経口 補水 液 自作。 おいしい経口補水液の簡単な作り方 新感覚の○○経口補水液!|BIG EFFECT

塩分と脱水 ~経口補水液の作り方~

経口 補水 液 自作

熱中症予防に経口補水液を買う光景は、すっかりおなじみになりました。 ところが意外にも、多くのコンビニやスーパーでは買えません。 実は手作りもできるという経口補水液。 そもそも、なんで生まれたのか? なんでコンビニで買えないのか? 調べてみました。 (薬剤師ライター・高垣育) コンビニにはない! 経口補水液は、脱水症のときに不足する水と電解質を口から補給する「経口補水療法」という治療に用いられる飲み物です。 日本では消費者庁が許可した食品にだけ表示が認められる「特別用途食品」のうち「病者用食品」として販売されています。 でも、暑い日に脱水症を予防しようと経口補水液を求めてコンビニエンスストアに行ってみたら、置いてなかったということはありませんか? 自宅に何本かストックしておこうとスーパーマーケットで探したけど見つからなかったという経験は? コンビニエンスストアやスーパーマーケットに経口補水液が見当たらない理由、それは、この「病者用食品」という点にありました。 オーエスワンは「病者用食品」です。 病者用というと、治療に用いるのかと勘違いしそうですが、医薬品ではなく、あくまでも「食品」。 だから、本当は薬局やドラッグストアに限らず、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも販売することが可能です。 しかし、食品とはいえ、オーエスワンは、年齢や持病に合わせて飲み方に注意が必要な食品でもあります。 同社は「そのため、消費者の方が、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士などの専門家のアドバイスを必要なときにいつでも受けられる場所に売り場が限定されているのです」と説明します。 現在、オーエスワンを手に入れることができるのは、病院内の売店・コンビニエンスストアや自動販売機、調剤薬局、ドラッグストアなど、登録販売者ら専門家がいるところに限られます。 「オーエスワン」と「ポカリスエット」 きっかけはコレラ研究 経口補水液が日本で活用されるようになってきたのは2000年代ですが、その誕生は19世紀から始まったコレラ研究だったと言われています。 脱水症の治療法として確立されたのは1970年ごろのこと。 開発途上国の子どもたちの感染症に伴う下痢や嘔吐(おうと)による脱水症状に用いられ、点滴に匹敵する治療効果が示されて以来、世界中で注目を集めるようになりました。 熱中症の発症には三つの要因が絡み合っています。 気温や湿度が高いなどの「環境」、暑い屋外でスポーツをするなどの「行動」、年齢、持病や、体が脱水を起こしているなど、その人の「体」の状態という3要因です。 予防には、日陰を利用したり、風通しの良い服装を心がけて暑さを避ける、暑いのをガマンしたり無理をしないといったことのほか、こまめに水分補給をすることが挙げられます。 タカノ薬局湘南秋谷の薬剤師・長谷川聰さんによると、その秘密は、経口補水液がもつ「水分、塩分、糖分」のバランスにあるようです。 熱中症になると、水分といっしょにNa(ナトリウム)などの電解質が失われて、これらの体内のバランスが崩れることが知られています。 そのため、水だけではなく、塩分も一緒に補給することが大切です。 では、残りの糖分は何なのでしょうか。 甘く味付けをしておいしくするため? 飲みやすくするため? そうではありません。 実は、水分の吸収を担っている小腸で、もっとも効率的に水分が吸収されるには、塩分に加えて糖分も一緒に取ったほうが良いことが研究によって分かったからなのです。 黄金比は、水1Lに対し、Na:ブドウ糖=1:1~2の濃度比(モル/L)です。 これは、現在、日本で広く普及している市販の経口補水液とも一致するバランス比です。 