エグザイル あつし彼女。 ATSUSHIの『家族』~彼女はいる?結婚している!?実家情報など!

ATSUSHI・EXILEの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

エグザイル あつし彼女

人気ダンス&ボーカルグループ・EXILEのボーカルで、その他にソロ活動や作詞、作曲も手掛けるなど幅広く活躍している ATSUSHIさん。 見た目のかっこよさと甘い歌声は男女問わず多くファンを魅了し、2016年には自身初のソロドームツアーを大成功させノリに乗っていましたが、同年8月31日に突如海外留学を発表。 EXILEとしての活動を一旦離れることとなりました。 留学は2018年までの期間限定ということですが、一体何の目的で留学し、現在は何をしているのでしょうか? 自身のインスタグラムに投稿される日常についても詳しく見てみましょう! プロフィール 1980年埼玉県生まれ、現在37歳のATSUSHIさん(本名:佐藤篤志)。 2000年にアーティスト発掘番組『ASAYAN』(テレビ東京系)主催の「男子ボーカル・オーディション」に出場。 このときに合格したメンバーがCHEMISTRYとして後に正式にデビューしたのですが、最終選考まで残ったものの惜しくも落選してしまったATSUSHIさんは、2001年にJ Soul Brothersに新ボーカルとして加入。 同年8月にJ Soul BrothersはEXILEと改名し再始動したため、EXILE初期メンバーとして活動していくこととなります。 その後EXILEは第一章(2001~2006年)、第二章(2006~2009年)、第三章(2009~2013年)、現在の第四章に至るまでシングル48曲、アルバム10枚をリリースし、グループでは日本レコード大賞といった大きな賞を数多く受賞してきました。 ATSUSHIさん自身は2011年からソロとしての活動を始め、2014年には男性ソロアーティストとして初の4作連続DVD首位を記録。 また、『第56回日本レコード大賞』では個人で最優秀歌唱賞をしており、グループ・個人両方での受賞は史上初の快挙となりました。 (EXILEとしては2007年に最優秀歌唱賞と金賞を受賞) 圧倒的な人気を誇るEXILEとしてのグループ活動。 それをここ数年の間、ずっと考えていました 次のステージを見上げた時に、自分を逆境に置く環境の中で、初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだ と語っています。 気持ちいい朝も好きだけど、どうしようもなく、切なくなるような夜が好き。 海外で一人で夜のホテルにいると、ふと人恋しくなって、昔好きだった人のとこを思い出したりする…。 と、1人アメリカでの夜を物思いに耽りながら過ごしていることを語り、おちゃめな一面を見せたかと思えばこんな真面目でしっとりとした投稿も。 この投稿にファンからは「かっこいい!」と多くの反響があり、「謙虚で努力家なのがすごくよく分かります」「音楽への想いが伝わりました!」「ほんとステキです!」といったコメントが寄せられていました。 今年2月28日と3月1日の2日間限定で約8万人を動員した2年ぶりのツアー、『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2018』では「世界標準」を目指して海外で経験を積み、さらにパワーアップして帰ってきたATSUSHIさんの歌声に多くのファンが酔いしれました。 また、ATSUSHIさん自身はソロシングル『Just The Way You Are』が4月11日に発売されることが決定しており、留学後は「EXILEを脱退してソロで活動!?」「結婚する!?」といった噂もありましたが、 今のところはEXILEとしての活動とソロ活動を両立していくようですね! 結婚についても様々な憶測はあるものの、正式な発表は何も出ていないですから、これからのATSUSHIさんの動向にも注目が集まりそうです。

次の

EXILEのATSUSHIの彼女の歌手Hって誰?加奈ちゃんは熊本の出身?

