新幹線 切符。 きっぷ一覧|JR九州

新幹線「早割切符」ご利用情報 | 新幹線の割引料金&お得なきっぷガイド

新幹線 切符

もくじ• 新幹線の切符は払い戻し(キャンセル)できる! はじめに結論を申し上げますと、 基本的には新幹線の切符は払い戻し(キャンセル)可能です。 ただし、残念ながら切符を 払い戻せない場合もあります。 払い戻せるときと払い戻せない場合はどんな時かを具体的に紹介します。 新幹線の切符を払い戻しできる場合 新幹線の切符は、新幹線に乗る前、つまり 使う前なら基本的にはキャンセルが可能です。 もちろん、切符も払い戻してもらえますが、手数料がかかります。 手数料についてはもう少し下で詳しく説明しますね。 新幹線の切符を払い戻しできない場合 新幹線に乗ってしまった後は切符を払い戻してもらうことはできません。 ただし、台風や地震などで2時間以上新幹線が遅延した場合はお金を払い戻してもらうことが出来ます。 また、指定席を予約していて、乗る予定の新幹線に乗り遅れてしまった場合は「新幹線特急券」は払い戻すことはできません。 運賃は払い戻し可能です。 (なお、新幹線特急券とは新幹線に乗るために買わなければいけない運賃とは別の切符です。 ) 「乗車券」とは電車で移動のために必要な切符です。 例えば、皆さんが最寄りの駅から隣の駅まで行くときはいつも切符を買いますよね?その切符こそが乗車券です。 「新幹線特急券」とは新幹線に乗るために買わないといけない切符です。 素早く移動するためのオプション料金と考えることもできます。 乗車券と新幹線特急券は2種類と書きましたが、セットになって1枚の切符にまとめられている場合もあります。 新幹線に乗るときに買う切符は「乗車券」と「新幹線特急券」の2種類ありましたが、それぞれ手数料が違ってきます。 また、自由席を使う場合と指定席・グリーン車を使う場合でも手数料が違ってくるので、わかりやすいよう表にまとめました。 乗車券 新幹線特急券 手数料の合計 自由席 220円 220円 440円 指定席・グリーン席 (出発の2日前まで) 220円 330円 550円 指定席・グリーン席 (出発の前日・当日) 220円 特急券代の30% 特急券代の30%+220円 【自由席の場合】 自由席の場合は乗車券・特急券ともに払い戻し手数料は220円で合計440円です。 自由席の場合なら、当日や前日でも払い戻し手数料は合計で440円です。 【指定席・グリーン席の場合】 指定席・グリーン席の場合は新幹線に乗る日の2日前までなら手数料は比較的安くで済みます。 しかし、 前日や当日になると特急券の払い戻し手数料が跳ね上がってしまいます。 なるべく早めに払い戻しておくようにしましょう。 新幹線に乗り遅れた場合は・・・ 先ほども言いました通り、指定席・グリーン席を予約していて乗り遅れた場合、乗車券の払い戻しはできますが、特急券は払い戻し不可能です。 ちなみに、指定席・グリーン席乗り遅れた方の救済措置として、 後続の新幹線の自由席に乗ることが出来ることができます。 前日・当日に払い戻す場合が少しややこしいので例をあげて計算してみましょう。 【自由席の場合】 自由席の場合は「乗車券」、「特急券」ともに払い戻しの手数料が220円必要でしたね?すなわち440円が手数料です。 3+220=1710+220=1910円 となります。 お得な切符や旅行会社のプランは 各切符や各プランによってキャンセルが可能かどうか、手数料の値段なども変わってきます。 きっぷやプランのパンフレットを見るなり、電話やメールをして問い合わせるなりして確認しましょう。 あわせて読みたい• 新幹線の切符を払い戻す方法・キャンセル方法 新幹線の切符の払い戻し方法は駅で買った場合・ネット予約をした場合・クレカを使った場合で変わってきます。 駅で切符を買った場合 駅で買った場合は簡単です。 JRの「みどりの窓口」に行き、JRの職員さんに「払い戻しお願いします」と頼むだけです。 なお、新幹線の切符は旅行会社でも買うことができ、旅行会社などで発券してもらった切符でもJRで払い戻すことが出来ます。 ネット予約をした場合 最近は新幹線をネットで予約する人もかなり多いと思います。 「エクスプレス予約」や「e5489」や「えきねっと」がその最たる例ですね。 ネット予約をし、紙の切符を受け取っていない場合は基本的にネットで払い戻しの手続きをすることができます。 逆に、 紙の切符を受け取った後だと先ほどと同じくJRの窓口に行く必要があります。 なお、ネット予約した場合の払い戻し手数料につきましては、普通の切符と違う場合があるので、ネット予約をしたサイトでご確認ください。 クレジットカードで買った場合 クレジットカードで購入した場合は、購入した場所と同じ場所でしか払い戻しはできないものと考えてください。 また、払い戻し方法は購入した会社などによって取り扱いなどが違うので、電話で問い合わせるなり、直接店員さんに聞くなりしてください。 新幹線の回数券は1枚単位では払い戻せない 新幹線の回数券は「1枚だけ」の状態では払い戻すことが出来ません。 新幹線の回数券を購入すると、基本的に6枚セットとなっています。 未使用で 6枚セットの状態なら払い戻すことはできますが、1枚でも使ってしまうと払い戻すことはできないので注意してください。 金券ショップで買える切符は回数券なので払い戻し不可能 金券ショップでは「新幹線格安チケット」を売っていますよね? 渡された切符をよく見た人ならわかると思いますが、その新幹線格安チケットの正体は実はただの回数券なんです。 回数券をバラにして売って、通常より安い値段で売っているだけなので、 払い戻しは一切できません。 JRの窓口ではもちろんのこと、基本的に 金券ショップ側でも1度購入した新幹線の切符は払い戻せません。 新幹線の払い戻しの領収書はもらえる! 安心してください、領収書はもらえます。 払い戻してもらう際に係員さんに「領収書もお願いします」といった感じで頼むと領収書を発行してもらえます。 会社などで経費を精算する場合はないと損してしまいますよ! 新幹線のキャンセル・払い戻し方法まとめ 安心しましたか?新幹線の切符は新幹線の出発前なら払い戻すことが可能だったんですね~ 最後にキャンセル・払い戻し方法について特に重要な点についてまとめておきます。

