アジサイ 剪定方法。 カシワバアジサイを強剪定する方法・大きくなりすぎた|お庭ブログ

【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

アジサイ 剪定方法

Contents• あじさいについて あじさいは、普段6月から7月にかけて花を咲かせます。 このあじさいの発芽は、新しく伸びた枝には発芽しないようになっています。 1年以上たってから発芽するのがあじさいの特徴です。 このあじさいの特徴を踏まえて剪定をしなければいけません。 あじさいは、2年後に花を咲かせる特徴があります。 寒い地域など冬の気温が低かったり雪が降ったりする場所では、発芽自体が傷んでしまって翌年花が咲かない可能性があります。 剪定だけではなく屋内に入れて冬越しをさせる必要もあります。 あじさいはなぜ剪定するの!? あじさいの剪定は必要なのか、まずはこの点から見ていきます。 剪定する必要がなければ毎年無駄な作業をする必要もありません。 ただ、あじさいは落葉樹で何もしないとどんどん成長します。 あじさいの樹形を整えてり、きれいな花を咲かせるには、定期的な剪定は必要です。 あじさいの花は芽先に咲かせるので、何もしないで放置していると目線より高い位置に花を咲かせてしまいます。 折角の花を観賞できないので、できれば剪定してきれいな花を観賞したいものです。 あじさいの剪定について見ていきます。 あじさいはいつ剪定すればいいの? あじさいの剪定はいつすればいいのでしょうか?いつ剪定すればきれいなあ花を観賞できるのか、その剪定は夏の7月の中旬くらいまでには済ませておきましょう。 あじさいの花は、花後に勝手に散るようなことをしないでそのまま残っています。 次の年にきれいな花を咲かせたいのであれば、花後の枝を剪定してきれいにする必要があります。 あじさいのおすすめの剪定方法• 花後の剪定方法• 休眠期の剪定方法• 樹形を整える剪定方法 花後の剪定方法 あじさいの花後の剪定には2種類あります。 1つは、来年も花を咲かせたいと思っているときは、花後の下の節2つ分のところで切り落とします。 切り取った節から新しい芽が出て翌年にはまたきれいな花を咲かせます。 翌年に花を咲かせたくない場合は、花後の下の節4つ分のところで切り落とします。 そうすると、翌年に花を咲かせることもなく葉だけのあじさいとなります。 このように花後の剪定をする場所で翌年の状態を調整できるわけです。 休眠期の剪定方法 あじさいの剪定は7月中旬までに1回行えばOKですが、あじさいを害虫や病気などから守るためには、11月から3月にかけて剪定するといつまでも丈夫なあじさいを保ち続けることができます。 その時の剪定は、発芽のついていない枝や細い枝を剪定して、風通しを良くします。 樹形を整える剪定方法 あじさいは成長の力が非常に強いため、樹形を整える剪定も必要となります。 