さつまいもダイエット 効果。 さつまいもダイエットが韓国で話題!?そのやり方や効果を徹底調査!

さつまいもダイエットの効果とやり方!デトックス効果が絶大 | 女性の美学

さつまいもダイエット 効果

さつまいも(生・皮なし)の主な栄養素 100g 300g エネルギー 134kcal 402kcal たんぱく質 1. 2g 3. 6g 脂質 0. 2g 0. 6g 糖質 29. 7g 89. 1g 食物繊維 (水溶性・不溶性) 2. 2g (0. 6g・1. 6g) 6. 4g (1. 8g・4. 8g) ナトリウム 11mg 33mg カリウム 480mg 1440mg カルシウム 36mg 108mg マグネシウム 24mg 72mg リン 47mg 141mg 鉄 0. 6mg 1. 8mg 亜鉛 0. 2mg 0. 6mg 銅 0. 17mg 0. 51mg マンガン 0. 41mg 1. 5mg 4. 5mg ビタミンB1 0. 11mg 0. 33mg ビタミンB2 0. 04mg 0. 12mg ナイアシン 0. 8mg 2. 4mg ビタミンB6 0. 26mg 0. 9mg 2. 7mg ビオチン 4. さつまいもののカロリー さつまいものカロリーは、100gあたり134kcal。 炭水化物と比較すると、白米168kcal、食パンは264kcal、うどん(ゆで)105kcal、そうめん(ゆで)127kcal、中華麺(ゆで)149kcal、パスタ(ゆで)165kcal。 さつまいもは決してカロリーの高いものではありません。 さつまいものの糖質 さつまいもの糖質は、100gあたり29. 炭水化物と比較すると、白米36. 8g、食パンは46. 8g、うどん(ゆで)20. 8g、そうめん(ゆで)24. 9g、中華麺(ゆで)27. 9g、パスタ(ゆで)30. 食物繊維が豊富 さつまいもは、食物繊維が豊富です。 100gあたり2. 2g(皮なし)。 特に不溶性食物繊維が多く1. 6g含まれています。 ビタミン・ミネラルが豊富 さつまいもには、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。 その中でも含有量の多い、ビタミンB群・E・C・カリウムです。 ビタミンやミネラルはエネルギーの代謝に欠かせない栄養素。 さつまいもを食べることで、体に必要な栄養が摂取できます。 レジスタントスターチ さつまいもには、難消化性デンプンとも呼ばれる特殊なデンプン、レジスタントスターチが含まれています。 レジスタントスターチは、小腸で消化されずに大腸まで届き腸内環境を整える働きがあります。 また、消化されにくいため、カロリーは糖質の半分とも言われています。 ヤラピン ヤラピンは、さつまいもだけに含まれている成分です。 さつまいもを切った時に出てくる乳液状のものがヤラピンです。 ヤラピンには、便を柔らかくしたり腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激するなどの整腸作用や、胃の粘膜を保護する作用を持っています。 ポリフェノール さつまいもには、ポリフェノールが含まれています。 その中でもクロロゲン酸と呼ばれるものが多く含まれています。 さつまいもでダイエット効果が期待できる理由 低GI値で血糖値の上昇が緩やか さつまいもは、カロリーや糖質量は、白米と比較すると多少低いのですが、大差はありません。 それでもダイエット効果が期待できると言われる理由は、低GI値食品だからです。 GI値は血糖値の上昇スピードを表したもので、数値が低いと太りにくい食品と考えられています。 