パソコン スクショ できない。 Surfaceでスクリーンショットを撮る方法は?できない時の原因は?

【Windows 10トラブル対策】スクリーンショットができない:Tech TIPS

パソコン スクショ できない

プリントスクリーンが使えない原因の探し方 突然プリントスクリーン機能が使えなくなった原因は、システム的な問題からキーボードの物理的な故障まで様々な原因が考えられる。 その原因を見つけ出す方法として以下の方法がある。 スクリーンキーボードを試してみる 何かのプログラムが原因でプリントスクリーンに影響が出ている場合があるかもしれない。 まずはその確認をする手順として step 1スクリーンキーボードを検索 スタートをクリックし、検索に 「スクリーンキーボード」と入力してEnter step 2スクリーンキーボードを開始 コンピュータの簡単操作センターが開くので、 「スクリーンキーボードを開始します」をクリック step 3画面にキーボードが表示される このように画面にキーボードが表示される マウスで疑似的にキーボード操作ができるので、このスクリーンキーボードを使ってプリントスクリーンが機能しているかどうかを確認する。 それにはスクリーンキーボードの 「PrtScn」をクリックし、ペイントソフトなどに張り付けられるかどうかを確認すればいい。 これで貼り付けができればシステム的な問題ではないが、もし貼り付けできないなら何かのプログラムと干渉している可能性がある。 他のキーボードを接続してみる もしキーボードを他に持っているなら一番手っ取り早い。 接続して普通に使えるなら、使っているキーボードに関することが原因とすぐに特定できる。 ここで他のキーボードでも同様の症状になるならシステム的な問題ということになる。 キーボードが故障していないかどうか 単純に「printScreen」キーが接触不良など故障をしている場合もある。 こればかりは他のパソコンに接続したりでもしない限りは判別はしずらい。 プリントスクリーンが効かない場合の対処方法 キーボードが原因と思われる場合は、他のキーボードを購入するのが一番早いかもしれない。 ただ、その前に試しておいて損はない方法がある。 シチュエーションによって以下の可能性が考えられる。 それぞれの対処方法をまとめてみた。 システム的な問題の場合 これが一番めんどくさい。 何かのブログラムがキーボードと干渉している可能性があるので、「タスクマネージ ャー」を起動して1つずつ停止して試すしかない。 最近更新されたものから試すのがいいかもしれない。 キーボードが原因と思われる場合 物理的に故障している可能性もあるが、ドライバに問題がある場合がある。 その場合はドライバを最新のものに更新をしてみることをおすすめする。 最新のドライバなどが無い、もしくはすでに最新の場合は、一度ドライバを削除してインストールしなおしてみるのもいい。 もしブルートゥース機器ならば、ペアの解除をして再び認証しなおすと回復する場合がある。 うちのキーボードはこれで回復した。 スクリーンキーボードで代用する プリントスクリーンだけのためにキーボードを購入するのはもったいない。 そんな場合はスクリーンキーボードで代用するのもいいかもしれない。 ただ、使ってみると不便な場面もあるが・・・ 結論 何もしていないのに壊れたということはありえないので必ず原因はあるはず。 きっと何かしらの解決方法があるはすだ。 その先にあるのが希望かはたまた絶望か。 壊れたと諦める前に、まずは検証をしてみるクセをつけよう。

