日光 アレルギー。 光線過敏

紫外線アレルギーや日光蕁麻疹を治す「免疫力」とは?

日光 アレルギー

太陽に当たってすぐ肌が黒くなるような急激な変化は与えないものの、弾力性の低下やシミ・しわの発生に大きく関わるもの。 またオゾン層を通り抜けやすいため、UV-Bの20倍もの量が常に地上に降り注ぎ、肌に蓄積的なダメージを与えています。 雲や窓ガラスでもさえぎることが難しいので、曇りの日や室内でも対策が必要。 強いエネルギーで肌表面の細胞やDNAを傷つけ、皮膚ガンなどの原因にも。 ただしUV-Aと異なりオゾン層や雲で多くは遮られており、地上に到達する量は多くはありません。 直射日光を避けることである程度防御することができます。 基本的にはオゾン層によって吸収されるので地表まで届くことはありません。 ですが近年オゾン層の破壊が進み、危険性が懸念されています。 紫外線に当たった皮膚の部分に以下のような症状が現れます。 症状の強さや現れる期間は人によって差があり、日光に当たっていない部分に現れることもあります。 潰れてしまうとさらに痛みが増し回復に時間がかかります。 皮膚に現れる症状は、露出しやすい箇所、うっかり日焼け止めを忘れてしまいがちな箇所、他の成分の影響を受けやすい箇所など、出やすい部位があります。 また体質的に、体の一部分にのみアレルギーが起きることも。 顔に日焼け止めを塗っているのに症状が現れる場合は、次の項で詳しく述べますが、その日焼け止めや化粧品に原因がある可能性もあります。 また腕の内側は比較的紫外線は浴びにくいのですが、皮膚が柔らかいため症状が出ることもあります。 首の後ろやデコルテは、頬よりも2倍以上の紫外線を受けているとも言われますから、対策を行わなければ症状が出やすいです。 また手を洗う度にせっかくの日焼け止めも流れ落ちてしまい無防備な素肌になるため、アレルギーを引き起こしやすいでしょう。 皮膚に何らかの化学物質が付着している状態で日光を浴びることによりさまざまな症状が現れることを、「光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)」と言います。 化粧品のほか、香水などが原因になることも。 この光接触皮膚炎は、化学物質に紫外線が当たって活性酸素が発生することで皮膚を損傷する「光毒性」と、紫外線に当たった皮膚でアレルゲンが作られることで免疫反応により症状が現れる「光アレルギー性」の2種類。 光毒性は紫外線を浴びてすぐに症状が出るのに対して、光アレルギー性は一度紫外線を浴びただけではアレルギー反応が起きず、発症まで時間がかかることがあるのが特徴ですが、紫外線を浴びてすぐに発症しない場合、「紫外線アレルギーだと疑わず発見が遅れる」ということも起こりがちです。 原因となる薬にはさまざまなものが多数ありますが、最近はチアジド系の降圧利尿薬配合の降圧剤の服用による光線過敏型薬疹(こうせんかびんがたやくしん)が頻発しています。 日焼け止めは朝一度塗れば大丈夫というものではなく、汗や摩擦で落ちてしまうため2〜3時間おきにこまめに塗りなおす必要があります。 またムラにならないように少しずつ塗っていきましょう。 そして、日焼け止め選びも重要。 肌のことを考えると、紫外線吸収剤・散乱剤不使用のものか、ノンケミカルのものがオススメ。 日焼け止めにおける「ノンケミカル」とは、紫外線散乱剤のみを使用していて、前に述べた肌に負担の大きい紫外線吸収剤を使っていないものを指します。 ただし紫外線吸収剤を使っていても、最近は安全性の高いものを導入したアイテムもあり、一概に「ダメ」とは言えません。 紫外線散乱剤は自然由来の原料が多く低刺激ですが、そのほかにも石油系界面活性剤や無鉱物油、防腐剤、香料などが肌に負担になることもあるので、購入前によく成分をチェックしましょう。 検査を受け紫外線アレルギーであると判明したら、原因ごとに適切な治療を行なっていきます。 化粧品や金属などが影響している場合も使用を中止し、触れることも避けます。 体の中からかゆみなどの症状を抑えてくれるもの。 引っかくことがなくなるため、症状の悪化を防ぐことができます。 また症状によってはステロイド剤の塗り薬を使用することもあります。 使用する際は医師の指示をきちんと守りましょう。