ふつうの水だと、塩分や糖分は含まれず、スポーツドリンクは糖分が多くて塩分は少なく、両者とも黄金バランスから外れています。 小腸からグングンと水分を吸収してくれる絶妙なバランスをもつ飲み物、それが経口補水液で、熱中症予防の水分補給に適している理由なのです。 家でも作れる? 長谷川さんは、暑い時期の熱中症予防や、下痢・嘔吐などの脱水症状予防のため、患者さんに手作りの経口補水液の作り方を伝えています。 「経口補水液のつくりかた」というシールをお薬手帳に貼ってもらい、市販の経口補水液がすぐに手に入らないときに活用するよう呼びかけています。 「塩3グラムとか、砂糖40グラムと書いているので、ご覧になった患者さんのなかには〝いちいち量るのが大変そう〟という方がいます。 でも、きっちり厳密に量らなくても良いんです。 経口補水液の自作は、あくまでも家庭でできる熱中症予防の応急処置。 6グラム、砂糖は8グラム。 食塩を量るために用意するのは割り箸です。 2つに割ってください。 そして、割った片方の割り箸の太い方を塩にくぐらせましょう。 割り箸の側面に乗った食塩の重さはどのくらいかというと、0. 2~0. 3グラムくらい。 だから、コップ1杯分の経口補水液を作るには、割り箸で食塩を2回すくい取ってください。 それで約0. 6グラムになります。 砂糖は、角砂糖が1個約3~4グラム、スティックシュガーが1本3~6グラムくらいなので、これを目安にします。 水に食塩と砂糖を加えたら、あとは、底に沈んでいる食塩と砂糖が見えなくなるまで、しっかり溶かしましょう。 作った経口補水液は、雑菌が混ざって傷むおそれがあるので、その日のうちに飲み切ります。 それは、経口補水液には塩分と糖分が含まれているので、高血圧、糖尿病などの治療中で食事療法をしている人は飲みすぎに注意が必要だということです。 年齢によっても、1日当たりに適した飲み水量の目安があるので、一度確認してみてください。 脱水症のチェック方法 暑いのにのどの渇きを感じず、水分補給をしなかったために、気づかないうちに体の中から水分が失われていることがあります。 このように、自覚症状がない脱水症状の前段階ともいえる状態を3秒で見極める方法が二つあります。 まず一つ目。 手の親指の爪をぎゅっと押してみてください。 ピンク色から白に変わりますよね。 では、押していた手を放してみてください。 徐々に白色からピンク色に戻ってくると思います。 その戻るまでの時間を計っておいてください。 何秒かかりましたか? 3秒以上かかった人は、いますぐ水分補給をしましょう。 脱水状態に陥っているおそれがあります。 もう一つの脱水症チェックは、手の甲の皮膚をつまみ上げるというもの。 皮膚をつまみあげたら、指を離してください。 普通ならすぐに戻ります。 でも、皮膚がなかなか元の状態に戻らないときには要注意。 この場合も脱水状態のおそれがあります。 すぐに水分補給しましょう。 ご紹介した二つの方法は、セルフチェックはもちろん、自分でのどの渇きを伝えられない方の水分不足をいち早く見つけるためにも活用できます。 出典: 食塩は0. 6グラム、砂糖は8グラム。 食塩を量るために用意するのは割り箸です。 2つに割ってください。 出典: そして、割った片方の割り箸の太い方を塩にくぐらせましょう。 割り箸の側面に乗った食塩の重さはどのくらいかというと、0. 2~0. 3グラムくらい 出典:「経口補水液」コンビニに置いていない理由 砂糖は、角砂糖が1個約3~4グラム、スティックシュガーが1本3~6グラムくらいなので、これを目安にします。 出典: 水に食塩と砂糖を加えたら、あとは、底に沈んでいる食塩と砂糖が見えなくなるまで、しっかり溶かしましょう。 出典: 作った経口補水液は、雑菌が混ざって傷むおそれがあるので、その日のうちに飲み切ります。 出典: おすすめ記事(PR)•

次の

【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意|ケンカツ!

