アイコス3 マルチ 発売。 【日本限定アイコス】IQOS 3とマルチの「NIPPON 祝賀モデル」が発売!

11月に新型アイコス3&マルチ発売!果たして買う価値はあるのか!?

アイコス3 マルチ 発売

新型のiQOS(アイコス)の発売が発表されましたね! 今回発売されるのは、2つのモデル。 「iQOS3(アイコス3)」 「iQOS3 MULTI (アイコス3マルチ」 いったいどんな風に進化したのか、気になる性能と仕様をご紹介!• iQOS 3(アイコス3)の性能と仕様は? 使い方は、従来のiQOS(アイコス)と相違は無いが、サイズがコンパクトに!そして、オシャレなデザインになりました。 ・従来に比べ、充電時間が40秒短縮。 ・向きを気にせずホルダーに収納が可能。 ・本体とホルダーは磁石で吸着するようになり、収納スムーズ、充電漏れを防ぐ。 といった、ユーザーの悩みを改善した仕様となっています。 大きさは従来と比べてみると、以下のようになります。 重さはどちらも120gと変わりは無いようです! iQOS 3MULTI(アイコス3マルチ)の性能と仕様は? iQOS3 MULTI(アイコス3マルチ)は、セパレート方式をやめて、 glo(グロー)のようにチャージャーとホルダーが一体化したモデル。 iQOS3 MULTI(アイコス3マルチ)の最大の魅力は、 ・10本連続で吸える という事! それまで充電はいらないのだ! ヒートスティックの差込口にタバコをセットして、吸い終わったら取り出し時間を空ける事なく次が吸えるんです。 吸いたくてもちょっと待たなければいけないというイライラを改善した仕様です。 どうやら、コンビニの展開はまだ先のようで、とりあえず 全国9ヶ所の「アイコスストア」もしくは、公式からの購入が基本となる。 ・iQOS3(アイコス3) 価格 10,980円 ・ iQOS3 MULTI(アイコス3マルチ) 価格 8,980円 発売当初のiQOS(アイコス)みたいに、半額でのサービスも今後あるかもしれませんが、決定はしていない模様。 iQOS (アイコス) 新型の壊れやすさは? iQOS(アイコス)ユーザーにとって気になる点はそこだろう! 購入して間もなく不具合なんて事はザラにあった事で、クレーム等は殺到していると思うので、間違いなく何かしらの改善や対策はされているであろう。 ・充電されない ・熱が入らない ・蓋が閉まらない ・赤点滅から戻らない など、これらの不具合が無くなっている事を、心から願う(笑 故障したときのあの絶望感は味わいたくないものだ・・・ まとめ 使いやすさは見ている限りとても便利そうな仕様ですね! しかし、故障が多いというiQOS(アイコス)の欠点をどれだけ改善できているかにかかっていると私は思います。 そこに関しては、使ってみない事にはわからない事なので、発売後は一番気になる点ですね。 PloomTECH(プルームテック)やglo(グロー)もそうですが、どんどんが進化していきますね! そのうち、紙巻きたばこを吸う人はいなくなりそうだ。 といっても、かたくなには嫌だ!という人もいるだろうが! PloomTECH(プルームテック)の新型の詳細が気になる人は以下のリンクからどうぞ! music4men.

次の

ついに「IQOS(アイコス) 3マルチ」のキャップが販売開始! ストアは5色、オンラインストアは2色を販売!