次の

日光蕁麻疹を写真でチェック!治療したら治るものなの?役立つ知識まとめサイト!生活の雑学

日光 アレルギー

「太陽に当たった後になんだか顔がかゆい…」• 「散歩に行ったら顔が赤い…ぶつぶつしてきた」• 「昨日まではなんともなかったのに突然紫外線を浴びた部分だけに炎症がおきた」• 「化粧をするとヒリヒリするくらいかぶれてる」 「これってなんなの!?」 「 日光アレルギーっていうのがあるらしいんだけどそれなのかな…」 と、先日知り合いがそんなことを話していたのですが、 なにやら 「日光アレルギー(紫外線アレルギー)」というのがあるみたいです。 その名のとおり、 日光の紫外線に対してアレルギー反応が起きることを指しています。 ある日突然発症することもあるみたいですよ! 日光アレルギーの原因は? 日光アレルギーの原因は、内因性と外因性にわかれているみたいで、 自分に当てはまるものがないかちょっと見てみてください。 内因性の日光アレルギーの原因• アレルギー体質• 先天性疾患• 代謝異常• ビタミン・ミネラル不足• 免疫システムの異常• アルコール性肝障害• C型肝炎• ペラグラ• 無理なダイエット• 食事が不規則• ストレス• 冷え性 外因性の日光アレルギーの原因• 食品に含まれる「ソレラン」(レモン・オレンジなど)• セロリ・キャベツ・イチジク・アワビなど• 抗生物質などの普段飲んでいる薬• 日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が体に合わない• シップが紫外線と反応• 化粧品が紫外線と反応 この中で、女性が特に気になるのが 「化粧品が紫外線と反応」というところではないでしょうか。 化粧品だけでなく、日焼け止めも選び方を間違えると 日光アレルギーを引き起こしてしまう、諸刃の剣。 で 詳しく書いていますのでチェックしてみてください。 日傘をさす• 日焼け止めクリームを塗る• 帽子をかぶる• 長袖を着る• わたしも初めて知ったんですが、 日焼け止めクリームの成分には2種類あって、• 紫外線吸収剤• 紫外線散乱剤 という成分が含まれているみたいなんです。 どちらか1つが含まれている日焼け止めクリーム、 どちらも含まれている日焼け止めクリームがあります。 紫外線吸収剤の働きとしては、紫外線が肌に浸透する前に吸収し、 熱のエネルギーに変えて放出します。 この化学反応が、 肌への刺激になってしまう…ということみたいです。 また、塗り心地はさらさらしていて、汗に強く、 透明なので白浮きせずに自然な仕上がりになるようです。 こちらは紫外線吸収剤とは違い、化学反応がないので 肌への負担が少ないそうです。 ただ塗り心地が結構重たいのと、汗に弱いので塗りなおしが必要らしいです。 特に、夏の皮脂を抑えてくれるので、化粧ノリが良くなってびっくりしますよ!! 紫外線アレルギー対策その3!帽子をかぶる 帽子を選ぶときも、日傘を選ぶとき同様、 黒い色のほうが紫外線を通しにくいのでお勧めです。 ただ、黒い色は熱も吸収しやすいので、 暑くなってしまうというデメリットはあります…。 これは、症状の程度によって処方される薬が違うので、 まずは病院へ行って医師に相談してみましょう! また、 市販の薬を適当に塗ってしまうと、 症状が悪化してしまうこともあるようなので注意です。 日光アレルギーについてのまとめ ちょっと言いづらいのですが、日光アレルギーは1度なってしまうと、 なかなか直すのは困難だといわれているみたいなんですよね。 顔のかゆみや赤み、ブツブツ… これがずっと続くと思うと…ちょっと落ち込んでしまうかもしれません。 ですが、日光アレルギーについて調べているうちに、 紫外線とこれから上手に付き合っていく方法…というのを、 今から考えるのがいいのかなと思いました。 これからの季節、こまめなUV対策は大変ですが、 しっかり対策をして紫外線アレルギーの症状がでないように、 自分に合った紫外線との付き合い方を見つけて欲しいと思います! まずは、お医者さんへ行って本当に日光アレルギーなのかどうか、 確認して対処法を聞くのが1番いいのではないでしょうか! 知り合いにも、早めの紫外線対策をおすすめしようと思います! 【日光アレルギー関連の話題】•

