ご教示の程よろしくお願いいたします。。 「ご指導ご鞭撻」とは?意味や適切な使い方、言い換え表現など徹底解説!

「~のほど」の正しい使い方を教えてください

ご教示の程よろしくお願いいたします。

「ご査証」の意味と読み方 「ご査証」の読み方は「ごさしょう」 「ご査証」は、「 ごさしょう」と読みます。 つまり、 確実な根拠基づいた上で事実を明らかにするということです。 また「査証」は、「 ビザ」という意味でも使用されています。 「ビザ」とは、他国へ入国する際に、うける書類や面談といった入国審査をクリアした場合に発行されるもので、これがないと他国へ入国することはできません。 この「ビザ」を日本では「査証」ともいい、 ・パスポートの査証をお受け下さい といったように使用されます。 「ご査証」の敬語 接頭語「ご/お」は尊敬語、謙譲語、丁寧語どれにでもなりうる 「ご査証」は、「査証」という言葉に、接頭語の「ご」がついた言葉です。 「ご検証」についている接頭語は、相手にしてもらうことに対して敬意を示す尊敬語の「ご」です。 「ご査証」と「ご査収」の違い 「査収(さしゅう)」とは「よく調べて上で受け取ること」 「査収ください」は、「 さしゅう」と読みます。 「査収」は、「調べる」という意味のある「査」と、「取り入れる」という意味の「収」という言葉を組み合わせている言葉です。 つまり「査収」は「 よく調べた上で受け取ること」を意味していて、「同意する・納得する」という意味も含まれます。 「ご査収ください」の形でビジネスメールでよく使われる 「ご査収」は、少々堅苦しい言葉になるので、口語よりメールなど書き言葉として用いられる言葉です。 ビジネスシーンでは、 ・ご査収ください ・ご査収くださいますようお願いします ・ご査収いただければ幸いです ・ご査収よろしくお願いいたします ・ご査収の上 といった言い回しで、メールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときにそのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 「ご査証」と漢字、読み方が似ているが、意味が違うため、混同しないように注意しましょう。 例文 「本日領収書を発送いたしましたので、よろしくご査収くださいませ」 「下記の添付ファイルをご査収のほど、よろしくお願いいたします」 「明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収のほど、よろしくお願いします」 「請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ」 「ご査証」の使い方と例文 メールで「ご査証ください」は見積などへのクレームで使う 「ご査証」は、口語よりもメールなど書き言葉としてよく使用されます。 例えば、送ってもらった 見積もりに間違いがあった場合や、商品に不具合があったといった場合のクレームとして使用されるフレーズです。 この場合の「ご査収ください」は、「 間違いがあったのでよく調べて証明してください」「 証明する証拠を添付してください」というニュアンスで、答えを証明するよう要求する言葉となります。 文末に使用することによって、「 間違いがあってはいけないのでしっかりを事実を証明してください」という意味合いで注意喚起を促す言い回しになります。 