エアブラシ ハンド ピース。 エアブラシ用ハンドピースおすすめ6選|住まいづくりナビゲーターが選ぶ!

エアブラシのメンテナンス方法

エアブラシ ハンド ピース

コンプレッサーやレギュレーター、ハンドピースの口金とホースの口金サイズが同じであればそのまま接続出来るんですけど、サイズが異なる場合には、接続ジョイントを使うと接続出来るようになります。 【 もくじ 】• ジョイント(3点セット)」。 ジョイント」を使った、ホースの組み合わせは下記のような感じです。 ハンドピースにPS(細)ホースを繋げるのに使えます。 他には、「Mr. ただ、圧力は若干上がります。 クレオスの「リニアコンプレッサー L5」と、タミヤの口径0. 3mmのハンドピース「HG エアーブラシ」で圧力を測ってみました。 9MPa。 PS(細)ホースを使うと圧力は0. ホースの径が小さい分、エアーが通りにくいので圧が上がり、逆に風量は下がってしまってるのかもしれないです。 高機能な水抜き・レギュレーターを使う場合、この変換アダプタが必要になる場合があります。 エアテックスからも同じような変換アダプタが発売されてます。 上記クレオスとアネシス岩田やエアテックスの接続ジョイントを組み合わせて使う事で、3つのサイズのホースを自由に組み合わせて接続出来るようになりますよ。

次の

エアブラシ用ハンドピースおすすめ6選|住まいづくりナビゲーターが選ぶ!

