カエデ の 郷 ひら ら。 2020年 奈良カエデの郷ひららへ行く前に!見どころをチェック

関西の廃校カフェ「奈良カエデの郷ひらら」に行って来た!

カエデ の 郷 ひら ら

奈良県宇陀市 奈良カエデの郷 ひららについて 奈良県宇陀市 菟田野(うたの)にある奈良カエデの郷 ひららは世界各地から集めたカエデの品種約1200種類のカエデが約3000本も栽培されているらしく、日本一の収集量となっているそうです。 春から初夏にかけてが一番美しく、見ごろとされております。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm また、施設は旧宇陀小学校の跡地を利用しています。 2006年に閉校され、当時の面影を残したまま再利用されています。 少しレトロな施設は、懐かしい気持ちにさせてくれます。 基本的に廊下や、廊下から教室内の撮影はOKですが、教室は鍵が掛かっており、入る事が出来ません。 撮影希望の方は事務所の方に連絡すると、有料ですが教室内での撮影が出来ます。 貸し切り扱いとなりますので、ご家族、ご友人でご利用したり、撮影やイベントとしても利用されると良いと思います。 また、NHK連続テレビドラマのロケ地としても利用されたことがあるそうですよ。 奈良県宇陀市 奈良カエデの郷 ひららの見所 旧校舎を利用したカフェがあり、懐かしい給食を再現したランチもあり!一度は食べてみたいですね。 また、カエデの本数、美しさは圧巻です!是非、ご覧ください。 そして、校舎も是非、立ち入って回ってみて下さい。 雰囲気がありますよ。 スポンサードサーチ 木造校舎で撮影した写真などを紹介 2019年5月19日(日)、少し曇りですが晴れ間もあり。 星は確実に撮れそうにありませんので、昼間に活動しようと、今回奈良カエデの郷ひららに行って参りました。 先日、を書いておきながら、早速やり方を元に戻してます。 書いていて色々不具合があったのです。 でも、別のページに概要は記載して置いてあり、撮影地の紹介ページとして作っています。 多分このやり方が定着するかな・・・。 しかし、このブログ「星を撮り行く」って書いてるのに言うほど星撮りに行ってないですが、まぁ仕方ないです。 天候次第な所はありますし。 毎日星が撮れるなら、週3日くらいで星を撮りに行ってますよ、たぶん。 まぁ天候悪い時こそ、星撮りの下見に出掛けもしたいのですが、星撮り以外にも行きたい所も沢山あるため、なかなか下見にもいけず・・・。 ・・・話が脱線してしまいましたが、奈良カエデの郷ひららは、とても素晴らしい場所でした! 上にも書いてますが、 なんと小学校跡地をそのまま施設として利用しています。 カフェや売店、カエデのギャラリーとして利用されています。 しかもその校舎は木造校舎でなんともレトロで懐かしい雰囲気があります!と言いながら私の小学生時代は木造校舎ではありませんでしたが・・・。 校舎の前(裏?)にはカエデが沢山植えられています。 今が見ごろのようで、とても美しかったです! Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm さて、これが校舎です。 なんかワクワクしますね!昔は母校(小学校)に入る事が出来たのですが、いざ私が成人した時には色々と社会の変化によって母校に立ち入りが出来なくなりました。 ですので、少し小学校の校舎に立ち入るのが憧れだったんですよね。 SIGMA 14-24mm F2. 8 DG HSM ART 廊下です。 めっちゃ木造校舎感出てますね。 映画「学校の怪談」の旧校舎を思い出します。 夏に来たら楽しそうだ。 SIGMA 14-24mm F2. 8 DG HSM ART 階段です。 なんか踊り場ってテンション上がりません?この中途半端感が凄く好きで・・・会社にも踊り場がありますが、また違うんですよね・・・この、なんとも言えない気持ちを思い出しました。 SIGMA 14-24mm F2. 8 DG HSM ART 階段を上った先にはピアノが置いてあります。 なんとも使い古した感じですが、一応音はなる様です。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 廊下から教室をのぞきます。 不揃いの椅子が並べられていました。 そうそう、こんな椅子でしたよね!懐かしい。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 音楽室。 楽器たちが置き去りにされています。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm とある教室の教壇。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm トラウマの職員室。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 折角なので、図工室に入らせてもらいました!1時間 1,500円でした。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 20年ぶりに席についてみました。 ビックリするくらい小さく感じました。 SIGMA 14-24mm F2. 8 DG HSM ART そして20年ぶりに机で居眠り。 寝心地は良かった。 そういえば、学生時代、私は何故か窓際の席が多かったんですよね・・・。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 机にカメラを置いたらいい感じにリフレクションしていた。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm こんな感じで、黒板見つめて授業聴いていましたっけ・・・ Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 授業そっちのけで、先生にばれないように近くの友達と話したり手紙のやりとりしたっけ・・・。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 20年前の私は、自分がどんな大人になるかなんて、想像出来なかった。 答えは、あの頃と何も変わってない。 あの時と同じように、思いつきで好きなことばっかりしてる。 でも、こんなカメラ振り回して遊んでるなんて、想像もしなかったなぁ。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 場所は変わり、体育館です。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 舞台下が収納になっていて、パイプ椅子とか入ってたんですよね・・・。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm 小学校って、なんかやたらシンボル的な大きな木がありましたよね。 SIGMA 14-24mm F2. 8 DG HSM ART さて、そろそろ下校しようかな。 Carl Zeiss PLANAR F1. 4 50mm なんかいつもよりノスタルジーな記事になりましたが、撮影スポットとしても、大変楽しめます!また来たいです!絶対次は給食ランチたべたい・・・。 YOUTUBE動画 動画撮影したものや、写真を纏めてみました。

