ティッシュ 詰まる。 ティッシュを食べるとこんな害が!赤ちゃんが食べてしまったら?

トイレにティッシュを流すのはNG!なんでティッシュはトイレに詰まるの?

ティッシュ 詰まる

トイレにティッシュが詰まる原因 トイレにティッシュが詰まる原因は、ティッシュの繊維が水流でほぐれずにパイプの中でつっかえてしまうことにあります。 トイレットペーパーは繊維がやわらかく、ちぎれやすいので 水に溶けやすく、水流だけで細かいクズになって流れていきます。 ですがティッシュはトイレットペーパーに比べて繊維同士がしっかり硬く結びついているので 水に溶けず、水流だけではほぐれずにそのままパイプの中を流れていきます。 するとパイプの中でつっかえてしまい、結果としてトイレが詰まってしまうわけです。 公共のトイレで 「トイレットペーパー以外を流さないでください」 と書いてあるのはこのためなんですね。 トイレにティッシュが詰まった時の対処法 ではトイレにティッシュが詰まってしまった場合の対処方法はどうすればいいでしょうか? トイレ用のラバーカップ(いわゆるスッポン)を使って詰まりを抜いたり、 トイレのパイプ用の薬剤で詰まりや汚れを溶かしたり、 諦めて業者を呼んだりと思いつく方法はありますが それ以外で簡単にできる方法を調べてみました。 お湯を使ってティッシュを流しやすくする まずはお湯を使ってティッシュを流しやすくする方法です。 やり方は簡単で、詰まったトイレにお湯を流すだけです。 ただ熱湯だと便器が熱で割れてしまう可能性があるので、ぬるま湯を使います。 40~50度くらいのぬるま湯をトイレに流し込み、お湯でティッシュを柔らかくして流しやすくします。 詰まっているティッシュをお湯でふやかして、流れやすくするわけです。 これでも直らなかったら、別の方法を試してみましょう。 重曹とクエン酸を使ってティッシュを流す 重曹をトイレの水のところにふりかけ、クエン酸を溶かした水を注ぎます。 重曹とクエン酸が反応して泡が立ちます。 2種類のものを混ぜるというと、「混ぜるな危険」の類を思い浮かべますが、 この時に発生するガスは危険なものではなく、吸い込んだとしても急速に体調が悪くなるものではありません。 でも換気はしてくださいね。 この状態で1時間ほど置いておくと、詰まっているティッシュが溶けて流れるようになります。 クエン酸を溶かす水をぬるま湯にすると、お湯でふやける効果もプラスされます。 繰り返しますが、熱湯だと便器が割れてしまうので、絶対にぬるま湯でやってくださいね。 食器用洗剤でティッシュを流す 食器用洗剤でもトイレの詰まりを解消することができます。 食器用洗剤にはタンパク質を分解したり、油分を浮かす効果があります。 この効果でティッシュの繊維をほぐして、流しやすくするわけです。 やり方は簡単で、 液体の食器用洗剤を100ccほど、ゆっくり便器に流し入れ、 その上からぬるま湯を注ぎます。 少し置いてから、またぬるま湯を注いで流します。 お湯を注ぐ時はゆっくり静かに流し入れてくださいね。 洗剤ですので、勢いよく流し入れると泡立ってしまいます。 泡が便器から溢れ出して床を濡らしてしまうこともあります。

次の

トイレにティッシュを流すと詰まる?