次の

新幹線料金表

新幹線 切符

普段から出張で新幹線に乗り慣れているサラリーマンの方からしたら、大笑いされるかもしれません。 私、38年間1度も新幹線に乗ったことがありませんでした! お恥ずかしい!どこかに顔を隠す穴ってなーい?(お尻は出ちゃいそう) 東京郊外の田舎でずっと引きこもっていたゆえに、 方向音痴で旅行が大の苦手なのです。 去年はじめて新幹線に乗る機会があって「新大阪」まで行ってみたのですが、実は出張に慣れている夫に新幹線の切符を手配してもらいました。 乗ったら快適すぎて、もうびっくり! 機会があったら、また行ってみたい! 新幹線に乗って色んな所に行きたくなってきた私ですが、やはり新幹線代ってとっても高いです。 どうせ同じ場所に行くなら、出来るかぎりお得な手段で行きたいです。 これからの人生で旅をさらに満喫するために、切符やチケットをお得に買える方法を比較して、格安に行ける料金をそれぞれ調べてみることにしました。 もくじ• 新幹線で東京から大阪までかかる時間と車両別の料金 新幹線も全国色んな所を走っていますが、今回は東京から新大阪までの区間を調べてみました。 新幹線の切符は「みどりの窓口」や「券売機」があるJRの駅に行けば、直接買うことができます。 新大阪までかかる車両別の時間と料金は、通常どれぐらいかかるのでしょうか? 東海道新幹線で新大阪に行くと、「のぞみ」で最短約2時間30分で到着 東京から新大阪まで行くには、東海道新幹線でN700系の新幹線である「のぞみ」「ひかり」「こだま」に乗って行くことができ、その所要時間の目安は以下の通りです。 のぞみ:約2時間30分• ひかり:約3時間• こだま:約4時間 「ひかり」が名前からして1番速そうと思っていたのですが、「のぞみ」が1番早いのですね! 「のひこ」ちゃんって覚えておこう(笑) 自由席はどの車両も同じ金額。 指定席、グリーン車はさらに高額に! 車両編成は「自由席」、「指定席」、高機能のリクライニングシートがついた「グリーン車」の3つあります。 自由席は「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」のどの車両に乗っても、片道の通常料金は 13,620円(乗車券8,750円、特急券4,870円)と同じです。 「ひかり」と「こだま」の指定席は 14,140円と、「のぞみ」より 310円安くなります。 1番疲れずに確実に座れて早く着く方法は、 「のぞみ」のグリーン車が当たり前でして、お金と時間と快適度は比例することがよくわかります。 出張で忙しいビジネスマンだったら、やはり 「のぞみ」の指定席で行くのがもっともオーソドックスな方法かもしれません。 「ぷらっとこだま」で予約すればお得!でもデメリット多数あり 大阪まで約4時間かかる「こだま」ですが、「JR東海ツアーズ」のでチケットを予約をすれば、さらに安くすることができます。 ただし「ぷらっとこだま」には、かなりのデメリットがあります。 当日に購入不可• 指定した列車の指定席以外は利用不可• 途中乗車不可• 予約後の変更不可 もし乗り遅れた場合、後続列車の自由席も利用することができず、切符は買い直しをしなければなりません。 「ぷらっとこだま」は当日に買うことも不可ですので、通常料金で切符を買い直す必要があり、払い戻しをすることもできません。 全部の駅に停まることで 4時間もかかり、 乗り遅れたらかなりの損失になりますので、乗り遅れる心配がある時は決しておすすめできるチケットではありません。 「エクスプレス予約」がネットで買えてさらにお得! 「JR東海」の「エクスプレス予約」は、JR東海エクスプレスカード会員限定で使える東海道・山陽新幹線予約サービスです。 「エクスプレス予約」には「JR東海エクスプレス・カード(JR西日本はJ-WESTカード)」という専用のクレジットカードが必要です。 3日前までの予約で、長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車をお得に利用できる 「EX早特」であれば、平日の東京~岡山なら14,400円 (2,940円引)、東京~広島なら15,900円 (3,180円引)になります。 土休日はさらお得になり、東京〜岡山間、東京〜広島間で 400円引になります。 子供用の設定もありますので、遠方から来る時はさらに便利です。 予約後に予定が変わっても、 他の商品等に手数料無料で変更が可能です。 (差額は必要です) 年会費が本人会員:1,000円(税抜)、家族会員:1,000円(税抜)かかりますが、よく利用される方であればすぐに元が取れてしまうでしょう。 片道が601km以上ある区間では 「往復割引商品」もあります。 例えば東京〜広島間では16,290円 (1,370円引)となり、便利に長距離区間を利用できるようになりました。 出張や旅行で新幹線をよく利用する回数が多いという方は、持っておくととっても便利なサービスです。 Apple PayのSuicaで、EX予約専用ICカードとして利用可能に 10月23日午前4時以降、JR東日本のiPhoneアプリ「Suica」で、EX予約専用ICカードとして利用可能になります。 Suicaアプリのチケット購入・Suica管理の画面に「エクスプレス予約(JR東海)」が表示されるようになります。 iPhoneユーザーには朗報ですね! 「スマートEX」なら年会費無料でネットで予約ができるように! 2017年9月30日(土)より、スマホから新幹線の予約ができるようになる新サービス 「スマートEX」のサービスが開始されました。 エクスプレス・カードなどの専用のクレジットカードではなく、現在持っているクレジットカードとSuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系ICカードを登録し、無料で簡単に登録することができます。 改札を通る時は、登録した交通系ICカードでチケットレスで乗車することができるように! メチャクチャ便利になります! しかも通常運賃より 「スマートEX」で予約をした方が200円お得になりますので、使わない手はありません。 窓口に並ぶ時間まで節約することができます。 年会費も無料ですし、予約変更手続きは発車時刻直前まで 何度でも無料ですので、気軽に利用できるようになりますので、ぜひ利用するようにしましょう。 金券ショップで買うと、ネット価格並みに安く買える! ネットのとってもお得なサービスを見た後ですが、街ナカで売っている「金券ショップ」でもお得に買うことができます。 金券ショップの「大黒屋」に行って販売している格安チケットを見てきましたが、片道料金は指定席で 13,400〜13,600円ぐらいが多かったです。 料金的には「エクスプレス予約」と、ほとんど変わらない価格で、通常価格より 900〜1,000円ほど安くなるぐらいでしょうか? しかし、金券ショップで売られている格安チケットのほとんどは回数券でして、年末年始やお盆前後などの繁忙期には使うことができません。 途中下車も不可ですし、回数券ですので 有効期限(3ヶ月)もありますので、前もって買っておくと期限が切れてしまうおそれがあります。 当日急いで行かなくちゃ!と思った時に、金券ショップで買って単発で行く時にはお得な方法と言えるでしょう。 ホテル宿泊と新幹線のセットで買うのが実は1番お得かも 今はとっても便利でして、往復の新幹線とホテルが自由に選べるプランがセットになったがあります。 ビジネスホテルを利用するのであれば、宿泊代が無料になるくらいとってもお得な価格で行くことができます。 東京から大阪までなら、1人での利用でも格安に申し込みをすることが可能でして、 出発3日前でも予約することが可能です。 しかも新幹線とホテルが最初から決まってませんので、自由に選ぶことができます。 格安ホテルと指定席にするのか。 高級ホテルと自由席にするのか。 ゴージャスに高級ホテルにグリーン車という組み合わせも、自由にすることができます。 東京と大阪間なら、新幹線もホテルの数もとっても多いですので、選択肢は自由に選ぶことができます。 申し込み方法は、ネットでチケットを予約した後に、郵送で自宅に届けていただけます。 の「JR+宿泊セットプラン」は 指定席の予約が可能で、 予約後1回に限り変更が可能ですし、乗り遅れても当日なら後続列車の自由席を利用することができます。 反対に、予約した時間より前の新幹線に乗ることはできません。 また新幹線の予約は1度限り可能ですが、ホテルは変更することができずにキャンセル扱いになります。 新幹線のチケットを当日忘れてしまうと、切符を買い戻さなければなりませんので絶対に忘れないように注意が必要です。 往復のルートが同じで泊まりがけで行く必要がある方は、1番お得な方法に間違いありません。 お得なプランほどすぐに売り切れてしまうこと必須ですので、ぜひ早めに のチケットを手に入れるようにしましょう。 