公爵 家 の メイド に。 公爵家のメイドに憑依しました【第5話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

【17話】公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ~やきもちリアンドロ~|クレヨンBlog

公爵 家 の メイド に

公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のあらすじ・ネタバレ・感想 ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。 公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください! 公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のあらすじ イベリナが洗濯室に行く途中、樹木に寄りかかりながら座って休んでいるロレンゾと行き合います。 前回でご機嫌ななめとなってしまったリアンドロから酷いことを言われた彼に対して、イベリナは代わりに謝罪しますが、ロレンゾの方はイベリナが悪いわけでないと優しく受け流してくれます。 そして、リアンドロを見た時の第一印象を話し出してきました。 ロレンゾ「それにしても近くで坊っちゃまを見て驚きました!思ってたより普通だったので・・・」 リアンドロが呪いにかかっていることは本館で働いているロレンゾも噂だけは聞いていたものの、実際に見た時は呪いにかかってはいても醜い姿でなく、至って普通の少年であると言います。 そう聞いたイベリナも嬉しい気持ちになり、彼のように偏見を持たない人が少しずつでも増えてくれることを願うのです。 イベリナの方は洗濯室に行かなければならず、ここでまた分かれますが、またしても好印象を抱きます。 イベリナ「よく見ると少女マンガの主人公のような顔をしてるなぁ・・・メイドたちに人気ありそう!」 そして洗濯が済んだパジャマを持ってリアンドロの部屋に戻りますが、今度はドアをノックしても返事すらしてくれません。 そのまま入り、そのことを指摘しても無視した上に話しかけるなとまで言い放ってきます! イベリナ「話したくないみたいなんで、出ていきますね!」 リアンドロ「待て!こっちに来て座れ!!」 先程までとは全く正反対のことを言ってきますが、彼からの訴えはさらに続きます。 リアンドロ「あんな風に笑うなって言ったのに、お前が笑うからだろ!?」 イベリナにとっては意味不明な命令内容で怒っていたことを知りますが、思春期の少年の機嫌取ることが本当に大変であることを痛感させられます。 そして今度は自分の顔をイベリナの方に近づけてきますが・・・!? スポンサードリンク 公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のネタバレ いきなり自分の顔を近づけてきたリアンドロに対して驚くイベリナですが、興奮してはまた熱が出てしまうことを指摘しながら頭を撫でてなだめます。 そして今度は質問に変わるのです。 リアンドロ「さっきの奴、なんて名前だ?」 そう聞かれたイベリナはすぐにロレンゾのことだと把握しますが、リアンドロは彼の名を聞いた途端に自分の機嫌が悪くなってしまった理由に気づきます。 リアンドロ「アイツをクビにしよう!」 先程までとは打ってかわり、満面の笑顔で追放しようと言い出すのです。 イベリナ「ロレンゾが何かしましたか?」 リアンドロ「してない!!」 リアンドロにとっては彼の顔を見なくて済むと思った時点でスッキリした気分になってしまうのです。 そして、すぐに執事を呼ぶように命令しますが、イベリナは必死に拒みます! イベリナ「そんなの理不尽すぎます!」 リアンドロ「なぜお前が怒る!?使用人をクビにするだけだぞ!」 存在が気に入らないという気持ちだけでクビにしようと言い出すリアンドロに対して、イベリナは大きなショックを受けてしまいます! イベリナ「ロレンゾは偏見を持たない貴重な存在!」 もしかしたら自分のようにリアンドロの味方になってくれるかもしれない人なのです。 イベリナは正当な理由を問いますが、しっかりと答えないリアンドロに対して執事は呼ばないと言い放ちます。 リアンドロ「僕の命令を聞かないっていう・・・」 自分で踏みとどまり、自らの口を塞ぎます。 イベリナにとってもリアンドロがメイドである自分に対して命令を下すことは当然なことだと理解はしています。 しかし理由も特になく使用人をクビにしようとするリアンドロを遠い存在に感じてしまうのです。 イベリナ「分かりました、呼んできます。 しかし、坊っちゃまにはガッカリです!!」 冷たい視線を向けられた途端、リアンドロも焦り出して命令を取り下げます。 そしてまた自分のところに来るように指示しますが・・・ イベリナ「げっ!人の仕事を増やして・・・」 今度はいきなり枕を破き始めて、中の羽をばら撒き始めるのです! リアンドロ「だったら約束しろ!あんな風に笑わないって・・・」 それもまた、彼にとっては自分なりの必死な意思表示だったのです。 公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のみんなの感想 イベリナの言う通り、確かに存在が気に入らないというだけでクビにされてしまってはロレンゾもたまらないですよね・・・。 彼もまたリアンドロに対して偏見を持たずに見てくれており、味方になってくれそうな存在であるのは確かですが、肝心の本人があんな風では・・・少し難しいかもしれませんよね! まとめ 「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。 漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。 無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

次の

公爵家のメイドに憑依しました|ネタバレ!25話から26話までの感想も!|漫画Plus!

