栄冠ナイン 育成。 【パワプロ2018】栄冠ナインの選手育成のコツ|ゲームエイト

パワプロ2018栄冠ナイン攻略 選手の育成方針&試合に勝つコツ

栄冠ナイン 育成

センターラインはまず守備重視で育成 昔の栄冠ナインは守備に関する能力を上げてもあまり関係ない時期もありました。 守備能力の低い選手と高い選手の守備があまり変わらない時期を経て今は守備の能力によってかなり違いが出ています。 できれば全てのポジションの選手の守備能力を上げたいところですが、守備に偏りすぎても得点能力が下がりすぎます。 そこで二遊間とセンターとキャッチャーは意識して守備能力を上げておくようにするのが一番効率がいいです。 センターラインの選手でも守備に関する能力を全てA以上とかにする必要はないので、ある程度のところでパワーやミートを上げ始めても良いと思います。 初期能力がパワーやミートに偏っていて打撃系の強力な特殊能力を持っている選手が二遊間だった場合は思い切ってコンバートしてしまうのもありです。 逆にファーストやサードの選手で初期能力が走力やその他守備系の能力に偏っている場合はセンターラインのポジションにコンバートするのも良いです。 初期能力と性格を考慮 昔の栄冠ナインは異常にセーフティーバントが決まりやすくて全員守備&走力を上げて守備をガチガチに固めて、あとはセーフティーと盗塁で簡単にチャンスを作って得点する作戦で簡単に全国制覇できるシリーズもありました。 しかしパワプロ2018の栄冠ナインにはこれやっとけば簡単に勝てるという必勝法はないと思います。 野手を育てていくときは絶対にこういうタイプに育てるべきというのはないので、初期能力や性格やチーム内のバランスを考えて育成していくと良いです。 僕の場合は単純に性格によって上がりやすい能力が違うので、性格と初期の能力から各選手のざっくりした育成プランを入学時に決めていきます。 例えば入学時にパワーとミートが高くてポジションが遊撃手ならファーストなどにコンバートして打撃系の能力を重点的に上げていったり、ポジションがファーストでも守備の能力が高ければ二遊間にコンバートして守備の能力を上げていきます。 キャッチャーAとBは積極的に狙いにいく 栄冠ナインで最強の特殊能力なのがキャッチャーAとキャッチャーBです。 これがあると投手の能力が上がるので、キャッチャーAもしくはBを取得している選手が一人でもいれば投手力が底上げされて大きな戦力アップになります。 極稀に入学段階でキャッチャーCやBで入学してくる選手もいますが、転生選手でもなければ基本的にキャッチャーDで入学してきます。 通常の練習でこれがBやAになる事はないので夏と冬にある合宿で狙っていくと良いです。 特訓でも取得できるので特訓のメンバーの中に捕手がいれば積極的に選択していくのも良いでしょう。 合宿時にキャッチャーAやBを取得するには総合練習や速球やコントロールや変化球に対応する投手系の練習を捕手がメンバーに入った時に行うと低確率で取得できます。 合宿でも特訓でもキャッチャー+1や+2は簡単に取得できないので取れない時はとことん付きませんが、取得できればかなり戦力がアップします。 下級生でまだ能力が高くなくてもキャッチャーAやBがあればそれだけでスタメンに入れてもいいくらいです。 打力に全振りした選手はセンターライン以外で育成 センターライン選手は守備に特化した選手を育成していくとチーム力が上がりますが、打線の核になるような選手も何人か欲しいところです。 できる限りセンターラインの選手は避けて1塁手、3塁主、左翼あたりを打力に全振りした選手のポジションにして育成すると良いです。 理想的なのは初期の段階で打撃系の青得能が複数あって打撃系の基礎能力が高い選手です。 ただそんなに都合の良い選手が複数人入ってくる可能性はそれほど高くないので、ある程度妥協が必要になると思います。 特殊能力に関しては後で狙ってつけるのは条件が難しかしかったり、運的要素が高すぎるものも多いです。 そのため初期の段階で多少打撃系の基礎能力が低くても打撃系の青得能が複数ついているような選手は打撃に全振りして育成しても良いと思います。 特にパワーヒッターや広角打法など特に強力で後で狙ってつけるのが難しい打撃系青得能を入学した時から持っている選手は中軸を打たせる選手に育てるべきです。 当然ですが天才肌の選手はセンターラインのポジションで守備の要で打撃でも打線核になってもらえるように1年の春からどんどん試合に使って最終的にはオールAもしくはオールSを目指すと良いです。