結局どの方法で行くのが1番安くお得に行ける方法なのか? 色々と格安に行ける方法を調べてきましたが、高い順に料金をまとめてみたいと思います。 「のぞみ」指定席:14,450円• 「ひかり」「こだま」指定席:14,140円• 自由席:13,620円• 金券ショップで買う格安チケット:約13,400円• 「エクスプレス予約」:13,370円• 「EX早特」:12,340円• 「ぷらっとこだま」:10,300円 時間がかかりますが「ぷらっとこだま」が1番安く行けますが、やはり「エクスプレス予約」の 「EX早特」がもっとも快適でお得な購入手段です。 「EX早特」は乗車3日前まで予約ができますが、21日前までの予約が可能な「EX早得21」であればさらにお得になります。 「EX早得」なら東京〜広島は15,900円ですが、「EX早得21」なら14,000円 (1,900円引)と大変お得になります。 何でも早めに計画することで、さらにお得にすることができます。 しかし、1泊してくるとなると、また話が変わってきます。 の「JR+宿泊セットプラン」を使って 1泊5,000円宿泊するとなると、「新幹線往復運賃+宿泊」にかかる合計金額は、以下の通りになります。 「こだま」で行くと、「ぷらっとこだま」よりセットプランの方が安くなりました。 「のぞみ」または「ひかり」を利用しても、プラス3,000円ほどで泊まることができます。 禁煙ルームで和洋バイキングの朝食つきで「のぞみ」の往復指定席と宿泊のセットで 27,300円と、 破格すぎる価格です。 しかも他のサイトですと2名同時に宿泊じゃないと安くならないことが多いのですが、「日本旅行」は 1人でもOKのプランがあるのがうれしすぎます。 1泊して行く予定があるならが、他のどの方法よりも 間違いなく1番格安で行ける方法と言えるでしょう。 こんなにお得な方法があったなんて、何でこの方法で前回予約しなかったんだろう・・。 1泊して大阪に行く予定の 3日前でしたら、これは本当に予約しないと損してしまいますよ? 現金より断然お得!切符をクレジットカードで購入する 普段からのお買い物でも、クレジットカードを利用していますか? 新幹線の切符は現金で買うこともできますが、 クレジットカードで購入することもできます。 新幹線の切符って、何万円もするぐらい高いです。 だからこそポイントが貯まるクレジットカードで買うと現金よりはるかにお得に購入することができます。 150円あったら、缶ジュース1本買えてしまう計算になります。 新幹線を待っている間に1本おトクに飲み物が買えてしまいますよね。 私は今まで散々色んなクレジットカードを試してきましたが、1番長年愛用して使っているカードは です。 クレジットカードは1%のポイントがつくカードは今はたくさん出ていますが、 楽天カードは1%つくのに、年会費が永年無料なのです。 自分に最適なお得な方法で行って、浮いたお金を有効活用しよう 後ろの人、「まだかよ!」って見ているぐらい、「みどりの窓口」っていつも無駄に混んでいますから、実際に駅で買うのであれば「券売機」で買うことをおすすめします。 でももっとよく探せば、大混雑している窓口に行かなくても、ネットでお得に買えることがわかりました。 お金があればあるほど、快適なシートに座って早く着くことは間違いありません。 でも初めて乗ったグリーン車の新幹線内で、とってもタバコ臭い人が前の席に乗ってきて思いっきりリクライニングシートを倒されて、とても不快な思いをしました。 せっかく高いお金を出しても、マナーが悪い人が乗ってくるとまったく意味ないですが、こればっかりは運としかいいようがありません。 新幹線代を浮かして、旅先でおいしいランチ代に振り替えた方がいいのか、行きも帰りも旅の一部だから、新幹線内でおいしい駅弁を食べながら快適に過ごしたいのか。 どっちに価値があるかは、 出張や旅の目的によっても違ってきます。 すべてにお金をかければ満足度が高いかもしれませんが、その分普段の生活でお金を引き締めるようにしていきたいですね。 人生は「目的」があるからこそ、必要なことが見えてきます。 自分にとって何がお得で何が行く目的なのかをハッキリさせて、最適な新幹線ルートで楽しい旅を満喫していきましょう。 レジャー代をお得にしたいあなたはこちらも要チェック! 家族で旅行代やレジャー費を節約したいあなたへ レジャー施設のお得な割引チケットやクーポンが買える!.