あじさい全体の樹形をきれいな景観にするためには、樹形を整える剪定は重要です。 強剪定を行うと翌年に花を咲かせない可能性が高くなります。 翌年も花を咲かせたいのであれば。 強剪定はしないほうが賢明です。 ただし、あじさい全体の樹形をきれいにしたいときは、翌年に発芽しなくても剪定は必要です。 あじさいの形別の剪定• あじさいの高さを生かす剪定• あじさいの高さを低くする剪定• 葉がつかないあじさいの剪定 あじさいの高さを生かす剪定 あじさいの高さを生かす剪定方法というものがあります。 あじさい全体の樹形から見た場合、高さを生かす剪定方法とは、夏と秋の2段階剪定を行います。 1回目は夏までに花の2節下の部分で切り落とします。 2回目は秋になってから夏に剪定した切り口のすぐ下に新しい芽が出ています。 そのうえで切り落とします。 そうすることで、あじさいの高さを生かした剪定ができます。 あじさいの高さを低くする剪定 あじさいの花がその年咲かなかった場合は、できるだけ低くするための剪定をお勧めします。 2段階剪定を行うときに、1回目の夏の剪定で切る場所をもっと節を多くして下のほうでバッサリと切り落とします。 これで、あじさい全体の高さを低くします。 葉がつかないあじさいの剪定 別途、花が咲かなかった枝を見てみると、下のほうで木質化している部分があります。 この木質化した部分のこと古枝や不要枝と呼びます。 古枝や不要枝は花が咲きません。 そんな古枝や不要枝をバッサリと切り落とします。 あじさいの剪定後の処理 あじさいを鉢に植えている場合は、剪定後に大きな鉢に植え替えすることをお勧めします。 年々あじさいは大きく成長するので、同じ大きさの鉢では成長を妨げてしまいます。 剪定後に鉢植え替えを行うことであじさいの成長を促進します。 まとめ いかがでしたか!?今回は、あじさいの剪定時期、剪定方法等について【まとめ】てみました。 是非、参考にしてみてください。 お庭に関する人気コラム記事• 芝生は、正しくお手入れをしないと枯れてしまう場合があります。 この場合、芝生を復活させるために、芝生の再... 53,713ビュー• ぶどうの木を剪定するときのポイントは ぶどうの木の剪定をするときのポイントは、品種ごとに剪定... 46,143ビュー• みかんの剪定は必要なの?剪定する前の準備 普段みかんをほったらかしにしている人は多いのではな... 30,753ビュー• 山茶花(サザンカ)の剪定をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その山茶花(... 29,408ビュー• 芝生の根切りの方法が分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、その根切りに... 27,022ビュー カテゴリー•

