ジャパネット 船旅。 ジャパネットクルーズ2019年出発分のスケジュールと料金など口コミと評判を紹介!

【ジャパネットクルーズキャンセル決定】2020年4月~6月は催行中止へ

ジャパネット 船旅

ジャパネットタカタが販売しているクルーズ旅行について質問です。 今、ジャパネットタカタが来年秋の日本一周クルーズ旅行を販売しています。 バルコニー付きの部屋が10日間で約56万円です。 2名分の合計。 食事・ドリンク込み。 TVでジャパネットタカタを見ていたら母がかなり食いついて資料請求したのですが、元気なうちに好きな事をして欲しいか一方で「ほんとにこの旅行大丈夫?」という不安もあります。 ジャパネットでの旅行販売はこのクルーズが初めてではないらしいのですが、体験者のブログや口コミが全然見つからないのです。 ジャパネットでクルーズ旅行に行かれた方や何かご存知の方、旅行業界の方、ご存知のことを教えてください!よろしくお願いします。 2018年10月下旬~11月上旬のクルーズですね。 こういった旅行は低価格だからと飛びつくと大火傷をします。 最近ではてるみくらぶの事件が有名です。 まず、クルーズの場合1泊あたりの単価で判断できます。 バルコニー付2名で557600円ですから1名当たり1泊約31000円です。 日本船の飛鳥2ですとベランダがない最低のキャビンでも50000円はしますから、かなりお得感がします。 どうしてこういった料金設定が可能なのかそれを知らないとホントに安いのか怪しげなのかわかりません。 使用する船はMSC社の13万トンの超大型船で、乗船客数は約4000名、飛鳥2が700名程度ですから5~6倍乗っています。 クルーズ客船はホテルとレストランが同居しているようなものですから、食材を大量購入しリネン類を大量に洗濯するので乗船客数が多いほど1名あたりの単価を下げることが出来ます。 ですから怪しげな価格設定ではありません。 また、日本船は乗船したらサービス料や飲食代(酒類は除く)は一切取られませんけれど、外国船は毎日チップが必要で、飲食をしても場合によってはテーブルチャージをとられたりします。 ですから、外国船の場合は何をしなくても1泊31000円では済まないという事です。 次に、旅行自体は大丈夫かということですが、丸ごとチャーターするスタイルですし、クルーズ客船はチャーター運航は慣れているので、問題はありません。 ただし、船は変わらなくともチャーターの予算額に応じて料理やサービス内容が大きく異なりますから、乗ってみないとわからない部分はかなりあります。 チャータークルーズで一番困るのはトラブル発生時で、船側、旅行会社側いずれも責任を相手になすりつけ逃げます。 ここで旅行会社側にあまり経験がないということが心配です。 結論を申し上げますと、料金が比較的安い外国船も他に来年も多くの日本発着のクルーズを計画しています。 これらと比較すると、お尋ねのクルーズが破格の安さそして安心、安全とは思えません。 大手旅行会社やクルーズ船専門の旅行会社もチャータークルーズを計画していますから、そちらも参考にしたらよろしいかと思います。 ちなみにMSC社はクルーズ船業界でも一つ格下です。 料金も1泊のバス旅行とは桁違いですから、それなりの満足をお求めだと思います。 初めてならばワンランク上のプリンセス社、セレブリティ社、ホランド・アメリカが実施する日本発着クルーズをお勧めします。 なにせ船が大きいですからキャビンを埋めるのが大変で時期によっては結構大胆な割引をしており、これこそ本当に破格の安さでのクルーズだと考えます。

次の

ジャパネットクルーズ、2020年秋はMSCベリッシマで南国へ!

