高須 院長 腹筋。 高須克弥 西原理恵子と熱愛関係!タニマチから結婚へ!腹筋も整形の凄腕院長

【高須院長おすすめ】天然の美白洗顔料はなんと「米のとぎ汁」!シミ予防に役立つと話題|カラダネ

高須 院長 腹筋

シミは肌の表皮にある色素細胞が、メラニンという色素を過剰に生成することで生じます。 肌細胞は新陳代謝 (古いものと新しいものの入れ替わり)で常に生まれ変わっていますが、年を重ねたり、肌の手入れをおろそかにしたりすると、その働きが衰えてメラニンを含んだ肌細胞が、排出されにくくなるのです。 その結果、シミが表皮に長くとどまって、目立つようになります。 そこで、美容外科の専門医である私は、肌細胞の生まれ変わりを促し、シミの改善に役立つ方法として、約30年前からある生活習慣を患者さんにすすめてきました。 それが、米のとぎ汁を使う洗顔方法(以下、とぎ汁洗顔と呼ぶ)です。 私が米のとぎ汁に着目したのは、科学技術があまり発達していなかった戦後の少しあとまで、日本女性の素肌美を守ってきたのが、米のとぎ汁に含まれる「米ぬか」だといわれていたからです。 当時の女性は、米ぬかを詰めた布袋で顔や体を洗っていたそうです。 そんな日本女性の素肌美を象徴するエピソードがあります。 それが、幕末、黒船で日本にやってきたペリー提督について記された文献の中に「日本女性は顔にシミがなく、老いていてもしわが少ない」という記述があったとされていることです。 また、日本女性がここまで肌トラブルに悩まされるようになったのは、戦後、洗顔料や化粧品が使われるようになってからのこと。 そこで、安全で美肌作用の高い米ぬかが多く含まれる米のとぎ汁を活用しようと思ったのです。 米の【とぎ汁】を女性の洗顔におすすめしたい理由 米のとぎ汁には、精米時に生じた米ぬかの微細な粒子が含まれているだけで、不純物は一切含まれていません。 その米ぬかの粒子も、目では到底確認できないほど小さく、水にしっかりと溶け込んでいます。 微細な粒子は、肌をいたずらに刺激せず、それでいて肌細胞の新陳代謝を正常に働かせる作用を発揮します。 ですから、米のとぎ汁は、洗顔に最適というわけです。 とぎ汁は肌を傷つけずに「ターンオーバー」を促す 美容外科や皮膚科では、肌の自律的な働きを促して素肌の自然な美しさをとり戻す「ターンオーバー理論」(ターンオーバーは細胞の生まれ変わりのこと)という考え方が主流になっています。 とぎ汁洗顔も、ターンオーバー理論を応用したスキンケア法の一つといえます。 一般的に、健康な肌細胞は約28日間の周期で生まれ変わっています。 ごく簡単にいうと、表皮の最も深部にある基底層で作られた細胞が徐々に肌の表面へと押し上げられ、表皮の最も外側の角質層に到達するまでに約28日間かかり、最後にはアカとなってはがれ落ちていくというしくみです。 そのとき、健康な肌細胞を維持できていれば、色素のメラニンを含んだ古い細胞もいっしょに押し上げられ、アカとしてはがれ落ちます。 それによって表皮の世代交代が進み、肌が本来の美しさをとり戻すわけです。 シミに悩まされている人は、ターンオーバーによる表皮の世代交代が、うまく機能していないと考えられます。 ターンオーバー理論を応用したとぎ汁洗顔では、肌の古くなった角質を、できるだけ刺激の少ない方法でとり除きます。 それによって肌細胞の生まれ変わりを正常にして、シミをはじめ、しわ・クスミ・乾燥肌といったさまざまなトラブルを改善させるのです。 【安全・費用ゼロ】とぎ汁洗顔は高コスパの美容法 戦後の少しあとまで日本女性は、米ぬかを詰めた布袋で洗顔していたと述べました。 これも、肌のターンオーバーを促すおすすめの方法です。 とはいえ、米ぬかを詰めた布袋よりも、米のとぎ汁のほうが肌への刺激が少ないのは明白なので、とぎ汁洗顔を私は、おすすめしています。 安全面についていえば、とぎ汁に含まれる米ぬかは天然成分なので、かゆみ、痛み、腫れといった副作用がほぼないことも大きな利点でしょう。 スキンケアで使われる化粧品・薬品には、人によって肌に合わないものがあり、事前に手首の裏側などに少量つけて異常がないか確認するパッチテストを行わないと、あとになって副作用に悩まされることになります。 「肌にやさしい」と記載されていても、肌荒れやかぶれが起こるケースが少なくないのです。 その点、米のとぎ汁なら、ふれても肌に異常が現れる心配はほぼありません。 最近、まれに米アレルギーの人がいるようですが、そういう体質でなければ、誰でも安心してとぎ汁洗顔を行えます。 さらに、とぎ汁洗顔の利点として見逃せないのが、費用ゼロで実行できることです。 食の欧米化が進んだ今でも米は日本人の主食であり、多くの家庭は米をとぎ、炊飯して食事の準備をします。 そのさい、とぎ汁を流し台に捨てず、洗面器などにとっておけばいいのですから、余計な出費は全くかかりません。 みなさんの中には、高価なクリームを塗って顔をマッサージしたり、最新の美顔器を使って美肌アップに励んでいたりする人がいるかと思います。 そのようにお金がかかる方法と比べて、とぎ汁洗顔は、費用がゼロであるうえ、ターンオーバー理論に基づいた確かな美肌作用を期待できます。 ぜひ、みなさんもとぎ汁洗顔を試してください。 ただし、とぎ汁洗顔を行い、万が一、肌にかゆみ、痛み、腫れといった異常が現れた場合は、すぐに中止して、皮膚科を訪れてください。 記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、効果効能を保証するものではありません。

