リオン ドール ポイント 券。 リオンドールのポイント\(^o^)/

リオンドールのポイント\(^o^)/

リオン ドール ポイント 券

リオン・ドール本社(4階)がある リオン・ドール神明通り店 (福島県会津若松市) 市場情報 非上場 略称 リオン・ドール Lion D'or 本社所在地 〒965-0878 中町4-36 設立 事業内容 地域密着のスーパーマーケット経営 代表者 代表取締役 小池信介 資本金 2億円 売上高 約560億円(グループ 約600億円)(2017年2月現在) 純利益 2億5200万円(2017年02月28日時点) 総資産 279億8700万円(2017年02月28日時点) 従業員数 3,426名(2017年2月現在) 主要子会社 参照 外部リンク 株式会社リオン・ドールコーポレーション( LionDor Inc. )は、に本社を置く、食料品を主体としたの運営会社。 概要 [ ] を中心に福島県(・他)、隣県のとにも展開している。 かつては、へも出店していたが撤退、会津地方を中心としたを強めている。 主に会津地方では、 や等が競合相手である。 創業から長年『 ライオン堂』(若しくは ライオンドー、ライオンどう)の店舗屋号であったが、(平成13年)にを導入して店舗屋号を『 Lion D'or』(リオン・ドール)とし、同年に商号も「リオン・ドールコーポレーション」とした。 ライオン堂時代のロゴマークも、山口県、北部九州を拠点とするスーパーマーケットチェーン と似たようなものであった。 沿革 [ ]• (明治25年) - 会津若松にて「小池漆器店」として創業。 (昭和23年) - 会津若松市大町にて、洋品店「ライオン堂」を開業。 (昭和25年) - 法人に改組し、「株式会社ライオン堂」として設立。 (昭和39年) - 福島県外の第1号店を秋田県内(内)に開店。 (昭和44年) - 「株式会社北関東ライオン堂」(現:北関東リオン・ドール)を設立し、栃木県に進出。 (昭和51年)6月 - 新潟県に進出。 (昭和60年) - 150坪スタイル小型店舗1号店七日町店(現店舗近隣地にあった旧店舗)開店。 (昭和62年) - ビデオレンタル事業に参入、レオクラブの第一号店として西若松店を開店。 (平成13年) - (CI)を導入、店名をライオン堂から「 リオン・ドール」に変更。 2001年(平成13年) - 商号を「 株式会社リオン・ドールコーポレーション」に変更。 (平成14年) - 若松店(現:神明通り店)と同じ神明通り沿いにあった会津若松店跡に、複合商業施設「レオクラブ・ガーデンスクエア」開店。 (平成16年) - 等にて「三光ストア」を運営するとの業務・資本提携。 (平成19年) - 等にて「」を運営する(株)主婦の店サンユーの全株式取得。 (平成25年) - 株式会社リッツコーポレーションを設立、三光からスーパーマーケット事業「三光ストア」を譲受。 (平成26年) - リッツコーポレーションの株式をに譲渡、青森県から撤退。 (平成28年)3月 - (株)主婦の店サンユーを吸収合併。 (平成30年) - 福島県等にて「」を運営するわしお(株)の株式を取得、完全子会社化。 (令和元年) - 栃木県大田原市等にて「」を運営する(株)諏訪ストアの株式を取得、完全子会社化。 運営業態 [ ] 現在 [ ]• Lion D'or(リオン・ドール) - SM(スーパーマーケット)業態。 子会社「レオクラブインターナショナル」が運営するFC(フランチャイズ)運営。 かつては、自社のブランド「レオクラブTSUTAYA」を冠していたが、近年の店舗では単に「TSUTAYA」と表記されるのみである。 一部店舗には「レオクラブ」のついた看板の店舗が残っている。 - FC運営、一部のリオンドール店舗内に併設。 - FC運営。 過去 [ ]• その後、になったが、(平成19年)に発生したの影響もあり閉店し、建物解体後約10年間更地となる。 その後2018年(平成30年)9月13日に南側の敷地を旧店舗時代より拡張し、新築オープンした。 レオクラブ閉店後は、千石店(旧店舗)の生鮮食品売り場の一部として増床。 アスピア高田店 - 衣料品のみの取り扱い。 現在は。 