公爵 家 の メイド に

そんな2人を、どこかからか監視をしている人物。 一体何者?? というところから25話は始まります! 25話ネタバレ! 「これからあいつとは仲良くするな」 急にそんなことを言い出すリアンドロ。 戸惑うイベリナ。 「ロレンゾがどんなに優しいか」 と言い、ロレンゾがリアンドロを心配していたことを伝える。 すると、目をまん丸にして驚くリアンドロ。 (そりゃ性格も悪くないように見えるけど…) 首を振るリアンドロ。 すると真面目な表情になり… 「とにかく先生のうちの一人が言ってた。 男たちはみんな腹黒いって」 と言うのでした。 イベリナは「あなたも男ですよ」とツッコミを入れてしまったがためにまた不機嫌顔のリアンドロ。 唇を噛み噛みする。 すると、イベリナ何を思ったか リアンドロの顎をクイっとさせます。 顔を真っ赤にするリアンドロ そんなリアンドロを無視して、唇をジッと見つめるイベリナ。 「坊ちゃま。 しきりに唇を噛んだら血色が悪くなるそうです」 リアンドロは顔が真っ赤のままイベリナの手を払いのけ… 「男が唇を真っ赤にしてどうするんだ」 すると… 「もう噛まないことにしましょう」 「約束…」 と言い、小指を出すイベリナ。 指切りげんまんをする2人だった。 リアンドロは、ロレンゾと仲良くしないこと望むが、イベリナはそれはダメと拒否をする。 「望みはゆっくり考えてから話してください」 そういうと、 真剣に望みを考えるリアンドロだった。 するとそこへ… 「コホン…」 咳ばらいをする執事らしき人物が本館のドアの前で立っていた。 「坊ちゃん、どこへ行ってらっしゃったのですか?」 すると冷たい表情になるリアンドロ 「すぐ入るさ」 そう言ってイベリナには何も言わず本館へ。。 (名前をイベリナと言ったか…?注意して見守らなければ) と冷たい目でイベリナを見る執事。 その視線に気付いたイベリナは、 リアンドロに対する態度がまずかったと実感。 (うーん、次からは注意しよう) そう思うのでした。 そこへ、母親とバッタリ出会う。 以前までの冷たい態度とは一変した母親。 「また背が高くなりましたね。 」 「授業の時だけ来ないで、本館に戻って来なさい」 そう言われ、憎悪の目で母親を見るリアンドロ。 「かまいません。 」 そう言って、通り過ぎようとすると… 「別館は環境が劣悪じゃない!みんなあなたを想って…!!」 と必死に話す母親 すると 「いまさらですね」 そういうのでした。 これまで自分を怪物扱いした親が、今さら母親らしくするため、怒りを隠せないでいたのだった。 「一体どうして呪いが解けたのだ。 」 と聞かれるが、理由が分からないベラビティ公爵。 「寝て起きたら呪いが解けた」とリアンドロが言ったことをそのまま伝える公爵。 すると、お祝いとして、ダイヤモンド鉱山を下賜すると言う皇帝。 しかし内心は… (奇跡が起きた) (神託は確かに命を奪うと言った) (何かがある。 ) そう思うのでした。 26話ネタバレ! イベリナはリアンドロの採寸をしていた。 「坊ちゃん、サイズはどうですか?」 【リアンドロの呪いが解けて半年、彼は14歳になり、イベリナの背竹を上回るほど成長した。 】 リアンドロを見上げるイベリナ。 「素敵です」 そう言って誉めると… シャツのボタンを開けっぱなしにして 「着せて」 と言うリアンドロ。 イベリナは嫌な顔をして 「手があるじゃないですか」と言うが… 「今はダメになった」 と言い出す。 (背だけ伸びたね。 背だけね) わがままなリアンドロに呆れるイベリナだが… 結局ボタンを閉めてあげるイベリナ。 その途中 「本当に行きたくない…行かないといけないの?」 とまた駄々をこね始める。 するとそこへ… コホン! 使用人が焦りながらもドア越しに声を掛けてくる 「最大限急いでください。 家主がお待ちです。 」 その声を聞いて、リアンドロの口を押さえるイベリナ。 「みんな聞こえるからそんな話はしないでください!」 すると、イベリナの手から石鹸の香りが… 急に顔を近づけ… 首元で 「頭にも香が残ってるね」 と言うリアンドロ。 適当にあしらうイベリナだったのでした。 リアンドロはこれから公爵と食事に行くために着替えていたのでした。 すると… 顔を赤らめながらも 「いくら褒めても行きたくないんだ!」 とワガママを言うリアンドロ。 それをなだめるイベリナ。 すると… 「行って来たら・・その後は、僕のそばにしっかり付くんだぞ」 と言うのでした。 イベリナには拒否られてしまい不機嫌なままで食事に向かうリアンドロ。 同僚たちは洗濯をしているところだった。 イベリナを発見すると、すぐに恋バナを始める同僚。 今回話題になったのは、 メイドの フェデリカ。 去年から屋敷に入った新人だが色々と面白いのだという。 片思いの相手がコロコロと変わり 先輩メイドたちからの笑いものだったのだ。 「で、今度の相手は誰?」 とイベリナ。 すると、 灰色の髪でイケメンで無愛想だったけど転んだ自分を支えてくれたと話すフェデリカ フェデリカはロレンゾにも恋をしたことがあるという話になり、ロレンゾのことを思い出すイベリナ。 (ちょっと外で話そうとするとリアンドロが邪魔をして…) しばらく話せていなかったのだ。 するとフェデリカ 「今度、トレーニング場に行きませんか?」 とイベリナを誘う。 リアンドロに忠誠をささげる騎士たちがどんな人たちなのか気になるイベリナだった。 するとそこへ 1人の騎士が通りがかる。 (え!?灰色の髪に…美少年!) (ひょっとしてフェデリカが言っていた騎士は…あの人か…) そしてあることに気付くイベリナ… (ちょっと…この人…知ってる!!) そう思っていると、騎士もイベリナの視線に気付き…!?.

次の

公爵家のメイドに憑依しました【第17話】のネタバレ・感想!