重要な書類の提出など、間違いがあってはならないやりとりしている場合に一言入れるだけで、相手も自分も気を引き締めることができます。 例文 「以上のことをふまえまして、ご査証の程よろしくお願いいたします」 「申し訳ございませんが、改めてご査証の程よろしくお願い申し上げます」 履歴書の提出時に使うのは「ご査収」なので注意 「ご査証」は、「ご査収」と似ていて間違えることが多いですが、 履歴書で使用される言葉は「ご査収」です。 上記で述べたように「ご査証」は、「証明してください」というニュアンスのある言葉なので、履歴書を提出する場面で「ご査証ください」と使用するのは文章として成り立ちません。 履歴書を提出する場合は、「 確認して受け取ってください」というニュアンスである「ご査収」という言葉を使用します。 「ご査証」は敬語だが意味的に目上には失礼な場合もある 「ご査証」は、 尊敬語という敬語表現であるため、目上の人にも使用できる言葉です。 しかし、「どういうことなのか説明してください・証明してください」といったクレームを言うような場面で使用する言葉であるため、かりなりきつい印象があり、 目上の人に使用するには失礼な場合があります。 目上の人に使用する場合は、他の丁寧な言い回しを使用することが好ましいです。 では、「ご査証」の類語・言い換えを紹介します。 「ご査証」の類語・言い換え ご精査 「精査(せいさ)」は、「 くわしく調査すること」を意味しています。 また「精査」には、「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか確認すること」といった意味も含まれます。 ビジネスシーンでの「精査」は、報告書など書類に対して使用することが多いです。 「精査」は、自分が「よく調べる」と言うときにも、相手に「よく調べてください」と言うときにも使用することができ、 目上の相手に対して使うときは尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご精査」とします。 「確認」は「 はっきりと確かめること」「 認めること」を意味しています。 「ご確認」には「調査して証明する」という意味合いはないため、注意するとき以外にも広く使うことができます。 「ご査収ください」という表現が正しいかわからないときは、「ご確認ください」と言い換えるのが無難です。 相手に「 確認してください」という意味で ・ご確認の程お願いいたします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・お確かめくださいますようお願い申し上げます ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです といような言い回しで使用されます。 例文 「資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします」 「商品が届きましたら、内容物をご確認願います」 「明日の会議の資料を同封いたしますので、ご確認いただれば幸いです」 「署名、捺印いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます」.