次の

アジサイ(紫陽花)の剪定|花後が大事!目的によって方法も違う?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

アジサイ 剪定方法

もくじ• アジサイ(紫陽花)を剪定する時期と方法 基本的にアジサイは成長速度が早いのであっという間に大きくなります。 放置をしていると背丈が伸びて花の位置がどんどん上に上がってしまいますので、小さなお庭の場合は取り返しのつかない事になってしまいますね。 そのため、適度な高さでコンパクトにするという剪定が必要です。 アジサイは2年間隔で咲く アジサイの枝には花が咲く枝と咲かない枝があります。 例えば、今年花が咲いた枝にはもう花が咲きませんので、 花が萎れ始めたら花の下から2枚目の下の茎、または4枚目の下の茎で剪定します。 その切った位置から、新たに枝が出て夏の間に枝の先に花芽が付き、秋には花芽として確認できます。 しかし、 剪定した後についた花芽からはその年に花が咲かず2年後に花が咲きますね。 また、その年に咲かなかった枝から翌年花が咲きますので、交互に咲かせていくことで毎年アジサイを咲かせることができます。 11月から3月に行うアジサイの剪定 絶対にしなければいけない剪定ではありませんが、11月~3月に古い枝や花芽が付いていない枝を間引きます。 この時期に剪定をしておくことで、風通しが良くなり病気や害虫の発生を抑えることができますね。 アジサイの花が咲かない理由 アジサイの花が咲かない一番大きな理由は剪定方法や時期を間違っているからです。 花が咲いている枝と咲いていない枝があり、花が終わった時に剪定しますが。 そこで、多くの人がやってしまうのが、全部まとめてバッサリ剪定して、 花芽が付いていて翌年に咲くはずだった枝まで切ってしまうことですね。 もちろん、こうなると花芽まで飛ばしてしまっているので、翌年は花が咲きません。 すると、花が咲かないからとまた全部剪定してしまい、 翌年に咲くはずだった花芽が無くなってしまうという悪循環に陥ります。 剪定しているのに花が咲かないという場合は、一度剪定するのを辞めて翌年に花が咲くのを確認してから、花芽を残すように剪定してみると良いですね。 アジサイは肥料をあげすぎると花が咲かない アジサイにはリン酸系かカリ系の肥料をあげるのが良いですが、これもあげすぎると花が咲かない原因となってしまいます。 特に、チッ素系の肥料はアジサイには合いませんので、肥料であれば何でも良いと言うわけではありません。 日照条件が悪いと花が咲かない アジサイは日陰に強い花ですが、元気よく花を咲かせるにはある程度の日照が必要です。 こればかりは天候によるのでどうしようもありませんが、日照が少なすぎると来年は葉ばかりが茂って花が咲かないということもありますね。 アジサイにとって一番良い場所は明るい日陰、次は1日に2~3時間日が当たる半日陰です。 アジサイが枯れる原因 アジサイが枯れる原因として一番多いのは「水不足」による枝枯れです。 アジサイは梅雨に花を咲かせるだけあって、水を多く欲しがる木ですので、水切れや乾燥には十分な注意が必要です。 とは言っても、常に土の表面が湿っているほどの状態になると、根腐れを起こしてしまうので、水を上げる時はしっかりと土の状態を見て乾燥気味ならあげる様にすると良いでしょう。 アジサイは落葉樹ですので、秋から冬に枯れるのは当たり前ですよ! お店で買った鉢植えのアジサイは枯れやすい 鉢植えのアジサイでもお店で買ってきたようなものは案外枯れやすいです。 なぜかと言えば購入してきた時点で鉢に根が周ってしまっている状態なことな多く、水やりをしていると根腐れを起こしてしまいます。 小さめの鉢のほうが、花がよく咲くので販売する際には小さめの鉢に入れられているのですが、購入したあとも鉢で育てるのであれば、早めにやや大きめの鉢に入れ替えてあげる方が良いですね。 枯れたアジサイは復活する? アジサイは表面が枯れてしまっても地中は生きている場合が結構あります。 枯れてしまったと思った場合はとりあえず、表面に出ている枯れ枝は全て剪定して、1年間何もせずに様子見をしてみましょう。 この場合、地植えのアジサイであれば肥料も与えずに何もせずに完全放置で構いませんが、鉢植えのアジサイであれば日陰に移動させてあげましょう。 鉢植えの場合は、一度鉢から抜いてみて土が塊にならずにボロボロとこぼれてしまうようであれば水はけが良すぎて、水もちが悪かった事が考えられますので、アジサイ用の培養土など水もちの良い土を加えてみましょう。 その後、しっかりと鉢全体に水分を行き渡らせて、水枯れなどの原因を除去し、しばらくの間は土が8割ほど乾いたら水をあげるというお手入れを続ければ復活する可能性があります。