エグザイル あつし彼女

4月14日に『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE』(TBS系)が放送された。 この番組は、今年2月28日、3月1日に大阪・京セラドームにて開催された『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2018』の模様をオンエアしたもの。 『EXH~EXILE HOUSE~』(2009年)から始まり、3年ぶりの開催となった極上のソロライブだ。 「Just The Way You Are」(DVD付) 4月11日にリリースするブルーノ・マーズの代表曲であり、世界で初めて日本語詞でカバーされた「Just The Way You Are」も、いち早く披露したこの日のライブ。 番組では、ATSUSHIへのインタビューを織り交ぜながらのオンエアとなった。 2016年にはソロアーティスト史上初となる6大ドームツアーを開催し、ボーカリストとして確固たる地位を築いた。 そんな中、ATSUSHIは大きな決断をすることになる。 それが、アメリカへの留学。 日本での活動を休止し、ボーカリストとして更なるパワーアップすることを発表した。 実はその裏には、ATSUSHIが抱える苦悩があった。 自らの危機を乗り越えるための時間がアメリカ留学だったのだ。 留学を決めた理由についてATSUSHIはこう語っている。 「2014年にやったソロでのツアー途中でも、自律神経の関係でめまいとかがしていたりとかから始まって、その辺りからバランス崩して。 2015年の『AMAZING WORLD』というツアーで、楽屋で暴れるくらいの具合の悪さになっちゃって、そこら辺にあるパーテーションを蹴り飛ばした思い出がありますけど……(笑)。 自分で言うのも辺ですけど擦り切れるような状況で、逃げたい、消えたい。 一回日本から離れたい。 今行かないと、どこか何かが壊れるか、自分が音楽のこと嫌いになるか、病気になっちゃうか、何かが起こってたはず」。 前向きに思えたアメリカ留学には、ATSUSHIの知られざる思いがあったのだ。 「『ナーバスになってどうすんの? 楽しい方が良くない?』というのが当たり前の文化の中で過ごしていたら、そうだよな。 ステージ上で一番楽しんじゃえばいいんだよな。 って思えたんですよね。 少ない時間ですけど、1年ちょっと、アメリカで生活できたのはすごく大きな薬だったんでしょうね」とアメリカ留学を振り返るATSUSHI。 復活ライブでもある今回のライブについて彼は、「正直、無事に終わったから言えるんですけど、1週間ぐらい前に『あれ……また体調が』みたいに、体の中にスイッチができてしまったのか、消えかかってたスイッチがでてきてしまったのか。 またこうなるんだっていう瞬間があったんですよ。 だけど、最後の最後でアメリカで経験した大きな薬がいいように作用してくれて『楽しめばいいじゃん』って思ってたじゃん、自分でって。 ブルーノのライブ観た時に心の底から思ってたじゃんってそこで盛り返せたというか。 会いにきてくださったみなさんにすごくエキサイトしていましたし」と、今回のライブにもアメリカ留学の経験が支えになっていたと話す。

次の

ATSUSHIのタトゥーの意味。入れた理由がかっこよすぎ!年収は?

エグザイル あつし彼女

なんと、付き合っていた時代の写真は、ATSUSHIさんのお父さんから流出したのだとか…! 今は付き合っておらず、1年半程で破局したそうですが、嘘か誠か、破局理由はお互いの事務所からの意向があったそうです。 ATSUSHIさんと付き合っていたというYoutuberが登場! 本当の元カノなのか、それとも売名行為だったのか…未だに真相は分かっておりません。 また、2014年頃には熊本県の資産家令嬢との熱愛報道もあったそうです。 お名前まで報道されており、しょうこさんという美人社長とのこと。 しかし、どちらの報道も続報は無く、現在では破局していることが予想されます。 その時ATSUSHIさんは海外留学中だったそうですが、フライデーに彼女とのツーショット写真が掲載されたそうです。 お相手は、都内の公立高校で教師をしている女性。 彼女が大学時代にバーでアルバイトをしている際、マスターがATSUSHIさんと知り合いだったそうで、そこから出会ったのだとか。 ATSUSHIさんからのアプローチがあり、交際がスタートしてからは、彼女が大学を卒業するまで半同棲生活だったことも明かされています。 破局の理由としては、ATSUSHIさんが留学の意思を告げた上で、お互い自分の道を歩むことに決めたんだそうです。 また、取材の際には元彼女のプライバシーを思いやる発言もあり、ATSUSHIさんの思いやりが伝わってきました。 しばらくは祝う側でいる予定だそうで、祝われる側になる予定が無いとの発言もありましたので、現在はフリーでいるという事になりますね。 家族構成は、ご両親と4つ下の妹さんがいるみたいです。 妹さんについては、ATSUSHIさんがぴったんこカンカンという番組で語ったこともあります。 2011年に閉店して、現在は経営していないとの情報があり、残念です。 4歳から高校卒業までクラシックピアノを習っていたATSUSHIさんですが、なんとお父さんの勧めがあったのだとか。 残念ながら、お母さんの詳しい情報はありません。 陰からずっと支えてくれているということなのですね。 表立ってはいませんが、家族の強いきずなを感じることができました。 これからも多方面での活躍が期待されるATSUSHIさん。 ますます応援したくなっちゃいましたね! 《こちらの記事も読まれています》•

次の