経口 補水 液 自作

毎年、夏になると熱中症で倒れる人が続出します。 熱中症とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくなってしまったり、外出していると日差しの強さにクラッとして倒れそうになってしまったりなど、経験のある人も多いのではないでしょうか。 夏はたくさん汗をかきますが、かいた汗の分だけ水分を補給することが大切です。 とはいえジュースなどをガブ飲みするのは糖分のとり過ぎになり、健康によくありません。 夏の疲れたからだにオススメなのは経口補水液です。 からだが疲弊していても効率的に水分を吸収できるとして、認知が広まってきています。 この経口補水液、実は簡単に自分で作れることをご存じでしょうか?簡易経口補水液の作り方をご紹介します。 経口補水液は、食塩とブドウ糖を混ぜた水のこと 最近、CMなどでも流れている経口補水液ですが、どんなものかご存じでしょうか? 経口補水液は、簡単に言うと水に食塩とブドウ糖を混ぜた飲料水のことです。 食塩由来のナトリウムイオンとブドウ糖が小腸で吸収される際に、同時に水分も吸収されることがわかり、熱中症など脱水症状でうまく水分が吸収できない際に効率的に水分が吸収されるとして、認知が広まってきています。 脱水症状とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくて栄養が満足にとれていないときや、からだが疲れているときなどにも飲むようにしましょう。 水分のほかにも汗で失われた塩分を補給し、ブドウ糖をエネルギーに変えられるのでオススメです。 スポーツドリンクとの違いは、塩分濃度と糖分量 コンビニやスーパーなどで手軽に購入できるスポーツドリンクは、運動で汗をかいた際の水分補給として飲まれているイメージがありますが、経口補水液とは内容が少し異なります。 一般的なスポーツドリンクは、経口補水液よりも塩分量が少ないため、電解質濃度が低く、逆に砂糖を多く使っています。 スポーツドリンクは味や飲みやすさを考えて作られていますので、からだを動かした後にゴクゴク飲むものとしては爽快感や満足感があり、スポーツドリンクを好んで飲むことにはまったく問題ありません。 夏バテなどからだが疲れ、脱水症状が出ているような状態であれば、スポーツドリンクよりも経口補水液のほうが効率的に水分やエネルギーが摂取できるかもしれません。 体調や好みにあわせて選ぶことをオススメします。 作り方は簡単、自宅でも経口補水液は作れる 経口補水液は、自宅で簡単に手作りできることをご存じでしょうか?家にあるものだけで作れるうえ、作り方もとても簡単です。 用意するものは三つだけ、「水」「塩」「砂糖」です。 自宅でまったく料理をしない人は買ってこなくてはなりませんが、どの家にもあるものだけで作れます。 コップやボウルなどでも作れますが、じゅうぶんに溶かすことを考えるとペットボトルで作るほうがフタをして振って混ぜやすいので、オススメです。 ペットボトルに塩と砂糖を入れる際は、紙をじょうごのように円すい状に丸めてペットボトルの飲み口に当てると、こぼさずに上手に入れられます。 砂糖の量が気になる人もいるかもしれませんが、ペットボトル飲料500mlあたりに含まれている砂糖の量はさらに多いので、市販のスポーツドリンクに抵抗がある場合は手作りのほうがオススメです。 また飲んでみるとわかりますが、味がうすいと感じるかもしれません。 その場合は、レモンなどのかんきつ類をうすく切ったものやミントの葉を入れてみると、すっきりした味わいになって飲みやすくなりますよ。 経口補水液作りには、水の質も大切 経口補水液を作るには、水の質も大切です。 水道水でもじゅうぶんですが、夏場になると細菌が混入するなどの恐れがある場合もありますし、カルキの臭いや味が気になることも。 せっかく手作りしても、なんとなく飲む気になれない、となってしまうのはもったいないことです。 経口補水液を作るときは、できればミネラルウォーターを使用するほうが安心です。 ミネラルウォーターには、汗をかくことで失いがちなミネラルが含まれていますので、水道水よりも経口補水液づくりに向いています。 経口補水液を毎日作って持ち歩くことを考えると、手軽においしい水が用意できるミネラルウォーターサーバーがオススメ。 少量のお湯で砂糖と塩を溶かしてから冷たい水を注げば、しっかり砂糖と塩が溶けた経口補水液を手軽に作れるのもポイントです。 おわりに 自宅で簡単に手作りできる経口補水液を持ち歩けば、外で少し体調が気になったりした際に手軽に水分を補給できるほか、汗で失われた塩分もとれます。 味もレモンやミントなどを加えたり、ハチミツで風味を変えてみたりなど、自分好みにカスタマイズできます。 この夏は、経口補水液を手作りして外出時に持ち歩いてみてはいかがでしょうか?.