ティッシュ 詰まる

外出先などでトイレに入り、 個室にトイレットペーパーがなかった時、 ティッシュペーパーで代用しようと、 アナタは考えたことがありませんか。 同じ紙素材だし、 小便・大便を流してくれるトイレなのだから、 ティッシュペーパーも大丈夫、 という考えは危険ですよ。 トイレットペーパーはトイレ用の紙であるので、 トイレへ流すのに適した構造をしていますが、 ティッシュペーパーの用途は多岐にわたるので、 トイレへ流すのに適さない構造となっています。 数枚を流す程度だと即座に詰まることはないですが、 その数枚が積み重なっていくと、 いずれ詰まることになるでしょう。 緊急の場合は仕方ないですが、 ティッシュペーパーを トイレに流すのは極力控えるべきです。 ここからは、ティッシュペーパーを トイレに流すと詰まる理由、 詰まってしまった場合の対処法について、お伝えします。 ティッシュペーパーをトイレに流すとなぜ詰まる? 理由は構造にあった! トイレが詰まる理由は色々とありますが、 本来は水が流れる排水パイプに、 何か違うモノ(ティッシュなど)が溜まってしまう、 というのが一番多い理由でしょう。 排水パイプに溜まってしまうのは、 ティッシュペーパーが 水に溶けにくい構造となっているからで、 トイレットペーパーの場合は水に溶けやすい構造であり、 詰まることなく流れます。 また「溶ける」というのは、 水に入れると一瞬で消えてしまう、 という意味ではなく、 水に入れて簡単な刺激を与えるとバラバラになる、 という意味です。 ティッシュペーパーも吸水性は高いため、 水に浸すとトイレットペーパーと 同じような状態になりますが、 弱い刺激を与えても簡単にはバラバラになりません。 しかし、ティッシュペーパーは 絶対にトイレへ流せない、 というのは間違いで、 水に溶けやすい種類のティッシュペーパーならば、 トイレに流しても詰まる可能性は極めて低いでしょう。 ここで 「極めて低い」といったのは、例えばお腹を壊し、 水に溶けやすいティッシュペーパーを多く使用した場合、 詰まる可能性がゼロではないからです。 しかしこれは、水に溶けやすいティッシュペーパーを 使用したからではなく、 一気に沢山のペーパーを流したことが原因であり、 トイレットペーパーの場合でも 起こり得ることですので、 トイレットペーパーのように使用しても大丈夫です。 水に溶けるティッシュペーパー・トイレットペーパーに限らず、 量が多くなりそうな時は適度に流しましょう。 緊急対処法!? ティッシュペーパーを無理やりトイレに流す方法とは? ティッシュペーパーをトイレに流すと 詰まりの原因となる、 ということは分かりましたが、 間違って流すこともあるでしょう。 その結果、 トイレが詰まってしまう可能性は十分にあります。 ティッシュペーパーを流したことで トイレが詰まった場合の対処法には、 以下の3つが挙げられます。 お湯を使用して流す 2. ワイヤーを使用して詰まっている部分を刺激する 3. そして、即座に効果が出るわけではないので、 一回だけでなく何回も行いましょう。 この方法はティッシュペーパーを 流してしまった場合だけでなく、 トイレットペーパーや大便が 詰まった場合にも効果的ですよ。 ワイヤーを使用して詰まっている部分を刺激する 物理的に刺激して解消する、 という方法ですが、 それなりに入り組んだ構造をしているので、 硬すぎるワイヤーだと届かない恐れがありますし、 逆に柔らかすぎると、 詰まっている箇所を上手く刺激できません。 適度な硬さのワイヤーを見つけるのが 難しいかもしれませんが、 手軽なのでオススメですよ。 市販の薬剤を使用する 上記2つの方法で上手くいかない時は、 薬剤を使用しましょう。 常備していない場合は購入する必要があり、 手間はかかりますが、 業者を呼ぶことを考えれば値段的には相当安いので、 ぜひ検討してみて下さいね。 まとめ かつて私の家庭でもトイレが詰まってしまい、 業者を呼んだことがあります。 彼らの作業を近くで見ていたのですが、 作業内容は薬剤を入れて流しただけでした。 それなのに、出張費なども入っているのか、 1万円近くも請求されたのです。 お湯によって解決すれば 無料といっても差し支えないですし、 ワイヤーや薬剤を使用しても最大で数千円でしょう。 また自宅に知らない人がやってくるのは、 アナタも気味が悪いのではないでしょうか。 価格的な面だけでなく、 コミュニケーションの煩わしさや 他人が家に来ることの気味悪さを考えても、 自力で解決することを強くオススメします。 最後に今回の内容をまとめてお伝えしますと、 ・ティッシュペーパーが詰まるのは水に溶けにくい構造だから ・詰まった場合は、お湯・ワイヤー・薬剤を使用してみる ・業者に頼むのもいいが、特に価格の面からオススメできない となります。 詰まった時のために、 薬剤やワイヤーを常備しておくと 安心できるので、検討してみて下さいね。