次の

Windows10パソコンでスクショ(スクリーンショット)の貼り付けができない原因と解決策

パソコン スクショ できない

Windowsでスクリーンショットを撮る方法! WindowsのPCでスクリーンショットを撮る方法は主に4つです。 簡単にまとめると、以下の表のようになります。 Print Screen 全画面をクリップボードにコピー Print Screen+Windowsキー 全画面を撮り自動的に保存 Print Screen+alt 特定のウィンドウをコピー Windows+shift+S 範囲を指定してコピー 全画面を撮る 全画面を撮る方法は次の2つです。 従って、その後自分で保存することが必要です。 特定のウィンドウだけ撮る 特定のウィンドウだけ撮る方法は、「PrintScreen+alt」です。 このショートカットキーを使うと、1番前に出ているウィンドウのスクリーンショットを撮ることができます。 「ウィンドウをたくさん表示しているけど、1つだけ撮りたい!」という方はこの「PrintScreen+alt」をお使いください。 範囲を指定して撮る 範囲を指定して撮る方法は、「Windows+shift+S」です。 このショートカットキーを使うと、「切り取り&スケッチ」というアプリが画面上に開きます。 そしてマウスを使って、自分で撮る範囲を指定することが可能です。 画面上の特定の部分だけスクリーンショットしたいという方は、この「Windows+shift+S」をお使いください。 ショートカットキーを使わなくても、「切り取り&スケッチ」のアプリからもスクリーンショットを撮ることができます。 スクリーンショットの保存先はここ! 「スクショをしたのに保存されていない」とお困りの方もいるかと思います。 上でも述べましたが、実はスクリーンショットの大半はクリップボードにコピーされるだけです。 「PrintScreen+Windowsキー」だけはそのままフォルダに保存されます。 しかし、後のものは自分で保存することが必要です。 スクリーンショットを保存する方法は次のようになります。 OneDriveに自動保存する 実は、自分で保存しなくても自動的に保存してくれる設定があります。 自動保存設定をしていれば、スクリーンショットをした際にフォルダのOneDriveに自動的に保存されます。 自動保存設定の方法は以下の通りです。 スクリーンショットができない理由と対処法 操作通りにやったけどなぜかできないということもあるかと思います。 ここではできない理由と対処法をご紹介していますが、対処法だけ知りたい方は以下の事をお試しください。 ショートカットキーが見つからない そもそも上で紹介しているショートカットキーが見つからないという方もいるでしょう。 実は、PrintScreenというキーはPCによって表記が違います。 「PrintScreen」や「prt sc」、「prt scr」や「Insert prt sc」などその表記は様々で す。 PrintScreenが無い場合は、prt scのように省略されているものになっているかもしれません。 スクリーンショットが禁止されている 一部のサイトではそもそもスクリーンショットが禁止されている場合があります。 例としては、NetflixやHuluなどの動画配信サービスです。 そういうサイトやアプリでスクリーンショットをした場合は、撮ることができないので注意しましょう。 真っ黒な画面が撮れたら、そのサイトはスクリーンショットを禁止している可能性があります。 fnキーを加えてみる もしPrintScreenなどのショートカットキーを押してもできない場合は、fnキーを加えると撮れる場合があります。 「fn+PrintScreen」や「fn+PrintScreen+alt」でお試しください。 特にPrintScreenがInsertと同じキーの場合は、fnを加えることで撮れるようになることがよくあります。 できないときはツールを使おう! 禁止されているサイトでもなく、それでもできないという場合はツールを使いましょう。 最初にもご紹介しましたが、「切り取り&スケッチ」というツールを使えばショートカットキーを使わなくともスクリーンショットを撮れます。