ジャパネット 船旅

プリンセス・クルーズが誇る日本生まれの大型客船です。 2004年に日本の三菱重工長崎造船所で建造された世界最大級客船で、地球環境に配慮した設計です。 高品質なサービス接客、実力派のシェフによる食事は味わい豊かで、イタリア料理サバティーニ等の有料レストランも充実しています。 全てのレストランで日本語メニューが用意されています。 満足度は総合的に高く、リピーター率はなんと50%以上を誇ります。 シニア世代や旅慣れた方へはもちろん、日本発着プランは初めての方へも特におすすめです。 お子様の乗船数に制限が設けられているので、プレミアム客船ならではの落ち着いた雰囲気の中で生活することが出来ます。 日本向けにカスタマイズした多彩な施設で快適なクルーズを実現いたします。 初めての方もリピーターの方も気軽に楽しめる!• 「クルーズ旅行は高いのでは?」とお思いの方も多いはず。 ベストワンクルーズでは「気軽に参加できる」クルーズ旅行をご提案します。 ダイヤモンド・プリンセスは日本で知名度高く、洗練され落ち着き有る世界最大級のプレミアムな客船です。 高品質なサービス接客、実力派のシェフによる食事は味わい豊かで、イタリア料理サバティーニ等の有料レストランも充実しています。 全てのレストランで日本語メニューが用意されています。 満足度は総合的に高く、リピーター率はなんと50%以上を誇ります。 お子様や家族旅行にもクルーズは魅力ギッシリ!• クルーズ旅行=大人の旅行ではありません。 まだ未就学のお子様がいても、子供向けのプログラムやキッズプレールームを利用したり出来ます。 子供用メニューが用意されているなど家族には「うれしい」がいっぱい。 食べ盛りのお子様がいても全食事付で無料だからお財布を気にせずにすむのも魅力です。 リラックスしている間に次の目的地へ• バスや飛行機の移動と異なり、クルーズの魅力は、乗船してしまえばあとは食事やリラックスしている間に船が次の目的地へと運んでくれます。 クルーズ旅行は大きい荷物をお部屋においたまま身軽に寄港地をお楽しみいただけ、効率よく複数の観光地を訪れることができます。 さらに、船内では美味しい料理の数々と多種多様なエンターテインメントが繰り広げられ、 はじめての方はもちろん、何度乗ってもお楽しみいただくことができます。 エンターテインメントや食事が無料• 乗船中のお食事・船内施設やショーやダンスレッスンといったエンターテインメントが旅行代金に含まれており、無料でお楽しみ頂けます。 朝食・昼食はビュッフェ形式、夕食は少し雰囲気を楽しんでおしゃれをしてコースディナーを楽しんだり、ティータイム、お夜食も食べ放題&お好きな時間にお召し上がりいただけます。 プールやジョギング、ダンスレッスンやショーなどのエンターテインメントも豊富にご用意しております。 日本人スタッフも多数乗船しておりますので、日本語サポートもお任せください。 万全のサポートで初めてのクルーズ旅行も安心!• 船内には日本人スタッフも多数乗船しております。 お困りごとやご相談なども、気軽にスタッフへお尋ねください。 また、医師と看護師も乗船しますのでお子様連れやシニアの旅行も安心です。 客室への往診サービスも24時間可能。 安心して船の旅をお楽しみいただけます。 内側キャビン• フロア面積:約16~17㎡• シャワー/電話/冷蔵庫/テレビ/アメニティーグッズ/ドライヤー/プリンセストートバッグ/スリッパ・湯沸しポット(日本発着クルーズのみ)/プリンセス・ラグジュアリー・ベット• オーシャンビュー• フロア面積:約17-19㎡• 海側窓付き/シャワー/電話/冷蔵庫/テレビ/アメニティーグッズ/ドライヤー/プリンセストートバッグ/スリッパ・湯沸しポット(日本発着クルーズのみ)/プリンセス・ラグジュアリー・ベット• 【おすすめ】 バルコニー• プライベート・バルコニー付き/シャワー/電話/冷蔵庫/テレビ/アメニティーグッズ/ドライヤー/プリンセストートバッグ/スリッパ・湯沸しポット(日本発着クルーズのみ)/プリンセス・ラグジュアリー・ベット• ジュニア・スイート• フロア面積:約33㎡• プライベート・バルコニー付き/リビング付き/シャワー(バスタブ付)/洗浄機能付きトイレ/上質タオル/上質マットレス・布団/ピローメニュー/ウェルカムワイン/電話/冷蔵庫/テレビ/アメニティーグッズ/ドライヤー/プリンセストートバッグ/スリッパ・湯沸しポット(日本発着クルーズのみ)/プリンセス・ラグジュアリー・ベット• スイート• フロア面積:約49~124㎡• プライベート・バルコニー付き/リビング付き(ソファベッドあり)/シャワー(バスタブ付)/洗浄機能付きトイレ/上質タオル/上質マットレス・布団/スリッパ/ウォークインクローゼット/電話/冷蔵庫/テレビ/アメニティーグッズ/ドライヤー/プリンセストートバッグ/湯沸しポット(日本発着クルーズのみ)/プリンセス・ラグジュアリー・ベット.

次の

【ベストワンクルーズ初の試み「チャーター企画」! 新造船日本来航 史上最大! 2020年ゴールデンウィーク】MSCベリッシマで行く 南国土佐と石垣島・宮古島・台湾 美ら海クルーズ 9日間