エアブラシ ハンド ピース

ハンドピースの種類とメリット、デメリット• ダブルアクションタイプの使い方と注意点• エアーブラシ塗装を始めるなら揃えておきたいアイテム• エアーブラシ塗装のコツ エアーブラシの使い方と3種類のハンドピースのメリットとデメリット• ハンドピースの種類は3種類!それぞれのメリットとデメリットは?! ハンドピースとはエアーブラシの"ブラシ"の部分のことです。 ハンドピースにも種類があり、それぞれ使い方も用途も異なります。 タイプは3種類で"シングルアクション"、"ダブルアクション"、"トリガーアクション"となります。 シングルアクション 文字通りひとつの動作でエアーと塗料が出るタイプです。 塗料の噴出量はハンドピースの後部のところにあるつまみで調節します。 よく初心者の方の最初の1台に薦められていますが、 私はあまりお薦めしません。 その理由はふたつです。 塗装しながら塗料の噴出量を調節できない。 塗装を中断するたびにつまみを閉めなければならない。 動作としてはつまみを開けてボタンを押すだけで一見カンタンに思えます。 しかし、つまみを開けると"ニードル" 噴出口のフタの役割をしている部分 が開いた状態になるので、 ボタンを押していなくても先端から塗料が垂れてきてしまいます。 つまり作業を中断するたびにつまみを閉めて、吹き始める時にはまた開けるを繰り返すことになります。 塗装しながら噴出量を調節できないことと合わせると、これは結構なストレスになります。 限定的な用途でサブ機としてシングルアクションを持っておくのは良いと思いますが、 初めて使う方がメインとして選ぶ際にはお薦めできません。 ダブルアクション おすすめ! 私も店長も使っているおすすめがこちらです。 ふたつの動作で塗装する、最も一般的なタイプといえます。 ボタンを押すとエアーが出て、押したまま引くと塗料が出る仕組みになっています。 エアーを出す動作と塗料を出す動作が別ということです。 ボタンの引き具合で塗料の噴出量を調節できるので、シングルアクションと違って塗装しながらでも指先ひとつでコントロールできます。 つまり迷彩柄などの細吹きから広い面積のベタ塗りなどにも臨機応変に対応することができます。 欠点としては 長時間の連続使用だとちょっと指が疲れるかもしれない、というくらいでしょうか。 トリガーアクション シングルアクションとダブルアクションの中間タイプです。 動作としてはトリガーを引くだけですが、少し引くとエアーだけが出て、そこから更に引くと引き具合に応じて塗料が出るような仕組みです。 いきなりトリガーをグッと引けば最初から塗料が全開で出ます。 ダブルアクションとトリガーアクションは好みが分かれるかもしれませんが、 長時間使用で疲れにくいのはトリガーアクションだと思います。 あまり 細吹きなどの繊細な塗装をやらないのであればトリガータイプが良いと思います。 エアーブラシのダブルアクションタイプの使い方と注意点 画像は私が愛用しているダブルアクションのハンドピースです。 商品は、"GSIクレオス PS289 プロコンBOY WAプラチナ0. 今はVer. 2が発売されているので私のは旧モデルです。 新モデルはGSIクレオス PS289 プロコンBOY WAプラチナ0. 3 Ver. 2です。 押した状態からボタンを引くと塗料が出ます。 引き具合によって塗料の噴出量を調節できます。 ニードルアジャストを調節する "ニードルアジャスト"とはハンドピースの最後部に付いているつまみのことです。 右に回すと閉まり、左に回すと開きます。 ニードルの説明はシングルアクションのところで触れましたが、ハンドピースの中にある針のような細長い棒状のパーツで噴出口のフタの役割をしています。 ダブルアクションタイプはボタンを押しながら引く動作で塗料が出る仕組みですが、ボタンを引くとニードルも一緒に動き噴出口が開く仕組みになっています。 ニードルアジャストはこの ボタンの引き具合 ニードルが動く幅 を制限することができます。 引き具合によって噴出量を調節できるわけですので、細吹きしたい時などはニードルアジャストをある程度閉めておけば、目一杯ボタンを引いても一定量以上は塗料が出ないように固定することができます。 エアーアジャストを調節する "エアーアジャスト"はカップの下に付いているつまみのことです。 右に回すと閉まり、左に回すと開きます。 これは エアーの圧力 風量 を調節できるつまみで、同じダブルアクションでも付いているタイプと付いていないタイプがあります。 後述する"レギュレーター"でも圧力調節はできるので、レギュレーターがあればエアーアジャストが付いていないタイプでも問題ありません。 ただ 手元で簡単に調節ができるので細吹きなどをする時にパッと調節できるのは便利だと思います。 注意点としては閉めすぎたり開けすぎたりしないこと。 説明書にも"2~3mm以上は開けない ネジを下げない でください"と書いてあります。 かなりシビアな調節で圧 風量 が変わります。 洗浄の仕方 "うがい"は赤丸で囲んだニードルキャップを緩めてからボタンを引いて行います。 ニードルキャップを緩めると噴出口からは空気が出なくなります。 行き場をなくした空気はカップの方に逆流してブクブクと洗浄してくれます。 うがいをやる時の注意点は圧が強すぎたり、一気にボタンを引かないことです。 強い圧のまま一気に引くとブクブクどころか飛び散ってエライことになります。 引き具合を調節しながら静かにやりましょう。 ある程度うがいを繰り返したら 溶剤が入った状態でニードルキャップを閉めて、しばらく溶剤を噴射するのもコツです。 うがいはあくまで簡易的な洗浄なのでたまには分解洗浄も必要です。 特にニードルキャップには塗料が溜まりやすいので定期的にチェックするようにしてください。 エアアジャストのところで出てきたレギュレーターです。 レギュレーターの役割は主に "減圧"と"水抜き"です。 減圧とは、コンプレッサーで発生させた空気はそのままでは吹き付けに強すぎる場合があります。 画像右のつまみを回すことで塗装に適した圧に調節することができます。 水抜きは、空気を圧縮した時に発生する水分を下のボトルに落としてくれます。 水抜きができないと溜まった水分が塗料と一緒に吹きだしてしまうので非常に重要な役割です。 圧力計は付いていなくてもそこまで問題はありません。 メーカーのページには、"圧力計で確認しながらできるので、微妙な吹き加減の調節が可能になります。 "と書いてありますが、 実際は圧力計の目盛よりも試し吹きの状態を見ながら調節することの方が多いと思います。 エアーブラシのノズルの口径!定番は0. 3mm! 通常はニードルが出ているのでなかなか見る機会はないと思いますが、ニードルを引っ込めた状態の時に見えるのがノズルの口径です。 これが噴出口になります。 エアーブラシのノズルサイズは0. 2mm~0. 5mmのものが多く、0. 3mmのものが人気があり定番のサイズとなっています。 細吹きにもある程度のベタ塗りにも対応できるちょうど良いサイズというわけです。 より細かい塗装や絵を書いたりしたいなら0. 2mm、大きな面積を早く塗りたいなら0. 4mmか0. 5mmを選ぶことになります。 ただし0. 4mm以上になるとより高圧力のコンプレッサーが必要になります。 またノズルの口径によって塗料の粘度や粒子の大きさなどに注意する必要があります。 口径の小さいノズルで粘度の高い塗料や粒子が粗い塗料を吹こうとすると詰まりやすく故障の原因になります。 使う塗料や希釈具合には十分気をつけてください。 エアーブラシ塗装のコツ!基本的な4つのポイント! 最後に基本的な塗装のコツです。 エアーブラシ塗装では、塗料の濃度・エアー圧の強さ・吹き付ける距離などが非常に重要です。 細吹きしたい場合• 逆に塗料が薄い 希釈し過ぎ 状態の時にエア圧を上げて吹くと垂れやすくなります。 まとめ 基本的な扱い方の説明でしたがまだ使ったことない方は、なんか難しそうと感じるかもしれません。 私も初めはそうでした。 しかしエアーブラシは"慣れ"です。 使っているうちにだんだんとわかってきて、ある程度使えるようになるといろいろなものを塗装したくなります。 工作の幅が広がるうえに、仕上がりに大きな差が出ることは間違いありません。 初期投資はそれなりにかかりますが、ちゃんと手入れすれば長く使えるので重宝する道具だと思います。 初めての方はハンドピースやコンプレッサー、レギュレーターがセットになっている商品がおすすめです。 narrow-gauge-shop.

