引き続き 何卒よろしくお願いいたします。 「引き続きよろしくお願いします/いたします」の意味や使い方【例文】

メールで使えるビジネス韓国語【よろしくお願いします】

引き続き 何卒よろしくお願いいたします

Topics• 「引き続きよろしくお願いいたします」の意味 「引き続きよろしくお願いいたします」は「ひきつづきよろしくおねがいいたします」と読みます。 「引き続き」は名詞と副詞として用いられますが、「引き続きよろしくお願いいたします」の場合は副詞として使います。 意味は「続けざまに。 途切れることなく」であり、それまで行われていた物事を今後も続けていく様をあらわしています。 そこから、ビジネスでは「途切れることなく継続して今後も関係を続けてほしい」という意味として「引き続きよろしくお願いいたします」が用いられるようになりました。 「引き続きよろしくお願いいたします」の正しい表記 「引き続きよろしくお願いいたします」の「よろしく」と「いたします」は、ビジネスではどちらも平仮名表記の方が正しいとされています。 「宜しく」と漢字で書く方が丁寧な印象を持たれるかもしれませんが、「宜しく」は常用漢字表にはない読み方のため公文書では使用できません。 また、「宜しく」の「宜」は「便宜」という漢字からきているため、相手から便宜を図ってもらいたいという期待が込められていると思われてしまいます。 「いたします」についても、「お願いいたします」の「いたします」は動詞の後につく補助動詞であり、「する」の丁寧語です。 一方、漢字で記載する「致す」は「めざすところまで届ける」、「最後まで行き着く」という意味であり、「お願いいたします」の「いたします」とは違う意味を持ちます。 このように、メールや文書などで「引き続きよろしくお願いいたします」と記載する時は正しい敬語を用いるように注意してください。 「引き続きよろしくお願いいたします」の使い方 「引き続き」の意味からも分かるように、「引き続きよろしくお願いいたします」はまだやり取りが継続している最中に用いられる言葉です。 例えば、プロジェクトの途中で行った会議や相手からの質問に回答する時などに「引き続きよろしくお願いいたします」と言ったりします。 プロジェクトが終了した時などやり取りが終了した段階で「引き続きよろしくお願いいたします」と言うのは間違った使い方になります。 このほかにも、「引き続きよろしくお願いいたします」を使う際の注意点がいくつかあります。 やり取りや続かないと分かっている相手には使わない 取り引きが1回だけで終了したり、自分や相手が退職するなど、この先関係性が続かないと分かっている相手に対して「引き続きよろしくお願いいたします」とは言いません。 あくまで今後も関係性が続いていく、もしくは続けていきたい相手に対して使います。 このような時は「この度は誠にありがとうございました」と締めくくりましょう。 謝罪に対しては使わない 相手に謝罪を伝える際には「引き続きよろしくお願いいたします」とは言いません。 トラブルが発生した時など自分が謝罪をする立場で「引き続き…」と言うと、厚かましいと思われてしまう可能性があります。 謝罪を伝える際は今後の関係性を示唆するような文章はさけて、「この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を繰り返し伝えるべきです。 「引き続きよろしくお願いいたします」は目上の人に使っても良い? 「引き続きよろしくお願いいたします」はビジネスで一般的によく使われる言葉です。 「引き続き関係性を続けていきたい」という気持ちを込めた表現であり、立場に関係なく用いることができます。 目上の人や顧客先に対しても使うことができるので、ビジネスメールの結びの文章としても頻繁に使われています。 また、「何卒」を用いて「引き続き何卒よろしくお願い申し上げます」などど使うと、より丁寧な言い回しとなります。 【スポンサードリンク】 「引き続きよろしくお願いいたします」の類語 「引き続きよろしくお願いいたします」の類語として「今後ともよろしくお願いいたします」という表現があります。 「今後とも」は「今からあとも」という意味で、「引き続き」とほぼ同じ扱いのため同義語とも言えるかもしれません。 しかし、「引き続きよろしくお願いいたします」と「今後ともよろしくお願いいたします」では厳密に言うと若干違いがあります。 「引き続き」はやり取りが続いている段階で使う言葉で、「最後までよろしく」という意味があります。 それに対して「今後とも」はやり取りが一旦終了した後に用いる言葉で、「また次の機会もよろしく」という意味が含まれます。 意味としてはどちらもほぼ同じになりますが、使用する場面が異なりますので注意が必要です。 「引き続きよろしくお願いいたします」の例文 「引き続きよろしくお願いいたします」を使った例文をご紹介します。 いずれも「引き続き」を「今後とも」に変えて用いることができます。 ビジネスメールでよく使う表現になりますので、使用例を覚えておくと大変便利です。 引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 引き続き変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 引き続き変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 まとめ 「引き続きよろしくお願いいたします」は「今後も同じような関係性を続けてほしい」という意味で用いられる言葉です。 相手とのやり取りが継続している段階で使い、「何卒」と合わせて目上の人に対しても使うことができます。 しかし、謝罪をする時に使うと相手に反省していないと思われてしまう恐れもあるので注意が必要です。 類語として「今後ともよろしくお願いいたします」も使うことができるので、ケースバイケースで正しい敬語を使えるようにしておきましょう。

次の

「引き続きよろしくお願いいたします」は目上に使って良い?ビジネスでの意味や使い方!