次の

【トイレつまりの意外な原因5選】流せるティッシュもX

ティッシュ 詰まる

タオルを配管に詰めて蓋をします。 その前に、ワントラップを外して掃除したことがない場合は、かなり汚れていると思いますので、古い歯ブラシなどで掃除をしましょう。 ヘドロや食べかすなどの大きなゴミがあった場合は、配管に流さずに手袋やビニール袋を手につけて取り除きましょう。 配管の入り口部分や手の届く範囲の配管内部も油汚れなどが付着していた場合は、歯ブラシで掃除をします。 このときに注意することは絶対に配管内に水以外の物を流したり落としたりしないようにしてください。 ワントラップの掃除ができたら配管にタオルを詰めて蓋をします。 この時、タオルが配管から取り出せなくなったら大変です。 奥まで詰めずに、後から引っ張れるように出来れば端っこはシンクから出しておくようにしましょう。 手順その3:シンクにお湯を溜める• その1:タオルを使う時と同じく配管の入り口を露出させます。 その2:ペットボトルの口を配管の口に合わせます。 この時、排水口とペットボトルの間に隙間ができないようにしてください。 ペットボトルを配管の口に合わせて下側に少し抑える程度で隙間はなくせます。 その3:空気を送り込むためにペットボトルを何度かペコペコします。 その4:ペットボトルを抜きます。 詰まってはいるが少しずつ水が流れている状態なら、排水溝内にある程度水を溜めてから試して見てください。 この手順を何度か繰り返せば配管内で「ボコボコッ」と音がして詰まりが浮いてくるか、そのまま流れていくはずです。 ペットボトルは大きいほど送れる空気量が多くなります。 2Lのものがなければ500mlで、素材は固い素材ではなく柔らかめのペコペコしやすい薄めのタイプが使いやすいです。 ペットボトルで空気を送ることで、配管内の水圧を上げ、詰まりを取れやすくする効果があります。 詰まったときの専用道具である真空式パイプクリーナーと同じ効果を期待できる、ということです。 パイプクリーナーは完全に詰まってからでは効果はありません。 排水の流れが悪くなってきたときのお掃除や日頃のメンテンナスとして使用しましょう。 市販のパイプクリーナーはそのまま使うより、 ちょっとの工夫で洗浄効果を上げて使うほうがより解消効果が期待できます。 その1:使う前に、40~50度程度のお湯にボトルごと浸けて温める• その2:ワントラップを取り外して排水口に直接洗浄液を流し込む• その3:詰まりの原因を溶かすために30分~1時間ほど放置する• そうすると、より詰まりの解消がしやすくなる、ということです。 ただし温度が高過ぎるとボトルの破裂などを引き起こしかねませんので、 必ず4~50度程度のお湯で温めてください。 またパイプクリーナーの効果を最大限にするためにも、ワントラップを取り外して配管に直接流し込みましょう。 使用量は臭いの解消程度なら少量でも効果はありますが、詰まりの解消の場合はある程度の量が必要となりますので、説明書を確認したうえで多めに流し込みましょう。 放置する時間は長ければ効果があるように思いますが、それは違います。 長時間放置すると詰まりの原因や溶けた汚れが下にたまり、さらに奥で詰まってしまうことがあります。 長時間放置するより30分~1時間で流すことを繰り返し行うほうが詰まり解消に効果があります。 詰まりを解消するパイプクリーナー選びは、「水酸化ナトリウム」濃度が高いものを選ぶことで洗浄力が上がります。 また詰まりの原因に留まりやすい「粘度」の高いジェルタイプを選ぶことでさらに効果を発揮ます。 より解消効果の高いパイプクリーナーの条件.

次の