ライオンドーホームセンター高田店• アスピア坂下店(1997年(平成9年)開店)- 衣料品のみの取り扱い。 現在は、坂下中央店にあったTSUTAYAを移転する形で、TSUTAYA坂下店となっている。 建物解体後は長年駐車場であったが、現在は喜多方腎泌尿器クリニック。 元々喜多方店が進出する計画であったが、(昭和52年)4月に出店を断念し、当社に用地を譲渡した店舗であった。 1981年12月に、屋上駐車場を完備し、専門店を入れた平屋建ての店舗として開店。 詳細は「」を参照• 当初は、ライオンドーホームセンター西若松店内に同居。 イエローハットに業態転換する際に、右隣に新築移転した後に閉店。 ライオンドーホームセンター猪苗代店• 閉店後、となったが、2018年(平成30年)4月に解体。 その後、建物右側にが入居し、空きテナントだったスペースは解体されている。 塩川町東栄町に出店する以前には、塩川町米沢町に店舗があった。 リオン・ドール七日町店(福島県会津若松市)現在の店舗とは異なる初代・旧店舗 * 七日町店(初代・旧店舗)- 西七日町21-12((昭和60年)11月28日開店 - (平成30年)5月13日閉店)• 近隣地の会津若松市西七日町5-33に移転し、2018年(平成30年)5月16日に新築移転オープンした。 中通り [ ]• 開成店 - 福島県開成6-252 郡山市進出一号店。 後にTSUTAYA開成店(レオクラブのフランチャイズ店)に業態転換し、閉店。 現在は。 富田店 - 名郷田1番地 現在は。 レオクラブ二本松店• 大槻店• 浅川店• ライフポートわしお東店 株式譲渡後の「わしお」(リオン・ドールの子会社)として営業していた店舗。 グループが営業を引き継ぐことが決まり、リオン・ドールへの転換が見送られたため、2018年(平成30年)3月25日閉店。 現在はTAIRAYA白河東店。 新潟県 [ ]• 津川店 - 東蒲原郡(現:)津川3513 食品館と衣料館の2棟の構成だった。 閉店後は利活用されず、廃墟となっている。 石山店((昭和54年)開店 - (平成21年)1月31日閉店) - 東中島2-4-1 跡地には、斜め向かい側にあった石山店が移転する形で開業。 見附店( - (平成12年)閉店) - 学校町1-16-15 現在は、見附市市民交流センターネーブルみつけ。 栃木県 [ ]• 駒生店 - 宝木町2丁目付近 1980年代~1990年代にかけて営業。 店舗の正式名称は不明。 宇都宮店、駒生店、宝木町店のいずれかと思われる。 矢板店 -• 氏家店 - (現:)• 上三川店 -• 烏山店 - 現 :• レオクラブ烏山店• 真岡店 - 秋田県 [ ]• ) - (内) 同社の県外一号店。 日用品のみの取り扱い。 宮城県 [ ]• 高森店(2005年(平成17年)3月 - 2006年(平成18年)1月) 同社の宮城県一号店。 ショッピングガーデンキャラウェイの核テナントとして居抜出店。 関連会社 [ ]• 株式会社北関東リオン・ドール• 株式会社小池• 2014年に地元スーパーのの子会社になった後、ユニバースに吸収合併された。 株式会社• 株式会社レオクラブインターナショナル(リオン・ドール店内などに一般書籍とレンタルビデオ・CD店の「」を運営)• 株式会社• 株式会社諏訪ストア 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』()、2018年1月20日、地方版(2018年4月23日閲覧)。 喜多方市. 1998年(平成10年)6月30日• 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、211頁。 「ジャスコ 喜多方進出を断念」『縮刷版昭和52年4月号』、210頁(1977年(昭和52年)4月12日、朝刊2面)。 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、212頁。 「「商工ニュース」【会津若松】ライオンドー七日町店オープン」『縮刷版昭和60年11月号』、756頁(1985年(昭和60年)11月30日、朝刊10面、会津版)。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