引き続き 何卒よろしくお願いいたします

「今後ともよろしくお願いいたします」 「引き続きよろしくお願いいたします」 口頭でも、メールや手紙でもよく使う言葉ですね。 どんな内容でもとりあえず最後はこの言葉で締めくくるという人も多いかもしれません。 大変便利な言葉ですが、さてこの二つの違いや使い分け方というのはあるのでしょうか。 また、相手が「今後ともよろしくお願いいたします」「引き続きよろしくお願いいたします」といってきた場合、どのように返事すればよいのでしょうか。 普段意識せずに使っているような言葉ですが、改めて意味や使い方から考えてみたいと思います。 今回は、「今後とも」「引き続き」の違いや返し方は?【類語・例文】についてご説明いたします! 目次• 「今後とも」の意味と使い方 「今後とも」は「これからも」という意味です。 「今後」は「今」と「後」という字を書きますが、その通り「今からあと」、つまり「これからのち」という意味になります。 「とも」は「共」で、「同じ。 一緒」という意味の言葉です。 「~も」という意味になりますので、まとめると「今後とも」は「これからのちも」ということになります。 ビジネス文書では常套句であり、「今後ともよろしくお願いいたします」のような形で頻繁に使われています。 「今後とも」の例文• 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 今後ともご協力をよろしくお願いいたします。 「引き続き」の意味と使い方 「引き続き」は「続けざまに。 途切れることなく」という意味です。 「引き続く」は「物事が中断せずにずっと続く。 あることが終わったあとにすぐに別のことが続く」という意味です。 「引き」という接頭語は動詞の前について、その語の勢いを強める働きがあります。 「引き止める」「引き締める」などというのもそうですね。 こちらもビジネスシーンでは「引き続きよろしくお願いいたします」のような形でよく使われます。 「引き続き」の例文• 引き続きよろしくお願いいたします。 これからも引き続きご協力をお願いいたします。 引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「今後とも」「引き続き」は、どちらも「よろしくお願いいたします」などとセットにして、会話やメール、手紙の最後の挨拶的によく使われる言葉です。 「これからもよろしくお願いします」という無難な挨拶言葉であり、とても使いやすいですよね。 この「今後とも」と「引き続き」の違いとしては、• 「今後とも」は「今のやりとりが一旦終わっても、また次の機会にも」よろしくお願いします• 「引き続き」は「今のやりとりがまだ続くのでこのまま続けて」よろしくお願いします ということになります。 「今後とも」は、今のやりとりや取引などが一旦終わって、また別の日時に別のやりとりをするときにもまたお付き合いしましょう、ということを表します。 それに対して 「引き続き」は文字通り、取引などの最中に「この後も続けてよろしく」「最後までよろしく」という 継続中の意味が強いのです。 例えば 取引が一旦終了して挨拶する時は「今後ともよろしくお願いいたします」を使います。 そして、 今まさに取引中である相手には「引き続きよろしくお願いいたします」を使います。 このような使い分けができると言えるでしょう。 実際には「今後とも」はやりとりの最中に使っても特に問題ありませんので、どちらの場面にも「今後とも」が使われることも多いです。 逆に一旦やりとりが終了した時に「引き続き」を使うと違和感が出てしまいますから気を付けましょう。 【例文】• この度は大変お世話になりました。 おかげさまで今回のプロジェクトも大成功に終わり、社員一同心より感謝申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 この度はご協力いただきまことにありがとうございます。 おかげさまでこのプロジェクトも完成まであとわずかというところまでこぎつけました。 引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 「今後とも」と「引き続き」への返し方 さて、「今後ともよろしくお願いいたします」「引き続きよろしくお願いいたします」と相手にいわれた場合、どのように返事すれば良いのでしょうか。 「今後ともよろしくお願いいたします」「引き続きよろしくお願いいたします」と同じ言葉を返してもよいのですが、なんだか不自然ですよね。 もちろん基本的には自分も「よろしくお願いいたします」などでよいわけですが、もう少し工夫したいところです。 例えば• こちらこそ、よろしくお願いいたします。 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。 至らない点もあるかと思いますが、こちらこそよろしくお願いいたします。 のように、 「こちらこそ」などの言葉をつけることで相手の言葉をしっかり受け止めているということを表せます。 少しの工夫で印象がよくなりますね。 「今後とも」と「引き続き」の類語 「今後とも」「引き続き」に似た言葉としては• これからも• 今後も• 変わらず• これまで通り などがあります。 「これからもよろしくお願いいたします」とすると少し口語的な印象です。 状況に応じて使い分けるとよいですね。 まとめ 「今後とも」「引き続き」は普段から頻繁に使う言葉ですよね。 身近だからこそ、使い方をしっかり知って場面に応じたアレンジをして使っていけるといいと思います。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の