次の

もしもの時に 手作り経口補水液 作り方・レシピ

経口 補水 液 自作

暑い夏がやってきます。 そんな暑い夏に注意しなくてはならないのは、ずばり熱中症。 熱中症とは、気温が高い環境に置かれた人間の健康上の不調の総称です。 たくさん汗をかいたり体温が上がったり、ひどくなってくると頭痛や筋肉痛、身体がだるいといった症状、重症になると意識障害やけいれんが出てきます。 部屋の中にいても熱中症にかかることがある、という情報はすでに常識になってきました。 そんな熱中症を予防するには、水分補給が大事です。 これもすでに常識のことでしょうが、では、どんなものを飲むといちばん予防効果が高いか、みなさんはご存知ですか? そしてうっすら耳にしたことがある、という方も多いだろう「経口補水液(けいこうほすいえき)」。 自宅でつくることもできるんです。 きょうは熱中症予防の飲み物と「経口補水液」について調べてみました。 厚生労働省のホームページを見て調べた、そのレシピをご紹介します! それは、 水1リットル 食塩1~2g 砂糖大さじ2~4杯(20~40g) です。 熱中症だけでなく、風邪やインフルエンザで水分補給が必要な時も効果を発揮します。 ここからは少し難しい水分補給の科学について紹介します。 水分補給の科学 夏の水分補給というと、わたしが子どものころはやはり「麦茶」がその代表選手でした。 麦茶が夏の水分補給に適していると考えられたことにも、ある程度の科学的な根拠があります。 それよりも最適なものとして「スポーツドリンク」、さらには「経口補水液」が登場してきた、ということになります。 まずはそのあたり、「水分補給の科学」について見てみたいと思います。 水が足らないのだから「水」を飲めばよいのではないのか、 という単純な話から考えてみます。 汗を大量にかくなどして身体から水分が失われたとき、その水分を補給する。 これはどういうことなのでしょう。 水を口に含んでごくごくのどを鳴らして……それでOK?? 食道を通って胃袋へと、この道筋はまだ、 身体にとっては「外」です! 通常、水分の体内への吸収の役割をしているのは 「大腸」です。 ここではじめて身体の中に取り入れられた水が血液に混ざって身体じゅうに巡っていくのです。 ところが、暑い盛りに「夏バテ」の状態では、お腹を壊している、また下痢の状態といったことも、よく起こります。 すると、「大腸」による水分吸収の機能が失われ、たとえば下痢になっていては水分は余計に失われてしまうのです。 このとき、「大腸」に変わって水分吸収の役割をかって出るのが「小腸」です。 しかし、小腸のもともとの専門は「栄養の吸収」です。 そのため小腸では、栄養と一緒に水分を吸収できる、ということに過ぎません。 だから、単純な水では効果がないということになるわけです。 麦茶は、汗によって失われるナトリウムやカリウムといったミネラル類を含んでいます。 人間の身体というのは、とてもよくできています。 体内の水分が不足しているときに水をがぶ飲みしようとすると、血液がうすくなってしまうことを脳が警戒します。 そして、水分不足であるにもかかわらず、 一定のところで「水分OK」の信号を出して「嘘」をつく仕組み も見つかっています。 ですから、ただの水をたくさん飲んで、ああもう喉も渇いていないや、と思ったところで、それは脳の嘘かもしれません。 実際には水分が足りておらず熱中症になってしまう、という例も起こります。 