グリーンスタンプの券を商品券に変えることは出来ますか?

リオン ドール ポイント 券

リオン・ドール本社(4階)がある リオン・ドール神明通り店 (福島県会津若松市) 市場情報 非上場 略称 リオン・ドール Lion D'or 本社所在地 〒965-0878 中町4-36 設立 事業内容 地域密着のスーパーマーケット経営 代表者 代表取締役 小池信介 資本金 2億円 売上高 約560億円(グループ 約600億円)(2017年2月現在) 純利益 2億5200万円(2017年02月28日時点) 総資産 279億8700万円(2017年02月28日時点) 従業員数 3,426名(2017年2月現在) 主要子会社 参照 外部リンク 株式会社リオン・ドールコーポレーション( LionDor Inc. )は、に本社を置く、食料品を主体としたの運営会社。 概要 [ ] を中心に福島県(・他)、隣県のとにも展開している。 かつては、へも出店していたが撤退、会津地方を中心としたを強めている。 主に会津地方では、 や等が競合相手である。 創業から長年『 ライオン堂』(若しくは ライオンドー、ライオンどう)の店舗屋号であったが、(平成13年)にを導入して店舗屋号を『 Lion D'or』(リオン・ドール)とし、同年に商号も「リオン・ドールコーポレーション」とした。 ライオン堂時代のロゴマークも、山口県、北部九州を拠点とするスーパーマーケットチェーン と似たようなものであった。 沿革 [ ]• (明治25年) - 会津若松にて「小池漆器店」として創業。 (昭和23年) - 会津若松市大町にて、洋品店「ライオン堂」を開業。 (昭和25年) - 法人に改組し、「株式会社ライオン堂」として設立。 (昭和39年) - 福島県外の第1号店を秋田県内(内)に開店。 (昭和44年) - 「株式会社北関東ライオン堂」(現:北関東リオン・ドール)を設立し、栃木県に進出。 (昭和51年)6月 - 新潟県に進出。 (昭和60年) - 150坪スタイル小型店舗1号店七日町店(現店舗近隣地にあった旧店舗)開店。 (昭和62年) - ビデオレンタル事業に参入、レオクラブの第一号店として西若松店を開店。 (平成13年) - (CI)を導入、店名をライオン堂から「 リオン・ドール」に変更。 2001年(平成13年) - 商号を「 株式会社リオン・ドールコーポレーション」に変更。 (平成14年) - 若松店(現:神明通り店)と同じ神明通り沿いにあった会津若松店跡に、複合商業施設「レオクラブ・ガーデンスクエア」開店。 (平成16年) - 等にて「三光ストア」を運営するとの業務・資本提携。 (平成19年) - 等にて「」を運営する(株)主婦の店サンユーの全株式取得。 (平成25年) - 株式会社リッツコーポレーションを設立、三光からスーパーマーケット事業「三光ストア」を譲受。 (平成26年) - リッツコーポレーションの株式をに譲渡、青森県から撤退。 (平成28年)3月 - (株)主婦の店サンユーを吸収合併。 (平成30年) - 福島県等にて「」を運営するわしお(株)の株式を取得、完全子会社化。 (令和元年) - 栃木県大田原市等にて「」を運営する(株)諏訪ストアの株式を取得、完全子会社化。 運営業態 [ ] 現在 [ ]• Lion D'or(リオン・ドール) - SM(スーパーマーケット)業態。 子会社「レオクラブインターナショナル」が運営するFC(フランチャイズ)運営。 かつては、自社のブランド「レオクラブTSUTAYA」を冠していたが、近年の店舗では単に「TSUTAYA」と表記されるのみである。 一部店舗には「レオクラブ」のついた看板の店舗が残っている。 - FC運営、一部のリオンドール店舗内に併設。 - FC運営。 過去 [ ]• その後、になったが、(平成19年)に発生したの影響もあり閉店し、建物解体後約10年間更地となる。 その後2018年(平成30年)9月13日に南側の敷地を旧店舗時代より拡張し、新築オープンした。 レオクラブ閉店後は、千石店(旧店舗)の生鮮食品売り場の一部として増床。 アスピア高田店 - 衣料品のみの取り扱い。 現在は。 