公爵 家 の メイド に

『公爵家のメイドに憑依しました』漫画のネタバレ感想|推しの人生を変える転生ヒロイン奮闘記 推しのメイドに憑依したヒロインが、不幸すぎる推しの人生を変えていく転生ファンタジー漫画『公爵家のメイドに憑依しました』。 あまりにも不幸なヒロインの推しであるリアンドロの人生に心を痛めながらも、そんなリアンドロがヒロインによって幸せになっていく姿に心が温まる作品となっています。 さらにかっこよくてセクシーなキャラクターもたくさん登場するので、キュンとくる展開も盛り沢山です。 ピッコマで大人気の転生ファンタジー『公爵家のメイドに憑依しました』のあらすじや登場人物、見どころをネタバレや感想を含めてご紹介していきます。 出典:「公爵家のメイドに憑依しました」、原作:Jooahri、漫画:Aloha、出版社:kakaopage ピッコマで独占連載されて、人気沸騰の転生ファンタジー『公爵家のメイドに憑依しました』の設定やあらすじをご紹介していきます。 少女漫画的要素がふんだん盛り込まれた感動ストーリーが繰り広げられるので、ぜひご覧になってみてください。 作品の設定や概要• 原作:Jooahri• 漫画:Aloha• 出版社:kakaopage(ピッコマ)• ジャンル:ファンタジー、恋愛、異世界・転生、• 話数:28話(連載中:2020年7月10日現在) 設定として、ある小説の中の公爵メイドに憑依したヒロインの献身を描いたストーリーとなっています。 その物語の中の小説はは以下のような内容です。 両親の愛を知らずに育ち、愛に飢えたサブ主人公のリアンドロは、ある日顔に大きな痣ができる呪いにかかってしまう。 そのリアンドロの顔の痣の文字を読めると思われるアンブロセティ王国の王女エレオノラとリアンドロは出会うが、エレオノラにはバケモノと中傷されてしまい、幼心をひどく傷つけられたリアンドロは邸宅に閉じこもって半生を過ごすことに。 そして、13年後にリアンドロと再会したエレオノラは同情心から歩み寄るが、身も心も深く傷つけられたリアンドロは彼女を強く拒否してしまう。 しかし、健気なエレオノラの献身にリアンドロは次第に心を開き、エレオノラの力でリアンドロの呪いは解かれることに。 そうして呪いから解放されたリアンドロは寄り添ってくれたエレオノラを盲目的に愛するようになるが、エレオノラはディエゴという皇室の後継ぎであり本物の主人公を愛しているとリアンドロを受け入れなかった。 その結果、恋に破れたリアンドロは反乱を起こし、処刑されてしまうというバッドエンド小説。 その小説を読んでいて、「私だったらリアンドロを幸せにしてあげたのに…」と思う女の子が、寝てから目を覚ますとリアンドロ家のメイドになっていて、リアンドロに寄り添っていくという物語になっています。 あらすじ 私の推しがサブキャラクターで、反乱を起こした後に死刑になる運命!? 「真紀」はある日小説の中の主人公で不幸な「リアンドロ」に同情し、涙を流しながら眠りについた。 眠りから覚めた「真紀」は、読んでいた小説の世界に転生し、ベラビティ家のメイド「イベリナ」に憑依している。 だが、「イベリナ」は小説には登場しないメイドだが、リアンドロの世話係をすることになるが…。 引用) かっこいいキャラクター多数!『公爵家のメイドに憑依しました』の主な登場人物 『公爵家のメイドに憑依しました』では、少女漫画だけ、かっこよくて魅力的なキャラクターがたくさん登場します。 そんなかっこいいキャラクターも含めて、登場人物たちをまとめてご紹介していきます。 リアンドロ・チリロ・ベラビティ ベラビティ公爵夫婦の一人息子として生まれる物語の中の小説のサブ主人公。 政略結婚の両親は互いに対して愛も尊重する心もなく、その間にできたリアンドロは、両親から全く関心を示してもらえなかった。 そのため愛に飢えた幼い野獣のように育っていった。 