さつまいもは55の低GI値、白米は80で高GI値になります。 さつまいもが低GI値食品である理由は、食物繊維、レジスタントスターチ、クロロゲン酸が含まれているからです。 これらには、血糖値を緩やかにする作用があるためと考えられます。 そのため、カロリーや糖質量は決して低くありませんが太りにくい食べ物になります。 満腹感がある さつまいもは、血糖値の上昇が緩やかなため腹持ちが良く、お腹が膨れやすい食べ物です。 そのため、満腹感を得やすく食べ過ぎの防止にもつながります。 脂肪燃焼・糖質吸収を抑制 ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には、脂肪燃焼効果や糖質の吸収を抑制してくれる働きがあります。 クロロゲン酸は、脂肪をエネルギーに変える働きを持つミトコンドリアの働きを活性化させます。 そのため、代謝が促進され脂肪燃焼効果が期待できるのです。 また、クロロゲン酸には、糖質を分解する酵素の働きを阻害するために、糖質の吸収を抑制してくれることがわかっています。 整腸作用による便秘改善 さつまいもに含まれる、食物繊維、レジスタントスターチ、ヤラピンの持つ整腸作用により便秘改善をサポートしてくれます。 腸内環境は、ダイエットと関連が深いことで注目されています。 便秘の人は、余分な栄養まで吸収しやすく太りやすい体質と言われます。 また、腸内細菌にはデブ菌・ヤセ菌と言われるものが存在し、デブ菌が多い人ほど太りやすいと指摘されています。 さつまいもの不溶性食物繊維、レジスタントスターチ、ヤラピンが、便のカサを増やす、便を柔らかくする、善玉菌のエサになるなど、腸内環境を整える働きをするため、太りにくく痩せやすい体質に近づくことができるのです。 むくみ改善 さつまいもには、カリウムが多く含まれています。 カリウムは、ナトリウムと共に体内の水分バランスを整える働きがあります。 ナトリウムの摂り過ぎやカリウム不足になると、バランスが崩れ体内に水分を溜め込もうとします。 その結果、むくみにつながります。 加工食品をよく食べたり外食が多い人は、ナトリウムを摂り過ぎる傾向にあり、カリウムをしっかり摂取することが必要です。 Sponsored Link ダイエット以外に美肌効果も期待できる ビタミンEとビタミンCの相乗効果 さつまいも100gには、ビタミンEが1. 5mg、ビタミンCが29mg含まれています。 これは、1日の必要量で見ると、ビタミンEは25%、ビタミンCは30%に当たります。 ビタミンEは抗酸化作用を持ってるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。 そしてビタミンCは、ビタミンEの抗酸化作用を向上させるサポート役になるため、ビタミンEとビタミンCの同時摂取は、アンチエイジング効果が期待できる組み合わせです。 またビタミンEは、血流の改善や紫外線から守るの働きを持っているため、美肌効果が期待できます。 クロロゲン酸の抗酸化作用 ビタミンEと同じく、クロロゲン酸にも抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果や美肌効果が期待できます。 腸内環境を整えることも美肌に繋がる 腸内環境が悪化していると肌にも悪影響を及ぼします。 腸は栄養を吸収する器官ですが、腸内環境が悪化していると必要な栄養が吸収されず肌の健康も残ってしまうのです。 さつまいもに含まれる食物繊維、ヤラピン、レジスタントスターチの働きで腸内環境を整えることで、肌の健康を取り戻します。 