足利 フラワー パーク イルミネーション 2019。 あしかがフラワーパークイルミネーションイベント「光の花の庭」2019

足利フラワーパークイルミネーション2019!いつから?混雑予想など!|ゆんぶろぐ

足利 フラワー パーク イルミネーション 2019

今年はどこのイルミネーションを 見に行きますか? 関東圏で、イルミネーションといえば 足利フラワーパークのイルミネーションですよ。 一度は訪れたい場所であります。 そんな場所に並ぶ全国規模のイルミネーション 見に行かないわけにはいきません。 基本情報から、お得情報も交えてご紹介していきましょう。 混雑するシーズンは富田駅からの徒歩がおすすめ。 そして必見なのがこちら 毎年進化を続けています。 スポンサーリンク 割引券はある? あしかがフラワーパーク 割引券をご紹介しましょう。 おおよそ200円前後。 期間限定で200円割引 誰か、行ってきたよ!という人に貰ってもアリ。 まとめ 足利フラワーパークイルミネーション 「光の花の庭」フラワーファンタジー2019-2020は クリスマス時期や年末近くの 土日は 大混雑しますが 見るべき価値は十分ありますよね。

次の

足利フラワーパーク・イルミネーション2019の期間や時間・混雑予想!

足利 フラワー パーク イルミネーション 2019

足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間 まず気になるのが、足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間。 今年の足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間は、 2019年11月2日(土)~2020年2月6日(木) と発表されました。 ただし、期間中毎日点灯しているわけではなく、12月31日が休園日となっています。 まあ、大晦日くらい休園日でも仕方ありませんね。 今年の足利フラワーパーク・イルミネーション2019は、 11月2日〜11月中旬は「光と花のコラボレーション〜光とアメジストセージの融合」 11月下旬〜12月下旬は「フラワーパークのクリスマス〜クリスマスファンタジー」 元旦〜2月6日は「ニューイヤーイルミネーション〜光と冬咲きボタンの競演」 をテーマにした演出が予定されています。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間 では、足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間は、いつなのでしょう? 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の点灯時間ですが、 16:30〜21:00です。 (土日祝日は、21:30まで) イルミネーションが見られる「光の花の庭」は、 15:30から開いていますので、 早めに行ってイルミネーションの点灯時間まで待つのも手ですね。 東北自動車道より「佐野藤岡IC」• 北関東自動車道より「太田桐生IC」、「足利IC」、「佐野田沼IC」 と、4つのインターチェンジから 20分以内でアクセスできます。 車でアクセスする方にとって嬉しいのが、 足利フラワーパークには臨時駐車場含め、 6000台もの車を収容できる無料駐車場が存在するということです。 6000台!さすがの大きさですね〜 (6000台は、繁忙期に限ります。 通常期は300台収容の駐車場となります。 ) それでも、イルミネーション開催期間中や点灯時間中はそれでも混雑していると思われます。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の料金 足利フラワーパーク・イルミネーション2019を見るのに、料金はかかるのでしょうか? 無料と言いたいところですが、 イルミネーションは「あしかがフラワーパーク」内で行われているため、入園料金が必要になります。 ざ、残念・・・orz 料金は、 大人は1000円で 子供(4歳〜小学生)は500円です。 ただし、これは「光の庭」がオープンする夜の部(15:30〜)の料金です。 昼の部の料金は、時期によって異なります。 例えば、7月〜12月であれば、大人の料金は300円、子供の料金は100円!なんて日もあります。 300円?!安いな〜 日によって違いますので、詳しくはをご確認ください。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の混雑状況・混雑予想 イルミネーションの時期には臨時駐車場含め 6000台も無料で駐車できるスペースがあります。 とはいえ、日本三大イルミネーションに選ばれた足利フラワーパークのイルミネーション。 混雑していないはずがありません・・・orz 特に 土日祝日やクリスマス前後は、道路の渋滞は避けられませんし園内も人で溢れています。 大規模のイルミネーションの場所は、どこでもそうなので仕方のないことですね。 こればっかりは、平日やクリスマス前後の時期に行く、という風に対処するしかありません。 少しでも渋滞や混雑を避けるなら、イルミネーションが始まる16:30ではなく、 光の花の庭が開いている 15:30から行くと、駐車場も比較的空きがあるかな〜と思います。 足利フラワーパーク・イルミネーション2019 まとめ 以上、 足利フラワーパーク・イルミネーション2019の開催期間や時間・場所・アクセスや混雑予想についてでした。 藤棚が有名な「あしかがフラワーパーク」ですが、藤棚のイルミネーションも圧巻ですよね。 映像では見たことありますが、実際に行ったことありません。 ちょっと遠いけど、この目で直接見てみたいな〜と思った筆者でした。

次の

足利フラワーパークのイルミネーション2018~2019の期間はいつまで?