次の

日光アレルギーの気になる症状や原因は?検査&対策の方法を紹介

日光 アレルギー

日光によって湿疹などの症状が顕れるのが特徴です。 日光に当たった部分に限定して「赤く腫れる」「水泡ができる」「湿疹ができる」「蕁麻疹ができる」などの症状があらわれるのが「日光アレルギー」です。 私はもともと紫外線アレルギー・日光アレルギー(特に腕や手の甲)なので、日頃から腕を露出させないようにアームカバーをつけ、日傘を使っているのですが、昨日は強い日差しの下、日傘を使わずにアームカバーと帽子だけで過ごしました。 「アームカバーをつけているので大丈夫かも?大丈夫でありますように!」 ・・・との祈りもむなしく、その間わずか30分なのに、両腕の皮膚がごわごわざらざら、ぼこぼこ、細かい湿疹になってしまいました・・・。 強い日差しに負けてしまいました。 弱い~。 私の場合は、強い日光を浴びると日光アレルギーで腕の皮膚がこんなふうになってしまいます。 写真をアップしましたので(50代女性の汚い腕でお恥ずかしい~ですが)ご覧ください。 全体に、皮膚のキメがささくれて乾燥し、細かいシワだらけ、鳥肌のような細かい乾いたぶつぶつがあります。 乾燥がひどいです。 水ぶくれとまではいきませんが、見た目もやはり不快で(泣)、半袖は着たくないです・・・。 痒みについてですが、私の場合の日光アレルギーではほとんどかゆくないのですが、なんとなく皮膚がつっぱっているような「ちりちり」したような感じ、腕の肌が過敏になっている感があります。 時に痒みを感じることもありますが、掻いてしまうと赤くなり、肌の異常が広がっていくので、「掻くのは我慢!」です。 また、日光アレルギーの症状が強いとき、お風呂では腕を石鹸で洗いません。 もちろんごしごし擦ったりもしません。 スポンサーリンク 日光アレルギーの薬 皮膚科でいただいている、紫外線アレルギーや日光湿疹に私が使っている塗り薬です。 ステロイドです。。 1ヶ月ほど前、紫外線アレルギーで腕がざらざらになった時の塗り薬(ダイアコート)がまだあるので、今回は皮膚科へ行かずにこれを塗ります。 ステロイド剤の中では「超最強」の作用のダイアコート軟膏。 どの薬も、長期間は使用しません。 もともとマメではないこともあり、2~3日朝晩使ってやや改善されるともう使いません。 薬を塗らずにそのままでいると、乾燥して粉をふいたようになったり、痒みがでてきて、それにより手のアレルギーも誘発されてしまうようで、手全体の肌がもっと湿疹っぽく、ざらざらになっていってしまい、あきらかに悪化してしまいす。 薬は悪化を防ぐために必要最小限使用。 乾燥するとごわごわになってしまうので、日常的には薬ではなく、敏感肌用のゲルを手や腕につけて乾燥を防いでいます。 日光アレルギーの予防・対策 私の場合の日光アレルギーは、2~3日の間、朝夜の2度、薬を塗るとだいぶおさまってきて、乾燥や赤み、ぼこぼこした感じはなくなってきます。 その時点で薬の使用は終了します。 その後は残念ながら、日光・紫外線を完璧に避けるわけにもいかないこともあり、他にも若干アレルギーもあり、腕や手にはぶつぶつがすぐできるので、完全に治ってきれいな腕になることはありません・・・。 日焼け止めに関しても、以前日焼け止めを使ったさいに、腕や手が一気にがさがさに乾燥、ごわごわになってしまったこともあり、今のところは使いたくない気持ちです。 極めて肌に優しい日焼け止め、肌に合うものを探す必要を感じています。 自分に合う日焼け止めに出会うまでは、 日光アレルギーの予防対策としては、UVカットの日傘やUVカットの衣類、アームカバーなどで日光・紫外線から保護していくしかないですね。 ・・・なお今回は、アームカバーだけでは日光・紫外線を防ぎきれない?ということがよくわかりました。 ただし、私の今使っているのは、UVカットのアームカバーかどうかはっきり覚えていないので、買い替えようと思っています。 こんな状態なので、いつもきれいじゃない自分の腕。 「きれいな腕で過ごしたい~!」とはもちろん思うのですが、あまり気にしてもしょうがない・・・とも思っています。 でもでもやっぱり気になるんですよね・・・。 みなさまどうぞ日光にはじゅうぶんお気をつけてくださいね。 日光や紫外線をできるだけ直接浴びないように、UVカットの衣類や日焼け止めでくれぐれも予防・対策を行ってください。 日焼け対策&日焼け後の対処法!【紫外線予防】• 良く読まれている記事• - 313,291 views• - 297,126 views• - 268,239 views• - 263,179 views• - 132,779 views• - 121,922 views• - 103,956 views• - 97,648 views• - 90,412 views• - 87,452 views• カテゴリー• メタ情報•

次の