麦茶ならばそうしたことがなく、またよく言われるのは「カフェインを含んでいない」という利点です。 カフェインの効果にひとつに利尿作用があるため、カフェイン入りの飲料を体内に摂取したところで、おしっことして排出されてしまうのです。 トイレの話になったので、少しだけ付け加えておくと、夏場は特に、トイレに行ったときにおしっこの色を見てくださいね。 色がいつもより濃いなと思ったら、それは体内の水分不足の重要なサインです。 2種類のスポーツドリンクと「経口補給水」 さて、水より麦茶がいい、という話まで来ました。 しかし、科学が進むにつれて、小腸が水分を吸収するときには、ミネラル(塩分)といっしょに糖分があると吸収が早い、ということがわかりました。 そこでいわゆる「スポーツドリンク」というものが開発されてきました。 「スポーツドリンク」には2種類ある、という話はご存知ですか? スポーツをする方やスポーツジムに通っている方なら、なんとなくわかる話かと思います。 その2種類とは、「アイソトニック飲料」と「ハイポトニック飲料」。 アイソトニック飲料の代表選手は、ポカリスエットやアクエリアスなど。 安静時に飲むと水分の吸収がうまくいくように、糖分を濃くしているのが特徴です。 これに対して、 スポーツジムのロビーの自販機にならんでいるような 「ハイポトニック飲料」 は運動中や運動直後に水分吸収がうまくいくように、 糖分の量が少なく調整されています。 汗をかくと血液の濃度が濃くなるため、濃度の薄いもの(しかし単純な「水」ではなくミネラルや糖分を含むもの)を摂取して、濃度調整をはかろうとするわけです。 汗をかいて水分が不足しているとき、つまりは血液が濃くなっているとき、2種類のスポーツドリンクのうち適しているのは 「ハイポトニック飲料」です。 「アイソトニック飲料」が手元にあるならば、これを水で2~3倍に薄めると、代用が効きます。 ただし、スポーツドリンクは飲みやすい「味」を考慮したり、水分補給以外の効果(たとえばダイエットなど)を期待する成分が入っていたりします。 そのため、必ずしも水分補給が第一目的ではないところがあります。 ですから、熱中症などの緊急事態の際には特に、なによりもまず「水分補給」を考えた成分の「水」を摂取する必要があるといえます。 この「水」がすなわち「経口補水液」ということになります。 ドラッグストアや病院の売店で販売されている経口補給水は、厚生労働省が認可している製品のため、安心して使用することができます。 また、厚生労働省ホームページの中を検索していくと、この「経口補水液」を自分でつくる際のレシピも出てきます。 それによれば、効率的な水分補給をおこなうためのレシピ(割合)は、 水1リットル 食塩1~2g 砂糖大さじ2~4杯(20~40g) ということになります。 この「経口補水液」、必ずしも熱中症になってから使用するものではありません。 汗をかいて水分不足が発生している状態でつかうことができます。 夏場の水分補給は「経口補水液」を使って効率的に、しっかりとおこなってください! まとめ きょうは「経口補給水」、そのつくり方のレシピ(割合)をご紹介しました。 「水分補給」をするために「水」を飲むだけではダメ、という話は、わたしも勉強になりました。 こういう勉強を、いざ熱中症になってからするのでは遅すぎます! 理屈とレシピがあることだけでも頭に留めておいていただけると、いざというときにきっと役に立つはずですよ!!.

次の