次の

「ご教授願います」の意味と使い方・敬語・目上の人への使い方

ご教示の程よろしくお願いいたします。

「ご査証」の意味と読み方 「ご査証」の読み方は「ごさしょう」 「ご査証」は、「 ごさしょう」と読みます。 つまり、 確実な根拠基づいた上で事実を明らかにするということです。 また「査証」は、「 ビザ」という意味でも使用されています。 「ビザ」とは、他国へ入国する際に、うける書類や面談といった入国審査をクリアした場合に発行されるもので、これがないと他国へ入国することはできません。 この「ビザ」を日本では「査証」ともいい、 ・パスポートの査証をお受け下さい といったように使用されます。 「ご査証」の敬語 接頭語「ご/お」は尊敬語、謙譲語、丁寧語どれにでもなりうる 「ご査証」は、「査証」という言葉に、接頭語の「ご」がついた言葉です。 「ご検証」についている接頭語は、相手にしてもらうことに対して敬意を示す尊敬語の「ご」です。 「ご査証」と「ご査収」の違い 「査収(さしゅう)」とは「よく調べて上で受け取ること」 「査収ください」は、「 さしゅう」と読みます。 「査収」は、「調べる」という意味のある「査」と、「取り入れる」という意味の「収」という言葉を組み合わせている言葉です。 つまり「査収」は「 よく調べた上で受け取ること」を意味していて、「同意する・納得する」という意味も含まれます。 「ご査収ください」の形でビジネスメールでよく使われる 「ご査収」は、少々堅苦しい言葉になるので、口語よりメールなど書き言葉として用いられる言葉です。 ビジネスシーンでは、 ・ご査収ください ・ご査収くださいますようお願いします ・ご査収いただければ幸いです ・ご査収よろしくお願いいたします ・ご査収の上 といった言い回しで、メールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときにそのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 「ご査証」と漢字、読み方が似ているが、意味が違うため、混同しないように注意しましょう。 例文 「本日領収書を発送いたしましたので、よろしくご査収くださいませ」 「下記の添付ファイルをご査収のほど、よろしくお願いいたします」 「明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収のほど、よろしくお願いします」 「請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ」 「ご査証」の使い方と例文 メールで「ご査証ください」は見積などへのクレームで使う 「ご査証」は、口語よりもメールなど書き言葉としてよく使用されます。 例えば、送ってもらった 見積もりに間違いがあった場合や、商品に不具合があったといった場合のクレームとして使用されるフレーズです。 この場合の「ご査収ください」は、「 間違いがあったのでよく調べて証明してください」「 証明する証拠を添付してください」というニュアンスで、答えを証明するよう要求する言葉となります。 文末に使用することによって、「 間違いがあってはいけないのでしっかりを事実を証明してください」という意味合いで注意喚起を促す言い回しになります。 重要な書類の提出など、間違いがあってはならないやりとりしている場合に一言入れるだけで、相手も自分も気を引き締めることができます。 例文 「以上のことをふまえまして、ご査証の程よろしくお願いいたします」 「申し訳ございませんが、改めてご査証の程よろしくお願い申し上げます」 履歴書の提出時に使うのは「ご査収」なので注意 「ご査証」は、「ご査収」と似ていて間違えることが多いですが、 履歴書で使用される言葉は「ご査収」です。 上記で述べたように「ご査証」は、「証明してください」というニュアンスのある言葉なので、履歴書を提出する場面で「ご査証ください」と使用するのは文章として成り立ちません。 履歴書を提出する場合は、「 確認して受け取ってください」というニュアンスである「ご査収」という言葉を使用します。 「ご査証」は敬語だが意味的に目上には失礼な場合もある 「ご査証」は、 尊敬語という敬語表現であるため、目上の人にも使用できる言葉です。 しかし、「どういうことなのか説明してください・証明してください」といったクレームを言うような場面で使用する言葉であるため、かりなりきつい印象があり、 目上の人に使用するには失礼な場合があります。 目上の人に使用する場合は、他の丁寧な言い回しを使用することが好ましいです。 では、「ご査証」の類語・言い換えを紹介します。 「ご査証」の類語・言い換え ご精査 「精査(せいさ)」は、「 くわしく調査すること」を意味しています。 また「精査」には、「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか確認すること」といった意味も含まれます。 ビジネスシーンでの「精査」は、報告書など書類に対して使用することが多いです。 「精査」は、自分が「よく調べる」と言うときにも、相手に「よく調べてください」と言うときにも使用することができ、 目上の相手に対して使うときは尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご精査」とします。 「確認」は「 はっきりと確かめること」「 認めること」を意味しています。 「ご確認」には「調査して証明する」という意味合いはないため、注意するとき以外にも広く使うことができます。 「ご査収ください」という表現が正しいかわからないときは、「ご確認ください」と言い換えるのが無難です。 相手に「 確認してください」という意味で ・ご確認の程お願いいたします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・お確かめくださいますようお願い申し上げます ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです といような言い回しで使用されます。 例文 「資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします」 「商品が届きましたら、内容物をご確認願います」 「明日の会議の資料を同封いたしますので、ご確認いただれば幸いです」 「署名、捺印いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます」.