次の

【Windows 10トラブル対策】スクリーンショットができない:Tech TIPS

パソコン スクショ できない

スクリーンショットの画像の保存先 スクリーンショットで撮った画像の保存先は、スクリーンショットの方法によって保存先が異なります。 撮った画面はクリップボードに保存されています。 そのため、画像を使用するには「ペイント」「Photoshop」などの画像編集ソフトや、画像を扱うことができるアプリケーションに「貼り付け」を行う必要があります。 保存先は「ピクチャ」フォルダ内にある「スクリーンショット」フォルダです。 OneDriveなどのアプリにより保存先が変わることも OneDriveなどのクラウドストレージアプリにはがついていることがあります。 OneDriveは、Windows10のパソコンに標準搭載されているため、アプリをインストールした覚えがなくてもいつの間にか機能が有効になっていることがあります。 タスクバー右下に表示されているアイコン一覧からOneDriveアイコン(雲アイコン)を探してクリックします。 もしそのようなアイコンがない場合は矢印アイコンをクリックしてタスクトレイを展開してください。 OneDriveアプリの画面が表示されます。 「その他」をクリックします。 「設定」をクリックします。 「自動保存」タブをクリックします。 「スクリーンショット」グループ内の「作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する」のチェックが入っている場合はチェックを外します。 設定を変更したら「OK」をクリックします。 またOneDrive以外にもDropboxなど、類似の機能を持つアプリはいくつかあります。 もしそのようなクラウドストレージアプリがインストールされていればそちらのアプリの設定も確認してください。 プリントスクリーンキーががない時は パソコンによってはキーボードにプリントスクリーンキーがなかったり、特殊なキーの入力が必要になったりすることがあります。 PrintScreenは、キーボードの大きさによっては「Prt Sc」と省略されることがあります• PrintScreenと同じ意味のキーですので、もう1度キーボードにそのようなキーがないか確認してみてください。 ノートパソコンなど、キー数の少ないパソコンでは「Fn」キーと組み合わせる必要がある場合があります。 「Fn」キーを押しながら「PrintScreen(PrtSc)」キーを押してみてください。 「Alt」キーや「Windows」キーと組み合わせたい場合は、「Fn」キーを押しながら「Alt」キーまたは「Windows」キーを押し、その状態のまま「PrintScreen(PrtSc)」キーを押します。 PrintScreenキーそのものがない機種もある• 「Snipping Toolでスクリーンショットを撮る」の方法を参考に、アプリを使用してスクリーンショットを撮ってください。 Surface Surface本体の「Windows」ボタンを押しながら「ボリュームダウン」ボタンを押します。 (Surface Pro4のようにWindowsボタンがない場合は「電源」ボタンを押しながら「ボリュームアップ」ボタンを押してください。 ) また、下記リンク先ではSurfaceでの各種スクリーンショット操作について詳しく解説されています。 「画面スケッチ」・・・Windows 10 Anniversary Upgradeを適用したPCで使用できるWindowsの新しいキャプチャー機能です。 「Snipping Tool」・・・Windowsに標準でインストールされている従来のキャプチャー機能。 将来的に廃止予定。 範囲を指定してスクリーンショットが取りたい場合も上記の機能を使うと便利です。 「画面スケッチ」を使う Windows10に、新たに追加された「画面スケッチ」を使ってスクリーンショットを撮ることができます。 「画面スケッチ」を起動する Build 17661以降のWindows10であれば「通知センター」の「画面領域切り取り」アイコンをクリックすると「画面スケッチ」機能を起動できます。 Build 17661以前のWindows10の場合は、次の手順で画面スケッチのショートカットを作って起動してみて下さい。 保存ボタン・・・名前を付けて現在の画面を保存します。 トリミングボタン・・・キャプチャーする範囲を指定できます。 画面全体をキャプチャーしたい場合は、起動後に「保存ボタン」を押して下さい。 範囲を選択したキャプチャーを撮りたい場合は、「トリミングボタン」で範囲を指定してから「保存ボタン」を押します。 保存ボタンを押したら[保存先]と[ファイル名]を指定して「保存」をクリックするとスクリーンショットが保存されます。 「Snipping Tool」でスクリーンショットを撮る Snipping ToolはWindows10のパソコンに標準でインストールされているため、インストールの手間なくすぐに使用することができます。 Snipping Toolでスクリーンショットを撮るには以下の手順で操作します。 「スタート」ボタンをクリックします。 アプリ一覧の中から「Windowsアクセサリ」フォルダを探してフォルダを開き、その中にある「Snipping Tool」をクリックして起動します。 (またはタスクバーにある検索ボックスに「Snipping Tool」と入力し、検索結果からアプリを起動します)• 「モード」を選択し、スクリーンショットを撮ります。 自由形式の領域切り取り マウスでドラッグして撮りたい範囲を指定します。 自由な形に範囲を切り取ることができるのが特徴です。 四角形の領域切り取り マウスでドラッグして範囲を指定します。 「自由形式の領域切り取り」とは異なり、範囲が必ず四角形になるので綺麗に切り取りできます。 ウィンドウの領域切り取り モード選択後、撮りたいウィンドウをクリックすることでアプリ画面のスクリーンショットを撮ることができます。 全画面領域切り取り 画面全体のスクリーンショットを撮ります。 スクリーンショットの確認画面が表示されます。 問題なく撮れていればウィンドウ左上の「ファイル」をクリックし「名前をつけて保存」を選択します。 スクリーンショットを保存したいフォルダを選択します。 「ファイル名」と「ファイルの種類」を指定し、「保存」をクリックします。

次の