足利 フラワー パーク イルミネーション 2019

足利フラワーパークのイルミネーションの前売り券や割引券の入手法は? 足利フラワーパークのイルミネーションの前売り券の入手法 セブンイレブン、ローソン 、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK・サンクスで、前売り券を購入することが出来ます。 前売り券を買うと、入園料が少し割引されて購入する事ができます。 大人:通常900円のところ、850円• 子供:通常500円のところ450円 足利フラワーパークのイルミネーションの割引券の入手法 近隣のコンビニや施設、富田駅・足利駅などに割引券や、 割引券付きのチラシが置いてあることがあります。 また、 JAF会員の方なら、会員証を窓口で見せると最大3名まで100円引きで入場できます。 足利フラワーパークのメールマガジン会員になると、期間限定の入園割引券がもらえます。 会員1人につき1枚ですが、1枚で3名まで利用できます。 割引金額は時期によって違いますが、 最低でも100円は割引になります。 足利フラワーパークのイルミネーションの混雑は? 足利フラワーパークのイルミネーションに行って来ました。 なかなかの混雑でした。 — Tattan killerpass88 日本三大イルミネーションに選ばれていたり、10年以上前からイルミネーションをやっているイルミネーションの聖地だけに、毎年多くの人が集まり混雑します。 特に、駐車場が混雑します。 6000台ものキャパシティのある臨時駐車場があります。 ですが、臨時駐車場だと少し遠いところに停めなくてはいけなくなってしまうので、出来れば常設駐車場(300台)に駐車したいところです。 夜の部の開場時間である15時半にはそれほど混んでいないので、そのぐらいの時間から行くのをおすすめします。 また、クリスマス時期はやはり混みあいますので12月に行く場合は、早い時間から行って駐車スペースを確保するか、公共交通機関の利用がよいでしょう。 あしかがフラワーパークのイルミネーションは時期によってテーマが変わります。 中でも 11月下旬から12月下旬のクリスマスファンタジー!このテーマの展示がやっぱり美しく人気があるので、12月は混雑するのですが、それでもやっぱり一度は見てみたいですよね。 クリスマスを演出する高さ25メートルのクリスマスツリーも出現します。 フラワーパークだけあって、樹木もたくさんありますので、樹木や庭園をライトで飾っている演出がかわいらしいです。 正面ゲート前に大きなクリスマスツリーが出現するのですが、他にも園内には可愛いクリスマスツリーがたくさんあり、ロマンティックな光景にうっとりしますね。 足利フラワーパークのイルミネーションの見どころ2 藤棚 あしかがフラワーパークといえば、春の季節に 奇跡の大藤と言われる、1000平方メートルもの藤棚を眺めることができ、薄紅色、ふじ色、白藤など見事な藤のカーテンに覆われるのです。 それは、普段花を見ても興味のないような若い男子でも、思わず「すげえ」と言ってしまうほど。 そんな藤棚をイルミネーションで飾り、夜の空に満開の藤を再現したのが、 光の花(奇蹟の大藤)です。 藤の花の咲きはじめから、満開に咲き誇り、華麗に散る様子を表現したイルミネーションで再現しています。 このイルミネーションも素晴らしいですが、これを見ると、春の藤の花の開花時期にも、またここに来て見たくなる、まさに 藤のトリコになってしまうイルミネーションです。 足利フラワーパークのイルミネーションの見どころ3 光の壁画 まとめ いかがでしたか? 2018年4月、栃木県内では35年ぶりに新駅「あしかがフラワーパーク」駅ができました。 駅も出来るほど!というくらい、注目されている観光地です。 2014年1月9日、CNNのトラベルスタッフによって選ばれた「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選出されたのが、あしかがフラワーパークです。 四季折々の花も、もちろんですが、冬のイルミネーションも日本三大イルミネーションに選ばれるほどです。 フラワーパークということで、景観の美しさを常に考えている職人仕事のなせる業ですね。 よそとは、一味も二味も違うイルミネーションが楽しめますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?.

次の