次の

関西の廃校カフェ「奈良カエデの郷ひらら」に行って来た!

カエデ の 郷 ひら ら

秋が深まるこれからの時期、ぜひ訪れていただきたい場所があります。 奈良県宇陀市にある、。 昭和初期に再建され、平成18年3月に廃校となった旧・宇太小学校を活用した施設で、教室や廊下などが当時の姿を残しています。 開館時間であれば自由に入ることができ、木造校舎の懐かしい雰囲気を感じることができます。 また、施設名にもなっているカエデは、1200品種3000本が植栽されており、その数と希少品種の多さは日本一とも言われています。 カエデについては、後ほどご紹介しますね。 木造校舎で小学生時代にタイムスリップ! 先日、当社の全社員が参加する研修を、こちらの教室をお借りして行いました。 学校での授業さながらの雰囲気。 学生時代に戻ったような懐かしい気分を味わいながら、集中して取り組み、充実した時間を過ごせました。 こちらの施設では、訪れた方が楽しめるようないろいろな取り組みをされています。 約1万冊を収蔵する図書室では、植物や料理、美術関係の貴重な書籍が閲覧できる他、ギャラリーでは今の時期、カエデ柄の着物や帯が展示されており、とっても華やか。 また、カフェでは、小学生気分に浸れる給食ランチが大人気!数が限られているため、事前予約がおすすめです(毎月第一日曜のみ)。 全国の中でも、80年を越えて、これほどまでに保存状態の良い木造校舎は珍しいとのこと。 撮影スポットとしても人気で、以前は、NHK朝の連続テレビ小説のロケ地にもなったそうです。 木造校舎は、平屋と二階建ての二棟。 二階建ての校舎の趣ある階段を上がると……、 迫力満点!全長60mという廊下が続いています。 年に1回、近くの中学生の子どもたちが雑巾がけ競争をするそうです。 なかには「この廊下、どこかで見たような…」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。 実は、当工房のランドセルカタログの表紙写真は、こちらで撮影させていただきました。 1200種 3000本 日本一のカエデ園 校舎の裏に広がるカエデ園では、遊歩道やため池などが整備され、ゆっくりと散策を楽しめます。 これらのカエデはすべて、地元の写真家矢野正善さんが旧・菟田野町に寄付されたもの。 (旧・菟田野町、旧・榛原町、旧・大宇陀町の三つの町が合併し、2011年に宇陀市となりました。 ) 平屋の校舎に飾られているカエデの写真の数々は、奈良の代表的な写真家である入江泰吉さんに師事した矢野さんが撮られたものです。 スタッフの方々の愛に包まれ、大切に育てられているカエデたち。 山の木々に囲まれた、空が広く開放的な園内には、穏やかな時間が流れています。 校舎を前に広がるカエデの森は、まるで童話の世界のようでもありました。 これからの時期は、鮮やかに色づくカエデをお楽しみいただけることでしょう。 カエデというと一般的に秋の紅葉の印象がありますが、こちらのカエデは春から初夏にかけて、赤、ピンク、黄、紫など色とりどりの新芽が一斉に吹きだす時期も見頃とのことです。 次は、ぜひ春に訪れてみたいと思います。 奈良カエデの郷「ひらら」ができるまで のんびり癒され、どこで何を撮っても絵になるような、素敵な場所。 事務局長の德田さんに、奈良カエデの郷「ひらら」の成り立ちや特長について、お話を伺いました。 宇太小学校は、他2校の小学校との統合が決まり廃校となったのち、一時は校舎を取り壊す方針で話が進んでいました。 しかし、「校舎を残してほしい」との地元の方々の声の高まりを受け、卒業生を中心に有志の方々がNPO法人を設立。 