次の

新幹線の切符の買い方を徹底解説!当日の購入&安く買う方法も

新幹線 切符

きっぷあれこれ きっぷの種類• 乗車券• ・普通乗車券(片道、往復、連続)• 片道乗車券=A駅からB駅までの乗車券です。 往復乗車券=A駅とB駅間で「ゆき」と「かえり」を同じルートで利用する場合の乗車券です。 連続乗車券=A駅からB駅で折り返すなどしてC駅までというように、片道または往復とはならない場合の乗車券です。 ・定期乗車券(通勤、通学、均一、グリーン)• ・回数乗車券• ・団体乗車券(普通、学生、訪日観光)• ・貸切乗車券• 特急券• ・新幹線特急券(指定席、自由席)• ・在来線特急券(指定席*、自由席) *指定席特急券には、座席未指定券を含みます。 急行券• グリーン券(特急・急行列車用、普通列車用) *東北新幹線、北海道新幹線、上越新幹線、北陸新幹線にはグランクラスが連結されている車両があります。 寝台券(A寝台、B寝台) *A寝台には1人用個室、B寝台には1人用、2人用個室もあります。 指定席券(急行列車または普通列車の指定席)• 詳しくは、乗車券や特急券の割引(や参照)、JR東日本のをご覧ください。 関連する規則•

次の