木村政雄 ダウンタウン。 大崎会長【吉本興業】の経歴、ダウンタウン、さんまとの関係を調査

役員

木村政雄 ダウンタウン

大﨑洋(おおさき・ひろし)。 1953年生まれ。 78年、関西大学社会学部卒業後、吉本興業入社。 ダウンタウンのマネージャーなどを務め、2001年に取締役就任。 05年専務取締役、06年取締役副社長、09年より代表取締役社長(写真は、吉本興業東京本部にて)。 芸能取材歴40年以上のベテランジャーナリスト・本多圭が、芸能ビジネスに携わるリーダーや仕掛人たちに話を聞くインタビューシリーズがスタート。 第1回は、吉本興業代表取締役社長である大﨑洋氏が登場。 労働環境の改善、メディアの変革や国際化への対応、若手からベテランまで、抱えこんだ多数のタレントのマネージメントなど、様々な課題にどのように向かい合っているのか。 松本人志、島田紳助といった、大﨑社長と縁の深いタレントたちへの思いとは? 8年もの長きにわたり吉本のトップに立ち続けるお笑い界のビジネスリーダーの本音を聞いた。 いちばん印象に残っていることは? 大﨑 やはり東京・大阪の東証一部に60年間、上場していた会社を上場廃止(2010年)にしたことが、いちばん大きいですかね。 大﨑 ダウンタウンと出会う前は、それこそ(明石家)さんまや紳助・竜介、のりお・よしお、ザ・ぼんち、B&Bとかが自分と同世代ぐらいでしたから、タレントとマネージャーの関係ではなくて、友達のようにタメ口で普通にしゃべったり、ケンカしたり、胸ぐらをつかみ合ったりしていましたね。 大学を卒業して、マネージャーがどんな仕事をするかもわからないまま、タレントの横についているぐらいのイメージだったんで(笑)。 入社して最初に笑福亭仁鶴さんの現場のマネージャーをしていたので、仁鶴さんに挨拶の仕方とか、タクシーの乗り方とか、名刺の渡し方とかをみんな教えてもらいました。 木村政雄さん(元吉本興業常務、現フリープロデューサー)が直属の上司で、「ウチの会社が東京に事務所をつくるんで俺が行くんやけど、大﨑も一緒に来るか?」と言ってもらったんです。 東京に行けると思って「はい」と即答して、赤坂にワンルームの事務所をつくりました。 ちょうど漫才ブームが始まる直前の1980年のことです。 睡眠時間を削るようにして突っ走った漫才ブームのあのころ、というのが、最初の大きな契機です。 大﨑 劇場を運営しながら漫才ブームと並走したことは、我ながらよくやれたなと思います。 当時の吉本は大阪だけの会社でしたし、劇場で稼いでナンボの世界なので、劇場に出る芸人の出番を入れ替えたりして東京の放送局にブッキングするのはやってはいけないことだったんですよ。 大﨑 そのころからサウナで寝てましたよ(笑)。 大﨑 なかったですね。 それこそ何日も何カ月も睡眠時間が1~2時間になってくると、黄疸が出てきて、指紋がツルツルになってなくなるんですよ。 3日間くらい高熱が出てぶっ倒れたこともありました。 でも、世の中に出て働くということや、サラリーマンになるということがどんなことかもわかっていませんでしたし、ましてタレントのマネージャーが何をする仕事なのかもわかってなかったんで、本当に無我夢中で上司に言われたことを毎日こなしていました。 大﨑 そうです、当時はね。 劇場は365日休みなしですし。 放送局の人たちは、お正月の特番や生放送が終わったら休みを取ってハワイに行ったりもできるけれど、よしもとは劇場がありますから。 今では法律違反でしょうが、そのころは休みなしで朝から晩まで働いていましたね(笑)。 労働条件を改善しようと決めて、いま徹底的に実行に移しています。 もちろん、現場からは「そうはいっても、タレントさんが残ってるのに(マネージャーだけが)帰れません」とか「徒弟制度で覚えてこそのADやカメラマンや編集者や」とか、いろいろな声はありましたよ。 だからトップダウンで決めていって、結果として現場の人間も増やしました。 タレントさんにも「収録中ですけど、マネージャーがA君からB君に替わります」と言ったら、「今日日(きょうび)の時代、しょうがないな」と納得してもらったので、思いのほかスムーズに実現できましたね。 大﨑 そうです。 パソコンで効率化できる仕事でもないので、契約社員の人とか、途中入社の人とかを入れて対応しています。 大﨑 そうです。 「休め、休め」と言っても、仕事が好きで、仕事に夢中で、家にいても仕事をしてしまう社員もいるんですよ。 特に独身の男性社員とかだと、家に帰ってもしょうがないから夜中に会議をダラダラやったりしてるじゃないですか。 それが楽しいからやるんでしょうが、それもダメとしました。 夜の10時になったら、会社の電気を消すことにしました。 さすがにまだ減点制度にまではしていませんが、自然にそういうふうになるようにしようとは思っています。 大﨑 芸能人は個人事業主で社員ではないので、それはまた別の話です。 会社と社員の雇用契約とは違います。 ただ、タレントA君がいて、月額30万円の給料+レコードを出したら印税額を払いますよ、ということになれば、そこで雇用契約は成立している。 そういう意味での労働者とはいえますね。 アイドルなどの場合、事務所と専属実演家契約書を結ぶのが一般的ですが、お笑い芸人にはないんです。 その分に対してはこのぐらい払います」という紙ぐらいありますが、よその芸能事務所が結んでいるような、いわゆる実演家契約書はありません。 だから、ときどきうちの芸人が「会社と契約してへんからいつでも辞めれるし。 なんやったら俺、吉本ちゃうし」などと冗談で言っていますが、その通りなんです。 だから「あした辞める」と言ったら、「そうか」で終わる。 それに対してはある程度、自社にとどめる自信があるのでしょうか? 大﨑 そこは吉本に引っ張っておく力がなかったということになりますから、「彼らよりもっと売れるタレントを育てよう」とか、「引っ張る力をもっと持つように頑張ろう」とか、そういう考え方をする社内の空気がありますね。 それがええか悪いかはわかりませんが。 サンミュージックはこれだけなのに」などとネタにしています。 その割には、ほかに移籍する人が少ない印象です。 大﨑 僕はよそがどういう支払い方をしているのか、ほとんどわかってないんですが、じゃあ実際に吉本を辞める芸人がいるかというといないので、それなりに適正配分をしているんじゃないかと思っているんですよ。