次の

泉里香の理想的ボディと“腹筋ブーム”に、高須院長が意外なコメント

高須 院長 腹筋

美腹筋・美尻ブームを解説する高須院長 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!! 今回は、近年ブームとなっている「美腹筋」や「美尻」についてうかがいました。 きれいに割れた6パックの美腹筋や、プリッと上がったヒップなどに憧れて、トレーニングを始める女性も多いようです。 高須:そういうのが、今のトレンドということなんだろうね。 ちょっと前だったら、バッキバキに割れたお腹よりも、なめらかで女性らしいお腹のほうが魅力的だっていう時代もあったからね。 美しさというものは、時代によって変わるもの。 絶対的なものではないんだよ。 でも、裏を返せば、どんな女性だって、時代が変われば美しくなるってことだからね。 つまり、女性は全員美しい。 素晴らしいね(笑い)。 ちなみに、男性のほうもそういうブームはあるんだよ。 僕がクリニックを開業したころは「巨根ブーム」があったね。 陰茎を長くしてほしいと駆け込んでくる男性も多かった。 むしろ、自分の理想の体に近づきたいという、内側に向けた願望だろうね。 どちらかというと趣味みたいなものだ。 トレーニングそのものが目的になっているんだよ。 それに、腹筋やヒップを鍛えて、筋肉をつけていると、体脂肪率は下がってくるわけで、もしかしたらホルモンバランスも変わってくるのかもしれないな。 だんだんと男性ホルモンが増えてきて、毛深くなったりもしてるんじゃないかな。 あくまでも、自分を極めるために鍛えているんだよ。 僕が開業した当時なんかは、ヒップアップのプロテーゼ(シリコンバッグ)挿入がとても人気だった時期もあった。 その時代には、ハト胸出っ尻が不美人と考える人たちもいたけどね。 豊尻手術は、皮下脂肪と臀筋との間にシリコンゼリーを入れた薄い袋を埋め込むんだけど、乳腺がカバーしてくれる豊胸手術と違って、ピンが刺さったり複雑な衝撃で壊れることも多いうえ、しょっちゅう動く部分だから同じ形を保つことが困難で、効果を長時間維持するのが難しく、流行は急激にしぼんでしまった。 いまだにブラジルなんかでは、それなりに人気らしいけどね。 現地の若い娘さんの夢はTバックをはいてサンバを踊ることだから、効果が一時的でもプリッとしたお尻になりたいという需要も多いんだろうと思うよ。

次の

泉里香の理想的ボディと“腹筋ブーム”に、高須院長が意外なコメント

高須 院長 腹筋

高須:ただ、日本人が鍛えても、なかなかああいうお尻にはなれないよ。 骨格そのものが違うからね。 表現は悪いかもしれないけど、ロバはいくら鍛えても、マッチョなロバになるだけで、競走馬にはならないんだよ。 日本人女性がお尻を鍛えても、南米の女性になるわけではないからね。 あとは、ライザップが流行って、テレビのCMなんかで有名人が鍛えた姿を見せていることも影響しているかもな。 高須:あのCMの手法は、なかなかすごいと思う。 上手な再教育だよ。 ああやって音楽に乗せて見せることで、なんだか「鍛えることが素晴らしいんだ」って思っちゃう。 でも、逆にいえば、日焼けしたムキムキの男性が、色白のぽっちゃりした姿に変わって、「これが富裕層のあるべき姿だ」って宣伝したら、「金持ちなら、ぽっちゃりしたほうがいい!」って再教育できるんじゃないのかな。 ぽっちゃりボディーこそお金持ちのステータスだっていうイメージを植え付けるんだよ。 まさかのぽっちゃりブームがきちゃうかもしれないな(笑い)。 でも、個人的には、ムキムキよりも、ぽっちゃりしているほうが本当に健康的でいいと思うよ。 ライザップではなく「高須ザップ」で、ぽっちゃりを流行らせようかな(笑い)。 * * * 肉体をムキムキに鍛えるよりも、どうやらぽっちゃりした体型のほうがお好みの高須院長。 時代によって、美しさの基準は変わるということで、本当にぽっちゃりブームが来る日もある…? 【プロフィール】 高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。 医学博士。 昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。 大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。 脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。 昭和大学医学部形成外科学客員教授。 医療法人社団福祉会高須病院理事長。 高須クリニック院長。 脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。 人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。 金色有功章、紺綬褒章を受章。 著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。 最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

次の