さつまいもダイエットの方法 炭水化物の置き換え さつまいもダイエットの方法のひとつは、白米などの炭水化物をさつまいもに置き換える方法です。 さつまいもに置き換えることで適度な糖質を摂取できますし、血糖値の上昇を緩やかにし太りにくくします。 また体に必要なビタミン・ミネラルも摂取できます。 おかずは通常どうりにします。 1日3食のうち1〜2食をさつまいもに置き換えましょう。 さつまいもは、1食につき150g。 これはごはん1杯分の重さで、さつまいも中サイズの約半分になります。 置き換える時間帯は、夜が理想的です。 夜は食べたものが脂肪に変わりやすい時間帯です。 白米をさつまいもに置き換えることで、太る原因のひとつである糖質を抑えることができるからです。 1食を置き換える 朝食をさつまいもに置き換える方法です。 この方法は、美容家の鈴木絢子が考案した『朝さつまいもダイエット』になります。 夜は外食や友人と一緒に食事する機会が多く、さつまいもが食べられない人にオススメの方法です。 詳しくは以下の記事でご紹介しています。 おやつの代用 間食をしたいなら、お菓子やファーストフードをさつまいもにしましょう。 さつまいもは程よい甘みがあり、お腹が膨れやすいため満足感を得られます。 また、ビタミン・ミネラルも摂取できるため、理想的な間食になります。 さつまいものダイエット効果を高める食べ方 皮も一緒に食べる クロロゲン酸などのポリフェノールは、表皮から5mmのところに全体の80%が存在しています。 つまり、皮を捨ててしまうと、クロロゲン酸が持つダイエット効果や抗酸化作用を捨ててしまうことになります。 さつまいもダイエットでは、皮も一緒に食べるようにしましょう。 60〜70度の加熱で甘みアップ ダイエットが長続きする秘訣は、おいしくしっかり食べること。 どれだけダイエット効果がある食べ物でも美味しく食べられないと食べ続けることができません。 さつまいもを調理するときは、60〜70度程度でじっくり加熱しましょう。 低すぎると分解がされず、高すぎると壊れてしまいます。 おかずはバランスよく食べる さつまいもには、糖質・ビタミン・ミネラルが含まれています。 しかし、必須栄養素であるたんぱく質・脂質が含まれていないため、さつまいもだけにしてしまうと、栄養バランスが崩れ、痩せにくいカラダになってしまいます。 おかずはバランスよく食べるようにしましょう。 さつまいもダイエットで12キロ減に成功した人は? お笑い芸人の赤プルさん(旧・赤いプルトニウム)は、テレビ番組でさつまいもダイエットに挑戦しています。 【ダイエット前】• 体重…58. 1キロ• 体脂肪率…30% そしてさつまいもダイエットを1ヶ月続けた結果、 【ダイエット後】• 体重…46. 5キロ(マイナス11. 6キロ)• 体脂肪率…18. 9%(マイナス11. 1%) たった1ヶ月で約12キロのダイエットに成功しています。 ただし、ここまで大きく痩せた理由は、さつまいもに置き換えただけでなくエステやランニングを加えています。 赤プルさんのブログによると、置き換えるだけで3〜4キロは落とすことができたようですが、更に痩せるためには、食べること、寝ること、運動することが大事だと述べています。 また、季節を選ばずに購入できる食材なので、取り入れやすいことも嬉しいですね。 炭水化物をさつまいもに置き換えるだけでもダイエット効果が期待できますが、綺麗に痩せるためには、栄養バランスを考慮した食事や運動などが必要になります。 これはダイエットの基本なので、忘れないようにしましょう。 イモ類については、以下の記事でもご紹介しています。 以下の記事もオススメです。