次の

大崎洋(吉本興業会長)と明石家さんま・ダウンタウンとのエピソード

木村政雄 ダウンタウン

スポンサードリンク 4時ですよーだ(よじですよーだ)は、毎日放送と吉本興業の共同製作で1987年4月~1989年9月の2年半に渡って、平日16:00~17:00に生放送されたバラエティ番組。 概要 元々、1986年10月から半年間、月曜と火曜に心斎橋筋2丁目劇場を会場とした「4時です心斎橋! 」という番組が放送されていたが、これを帯番組に拡大するに当たり、ダウンタウンを中心とした同劇場で活躍する若手芸人がメインとなる本格的なバラエティー番組を制作することになった。 その企画に携わったのが、当時吉本社員の木村政雄と木村の部下で現在・吉本興業副社長の大崎洋と現在・毎日放送常務取締役で番組プロデューサーの田中文夫であった(木村の著書「気がつけばみんな吉本」や読売新聞大阪本社文化部編「上方放送お笑い史」より)。 当時、若手だったダウンタウンが若者を中心とした層の熱狂的な支持を集め、名実ともに大阪で天下を獲った番組である。 司会は1987年4月から1989年3月までと7月~9月をダウンタウンが、1989年4月~6月を今田耕司、東野幸治、石田靖 トリオ名は番組で公募され、「3ばか大将」と名乗っていた が担当。 また89年4月以降は金曜日の司会に本木雅弘が加わり、フライデースペシャルとして放送された。 この番組からハイヒール、今田耕司、東野幸治、非常階段らのお笑いタレントをブレークさせるきっかけを作った。 一時期、毎週日曜日の午前10:30 - 11:30の枠で、「週刊ダウンタウンおいしいとこスペシャル」と題した60分の総集編(「笑っていいとも! 増刊号」と同じような構成)が放送されていた。 番組の終焉 ダウンタウンが一時的に司会を降板した理由は、彼らの東京進出の影響であった。 当時笑っていいとも! や夢で逢えたら ともにフジテレビ など、東京の番組でのレギュラー出演が増えつつあり、東京進出の過渡期であったが、関西ローカルの帯番組の司会続行は彼らの東京進出の足かせになってしまう事実も否めなかった。 この状況に対応すべく、番組を支える後継者を育てる目的で番組の進行も3ばか大将を中心に据えて、ダウンタウンは番組後半の1コーナーのみ出演、また金曜日の放送には出演しないこととなった。 ところが、この改革が結果的に視聴率の低下を招いてしまったため、金曜日を除いてすぐにダウンタウンをメイン司会とする体制に戻された。 しかしダウンタウンは同年秋に活動拠点を東京へ移すことが決まっていた為、番組での司会続行が厳しかった事やマンネリ化が生じ、同年9月限りで番組も終了することとなった。 1999年にはダウンタウンの東京進出十周年を祝い、また2丁目劇場解体前の最後のイベントとして、「ダウンタウンですよーだ」というスペシャル番組が収録・放送された。 (出典:).