ライオンドーホームセンター高田店• アスピア坂下店(1997年(平成9年)開店)- 衣料品のみの取り扱い。 現在は、坂下中央店にあったTSUTAYAを移転する形で、TSUTAYA坂下店となっている。 建物解体後は長年駐車場であったが、現在は喜多方腎泌尿器クリニック。 元々喜多方店が進出する計画であったが、(昭和52年)4月に出店を断念し、当社に用地を譲渡した店舗であった。 1981年12月に、屋上駐車場を完備し、専門店を入れた平屋建ての店舗として開店。 詳細は「」を参照• 当初は、ライオンドーホームセンター西若松店内に同居。 イエローハットに業態転換する際に、右隣に新築移転した後に閉店。 ライオンドーホームセンター猪苗代店• 閉店後、となったが、2018年(平成30年)4月に解体。 その後、建物右側にが入居し、空きテナントだったスペースは解体されている。 塩川町東栄町に出店する以前には、塩川町米沢町に店舗があった。 リオン・ドール七日町店(福島県会津若松市)現在の店舗とは異なる初代・旧店舗 * 七日町店(初代・旧店舗)- 西七日町21-12((昭和60年)11月28日開店 - (平成30年)5月13日閉店)• 近隣地の会津若松市西七日町5-33に移転し、2018年(平成30年)5月16日に新築移転オープンした。 中通り [ ]• 開成店 - 福島県開成6-252 郡山市進出一号店。 後にTSUTAYA開成店(レオクラブのフランチャイズ店)に業態転換し、閉店。 現在は。 富田店 - 名郷田1番地 現在は。 レオクラブ二本松店• 大槻店• 浅川店• ライフポートわしお東店 株式譲渡後の「わしお」(リオン・ドールの子会社)として営業していた店舗。 グループが営業を引き継ぐことが決まり、リオン・ドールへの転換が見送られたため、2018年(平成30年)3月25日閉店。 現在はTAIRAYA白河東店。 新潟県 [ ]• 津川店 - 東蒲原郡(現:)津川3513 食品館と衣料館の2棟の構成だった。 閉店後は利活用されず、廃墟となっている。 石山店((昭和54年)開店 - (平成21年)1月31日閉店) - 東中島2-4-1 跡地には、斜め向かい側にあった石山店が移転する形で開業。 見附店( - (平成12年)閉店) - 学校町1-16-15 現在は、見附市市民交流センターネーブルみつけ。 栃木県 [ ]• 駒生店 - 宝木町2丁目付近 1980年代~1990年代にかけて営業。 店舗の正式名称は不明。 宇都宮店、駒生店、宝木町店のいずれかと思われる。 矢板店 -• 氏家店 - (現:)• 上三川店 -• 烏山店 - 現 :• レオクラブ烏山店• 真岡店 - 秋田県 [ ]• ) - (内) 同社の県外一号店。 日用品のみの取り扱い。 宮城県 [ ]• 高森店(2005年(平成17年)3月 - 2006年(平成18年)1月) 同社の宮城県一号店。 ショッピングガーデンキャラウェイの核テナントとして居抜出店。 関連会社 [ ]• 株式会社北関東リオン・ドール• 株式会社小池• 2014年に地元スーパーのの子会社になった後、ユニバースに吸収合併された。 株式会社• 株式会社レオクラブインターナショナル(リオン・ドール店内などに一般書籍とレンタルビデオ・CD店の「」を運営)• 株式会社• 株式会社諏訪ストア 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』()、2018年1月20日、地方版(2018年4月23日閲覧)。 喜多方市. 1998年(平成10年)6月30日• 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、211頁。 「ジャスコ 喜多方進出を断念」『縮刷版昭和52年4月号』、210頁(1977年(昭和52年)4月12日、朝刊2面)。 「五十年史」生活協同組合コープあいづ、2009年、212頁。 「「商工ニュース」【会津若松】ライオンドー七日町店オープン」『縮刷版昭和60年11月号』、756頁(1985年(昭和60年)11月30日、朝刊10面、会津版)。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