次の

韓国で人気【さつまいもダイエット】は失敗しやすい?瘦せる食べ方とは?

さつまいもダイエット 効果

「コグマダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか? 2017年に韓国の韓国のアイドルやコメンテーターの方々がコグマダイエットで成功して、日本でも若い女性を中心にブームになったダイエット法です。 日本ゴールドディスク大賞にもノミネートされたことのある、韓国の有名歌手のIUさんも短期間で -5kg ものダイエットに成功したのこと。 (ちなみに、日本ゴールドディスク大賞は 2019年には安室奈美恵さんが大賞を受賞しています) もうお気づきだと思いますが、その 「コグマダイエット」とは、さつまいもを主食にしたダイエットのことで、「さつまいもダイエット」として若い女性の間で注目されてきている 韓国発のダイエット方法なのです。 実際にそのやり方を見ていきましょう。 1 さつまいもダイエットとは ごはんやパンなどの主食をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 ごはん一杯150gのカロリーは約250kcal、さつまいも150gのカロリーは約190kcalと 約60kcalのカロリーを一食でカットすることができます。 カロリーカットだけなら他食材でも可能ですが、 さつまいもは栄養価が高く、満腹感も得られやすい点で優れているのです。 2さつまいもの主な栄養素と効果 2-1 ビタミンC 体の細胞同士を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、カルシウムやミネラルの吸収を促進する働きがあります。 通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています。 2-2カリウム 野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素です。 ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています。 2-3 アントシアニン アヤムラサキなどの紫品種には赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、アントシアニン色素が含まれています。 アントシアニン色素は生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制すること 抗酸化作用 が近年明らかになってきています。 2-4 ビタミンE 油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。 抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。 この働きによって 細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。 3 さつまいもダイエットで痩せられる理由 3-1 カロリーが低い 同じ量のごはん 白米 とさつまいもを比べてみましょう。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、 約60kcalのカロリーカットとなります。 3-2 お通じがよくなる さつまいもにはヤラピンという成分が含まれています。 これはさつまいも特有のもので、腸の蠕動運動に働きかけて、便を柔らかくするといわれています。 さらに、さつまいもには食物繊維が含まれていますので、相乗効果でお通じが良くなると考えられます。 便秘が続くと、腸内の悪玉菌が増殖してしまい、それがむくみや血行不良の原因になってダイエットの障害になることもあります。 3-3 脂肪がつきにくい体になる さつまいもは低GI食品です。 GI グリセミック・インデックス とは食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。 GI値が高い食品は、食後に一気に血糖値が上がるため、体への負担も大きく、肥満につながりやすいといわれています。 GI値の低い食品は糖の吸収が穏やかであり、血糖値もそれに伴って緩やかに上昇しますので体に脂肪がつきにくいのです。 3-4 腹持ちが良い 胃にとどまる時間が長いか、短いかが腹持ちの良さとされます。 さつまいもは食物繊維を含んでいるので、食物繊維が水分を吸収して膨張し、胃に長く留まりゆっくりと消化されるので、腹持ちがいい食品といえます。 腹持ちがいいということは次の食事までに空腹になりにくいということです。 余計な間食を控えられるのでダイエットに適している食材と考えられます。 4 さつまいもダイエットの正しいやり方 4-1 主食をさつまいもに変える 夜にさつまいもをたべると消費しきれなかった糖質は体に蓄積されやすいので置き換えるのはエネルギーとして消費される朝食か昼食がおすすめです。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、約60kcalのカロリーカットとなります。 4-2 調理方法 なにも加えずに調理できて余分なカロリーを摂取せずにおいしく食べられるやきいもが置き換えにおすすめです。 ダイエット中は甘いものにはなかなか手を出せませんが、砂糖を使わなくてもスイーツのように甘いやきいもで満足を得るができます。 4-3 皮ごと調理する さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめ。 皮と身の間に栄養素が多く含まれているので、皮を捨ててしまうのはもったいない! ぜひ皮ごと調理して食べましょう。 4-4 冷やして食べると効果アップ やきいもをさらに効果的にダイエットに役立てる方法としてやきいもを冷凍するというものがあります。 一度やきいもを作り、冷凍することで、レジスタントスターチというでんぷんが増えるといわれています。 レジスタントスターチとは、難消化性でんぷんとも呼ばれ、消化されにくいでんぷんです。 消化されずに大腸まで届くので、さつまいもダイエットにぴったりの調理法といえます。 5さつまいも調理の基本レシピ 5-1蒸し芋 電子レンジの場合• さつまいもを洗ってラップで包む。 600Wで5分加熱する。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 蒸し器の場合• さつまいもを洗って蒸し器に並べる。 蒸し器に水を半分くらい入れてふたをする。 湯気が出てきたら火を中火にして30分煮る。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 5-2やきいも• さつまいもを洗って、アルミホイルで包む。 途中何度かひっくり返す。 ツラい食事制限もなく体への負担もなく、ムリのない食生活のままダイエットできるステキなダイエット法なので、ぜひ一度トライしてみてください。 また、 毎日さつまいもを蒸したり焼いたりするのが正直めんどう…という方にピッタリなものがあります! それが、 【 らぽっぽファームオンラインショップ】の 美腸やきいもです! 詳しくは。 さつまいもダイエットのポイントとなる、 ・皮ごと調理して食べる ・やきいもにして冷やして食べると効果的 を満たしていて、手軽に手に入るのも魅力的! 1袋150gの小分けパックになっているので、食べ過ぎの心配もいりません。 ただし、焼き芋にすると水分が抜けるため、同じ150gでも「生のさつまいも」よりも「焼き芋」の方がカロリーが高くなってしまいます。 置き換えダイエットのときは、 美腸やきいもを1袋全部食べるのではなく、少し残すのがポイントです! <さつまいもダイエットでよくある失敗例とは?>.