そしてある日、呪いにかかり顔に大きな痣ができ、そのことでエレオノラという王女からバケモノ扱いされてしまい、邸宅に閉じこもるようになるが、13年後にエレオノラと再会し、自分に寄り添ってくれるようになったエレオノラを盲目的に愛するようになるが、振られてしまう。 そして恋のために反乱を起こしてしまい、最後には処刑されてしまう悲しすぎる結末を小説では迎えていた。 リアンドロは呪いで体を蝕まれているため、いつも頭痛に苦しんでいて目もあまり見えない。 そしてトゲトゲしい性格のため人格破綻者と言われている。 とても感情的で嫌なことがあるとすぐに態度に出してしまう。 イベリナがメイドとしてやってきてからは、徐々に心を開くようになり、さらにイベリナに恋をする。 そのためイベリナに近づく人たちに嫉妬をしまくる。 イベリナ(真紀) 小説の中の不幸なリアンドロに同情し、涙を流しながら眠って目が覚めたらリアンドロのいるベラビティ家のメイドのイベリナに憑依していたヒロイン。 ちなみにイベリナは小説では登場もしないモブキャラらしい。 モブキャラなのに器用で掃除がよくできるため、周りのメイドからも引っ張りだこになっている。 また周りからは「イビ」と呼ばれる。 リアンドロの幸せを願っていて、リアンドロのために気さくに接して幸せを届けようと奮闘する。 エレオノラ 人質として連れてこられたアンブロセティ王国の王女。 リアンドロの顔を見て「気持ち悪い!あっち行って!バケモノー!! 」と中傷してしまう。 そして13年後に同情心からリアンドロに歩み寄り、健気に献身して、リアンドロのかかった呪いも解いて、リアンドロから好意を寄せられる。 しかし、エレオノラはディエゴを愛しているためリアンドロを振ってしまう。 ディエゴ 作中に登場する小説の本物の主人公である皇室の後継ぎの男性。 エレオノラと結ばれる。 アンナ ピョンピョン跳ねたオレンジ色の髪にきつい目をしたリアンドロの世話係のアンナ。 怒りっぽい性格をしていて真紀にもよく文句を言う。 リアンドロの目が見えないのをいいことに、こっそり寝室に入って装身具を盗むこともあった。 小説では装身具を盗んだことで追い出されている。 イレナ夫人 家事もせずにパーティーやオークションなどの娯楽にハマっている金髪の美しい夫人。 リアンドロの顔を見るのを避けている。 リアンドロの呪いが解けてからは接しようとするが、リアンドロから拒絶される。 公爵 愛人と旅行にいくめちゃくちゃイケメンな公爵。 リアンドロの心配もせずに、あまりにも冷たい態度でリアンドロに接する。 リアンドロの呪いが解けてからは1週間に一度一緒に食事をするようになる。 ロレンゾ 本館で働いているかっこいい好青年。 リアンドロにも偏見を持たない良い人で、イベリナに好意を抱くようになる。 思っていることが顔に出るタイプ。 また意外とシャイで、爽やかなピュアボーイ。 料理長 料理長のおばさん。 リアンドロのことも心配していて、イベリナのおかげで元気のなかったリアンドロが笑うようになったことを嬉しく思っている。 医者 リアンドロが呪われてからずっとリアンドロのことを診ていた主治医。 10年間呪いの研究に邁進していた。 先生 リアンドロの先生であるメガネをかけたイケメン男性。 紳士的で女性の扱いがうまい。 リアンドロには授業をよくサボられるようで苦労している様子。 執事 リアンドロとイベリナが仲が良いのをあまりよく思っていない片眼鏡の執事。 イベリナを警戒していて、行動に目を光らせている。 ヘリオス三世 ロサノ・クレセンゾ クレセンゾ帝国皇帝。 神のお告げでリアンドロの命が奪われることを知っていた思惑の知れない人物。 フェデリカ イベリナのメイド仲間の新人。 惚れっぽくて片思いの相手をコロコロ変えているため、先輩メイドたちからからかいの的となっている。 リリアナ 最後までリアンドロに忠誠を捧げたグレーの髪の騎士。 幼いながらに周りを気遣っていたリアンドロのことを尊敬していて、忠誠心が非常に高い。 