次の

おすすめのエアブラシ11選 初心者でも使いやすいコンプレッサー式やレギュレーター付きのものも紹介

エアブラシ ハンド ピース

こちらは0. 4mmのエアブラシで、主にソリッド系のカラーやクリアをドバっと吹く用に利用している。 PS289と比べるとずっしりとしたハンドピースではあるが、吹き心地は悪くない。 もちろん、基本的な性能は十分満たしています。 3mmを細く吹いたほどの細さは難しいですが、ニードルの引きで調整はできます。 大きめのカーモデルとかのほうが向いているとは思いますが、ガンプラでも特に問題がある感じではありません。 また、こちらはノズル、ニードルのセットを買えば0. 15〜0. 6まで使い分けることができるというのも大きい。 例えばクレオスでプラチナ0. 3、0. 2を買う金額と、ノズルベースキットを買った金額は概ね同じくらいで、ハンドピースが二つになるか、ヒトツを使い分けるか、という事になります。 そして、この製品の特徴として、ノズルレンチ不要で、ノズルは固定キャップを外すと一緒に外れる「ドロップインノズル」のため、ノズルレンチを出す事無くササッと中のメンテナンスに入れます。 ニードルを抜いて、ノズルキャップを取ればすぐにアプローチできます。 そして3つめは タミヤのスプレーワーク ベーシックエアーブラシ。 いきなり安ブラシ。 3とあるが正直もうちょっとあるんじゃね??みたいな勢いでドバドバでるし、作りは肝心なところ以外はプラなのでとてもチャッチイ。 しかし、このエアブラシ、侮るなかれ、使い方を限れば素晴らしく使いやすい。 このハンドピースが使いやすいのは、 エアは出っぱなしで、トリガーを引くことでニードルが動くタイプのシングルアクションである。 という事。 普通のシングルアクションは 「エアをトリガーやボタンでコントロールして、塗料が出るニードルは引きっぱなし」なのだけど、この場合、つまり塗料はいつでも出てしまうという状態にある。 ハッキリ言えば使いにくいのだけど、こちらの場合、エアはでているが塗料はでないから取り扱いはだいぶ楽になる。 ニードルの引きしろも調整できるからある程度はコントロールできる。 そのため、サフに限定する、クリアだけ吹くのような使い方にはバッチリの商品なのだ。 ただし、そのままでは取付できないので、タミヤから出ている接続アダプタを用意しないといけない点だけは注意が必要。 また、少しコストはかかりますが同社からでているエアコントロールバルブも付けるとエア出っぱなしの問題も解決します。 これによりプレッシャースイッチつきのコンプレッサ(使っていないときはコンプレッサが動作停止する機能)との相性もよくなります。 昔は缶とのセットでしか売ってなかったが、新しくハンドピースのみで売るようになった。 ガンダムマーカーの発色はかなりよく、特にメタリックに関しては劣ることは全くない。 アルコール系だから室外換気もとくに不要。 塗装ブースはあったほうがよいが、なくても換気扇フィルタと新聞紙で作ったものでも十分だと思う。 マスクはしてね。 欠点といえば吹きつけが粗めかつ安定しないことで、広い面積に塗るとどうしても厳しい時はあるが、ピンポイントでササッと塗るなら最高のお手軽ツールといえる。 また、缶での塗りはじれったいので、AIRTEX社製のコンパクトかつ公称0. 1Mps程度出るこちらのコンプレッサや、WAVEのミニコンプレッサ(これもAirtexで以前扱ってたminimo-DCと同じような感じですね)と組み合わせて使うとよいかと思います。 さて、結論としてでどれがいいかというと… クレオスでもEvoluitonでもよいので、いくつか数そろえるのがいいです。 テンポよく塗装していくのに一番いるのは 「ハンドピースの本数』だなと言う事を実感しましたので、最低限でも2本、できれば3〜4本そろえておいて、清掃の時間をまとめてとるというのがよいかなーと感じてます。 そういう意味では、0. 3のプラチナ、0. 4と0. 2を使い分けるEvolutionを両方買う、というのは十分「アリ」だと思いますし、0. 2(0. 18)、0. 3、0. 5とプラチナで買いそろえるのもよいかと思います。 また、タミヤのスプレーワークは本当に手軽なので1つか買っておく事をオススメします。 これは「サブ用途用」として使う感じですね。 サフ専用、クリア専用で使ってもよいかと思います。 結局、安物買いのなんとやらになります。 また、この動画を見ても、Amazonで売ってる「あれ、同じものが売ってるけど名前が違う」系の安いものは「それなり」といった感じのようです。

次の