次の

吉本興業大崎洋会長の経歴がすごい!仰天エピソードまとめ【画像】

木村政雄 ダウンタウン

大崎洋 吉本興業会長 出典: プロフィール 名前:大崎洋(おおさき ひろし) 生年月日:1953年7月28日 出身:大阪府堺市 高校:大阪府立泉北高等学校 大学:関西大学社会学部卒業 職業:吉本興業ホールディングス会長・前社長 経歴 大崎氏は関西大学に2浪して入りました。 吉本に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤可能な会社だったから選んだそうです。 同期入社3人のうち、ひとりは、なんば花月と人気者の桂三枝(現・文枝)や売り出し中の明石家さんまさんを担当、もうひとりは、うめだ花月と絶頂期の横山やすし・西川きよし、勢いのあった島田紳助・松本竜介を担当しました。 そして、自身はうめだ花月より格下と見られていた京都花月に配属され、「ミスター吉本」と呼ばれた木村政雄さんの下で猛烈にしごかれることになります。 大崎氏の経歴はWikipediaによれば次のようなものです。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 引用: 上記の経歴には未記載ですが、現在の吉本社長は岡本昭彦氏で、大崎氏は会長になっています。 また一時期、「ガキ使」でお馴染みの藤原寛さんが吉本の社長になったという話も聞かれましたが、それは「吉本興業ホールディングス株式会社」ではなく、その子会社の「吉本興業株式会社」になります。 そしてその藤原氏は、おそらく岡本昭彦氏が社長に就任してからでしょうが、いつの間にか「副社長」に降格されているようです。 大崎洋と明石家さんまとのエピソード 明石家さんまはかねてから60歳になったら芸能界を引退する、としていました。 しかしさんまのギャラは吉本全体の8分の1ともいわれ、辞められては困る会社によってご機嫌取りをされて引き止められている状態です。 また「先代の林(裕章)社長には育ててもらった恩があるが、現在の(おそらく発言当時は大崎社長)社長にはお世話になっていないから、好きな時に辞めさせてもらう」と言っていました。 しかし義理堅いさんまはそれでも自分が抜ければ大きな穴ができると分かっているため、なかなか辞めるにやめられず、一説には島田紳助が辞めた時、「自分の力で紳助を復帰させるので、その代わり60歳で引退させてほしい」と言ったといいます。 紳助の引退会見直後、大崎氏に相談されたさんまは「俺に任せろ」と言い、関西ローカルなどで「紳助は復帰してもいい」などと発言して紳助復帰への空気作りをしていました。 しかし結果的にそれには成功せず、引退できなかったさんまは現在でも現役で活躍しています。 またさんまの「いつでも辞める」発言は、もう一つには「俺に代わる若手を育成しろ」という会社へのメッセージだと解釈している業界人も多いようです。 大崎洋とダウンタウンのエピソード 大崎氏はダウンタウンの初代マネージャーとしても有名です。 大崎氏が初めてダウンタウンを見たのは、1982年に『吉本総合芸能学院(NSC)』が開校し、大崎氏が同学院の担当になった時だといいます。 ダウンタウンはNSCの一期生でした。 それを見て、大崎洋はダウンタウンのネタの運びやしゃべり方の間、手振り身振りの表現力、何よりも発想の突拍子さに衝撃を受けたといいます。 大崎氏とダウンタウンとの興味深いエピソードとして次のようなものがあります。 最初はもちろん無名のダウンタウンのスケジュールは真っ白でした。 会社からも相手にされていないダウンタウンでしたが、大崎氏は彼らのマネージャーを引き受けます。 それでも2人は『これは仕事と違いますやん。 大崎さんと打ち合わせしているだけですやん』とは言わずに『ありがとうございます』と受け取って、時間どおりにやってきて、3人で一生懸命黙々とネタ作りに励んだ」 引用: 新人のころから鼻っ柱が強くて生意気だったと専ら言われているダウンタウンですが、意外にも健気な一面があったそうです。 またある日、松本人志と大崎氏は一緒にスポーツジムに行くと、そこで25メートルのプールがあって、2人でそこに入ったとき、ふっと「今は一緒に過ごしているけど、売れるようになったら僕の言うことなんか聞いてくれなくなるなぁ。 でも、松本が間違った方向へ進もうとしていたら、絶対にとめなければいけない」と思ったといいます。 そこで「25メートル1回も息継ぎせずに潜水したら、将来俺の言うことを聞いてくれるか?」と尋ね「ええ、いいですよ」と約束させました。 実は元水泳部で潜水はお手のものだった大崎社長。 泳ぎきった大崎社長は松本にそのことを約束させることに成功。 この日の約束は、後に果たされることとなる。 「ある出来事があって、松本が頑として首を縦に振らなかったときに『あのときのプールの約束、今使うわ』と言って。 松本は『えーっ、こんなときにですか……』と言いながら『わかりました』と苦笑していましたね(笑)」 引用: またまだ松本が映画を撮っていなかった時、楽屋で、「これから本出したり、映画撮ったりいろんなことしような」と話しかけると松本はこう返したといいます。 「大崎さん、何でそんなこと言うんですか。 僕は金持ちの家に生まれたわけでもないし、運動神経がいいわけでも、ギターが弾けるわけでもない。 やっとお笑いっていうものを見つけて、100メートル走を一生懸命、走ろうとしているのに。 走り幅跳びもしなさい、棒高跳びも、て」 引用: しかし結果的に松本人志さんは映画を何本か撮ることになります。 大崎洋が登場するダウンタウンのドッキリ動画 またダウンタウンの番組に出演している吉本社員といえば「藤原」さんが有名ですが、かつては大崎氏もダウンタウンの番組で、浜田と松本が大ゲンカするというドッキリ(下の動画)に仕掛け人として登場しています。

次の