中性的な顔立ちで美少年に見えるが実は女性。 その見た目のため時々メイドに恋されることもある。 面白い!『公爵家のメイドに憑依しました』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「公爵家のメイドに憑依しました」、原作:Jooahri、漫画:Aloha、出版社:kakaopage リアンドロとイベリナの掛け合いが面白くほっこりするシーン満載の『公爵家のメイドに憑依しました』には、見どころがたくさん存在します。 そんな数ある見どころの中でも特に注目してほしいポイントを3つに絞ってご紹介します。 イベリナの優しさ 『公爵家のメイドに憑依しました』では、ヒロインのイベリナの優しさが見どころとなっています。 不幸すぎるリアンドロに同情した結果、突然リアンドロのメイドに憑依することになったヒロインは、リアンドロの幸せのために尽くすのです。 メイドらしからぬ物怖じせずに何でもハッキリという性格で、他人を寄せ付けないリアンドロにお節介そうにされながらもグイグイ迫って、温もりを届ける姿は見ていて清々しくてとても好感を持てます。 そんなグイグイいくときもあれば、呪いに苦しむリアンドロを見て、何もできない辛さに涙を流したりと、本当にリアンドロのことをよく考えているということがわかるのもさらに魅力的です。 あまりにも不運なリアンドロもイベリナがいたら絶対に幸せになれると思えるような、読んでいて心から安心できる優しさがイベリナから溢れ出ています。 さらに、そんなイベリナはリアンドロやロレンゾなどのイケメン男子からモテまくりなので、イベリナの優しさやその優しさに心を動かされる男たちとの恋愛にも注目してみてください。 イベリナによって変わるリアンドロ また、イベリナの優しさによって変わっていく不運の主人公リアンドロも注目ポイントです。 両親からも疎まれ、周りからはバケモノ呼ばわりされて誰からも愛されなかったリアンドロは、心を酷く傷つけていて、自分を守るために近づく人に対して攻撃的になっていました。 しかし、どんなに攻撃的に接してもメイドのイベリナは構わずリアンドロに接し続けます。 心配してくれる人などいなかったのに初めて心から心配してくれるイベリナの存在、初めて人に触れて感じた温かさから、リアンドロはイベリナにだけ徐々に心開いていくのです。 攻撃的で寡黙で無愛想であるはずなのに、イベリナにだけ笑顔を見せるようになったり、照れ臭そうにしながらもお礼や謝罪を述べるようになったりと普通の子供のような反応を見せるようになるので、見ていてほっこりして心が温まること間違いなしです。 小説では不幸続きだったリアンドロが、イベリナと過ごす日々によって幸福な毎日を送るようになる姿は胸にグッとくるものがあるので、リアンドロの変化にぜひ感動してください。 リアンドロの呪いの秘密や変化する小説の展開 そして『公爵家のメイドに憑依しました』では、リアンドロの呪いの秘密やイベリナの登場によって変化する小説の展開も見どころとなっています。 不幸の元凶となるリアンドロの呪いは誰かかけたのか、そしてその呪いの正体など、物語の影には何者かの思惑が隠されています…。 さらにイベリナに憑依したヒロインの介入により、小説の内容とは違う展開になってきたり、ヒロインがなぜか小説の内容を思い出せなくなってきたりと予測のつかない方向にストーリーは進んでいきます。 他にも伏線となるようなイベリナの夢などが描かれていたり、リアンドロたちに黒い影が忍び寄ったりと一筋縄ではいかないような展開が待ち受けているので、結末まで目が離せません。 リアンドロとイベリナの温かな性格だけでなく、その影に潜む怪しい伏線などにも注目してご覧ください。 ) 目と心の保養になる『公爵家のメイドに憑依しました』はこんな人におすすめ 『公爵家のメイドに憑依しました』は、心が温まる少女漫画が好きな方に特におすすめの作品です。 