ジャパネット 船旅

昨年から予想していた通り、今年は日本にやってくるクルーズ船が増えはじめて各社お客獲得に奔走のようです。 ダイヤモンドプリンセスもたくさん回し、コスタのネオロマンチカも粘っていますし、MSCのスプレンディダもやってきます。 どうも、最初は ジャパネットタカタのチャーターということでしたが 他社からも販売していますので やる気があるのでしょう。 わたしは 昨年のてるみくらぶショックの前にてるみくらぶのツアーで地中海にいってのってきましたので MSC自体のクルーズに乗った感じです。 MSCにはその前の秋にほかのエージェントでMSCマニフィカで 行ったのが初めてで、スプレンディダとあわせてこれまで2回のりました。 もともと、カジュアルシップなのは 承知でいきましたが やはり カジュアルシップで いい意味としては もう気楽な船です。 ヨーロッパの学校事情が 分からないのですが やはりいろいろな国の子供連れファミリーがたくさん来ていました。 船の大きさに対して 乗客は 多いほうなので、バフェなどは 結構、混み合います。 一方、シアターなどは とてもおおきくて 広いので まあ、着席は 必ずできますし、ショーもサーカス並みの大掛かりなものが多いので 迫力があります。 ラウンジも数が多く、広いので ロイヤルカリビアンのヴォイジャーオブザシーズの時のように、居場所に困ることは ありません。 あちこちにお洒落なソファや安楽椅子が たくさんあります。 ですが、 お食事は まあ、日本でいえば ファミリーレストラン程度。 フルコースですが メニューも少なく、ソフトドリンクから有料です。 最初のグラスウォーターも 無料では飲めませんので、ほしければ ペットボトルを購入して持ってきてもらいテーブルに、置いて飲んで 余れば 部屋に持って帰れます。 食後のコーヒーも紅茶も有料で これも無料なのは 上のバフェだけなので、わたしたちは飲まずに食事をおえて 上でティータイムをとりました。 デイナーのレストランの中も 子供たちも入りますので、にぎやかです。 しつらえが ちょっと狭めなので テーブルの間も狭く、みんなが 話していますし、サービスも気軽な感じ、緊張するのが嫌な方には 良いと思います。 フォーマルも着ても、さほど、硬い感じではないですね。 帰って、訪問着などでは浮いてしまうかもしれません。 プールサイドのアイスクリームなども 有料で、とりあえずこれは 有料?と聞いた方が早いくらいですね。 ディナーのメニューもステーキや ロブスターは有料です。 バフェでもロブスターなどいくらか有料のものがありますが、そちらは ほぼ無料。 バフェは子供の好きそうなものは多く用意されているので 子供たちには よさそう。 ゲームなどのエンターテインメントは 設備を使うものは 有料ですが、 チームが 催すイベントなどは にぎやかで たのしいし、とても熱心に しています。 イタリアの人は働かないなんて まったく違うと思う位熱心。 いつ寝るのかと思うほど、朝早くから夜遅くまで とびまわっています。 昼時だけ シェスタっぽく ちょっと、空白がありますが 基本元気に 楽しませてくれます。 ざっとこんなふうだということで、 私たちの行った2回のMSCとも こんな感じだったので まず、たのしく、にぎやか。 勿論船は 大きくて、豪華。 でも お食事はカジュアルで 服装もカジュアルでも大丈夫。 小さい子供を連れていても気兼ねはいらなそう。 そしてスタッフは熱心。 わたしたちは バルコニー付きやスイートなどには のらないので もしかしたらヨットクラブと呼ばれる、ハイクラスならお食事なども しっかりしているかもしれません。 あくまで インサイドのごく普通の お値段のクラスに乗船した場合とお考えくださいね。 ともに、10日間くらいでしたが、(飛行機でミラノまで行ったので、船自体は7nightくらいでした。 そして 結構歴史が長い船会社なので クルーズとしてのシステムはまあまあです。 ですが、寄港地の シャトルバスが有料で それも当日の朝、寄港地観光サービスのカウンターで 7時から購入しなければならなかったりもします。 そこが カジュアルシップで いろいろなことが 有料なので カードを使って 支払う手間が あちこちであります。 ということは 、最後に請求書のきちんとする必要がありますので、できれば クレジットカードの登録をしておくのが スムーズな下船につながります。 船室も カジュアルなので 自然、狭めです。 収納も少なめです。 ですので、パブリックラウンジで お気に入りを見つけて くつろぐのもいい手です。 船室は 寝室とし、寝るためだけに 帰るとすれば 居心地のいいラウンジは たくさんある船です。 タンブラーなどをもていって、 バフェの無料コーヒーを持って歩けば お茶しながらくつろげます。 バーなどで 無理やり買わなくても 座っているのは 自由です。 アルコールのお好きな方は ちょっと、費用は 弾むと思います。 ただ、日本を回るクルーズが チャーターであれば またドリンクなどについては 変わることもあるかもしれません。 カジュアルシップですが 船自身はとても豪華です。 ある意味、ソフト面が カジュアルともいえるでしょう。 肩の凝らない、気軽なクルーズに乗ってみたいという方には お試しの価値が あると思います。 働き者のイタリア人ン出会えるのだけでも 世界の見方が 変わります。

次の