グリーンスタンプの券を商品券に変えることは出来ますか?

リオン ドール ポイント 券

・満20歳以上で日本国内在住の方に限らせていただきます。 ・アサヒグループ各社社員および関係者、ならびにキャンペーン実施チェーン関係者は応募できません。 ・当店取り扱いの対象商品を購入された方がご応募いただけます。 【レシート有効期間】 2019年8月1日(木)~2019年10月15日(火) 【応募締切】 本キャンペーンは2019年10月21日(月)午前10時をもちまして応募受付を終了いたしました。 【賞品内容・当選者数】 おくっ得 ポイントコース 賞品 当選者数 6ポイント コース リオン・ドール商品券 1,000円分 60名様 24ポイント コース リオン・ドール商品券 2,000円分 30名様 100ポイント コース リオン・ドール商品券 5,000円分 10名様 【応募方法】 ・LINEによる応募の場合 アサヒビールLINE公式アカウントからキャンペーンの参加登録を行い、上記応募条件を満たした購入レシートを撮影し、指定の方法に従って購入レシート画像を送信してください。 レシート記載の対象商品ジャンルを選択し、購入本数をご入力いただくと商品ジャンル・購入本数に応じておくっ得ポイントが貯まります。 貯めたおくっ得ポイント数に応じてお好きなコースへご応募ください。 応募後はコース・口数分のおくっ得ポイントが消費されます。 最新版のLINEアプリにアップデートしてご利用ください。 レシート1枚ごとに行ってください。 ・郵送による応募の場合 応募条件を満たしたレシートを店頭設置の応募用紙で、必要事項を記入の上、所定の郵便切手を貼ってご応募ください。 詳しくはキャンペーン実施チェーンにて設置されている応募用紙をご確認ください。 【当選発表】 ご応募いただいた方の中から厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。 ・LINEによる応募の場合 当選された方には11月下旬頃、アサヒビールLINE公式アカウントよりご連絡させていただきます。 その際、アサヒビールLINE公式アカウントをブロックまたは削除されておりますとご連絡ができなくなりますので、ご注意ください。 ご了承ください。 あらかじめご了承ください。 誠に恐れ入りますがご返信はお受けできませんのであらかじめご了承ください。 ・郵送による応募の場合 当選された方には2020年1月下旬頃、郵送にてアサヒビールオリジナルキャンペーン事務局よりご当選のご連絡をさせていただきます。 あらかじめご了承ください。 【当選後詳細登録の流れ】 LINEで応募された場合、賞品送付先等の登録に関しましては「アサヒWebサービス」をご利用いただきます。 当選された場合、アサヒビールLINE公式アカウントより当選通知と送付先登録フォームのURLを送信します。 送信された送付先登録フォームのURLにアクセスされますと「メールアドレス(ID)のご入力」が表示されます。 メールアドレス入力後、画面の指示にしたがって必要事項をご確認の上、登録期間内に必要情報をご登録ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 【その他の注意事項】• 本キャンペーンに応募していただくにあたり、応募者はキャンペーンの運用について事務局の運用方法に従うものとし、一切異議申立てを行わないものとします。 本キャンペーンに関して、事務局からご連絡をさせていただく場合がございます。 本キャンペーンはキャンペーン実施チェーンでレシート有効期間内に発行されたレシートのみ有効となります。 必要事項の記入に不備がある場合やレシートの内容が不鮮明な場合のご応募は抽選・当選の対象外となる場合がございます。 本キャンペーンサイトの利用・利用停止、もしくは不能による損害については事務局は一切責任を負いかねます。 (各種Webサービスのサーバダウン等も含む)• スマートフォンからのご応募の場合、稀に、機種によってはご利用できない場合がございます。 また、パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からのご応募はできません。 インターネット接続料及び通信料はお客様のご負担となります。 賞品の進呈は、日本国内に限らせていただきます。 賞品の交換、換金、返品等には応じかねますのであらかじめご了承ください。 賞品の内容は変更となる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 当選の権利は当選者ご本人のみに帰属します。 当選の権利・賞品の第三者への譲渡及び換金は固く禁止いたします。 当選の権利・賞品をオークション等に出品して換金することは固くお断りいたします。 オークションへの出品等が確認された場合は、当選を無効とし、賞品をご返却いただく場合がございます。 同時期に実施している他のキャンペーンとは重複当選しない場合がございます。 ご応募は満20歳以上の方に限らせていただきます。 20歳未満の方はご応募できません。 当社が意図しない不正な処理を行わせるプログラム等でのご応募は無効とさせていただきます。 本サイトの利用によるいかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしてもアサヒビールは一切の責任を負いかねます。 あらかじめご了承ください。 応募いただく際にお預かりする個人情報の保護方針については、アサヒグループホールディングスホームページ内の「」に記載しておりますので、必ずご一読ください。 当該個人情報は、お客様の同意を得ないで業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。 (法令により開示・提供を求められた場合を除きます) 【賠償責任】 本サイトの利用に関連して利用者と第三者との間に紛争が発生した場合には、利用者は、自身の責任と費用で当該紛争を解決するものとし、アサヒビールに損害を与えることのないようにするものとします。 【免責事項】 本サイトの利用に関連して利用者または第三者に損害が発生した場合、アサヒビールは一切の責任を負いかねます。 また、本キャンペーンの規約に違反していると事務局が判断した場合に限り、アカウントのブロック、当選の取り消し等の必要な措置を取ることができるものとし、これに関連して利用者に損害が発生した場合についても事務局は責任を負わないものとします。 【準拠法及び裁判管轄】 本キャンペーン規約の解釈・適用に関しましては、日本国法に準拠するものといたします。 また、本キャンペーン規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

次の