次の

アジサイ・アナベルの育て方。剪定、挿し木、ドライフラワーの方法、の巻

アジサイ 剪定方法

Contents• あじさいについて あじさいは、普段6月から7月にかけて花を咲かせます。 このあじさいの発芽は、新しく伸びた枝には発芽しないようになっています。 1年以上たってから発芽するのがあじさいの特徴です。 このあじさいの特徴を踏まえて剪定をしなければいけません。 あじさいは、2年後に花を咲かせる特徴があります。 寒い地域など冬の気温が低かったり雪が降ったりする場所では、発芽自体が傷んでしまって翌年花が咲かない可能性があります。 剪定だけではなく屋内に入れて冬越しをさせる必要もあります。 あじさいはなぜ剪定するの!? あじさいの剪定は必要なのか、まずはこの点から見ていきます。 剪定する必要がなければ毎年無駄な作業をする必要もありません。 ただ、あじさいは落葉樹で何もしないとどんどん成長します。 あじさいの樹形を整えてり、きれいな花を咲かせるには、定期的な剪定は必要です。 あじさいの花は芽先に咲かせるので、何もしないで放置していると目線より高い位置に花を咲かせてしまいます。 折角の花を観賞できないので、できれば剪定してきれいな花を観賞したいものです。 あじさいの剪定について見ていきます。 あじさいはいつ剪定すればいいの? あじさいの剪定はいつすればいいのでしょうか?いつ剪定すればきれいなあ花を観賞できるのか、その剪定は夏の7月の中旬くらいまでには済ませておきましょう。 あじさいの花は、花後に勝手に散るようなことをしないでそのまま残っています。 次の年にきれいな花を咲かせたいのであれば、花後の枝を剪定してきれいにする必要があります。 あじさいのおすすめの剪定方法• 花後の剪定方法• 休眠期の剪定方法• 樹形を整える剪定方法 花後の剪定方法 あじさいの花後の剪定には2種類あります。 1つは、来年も花を咲かせたいと思っているときは、花後の下の節2つ分のところで切り落とします。 切り取った節から新しい芽が出て翌年にはまたきれいな花を咲かせます。 翌年に花を咲かせたくない場合は、花後の下の節4つ分のところで切り落とします。 そうすると、翌年に花を咲かせることもなく葉だけのあじさいとなります。 このように花後の剪定をする場所で翌年の状態を調整できるわけです。 休眠期の剪定方法 あじさいの剪定は7月中旬までに1回行えばOKですが、あじさいを害虫や病気などから守るためには、11月から3月にかけて剪定するといつまでも丈夫なあじさいを保ち続けることができます。 その時の剪定は、発芽のついていない枝や細い枝を剪定して、風通しを良くします。 樹形を整える剪定方法 あじさいは成長の力が非常に強いため、樹形を整える剪定も必要となります。 あじさい全体の樹形をきれいな景観にするためには、樹形を整える剪定は重要です。 強剪定を行うと翌年に花を咲かせない可能性が高くなります。 翌年も花を咲かせたいのであれば。 強剪定はしないほうが賢明です。 ただし、あじさい全体の樹形をきれいにしたいときは、翌年に発芽しなくても剪定は必要です。 あじさいの形別の剪定• あじさいの高さを生かす剪定• あじさいの高さを低くする剪定• 葉がつかないあじさいの剪定 あじさいの高さを生かす剪定 あじさいの高さを生かす剪定方法というものがあります。 あじさい全体の樹形から見た場合、高さを生かす剪定方法とは、夏と秋の2段階剪定を行います。 1回目は夏までに花の2節下の部分で切り落とします。 2回目は秋になってから夏に剪定した切り口のすぐ下に新しい芽が出ています。 そのうえで切り落とします。 そうすることで、あじさいの高さを生かした剪定ができます。 あじさいの高さを低くする剪定 あじさいの花がその年咲かなかった場合は、できるだけ低くするための剪定をお勧めします。 2段階剪定を行うときに、1回目の夏の剪定で切る場所をもっと節を多くして下のほうでバッサリと切り落とします。 これで、あじさい全体の高さを低くします。 葉がつかないあじさいの剪定 別途、花が咲かなかった枝を見てみると、下のほうで木質化している部分があります。 この木質化した部分のこと古枝や不要枝と呼びます。 古枝や不要枝は花が咲きません。 そんな古枝や不要枝をバッサリと切り落とします。 あじさいの剪定後の処理 あじさいを鉢に植えている場合は、剪定後に大きな鉢に植え替えすることをお勧めします。 年々あじさいは大きく成長するので、同じ大きさの鉢では成長を妨げてしまいます。 剪定後に鉢植え替えを行うことであじさいの成長を促進します。 まとめ いかがでしたか!?今回は、あじさいの剪定時期、剪定方法等について【まとめ】てみました。 是非、参考にしてみてください。 お庭に関する人気コラム記事• 芝生は、正しくお手入れをしないと枯れてしまう場合があります。 この場合、芝生を復活させるために、芝生の再... 53,713ビュー• ぶどうの木を剪定するときのポイントは ぶどうの木の剪定をするときのポイントは、品種ごとに剪定... 46,143ビュー• みかんの剪定は必要なの?剪定する前の準備 普段みかんをほったらかしにしている人は多いのではな... 30,753ビュー• 山茶花(サザンカ)の剪定をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その山茶花(... 29,408ビュー• 芝生の根切りの方法が分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、その根切りに... 27,022ビュー カテゴリー•

次の