アイコス3 マルチ 発売

こんにちは、戯言草々です。 しかも発売日が 11月15日 木 と同時発表されボーナス商戦時期にしっかり合わせてきております。 JTに比べフィリップモリスはやる気まんまんの様子。 公式HPでもその新型を拝めますね。 4plus」と比べデザインもしっかり変更されており、機能面に関してもフルモデルチェンジと言ってよいでしょう。 だけど… わざわざ新型アイコスを買う価値はあるのかな!? というわけで、本日は発表されたばかりの新型「アイコス3」について色々と予想出来ることなどを考察していこうと思います。 まずは刷新された機能面から見ていきたいと思います。 現状の「アイコス2. 4plus」に関しては個体差はあるでしょうが、充電時間はおよそ4分強でしょう。 「新型アイコスはバッテリーを強化した」という事なんでしょうが、個人的には40秒の短縮というのは価値とまでは感じません。 恐らく強化されたバッテリーも使用劣化に伴い充電時間も遅くなっていくでしょうし、下手をすると個体差でその差を感じない可能性もあります。 「充電時間が1分になりました!」 とかならセールスポイントになりそうなんですが、バッテリー&ホルダーの耐久度の面からしても無理だったのでしょう。 とは公式HPの謳い文句。 私の場合はネットで良く見る「落として壊れた」みたいな状態にはなっておりませんので、そもそもアイコスの堅牢性にネガティブなイメージを持っておりませんでした。 ですが「蓋が閉まらない」などの書き込みが多々見られることから、これはアイコスに壊れやすいイメージを持たれている方、また実際に壊れてしまった方には求めていた特徴なのかもしれません。 ただこれも個人的には購買意欲が高まるような新機能・特徴とまでは言えないですね。 皆が望んでいる進化、それは… ニオイの軽減。 これしかないと思うんですよね。 ただ、アイコスユーザやノンユーザーが持つ「アイコスは臭い!普通のタバコよりも臭い!」というイメージを変えること、これを真っ先に取り組んで欲しかったんですよね。 非喫煙者が持つネガティブイメージを少しでも改善できるように進化して欲しかったというのは少なくとも私の願いでありました。 しかし、今回の新型アイコス3の改善点や特徴はどうやら ・充電時間の短縮 ・堅牢性の向上 ・デザイン というあくまでも現ユーザーに向けてのもの。 これでは世間のアイコスユーザーや喫煙者へのイメージは良くなる訳がありません。 ただ、ニオイの原因はヒートスティックや加熱方法自体の問題でもあるでしょう。 であるならヒートスティックの大幅な見直しが急務なのかもしれません。 新型アイコス3まとめ。 ニオイを軽減してたら… というわけで、本日は10月23日に発表された「新型アイコス3」について私なりの考察というよりかは本音を書かせて頂きました。 しかし、今回の新型アイコスのセールスポイントからは 「喫煙者と非喫煙者の共存なんて無理!」 「我々は喫煙者とのみ進んでいく!」 とタバコ会社側がまるで世間や非喫煙者を無視したみたいに感じてしまった 悲。 たしかに「ニオイをいくら軽減しても有害物質がある」という根本がある以上、喫煙者と非喫煙者が分かりあうことは不可能でしょう。 ただ、それはあくまでユーザーとノンユーザー側の問題であり、タバコ会社側がそれに拍車をかけてしまってはどうしようもない。 これではさらに世間や政治の「喫煙者」に対する風当たりはより強くなる未来しか見えません。 次の新型こそはアイコスユーザー以外の非喫煙者の方も理解が出来る「新型アイコス」の開発をしてほしいものです。 次回の記事では「新型アイコス3マルチ」について考察していきたいと思います。 それでは。

次の

アイコス3マルチの口コミ評判!使い方や料金・他の加熱式タバコとの違いを徹底解説!