次の

さつまいもダイエットで3日で

さつまいもダイエット 効果

さつまいも(生・皮あり)100g中の主な栄養素は以下の通りです。 ・エネルギー:140Kcal ・たんぱく質:0. 9g ・脂質:0. 5g ・糖質:10. 4g ・食物繊維(水溶性・不溶性合わせて):2. 7g ・ナトリウム:23mg ・カリウム:380mg ・カルシウム:40mg ・マグネシウム:24mg ・リン:46mg ・鉄:0. 5mg ・亜鉛:0. 13mg ・銅:0. 17mg ・マンガン:0. 37mg ・ヨウ素:0. 0mg ・ビタミンB1:0. 10mg ・ビタミンB2:0. 02mg ・ナイアシン:0. 6mg ・ビタミンB6:0. 48mg ・ビオチン:4. 白米は168Kcalとさつまいものほうがカロリーが少し低いです。 お肌や血管のさび付きを予防します。 また糖や脂肪の吸収を抑制する効果もあります。 このように、 さつまいもは栄養成分が充実していますね。 置き換えダイエットは短期間行うのは問題ないけれど、長期に渡って行うと栄養バランスが崩れることからあまりおすすめできないことが多いのです。 しかしながら、さつまいもダイエットは栄養素が充実しているので継続した場合のリスクが少ないこともメリットとして挙げられます。 無料でAIトレーナーが指導してくれます。 さつまいもは「腸活」効果が高い食物です。 食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、さつまいもには不溶性食物繊維が豊富に含まれます。 不溶性食物繊維は水分を吸収してお腹で膨れるのでお腹がいっぱいになったと感じやすい特徴があります。 また、便通を良くすることで腸内環境を整えます。 腸内に便が溜まっていると、老廃物の毒素が全身に回ってしまうことや、消化吸収の機能が低下して太りやすい体質になります。 腸内環境を整えることで代謝を良くします。 代謝が良くなることで身体に取り込んだ栄養素を効率よく利用することが可能となり、痩せやすくなります。 また、さつまいもには「ヤラピン」という成分が含まれますが、この成分は便を柔らかくすることや腸の蠕動運動を活発にし、便通を良くする効果もあるのです。 腸活による1番の効果は「痩せやすい体質」にすることです。 さつまいもダイエットはさつまいもが低GI食品であることに着目されたダイエットです。 GI値というのは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食物の血糖値が上昇するスピードを計ったもので、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100とした場合の相対評価になります。 GI値が低いと何がいいのでしょうか? 少しブドウ糖や血糖値の上昇について説明していきます。 食事をすると、取り入れた食べ物は体内で「ブドウ糖」に分解され血液中を流れます。 この状態が「血糖値が上昇」することなのです。 ブドウ糖は膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンによって身体を動かすエネルギーとするため筋肉や細胞に取り込まれ、肝臓では備蓄食のように飢餓等の緊急事態に備えて一部ストックされます。 しかしながら利用しきれないほどの大量のブドウ糖はどうなるかと言うと、インスリンによって脂肪として蓄えられます。 つまりたくさんの栄養が入ってきて、インスリンがたくさん分泌されると太る・・・という理屈です。 文頭に出てきたGI値ですが、この数値が低ければ低いほど血糖値が上昇するスピードがゆっくりになる食べ物ということになります。 つまりその結果インスリンの大量分泌も抑えられて脂肪に取り込む量が少なくてすむのです。 さつまいものGI値は55です。 米飯は81、食パンは91です。 ご飯やパンは100に近いGI値なのに対してさつまいもはその半分の数値であり、ごはんや食パンよりインスリン分泌量を抑えられることが分かりますね。 インスリンを大量分泌されないので脂肪として蓄えられにくいということなのです。 