「今後とも」と「引き続き」の違いや返し方は?【類語・例文】|語彙力.com

引き続き 何卒よろしくお願いいたします

公開日: 2019. 04 更新日: 2019. 04 「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い 「何卒よろしくお願いいたします」という表現をご存知でしょうか。 この表現はビジネスシーンで使うことが多いです。 ビジネスの場では、メールで相手にお願いをしたり謝罪をすることが多々あります。 よく使われている表現ということもあって、意味や使い方は曖昧なまま使っている、意味は理解していないけど使っているという方がいるかもしれません。 使い方を間違ってしまうと、誤解を招いたり、悪い印象を与えてしまうことがあります。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「何卒よろしくお願いいたします」の読み方と意味 「何卒」の読み方は「なにとぞ」で、「どうぞ」の堅い表現 「何卒」は「 なにとぞ」と読みます。 「なにそつ」とは読まないので注意しましょう。 「何卒」は当て字です。 「なにとぞ」とひらがなで表記しても意味は同じです。 「何卒」は「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」だったら「どうぞよろしくお願いいたします」という意味になります。 「何卒」を使うことで、文章が改まった印象となるのでビジネスシーンで多用されています。 話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまうので注意しましょう。 「よろしく」は依頼するときに使う言葉 「何卒よろしくお願いいたします」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 「よろしくお願いします」「よろしく頼みます」「よろしくお伝えください」などの形で 依頼や お願いをする文章で使います。 「よろしく」「どうかよろしく」「よろしくどうぞ」「あとはよろしく」などだけでも相手に依頼するニュアンスになります。 漢字は「 宜しく」と書きます。 一般的には「よろしく」とひらがなで表記することが多いです。 「お願いいたします」は謙譲表現 「お願い」+「いたす」+「ます」で成り立っています。 「いたす」は 謙譲語の補助動詞です。 「ます」は 丁寧語です。 違う種類の敬語を二回使っても二重敬語にはなりません。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 本動詞に付属して使用する補助動詞はひらがな表記で書くのがルールなので、「お願いいたします」の「いたします」は漢字「致します」ではなく「いたします」とひらがなで書くのが正しい表現になります。 「何卒よろしくお願いいたします」のビジネスでの使い方と例文 ビジネスメールの締めくくり ビジネスメールでは「何卒よろしくお願いいたします」は 締めくくりとして使います。 相手にただ用件を伝えるだけだと丁寧さに欠けてしまいますので、「何卒よろしくお願いいたします」と付け加えることで、相手に良い印象を与えることができます。 お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「何卒よろしくお願いいたします」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 年賀状などの手紙の締めくくりとしてよく使う表現には「何卒ご自愛ください」があります。 手紙や年賀状で「何卒よろしくお願いいたします」を使ってしまうとビジネスライクな響きが強くなってしまいますので「何卒ご自愛ください」の方が無難です。 ビジネスメールでの依頼・お願い 「何卒よろしくお願いいたします」は上記で紹介したような形式的な締めくくりとしてだけでなく、相手に具体的に依頼やお願いをするときにも使用します。 具体的に依頼内容を書く場合は、下記のような形になります。 ・〜のほど、何卒よろしくお願いいたします ・〜していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします 「〜」の部分に依頼内容を書きます。 ・ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご助力のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご返答のほど、何卒よろしくお願いいたします ・ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします などの言い回しがよく使われます。 例文 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来週の打ち合わせに関する書類をお送りいただけますか。 ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・来月行われる予定だった会議の日程が変更となりましたので、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいります。 今後とも変わらぬお付き合いのほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・昨年中は格別のご厚情を賜りまして厚くお礼申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ・皆様の温かなご支援とご指導のおかげで無事計画を成功させることができました。 これからも変わらぬご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 ビジネスメールでの謝罪・お詫び ビジネスシーンで不手際や不注意で取引先や顧客に迷惑をかけた場合、相手に謝罪・お詫びをする場面でも「何卒よろしくお願いいたします」は使用します。 よく使われている表現には、「 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします」があります。 「 申し訳ございません。 