次の

【パワプロ2020】おすすめのチーム方針と育成方法|栄冠ナイン|ゲームエイト

栄冠ナイン 育成

栄冠ナインとは、に搭載されている選手作成である。 概要 発売のにて初登場。 は部のとなって、赴任したをに導き、 また、選手が球団へ入団できるよう育成することが的。 従来の選手作成であるとでは、部分の操作が要されるため、投打に不慣れなが強な選手を作れないという不満が、長く課題となっていた。 それを解消するため、試合はによって自動進行、が操作する部分は 戦術示・采配のみとなっている。 は設定期間を満了すれば終了となるが、栄冠ナインでは 基本的に終わりはない。 もちろん選手を育成できる期間は3年間だけだが、はあくまでであるため、 大会で敗退しても、「3年生が抜けて世代交代、そしてには新入生が入部」という流れが繰り返される。 そのためやめ時がわからなくなる、非常にの高いである。 で基幹がへ移行してからは搭載されず、からは新作発表のたびにを望むが定期的に挙がっていたが、にて。 と間での共有には対応していないが、の、版だけではあるがのなど、初期設定でできることが大幅に増えている。 に発売した「」は、この単独と言ってもほぼ差し支えない内容になっている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

パワプロ2018栄冠ナイン攻略 選手の育成方針&試合に勝つコツ

栄冠ナイン 育成

安定1年目(毎年)育成理論 まずは1年目・・・3年はほとんど当てにしない。 基本は2年生中心。 将来性の有る1年生を野手1人~2人 投手を1人程度レギュラーに入れておこう。 練習試合も上記のメンバーで、終盤or負けそうな時3年と入れ替えよう。 ただ、進路相談、食事会、勉強、等 をとりいれておけば、信頼度が有るため、簡単には負けにくい。 パワーミートE位でHRが出たりするときも有る。 投手なんか1年生を先発させても、ほとんど5回無失点ぐらいだ。 こうして練習試合を積極的に取り入れて、勝ってグランドの器材を買い、グラウンドレベルを上げていこう。 こうすれば、この1年&2年が最高学年になった時、とても頼りになる。 毎年使えます。 自分で応用してみてください。 まず、練習についてなんですが、勉強、食事、進路相談のコマンドが出れば、絶対に選択しよう。 練習試合のコマンドも出れば必ず。 1年だけや2年だけの練習試合をしても良いかもしれない。 負ければランクが下がる可能性も・・・。 こうすれば毎年、頼りになる部員ができ、甲子園常勝軍団ができる。 あと、能力の低い3年や使えない3年はさっさと捨ててしまい、将来性の有る1、2年を使っていこう。 公式試合・・・・これは負けは許されないので、基本は力のある部員を中心に、ただ、1年も入れとかないと いけないので下位打線等に入れておこう。 最低でも1,2年生はベンチは必須。 上記のように使えない3年は捨ててしまおう。 相手のランクが低い場合は1年を積極的にスタメンに入れよう。 上記のように練習をしていたら、信頼度が かなり溜まっているので、余裕でフルボッコにできる。 時にはランクが比較的高い相手も1年&2年で勝てるときも有る。 このように育成していけば、毎年かなりの戦力になるだろう。 P・S この理論の穴を見つけた方々は気軽に編集してください。 打撃力重視育成理論 打撃力重視の育成理論を紹介します。 僕は、この育成法で4年目の春に全国制覇しました。 今回の栄冠は相手がたまに盗塁してくるので、捕手は肩を上げた方がいいと思います。 (3球種がベストです) 練習試合は積極的に組んでください。 そして、スタメンは1年中心で。 試合の戦略は、相手のパワーがC以下なら、外野前進。 あくまで僕の経験上ですが、右打ちは結構アウトになることが多かったので、おまかせor転がすがいいと思います。 無死・一死でランナー3塁の時は、犠牲フライで。 打撃力重視なので、ほぼ点が入ります。 長くなりましたが、良かったら試してください。 機動力を中心としたチーム作りをすることで盗塁を中心に戦う。 まずほとんどの選手の走力を最低Cに、その後、ミートをDくらいまで 上げたら走力をBにする。 走力がBになれば甲子園に行くまでは大抵盗塁は成功します。 (甲子園でもある程度通じます) 初球は待ち、二球目から盗塁した方がいいです。 ランナー一塁が自動的に二塁になるのでかなり点を取りやすくなります。 