駐車場の確保や、資金調達など、さまざまなことが限られたなかで工夫を重ね、現在のような校舎の活用が叶うこととなりました。 「校舎の保存・活用は、地域の方々の協力なくしては成し得なかったこと」 「ここを宇陀市の一つの地域資源として、みんなでまちを盛り上げていきたい」 ご自身も宇太小学校の卒業生という德田さん。 德田さんのお言葉や柔らかな笑顔からは、地元や地元の方々、カエデの郷に対する熱い思いと愛情を感じました。 德田さんが「人とのつながりを大事にしたい」とおっしゃるように、カエデの郷「ひらら」では一年を通してさまざまなイベントが行われています。 手づくりマーケットや、地域サークルのコンサートやライブ、寄席。 ときには留学生の方々が着付けやお茶の体験をしたり、同窓会が開かれたりといったことも。 なんと、ここで開かれる婚活パーティーでのカップル成就率は他の会場に比べて高いそう。 来月には現代アート展やワークショップ、着物のファッションショーなどが開催されます。 国宝 宇太水分神社 近くには、鎌倉時代に創建され、国宝に指定されている「宇太水分(うだみくまり)神社」があります。 御祭神は水の神様。 敷地内にある夫婦杉と呼ばれる杉の木は、根元が一つになっていることから夫婦円満の象徴として親しまれているそうで、婚活パーティーでカップルになった方々は帰りにここを訪れるといいます。 神社前の川沿いでは、春には満開の桜並木が見られるとか。 カエデの郷「ひらら」を訪れた際には、神社やお寺など、近くの観光スポット巡りを楽しまれるのもおすすめです。 校舎があるのは小高い丘の上。 吹き抜ける風が気持ちよく、お天気の良い日にはきっと深呼吸をしたくなるはず。 少しのあいだ日常を忘れ、ノスタルジックな気分に浸ってみてはいかかでしょうか。 奈良へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。 奈良カエデの郷「ひらら」 営業時間:10:00~17:00 月曜日休園(祝日の場合は火曜日) 〒633-2226 奈良県宇陀市菟田野古市場135-2 TEL:0745-84-2888.

次の

3000本のカエデが彩る!奈良カエデの郷「ひらら」|ランドセルBLOG|ランドセルの鞄工房山本

カエデ の 郷 ひら ら

更新日:2013年7月5日 ワールドメイプルパーク 奈良カエデの郷「ひらら」 奈良カエデの郷「ひらら」はモミジのような赤ちゃんの手のひらと、葉が風にひらひら舞う様子を合わせて名付けられました。 世界のカエデコレクション 春から初夏にかけて、約1200種類のカエデが一斉に新芽を出す色彩と豊かな風景が「カエデ園」の魅力です。 さらに、秋の紅葉にかけて長い間、鑑賞して頂けます。 園内には約3,000本が植栽されています。 cafeカエデ 昭和初期に建造された旧小学校の木造校舎で、ノスタルジックな雰囲気に包まれながら、ゆっくりくつろいで頂けます。 深煎りコーヒーや手作りクッキーが好評です。 お土産販売コーナー 地域の名産品からカエデ関連グッズまでたくさんの商品を取り揃えています。 ギャラリー レトロな佇まいがアート作品の魅力を一層引き立てる展示スペース。 地元在住のアーティスト作品展や奈良ゆかりの作品等による企画展を随時開催しています。 ワールドメイプルパーク 奈良カエデの郷「ひらら」へ 営業時間 午前10時~午後4時 月曜定休 場所 宇陀市菟田野古市場135 電話 0745-84-2888 駐車場 無料(約50台).

次の