アイコス3 マルチ 発売

2本連続で吸える「アイコス 3 デュオ」。 ホルダーの充電時間も大幅短縮 「アイコス 3 デュオ」は、「アイコス3」の進化版デバイスだ。 変更点は、「アイコス3」ではホルダーへの充電1回につき、ヒートスティック1本しか吸えなかったところ、「アイコス 3 デュオ」では1回の充電で2回の連続喫煙が可能となった。 また、ホルダーの充電時間が大幅に短縮され、ヒートスティックを1本吸うための充電が約1分50秒で可能になった。 なお、2本連続で吸うために必要な充電時間は約5分15秒。 本体のサイズや使用法、マグネット式でホルダーの向きを気にせずにチャージャーに格納できるなどの仕様は、「アイコス3」を踏襲している。 訂正してお詫びいたします。 カラーは5色を用意。 左から、ウォームカッパー、ウォームホワイト、ブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレー 本機種からの新色となるウォームカッパー(アクセサリーは別売)。 これまで限定モデルとして赤系のカラーを発売したところ好評だったため、レギュラーカラーにも赤系を採用。 男女ともに受け入れられやすそうな、落ち着いた高級感のある色だ ホルダーライトの点灯数で、充電状況の確認が可能。 2つ点灯している場合は、2本分使用できる 連続喫煙が可能なデバイスとしては、すでに「アイコス 3 マルチ」(10本連続喫煙可能)がラインアップされているが、1回の本体(チャージャー)への充電で吸える本数は「アイコス 3 デュオ」(約20本)のほうが多い。 そのため、今回発表された「アイコス 3 デュオ」は、「1日で1箱(約20本)吸うが、1回のたばこ休憩で吸うのは2本くらい」というスタイルのユーザーに向いているだろう。 実際、フィリップモリスがユーザーの連続喫煙の傾向を調査したところ、1回の喫煙につき2本程度吸うというユーザーが多かったという。 ヒートスティックを1本吸うための充電時間の比較 なお、「アイコス 3 デュオ」の発売を受け、「アイコス3」は現在の在庫がなくなり次第終売となるが、「アイコス 3 マルチ」「アイコス 2. 4 プラス」は引き続き販売が継続される。 また、3機種とも2019年10月1日からの消費増税後も税込価格は据え置きとなる。 今後は「アイコス 3 デュオ」「アイコス 3 マルチ」「アイコス 2. 4 プラス」の3機種で展開される ユーザーサービスも内容を刷新。 より安心・便利で楽しく 発表会では、「アイコス 3 デュオ」の発売に合わせ、ユーザーに向けたサービスも内容を刷新したことが発表された。 「ランクアップシステム」「定額サービス」「無料レンタルサービス」を活用することで、より快適に使用できる体制を整えたという。 会員特典プログラム「アイコスフィア」のランクアップ特典が豪華 まず、アイコスの会員特典プログラム「IQOSPHERE(アイコスフィア)」には、ランクアップシステムを新たに導入。 「QOINS(コインズ)」を貯めてランクアップすることで、より充実したサービスを受けることが可能になるシステムだ。 なお、「アイコスフィア」はデバイス購入後、ユーザー登録を行うだけで年会費0円で利用することができる。 ステージは「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」3段階に分かれている。 シルバーステージでは、AI による 24 時間電話受付対応、故障後の問い合わせから夜中でも最速7時間で自宅まで交換機を届けてくれるなどの基本的なサービスのほか、自損による故障でも、ホルダーとチャージャーそれぞれ1回ずつ(アイコス 3 デュオの場合)無償交換ができるという。 アイコスデバイスを購入後、ユーザー登録をするだけで自動的にシルバーステージになる ゴールドステージになると、自損故障の保証が最大 3 回まで無償交換になるほか、1,500 円分のアクセサリークーポンがもらえる。 さらにプラチナステージになると、最新モデルを含む、希望のアイコスデバイスをもらえるという豪華な内容だ。 ゴールドステージでは自損保証回数が増加、クーポンももらえる プラチナステージでは、希望のアイコスデバイスが無料でもらえる コインズは、「アイコスフィア」内で出題されるクイズに答えたり、コラボ動画の視聴、アクティビティにチャレンジするなどして貯められる。 アイコス休憩時の息抜きとして楽しみながらステージアップを目指せそうだ お手頃価格の定額プラン アイコスデバイスを定額で使用できる「IQOS 定額プラン」については、最新の「アイコス 3 デュオ」を含め、月額630円(税込、1年契約、アイコス 3 マルチの場合)からという手頃な料金にて提供を開始した。 「IQOS 定額プラン」では、更新のたびに最新製品の提供を受けられるほか、「アイコスフィア」のゴールドステージユーザーと同じ待遇を受けられる 「IQOS 定額プラン」には3つのプランを用意。 たとえばPLAN Aの場合、年間10,800円(税込)となるため購入するよりも高いが、更新のたびに最新デバイスが提供されるため、常に新しいデバイスを使用できる。 手入れをさぼりがちだったり、破損などのトラブルの心配がある人にはありがたいシステムだ とりあえず試してみたいなら、レンタルプログラムが便利 魅力的な「IQOS 定額プラン」だが、最低1年の契約となるため、より手軽にアイコスを試してみたいという人に向けて、デバイスを14 日間無料レンタルで試すことができるプログラムも用意。 9月30日から提供開始される予定だ。 返却時の送料も無料。 アイコスの吸い心地や使用感が自分に合っているかを存分に試すことができる 「アイコス 3 デュオ」の発売を記念し、同製品を試して購入できるポップアップストアが、原宿のイベントスペース「jing(ジング)」にて9月27日まで開催中。 こちらでも無料で「アイコス 3 デュオ」を試せるので、お近くの方は足を運んでみては.

次の