また、さつまいもに含まれる「クロロゲン酸」という成分はポリフェノールの一種ですが、脂肪燃焼効果や糖質の吸収を抑制してくれる働きが知られています。 クロロゲン酸は、脂肪をエネルギーに変えるミトコンドリアの働きを活性化させます。 つまり代謝がアップすることで脂肪燃焼効果が期待できるのです。 それから難消化性デンプンのレジスタントスターチが含まれるので、小腸で消化されず糖質の吸収をゆっくりにすることと、大腸まで届くことから腸内環境を整える効果が高いです。 さつまいもは低GI値であること・クロロゲン酸というポリフェノールの効果で脂肪燃焼、脂肪蓄積防止・レジスタントスターチが糖質吸収を抑制するという働きがあります。 浮腫みというのは一言で言うと細胞の中と外の水分バランスが悪くなって皮下に水分が溜まってしまった状態を言います。 身体には動脈と静脈(血管)とリンパ管がありますが、動脈は栄養を運ぶ道、静脈やリンパ管は老廃物を戻す道です。 心臓から血液が押し出されて身体に必要な酸素や栄養を届けたら、毛細血管の隙間から出てくる細胞液(老廃物)を回収して静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。 心臓の力が弱いことや、静脈やリンパの働きが悪かったりして細胞液が戻れず行き場がなくなってしまうと、皮下にたまってしまいます。 つまり浮腫んでいる状態というのは老廃物が身体に滞っている状態とも言えます。 カリウムという成分は利尿作用があるので、水分 老廃物)を身体の外に排出します。 さつまいもはカリウムがとても豊富な野菜です。 デトックス効果が高いことから、美容にも効果的と言われます。 プラスでさつまいもを食べるのではなく、主食を置き換えることがポイントです。 いくらさつまいもがダイエットにぴったりの成分を含むと言っても、際限なく食べれば太るので量には注意が必要です。 さつまいもは腹部膨満感を得やすいので、主菜や副菜の量も調整すると全体の摂取エネルギーを落とすことになるので、よりダイエット効果が得られるでしょう。 手を加えた調理法にすればするほど調味料のエネルギーや塩分、糖分が加わるので逆効果になります。 さつまいもの皮と実の間にポリフェノールが多く含まれます。 可能であれば皮ごと調理するほうがよりポリフェノール効果が期待できます。 このような方法でさつまいもダイエットは行います。 とても簡単です。 さつまいも150gで210Kcal、ごはん150g(茶碗小で軽く1膳)で240Kcalと30Kcalの節約になります。 たかだか30Kcalと思われるかもしれませんが脂肪1㎏はおよそ7000Kcalあります。 元々ご飯を200g(茶碗小ですりきり1杯程度)食べていた人であれば320Kcalが210Kcalとなり、110Kcalの節約になり、上記計算でいくと2か月程度で体重1㎏落とせることになります。 他のおかずが増えることがなければ確実に体重を落とすことに繋がるのです。 それから、さつまいもの量が増えると食物繊維も多く摂りすぎることに繋がり、消化し辛くなります。 その結果便秘になってしまいます。 量に留意することがポイントです。 <ポイント> おかずとしてさつまいもを加える場合でも、主食(ごはん)と置き換えます。 ただし、このレシピのようにさつまいもが50g程度と少な目の場合はごはんを完全に抜いてしまわず、ごはんを40g程度減らして食べると良いでしょう。 アボカドはアンチエイジングビタミンとも言われるビタミンEを多く含みます。 さつまいもとドッキングさせることでより老化予防に繋がることが期待できます。 8センチ程度の厚さのいちょう切りにして水にさらす。 <ポイント> ヨーグルトは無糖を使用、きなこも砂糖を加えずに使用します。 極力糖分を控えるようにします。 ヨーグルトやきなこはたんぱく質が豊富な食材です。 朝食向きのメニューです。 甘みが物足りないという場合はこれにフルーツを加えるのも良いでしょう。 煮汁を飛ばすような感じで煮詰める。 <ポイント> そぼろご飯の感覚のメニューです。 炭水化物単体で食べるより、たんぱく質や脂肪を含む食材と一緒に摂取することでより血糖値がゆっくり上がります。 無料でAIトレーナーが指導してくれます。

次の