物語は、あまりにも不幸な運命を辿る小説の中のサブ主人公リアンドロに同情したヒロインが、リアンドロのメイドに憑依して、リアンドロの幸せのために尽くす転生ファンタジーとなっています。 誰からも愛されず、相手にもされず攻撃的な性格になっていたリアンドロが、イベリナのお節介な優しさに触れるうちに笑顔をよく見せて幸せそうな日々を送っていく光景は、とにかく心が洗われます。 そして、成長したかっこよくてセクシーすぎるリアンドロや、ピュアなロレンゾといったイケメンキャラクターが、ヒロインを取り合う少女漫画的展開も用意されているので、目の保養としても物語を楽しめます。 心が荒んだときはぜひ『公爵家のメイドに憑依しました』を読んで、キュンとしながら温かい気持ちを取り戻してみてください。 ) 紹介者が考える『公爵家のメイドに憑依しました』の伝えたいこと(考察) 出典:「公爵家のメイドに憑依しました」、原作:Jooahri、漫画:Aloha、出版社:kakaopage 『公爵家のメイドに憑依しました』では、どんなに不幸な人生でも思いやりのある人が1人でもいれば幸せになれるということを伝えたいように思えます。 小説の中では、両親にも相手にされず、周りからはバケモノ扱いをされて、唯一好きになった人にもフラれてしまったリアンドロが不幸な人生をひたすら歩んでいきます。 しかし、そんなリアンドロの不幸な人生は、リアンドロの幸せを心から願っているイベリナの存在によって、どんどん明るい方向へ変わっていくのです。 そんな光景に優しく接する人が1人いるだけでここまで幸せな未来に変わっていくのかと衝撃を受けますし、そんなヒロインたちの姿を見て、自分自身も誰かの幸せのために人には思いやりを持って接していきたいと思えました。 どんな悲劇の物語でもたった1つの温かい心によってハッピーエンドに変えられると思えるような心温まる作品となっているので、この機会にぜひ『公爵家のメイドに憑依しました』をご覧になってもらいたいです。 ) ヒロインのイベリナのさっぱりした性格とリアンドロにも気さくに接する姿がとても魅力的でした。 そしてそんなサバサバしたイベリナにどんどん心を許していくリアンドロが可愛いですし、嫉妬しまくりな姿をニマニマしながら楽しめました。 呪いの存在によって時々暗く不安な雰囲気が立ち込めますが、全体的にとても温かみのある作品で、見ていて心が清らかになる気がするので、ぜひご覧になってみてください。 イケメンでセクシーなキャラクターも登場するので、特に女性の方におすすめです。 『公爵家のメイドに憑依しました』が気になる人におすすめの類似作品 ここでは『公爵家のメイドに憑依しました』に興味がある方におすすめの心温まる漫画をご紹介していきます。 1つ目は『わたしの幸せな結婚』です。 家族から蔑まれて自分の人生を諦めきっていたヒロインが、冷酷無慈悲と言われる男性のもとへ嫁入りしてから、少しずつ幸せな生活を送るようになる恋愛となっています。 「公爵家のメイドに憑依しました」のリアンドロと同様に、不幸だったヒロインが周りの優しさによって徐々に幸せになっていく姿に涙腺崩壊する作品です。 私自身、3回読んで3回とも涙が溢れてしまったので、読む際はタオルを準備した上で読み始めてください。 下の記事では『わたしの幸せな結婚』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しているので、合わせてご覧ください。 2つ目は『王様ランキング』です。 耳も聞こえず声も話せない上に非力で、周りからバカにされてばかりのダメ王子の成長を描いた漫画となっています。 周囲からバカにさればかりだったダメ王子が1人の友達と出会うことで人生を輝かせていく心温まる作品です。 子どもから大人まで楽しめる冒険とドラマが描かれているので、興味がありましたら合わせてご覧ください。 下の記事では『王様ランキング』の詳しい内容や無料で読む方法をご紹介しています。

次の