次の

「ご教授願います」の意味と使い方・敬語・目上の人への使い方

ご教示の程よろしくお願いいたします。

「ご査証」の意味と読み方 「ご査証」の読み方は「ごさしょう」 「ご査証」は、「 ごさしょう」と読みます。 つまり、 確実な根拠基づいた上で事実を明らかにするということです。 また「査証」は、「 ビザ」という意味でも使用されています。 「ビザ」とは、他国へ入国する際に、うける書類や面談といった入国審査をクリアした場合に発行されるもので、これがないと他国へ入国することはできません。 この「ビザ」を日本では「査証」ともいい、 ・パスポートの査証をお受け下さい といったように使用されます。 「ご査証」の敬語 接頭語「ご/お」は尊敬語、謙譲語、丁寧語どれにでもなりうる 「ご査証」は、「査証」という言葉に、接頭語の「ご」がついた言葉です。 「ご検証」についている接頭語は、相手にしてもらうことに対して敬意を示す尊敬語の「ご」です。 「ご査証」と「ご査収」の違い 「査収(さしゅう)」とは「よく調べて上で受け取ること」 「査収ください」は、「 さしゅう」と読みます。 「査収」は、「調べる」という意味のある「査」と、「取り入れる」という意味の「収」という言葉を組み合わせている言葉です。 つまり「査収」は「 よく調べた上で受け取ること」を意味していて、「同意する・納得する」という意味も含まれます。 「ご査収ください」の形でビジネスメールでよく使われる 「ご査収」は、少々堅苦しい言葉になるので、口語よりメールなど書き言葉として用いられる言葉です。 ビジネスシーンでは、 ・ご査収ください ・ご査収くださいますようお願いします ・ご査収いただければ幸いです ・ご査収よろしくお願いいたします ・ご査収の上 といった言い回しで、メールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときにそのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。 「ご査証」と漢字、読み方が似ているが、意味が違うため、混同しないように注意しましょう。 例文 「本日領収書を発送いたしましたので、よろしくご査収くださいませ」 「下記の添付ファイルをご査収のほど、よろしくお願いいたします」 「明日の会議で使う資料をお送りいたします。 ご査収のほど、よろしくお願いします」 「請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ」 「ご査証」の使い方と例文 メールで「ご査証ください」は見積などへのクレームで使う 「ご査証」は、口語よりもメールなど書き言葉としてよく使用されます。 例えば、送ってもらった 見積もりに間違いがあった場合や、商品に不具合があったといった場合のクレームとして使用されるフレーズです。 この場合の「ご査収ください」は、「 間違いがあったのでよく調べて証明してください」「 証明する証拠を添付してください」というニュアンスで、答えを証明するよう要求する言葉となります。 文末に使用することによって、「 間違いがあってはいけないのでしっかりを事実を証明してください」という意味合いで注意喚起を促す言い回しになります。 重要な書類の提出など、間違いがあってはならないやりとりしている場合に一言入れるだけで、相手も自分も気を引き締めることができます。 例文 「以上のことをふまえまして、ご査証の程よろしくお願いいたします」 「申し訳ございませんが、改めてご査証の程よろしくお願い申し上げます」 履歴書の提出時に使うのは「ご査収」なので注意 「ご査証」は、「ご査収」と似ていて間違えることが多いですが、 履歴書で使用される言葉は「ご査収」です。 上記で述べたように「ご査証」は、「証明してください」というニュアンスのある言葉なので、履歴書を提出する場面で「ご査証ください」と使用するのは文章として成り立ちません。 履歴書を提出する場合は、「 確認して受け取ってください」というニュアンスである「ご査収」という言葉を使用します。 「ご査証」は敬語だが意味的に目上には失礼な場合もある 「ご査証」は、 尊敬語という敬語表現であるため、目上の人にも使用できる言葉です。 しかし、「どういうことなのか説明してください・証明してください」といったクレームを言うような場面で使用する言葉であるため、かりなりきつい印象があり、 目上の人に使用するには失礼な場合があります。 目上の人に使用する場合は、他の丁寧な言い回しを使用することが好ましいです。 では、「ご査証」の類語・言い換えを紹介します。 「ご査証」の類語・言い換え ご精査 「精査(せいさ)」は、「 くわしく調査すること」を意味しています。 また「精査」には、「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか確認すること」といった意味も含まれます。 ビジネスシーンでの「精査」は、報告書など書類に対して使用することが多いです。 「精査」は、自分が「よく調べる」と言うときにも、相手に「よく調べてください」と言うときにも使用することができ、 目上の相手に対して使うときは尊敬を表す接頭語「ご」を付けて「ご精査」とします。 「確認」は「 はっきりと確かめること」「 認めること」を意味しています。 「ご確認」には「調査して証明する」という意味合いはないため、注意するとき以外にも広く使うことができます。 「ご査収ください」という表現が正しいかわからないときは、「ご確認ください」と言い換えるのが無難です。 相手に「 確認してください」という意味で ・ご確認の程お願いいたします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・お確かめくださいますようお願い申し上げます ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです といような言い回しで使用されます。 例文 「資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします」 「商品が届きましたら、内容物をご確認願います」 「明日の会議の資料を同封いたしますので、ご確認いただれば幸いです」 「署名、捺印いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます」.

次の