今回はあまりスクイズが成功しにくい気がするので犠牲フライの方がいい気がします。 大体普通にしていると一人くらいはオールD~Cに走力B~A位の選手ができることがあります。 最小限の得点差を優秀な投手・守備で守り切る。 中堅以上のチームランクを推奨。 まず投手はコントロールを最低でもEにし、球速を130以上に乗せる 出来れば135。 初期の変化球を1年の1月位までに6~MAXまで上げる。 もう1つ変化を4以上付けると良い。 その後にスタミナC以上。 ここまでを2年の3月位で完了するのがベスト。 負け運投手はさっさとコンバートしてしまおう。 各学年で最低1人、同学年で有望な投手が他にいれば2人作っても問題ない。 3年になったら手持ちの特殊能力と相談して能力UP。 野手は当然Gを消さないと話にならない 守備位置によって例外あり。 あまりにもGが多い場合はメンバーから外す。 Gを消したら1年秋までに弾道2・ミートD・パワーD・他Eまで進める。 ここから守備位置によって育成を変える。 捕手は真っ先に肩・守備B 出来ればA を目指す。 守備能力がお粗末なら早急に1塁にコンバートすべし。 1塁手は少々守備・肩を切り詰めてミートやパワーに回して良い。 基本はここにパワーヒッターを置く。 他の内野は走力・肩・守備を平均的に上げる。 エラー回避以外はC目安。 外野は走力・肩優先。 肩はBランク以上推奨。 これを踏まえて打撃のことを考えると弾道3、ミートC・パワーC相当の選手が2、3人は欲しい。 余裕があれば弾道4、ミートB、パワーAまで行くとより安定する。 グラウンドLVが高ければ狙ってみよう。 試合は投手が上手く育っていれば余程の事が無い限り甲子園の決勝レベルも1~2失点で抑えてくれる。 さらにこの方法では3年チームで戦っても2年の育ち具合が良ければ秋以降も十分やっていける。 最新の20件を表示しています。 僕は春前は -- 2012-10-01 月 21:48:10• 春は打撃で冬は守備でめっちゃ強くなるあとは自分の好きなように大抵は甲子園にいけます -- 2012-10-01 月 21:49:28• 5年くらいたってくるとめっちゃ強くなってたまに弱くなるよねw -- ペニシリン 2012-11-17 土 16:48:12• 走力Aにすると盗塁は成功しやすい。 ノーアウトだったらエンドランが良い。 -- 19 2013-02-21 木 23:17:33• 左打者は走力をAにしてセーフティバントすると割りと決まる -- タカ 2013-03-18 月 01:29:42• 夏の予選の最初のほうは、1,2年メインでやれば秋も勝てるよ それで春2大会連続優勝夏は優勝やベスト4など上位を甲子園でも狙える -- 2013-03-29 金 14:07:05• b能力持っている人0で春の甲子園行ったぜ!! -- ありえん 2013-06-01 土 07:58:06• オールEにしたら守備を上げまくれば、失点が減るから勝てる -- 300年監督やってます 笑 2013-06-28 金 11:55:46• 機動力野球を徹底したら夏の甲子園2連覇できた。 -- 2013-07-17 水 22:43:25• 個性ある選手を数人作ると愛着が沸いてすごく楽しい -- 2013-08-04 日 21:23:26• 超パワー打線 ピッチャーも にしたら毎年準優勝で泣いた -- 2014-01-25 土 19:16:55• ファーストの左投げはほぼ必須条件 -- ねもやん 2014-04-26 土 00:43:34• オールCは、ぜってぇー勝てる -- リンゴジャム 2014-07-04 金 19:20:28• もちろんAは200前後 -- 2014-08-20 水 22:01:15• 総合戦力がAになったと思ったら経験、意外性を外してDに・・・; -- はた 2015-04-20 月 18:53:13• なかなか勝てない。 どうしたら勝てる? -- 浦和学院 2015-12-06 日 23:17:56• これで全国行けた -- 2017-10-07 土 23:13:17• 以前は数十年かかってやっと甲子園だったのに試しに初めからにして打撃力重視でやったらまさか3年目で甲子園に行けるとは… -- 木造 2019-07-23 火 22:05:41• 送りバントは失敗しやすいからエンドランの方がいい -- あ 2020-03-04 水 21:21:41.

次の