危険 な こと を たとえ た ことわざ は。 【ことわざ100選】有名なことわざと意味一覧

ことわざ集

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

仕事がら身についた習性もいう。 黒犬に噛まれて赤犬に怖じる くろいぬにかまれてあかいぬにおじる 意味 犬に噛まれたために、犬全部をこわがるということで、一度恐ろしい経験をしたために、必要以上に用心することのたとえ。 事前に漏れれば妨害されたりして失敗することが多いという戒め。 囁き千里 ささやきせんり 意味 ひそひそ話は、すぐに遠方まで伝わる意で、内緒話の漏れやすいことのたとえ。 途中よりも結果が大切という意味もある。 類義語 有終の美 思案の案の字が百貫する しあんのあんのじがひゃっかんする 意味 どんな場合にも結論を出す前に熟考することが大切だというたとえ。 類義語 分別の別の字が百貫する 舌の剣は命を絶つ したのつるぎはいのちをたつ 意味 不用意なことばの過ちのために、自分の生命さえも失うことがあるということ。 また、悪意のある風評を流されて、一生を台なしにされることがあることにもいう。 転じて、気が小さくて、いつもびくびくしていることをいう。 小敵と見て侮る勿れ しょうてきとみてあなどるなかれ 意味 小敵だとみくびって油断していると、思わぬ不覚をとることになる。 どんな相手であっても軽んじてはいけないという戒め。 また、初めの決意を忘れてはいけないという意味でも用いられる。 類義語 始めが大事。 急いては事を仕損じる せいてはことをしそんじる 意味 物事はあまり急いでやると、内容がおろそかになって失敗しやすいという戒め。 備えあれば患い無し そなえあればうれいなし 意味 いざという時のために普段から準備しておけば心配せずにすみ、心安らかにしていられるということ。 多言は身を害す たげんはみをがいす 意味 口数が多い者は、いらざる事を口外して他人に迷惑をかけたり、信用を落としたりして、わが身に災いを招くことになるという戒め。

次の

ポジティブなことわざ一覧表。座右の銘にしたい84の前向きな諺。

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

類:大事は小事より起こる。 無用のもの。楚(そ)の神官の召使たちが酒をもらい、皆で蛇(へび)を描き、最初に描きあげた者が酒を飲もうと競った。 真っ先に描いた者が自分の速さを自慢(じまん)して「自分はまだ足まで描ける」と言って描き加えたため、蛇の絵でなくなり、勝負に負けて酒を飲みそこなったという話。 物事はその裏表(うらおもて)をよく観察したうえで、その価値を判断すべきだ。 または、利益のためにはてのひらを返すように今までと違う態度をとること。 にわか。 無遠慮(ぶえんりょ)で突然な行動や表現をいう。 「短兵」は短い武器。 知己(ちき)。 わずかなものでも一時しのぎにはなる。 黙(だま)っているほうが立派(りっぱ)だ。 角の曲がりを直そうとして、牛を殺してしまう。つまらぬ末端(まったん)の事柄にこだわって肝心なものをそこなうこと。 明智光秀が、備中(びっちゅう)の毛利勢を攻めるために出陣した行軍の途中で、急に方向を変えて、京都の本能寺にいた主君・織田信長を討った故事による。 類:泥棒を見て縄をなう。 差し出たふるまいをする者、または頭角(とうかく)を現す有能な者は、他から憎まれたり妨(さまた)げられたりする、という意。 よいところばかりそろった人はいないものだ。 天が張りめぐらした網の目は粗(あら)いが、悪事をはたらいた人は一人も漏(も)らさず処罰する。 「灯台」は航路標識のそれではなく、油ざらに灯心を入れて火をともす昔の燭台(しょくだい)のこと。 徳ある者の下には何ら特別なことをせずとも自然と人々が集まって服するということ。 立身出世の関門のこと。黄河上流の竜門は急流の難所で、ここを登りきった鯉(こい)は竜になるという伝説があることから。 悪事に手を染めた以上は、徹底的に悪事を重ねる、という意味。 はげしい怒りのために髪の毛が逆立って、かぶっている冠をつきあげる、という意。 子どもが赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。 子どもが幼年期の時、子どもの良き遊び相手となるでしょう。 子どもが少年期の時、子どもの良き理解者となるでしょう。 そして、子どもが青年になった時、自らの死をもって子どもに命の尊さを教えるでしょう。 おすすめ記事 がんばれ中学受験生!.

次の

ポジティブなことわざ一覧表。座右の銘にしたい84の前向きな諺。

危険 な こと を たとえ た ことわざ は

仕事がら身についた習性もいう。 黒犬に噛まれて赤犬に怖じる くろいぬにかまれてあかいぬにおじる 意味 犬に噛まれたために、犬全部をこわがるということで、一度恐ろしい経験をしたために、必要以上に用心することのたとえ。 事前に漏れれば妨害されたりして失敗することが多いという戒め。 囁き千里 ささやきせんり 意味 ひそひそ話は、すぐに遠方まで伝わる意で、内緒話の漏れやすいことのたとえ。 途中よりも結果が大切という意味もある。 類義語 有終の美 思案の案の字が百貫する しあんのあんのじがひゃっかんする 意味 どんな場合にも結論を出す前に熟考することが大切だというたとえ。 類義語 分別の別の字が百貫する 舌の剣は命を絶つ したのつるぎはいのちをたつ 意味 不用意なことばの過ちのために、自分の生命さえも失うことがあるということ。 また、悪意のある風評を流されて、一生を台なしにされることがあることにもいう。 転じて、気が小さくて、いつもびくびくしていることをいう。 小敵と見て侮る勿れ しょうてきとみてあなどるなかれ 意味 小敵だとみくびって油断していると、思わぬ不覚をとることになる。 どんな相手であっても軽んじてはいけないという戒め。 また、初めの決意を忘れてはいけないという意味でも用いられる。 類義語 始めが大事。 急いては事を仕損じる せいてはことをしそんじる 意味 物事はあまり急いでやると、内容がおろそかになって失敗しやすいという戒め。 備えあれば患い無し そなえあればうれいなし 意味 いざという時のために普段から準備しておけば心配せずにすみ、心安らかにしていられるということ。 多言は身を害す たげんはみをがいす 意味 口数が多い者は、いらざる事を口外して他人に迷惑をかけたり、信用を落としたりして、わが身に災いを招くことになるという戒め。

次の