サイトに飛ぶので、タイムセールの対象となっている端末をクリックして申し込みをしましょう。 毎日21時になったら、タイムセールでアウトレット品に申し込むことができるようになります! 到着 ワイモバイル Ymobile の到着までにかかる日数は、 申し込み日を除いて2〜3日後と言われています。 つまり、月曜日に申し込みをしたら水曜日〜木曜日には、自宅に商品が到着するということになります。 初期設定 MNPでワイモバイル Ymobile に乗り換える場合、スマホが到着した後に、回線が切り替わります。 格安SIM MVNO の中には、郵送中に回線が切り替わるところもありますが、それだと、新しいスマホが郵送されている間に、利用中の携帯電話が使えなくなってしまい不便です。 ワイモバイル Ymobile では、スマホが手元に到着してから、回線が切り替わるので、電話が使えなくなる不通期間 空白期間 というものがありません。 そして、回線の切り替え方法は、以下のように 自動切り替えと 手動切り替えの二つがあります。 スマホが到着してから回線が切り替わるので、利用中の携帯電話も、新しく利用するワイモバイル Ymobile のスマホもどちらも使えない、ということにはなりません。 以下のワイモバイルオンラインストア事務局というところに、電話をすると、30分程度で回線が切り替わります。 【ワイモバイルオンラインストア事務局】 電話番号:0120-200-128 受付時間(当日切替え):10:00~13:00 受付時間(当日切替えまたは翌日切替え):13:00~19:00 なお、回線切り替え後、3日以内にワイモバイルのスマホの電源を入れて通信をしないと、ワイモバイルのスマホで、ネットが使えなくなる場合があります。 回線が切り替わったあとは、ワイモバイル Ymobile のスマホの電源を入れて、一度はネットを使うようにしましょう。 ワイモバイルのスマホは、申し込み後、最短で翌日に到着する• また、スマホ到着後に回線が切り替わる仕組みになっていて、不通期間もない まとめ ワイモバイル Ymobile ではアウトレットを利用することで、端末を安い価格で購入できます。 タイムセールでもアウトレットの取扱があるので、タイムセールを利用してアウトレット品を買うと、安いスマホがさらに安く買えます。 ワイモバイル Ymobile のアウトレット品は、• 実際に申し込んで利用されないまま、ユーザー都合で返品された商品• 実際に申し込んで利用されたけど、ユーザーの都合で返品された商品 のいずれかです。 その端末をワイモバイルがクリーニング・修理・動くかどうかの確認をした上で、問題なく使用できると判断だれた商品がアウトレット商品ということになります。 端末代金は1万円以下がざらで、5千円以下で購入できる端末もあるため、端末代金を大幅に節約できます。 実際に私もアウトレット品を購入しましたが、届いたものはどう見ても未使用新品にしか見えない感じです。 それから1週間程度使っていますが、全く中古といった感じはせず、フル充電すれば2日間電池持ち、これで7,560円というのはかなり買いだと思います。 というわけで、アウトレット品は基本的に動作不良はなく見た目もキレイなので、どうしても新品じゃないと嫌だという方でなければ、端末代が節約できてオススメの機種です!.

次の