何卒ご容赦ください」という表現も使います。 「ご容赦ください」は「許してください、大目に見てください」の尊敬語で、比較的軽い謝罪を表現する言い回しになります。 「ご容赦ください」は比較的軽い表現なので、相手先に大きな損失を与えてしまった場合などは不適切になるので注意してください。 「ご容赦ください」の意味と使い方に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、興味のある方は参考にしてみてください。 言い回し ・ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします ・お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします 例文 ・当方の事情により、今回の件はお断りいたします。 何卒ご理解いただけますようお願いいたします。 ・先日は大変申し訳ありませんでした。 ご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 お許しくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・当イベントの日程は予告なく変更される可能性があります。 ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 ・既にお振込みいただいてる場合でも本メールが送信されている場合がございます。 ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信 謝罪の「何卒よろしくお願いいたします」に対する返信の書き方を説明していきます。 相手にミスがあった場合でもあまり感情的にならず、健全なビジネス関係を維持するのがベストです。 下記のように返信すればよいでしょう。 株式会社サシスセソ 渡辺様 いつもお世話になっております。 株式会社タチツテトの鈴木です。 お気遣いいただき、大変恐縮です。 こちらこそ確認が不足しており、申し訳ございませんでした。 どうかお気になさらないでください。 引き続きよろしくお願いいたします。 鈴木 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違い 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いについて説明していきます。 「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いを理解するには、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いに注目しましょう。 「お願いいたします」= 動詞「お願いする」+謙譲語の補助動詞「いたす」+丁寧語「ます」 「お願い申し上げます」= 名詞「お願い」+「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」と「何卒よろしくお願い申し上げます」の違いは、 「お願いする」と「お願いを言う」に違いは何かということになります。 「お願いを言う」という表現は 「聞いてる人がいるのが前提 」である一方、「お願いする」ことは相手がいなくても実行可能なので、「お願いする」の意味である「お願いいたします」の方が動詞の意味的に謙虚だと主張する人がいます。 一方で、「お願い申し上げます」の方が日常会話での使用頻度が低いため、語感的にはかしこまったフォーマルな響きがあります。 したがって、 「お願いいたします」と「お願い申し上げます」の違いはほぼない、というのが答えになります。 ビジネスメールでどちらを使うべきか迷った場合は、「何卒よろしくお願いいたします」を使えばよいでしょう。 お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、納期の延期が可能かどうか、ご連絡いただけるよう何卒よろしくお願い申し上げます。 「どうか(よろしく)」と「どうぞ(よろしく)」の違い 「何卒」の類語に「どうか」と「どうぞ」があります。 これらの違いについても解説します。 「どうか」と「どうぞ」の違い 「どうか」と「どうぞ」は、どちらも依頼やお願いする文章で使う語ですが、微妙にニュアンスが異なります。 「どうか」は 困難なことと承知している上で、相手に丁寧にお願いすることを、 「どうぞ」は 単に丁寧に相手にお願いすること を意味します。 よって、依頼内容が実際には困難でなくとも「どうか」を使うことでより謙虚な響きになり、より丁寧な意味合いが強くなります。 「どうか」「どうぞ」をよりフォーマルにした言葉が「何卒」なので、「何卒」にも「困難なことを知った上で依頼してる」というニュアンスを含むということになります。 例文 ・プロジェクトに協力していただけるよう、どうかお願いいたします。 ・書類をご確認していただきますよう、どうかお願い申し上げます。 ・来月行われる会議についての資料を作成していただけませんか。 どうぞお願いいたします。 どうぞお許しください。 「何卒」の類語には「是非(ぜひ)」もある 「是非」は 強調を表す語です。 事情がどうあろうとも、あることを実現しよう、実現したいという強い意志や要望を表します。 親しい間柄の相手の場合は「是非」を使えます。 改まった場面以外で「何卒」を使ってしまうと、相手に大げさな印象を与えてしまうので、代わりに「是非」を使うことができます。 目上の人に対しても使えます。 ただ何度も「是非!是非!」などと言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 「是非」は状況や相手に合わせて、使用するかどうか判断するようにしましょう。 また、「是非とも」という表現もあります。 「是非とも」も「是非」と同様に、自分の意志や意向を伝える場合や、相手に何かをお願いする場合に使います。 例文 ・皆様、是非ともアンケートのご協力をお願いいたします。 ・是非ともこの問題解決について助言をいただけたらと思います。 ・是非ともお役に立ちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。

次の