パッタイ 警察 用語。 警察用語「にんべん・ごんべん」はどんな犯罪?

警察用語「にんべん・ごんべん」はどんな犯罪?

パッタイ 警察 用語

青鬼 水死体のこと。 赤鬼 腐乱死体。 アカイヌ 火事のこと。 アカウマ 放火犯。 放火のこと。 アカネコ 連続放火魔のこと。 あげる 被害者から金品を取りあげること。 または犯人を逮捕すること。 アンパン シンナー。 イーピン 睡眠薬。 イヌ 捜査機関や組織に侵入する密偵、スパイ。 イットウ 交通事故で一番の当事者。 イヌ 捜査機関に進入するスパイ。 ウカンムリ 窃盗犯や空き巣。 うさぎ 脱走犯のこと。 うたう(歌う) 容疑者が自白をすること。 絵 「絵を描く」とは「計画を立てる」や「作戦を立てる」という意味。 エス スパイの頭文字を取ったもの。 エンコ 小指のこと。 押し込み 侵入強盗のこと。 オシドリ 二人組のスリ。 泳がせる 事件のカギとなる人物を逮捕せずに監視すること。 泳がせ捜査などがある。 買い物師 万引き常習者のこと。 ガサ入れ 家宅捜査。 ガセ ウソの情報。 狩り 一斉検挙のこと。 カンモク 完全黙秘。 ぐに 質のこと。 ぐにもん 質草のことで、質草とは担保である。 蜘蛛 高層マンションに侵入する泥棒。 ゲソ 足跡。 ゲソもん 暴力団に所属している人物のこと。 ケツ持ち 背後についている暴力団。 ゲロ 自白すること。 現逮 現行犯逮捕のこと。 ゴンベン 詐欺事件。 サンズイ 汚職事件。 シキテン 見張り。 スミ・モンモン 刺青。 タタキ 強盗。 タレ 被害届け。 チャカ 拳銃。 ニンベン 偽物。 ノビ 住居不法侵入。 半落ち 自供寸前なこと。 パクる 逮捕する。 ハコ 交番。 バンカケ 職務質問。 パンダ パトカー。 ホシ 犯人。 マル害 被害者のこと。 マル査 国税庁査察部のこと。 マル消 消防署のこと。 マル被 被疑者のこと。 マル走 暴走族のこと。 マルB 暴力団のこと。 マル暴 暴力団。 暴力団担当刑事を指す場合もある。 マルタイ 身辺保護の対象者。 まんじゅう 死者、死体のこと。 ミンボー 民事介入暴力。 メン 顔のこと。 「面」からきている。 面割り 対象者の顔を確認させること。 モサ スリのこと。 モン(紋) 指紋のこと。 ヤサ 家、住居のこと。 ヤマ 事件。 事件解決となる重要な次期。 ヤマ見 犯行現場の下見。 ユミヘン 強姦。 横 横領のこと。 留 遺留品のこと。 累犯 何度も同じ犯罪を繰り返すこと。 ワッパ 手錠。

次の

パッタイ

パッタイ 警察 用語

警察用語で拳銃をチャカと呼ばない 外部に秘密が漏れないようにするために使われる警察用語は独特。 警察用語は数が多く、各都道府県警察ごとに独自の警察用語があったりします。 さらには、時代とともに変化もしていく警察用語もあるのです。 広く知られてしまったので、隠語の意味がなくなってしまったわけです。 ここではおもに警視庁を例にして、犯罪に関する警察用語の数々を見ていきましょう。 まずは文字に由来する警察用語には「うかんむり」があります。 これは窃盗・空き巣といった犯罪のことで「窃」の字が由来です。 警察用語でラジオは無銭飲食のこと 同じような警察用語では「ごんべん」が詐欺事件、「にんべん」が偽造事件、「さんずい」が汚職事件となります。 強盗や強姦など「強」がつく犯罪は「ゆみへん」です。 また、横領事件は「よこ」と呼ばれます。 犯罪の特徴に由来する警察用語も存在。 「ひっかけ」は合鍵やピックなど解錠工具のこと。 「ひっかけ泥棒」のように使われます。 万引き常習犯は「かいもの師」といった具合です。 犯罪を意味する変わった警察用語では「のび」が泥棒の意味。 「忍び」から来たものです。 ダフ屋のことは「プー屋」。 キップのプが由来になっています。 「ラジオ」は無銭飲食のこと。 無銭と無線をかけているわけです。

次の

分かりやすいヤクザ・暴力団用語集

パッタイ 警察 用語

やくざ用語「あ行」 垢(あか) 博徒での収入 足を洗う(あしをあらう) 暴力団から抜け、一般人へと転じること。 「堅気になる」ともいう。 姐さん(あねさん) 組長や目上の女房のこと。 アネサン。 アヤ(あや) 文句や因縁をつけたりすること。 一本独鈷(いっぽんどっこ) 大組織に所属せず独立を維持している組のこと。 イモを引く(いもをひく) 恐れて物事から手を引くこと。 唄う・歌う(うたう) 自白すること。 ええとこ付き(ええとこづき) 親分を乗り換えること。 絵(え) 策略や作戦や計画のこと。 絵図を画く(えずをかく) 策略や作戦や計画を企むこと。 侠気(おとこぎ) 義侠心・正義感など任侠の精神のこと。 おとしまえ 失敗の後始末のこと。 小父御(おじご) 親分の兄弟分のこと。 おじさん。 小父貴(おじき) 小父御よりもやや格上の人のこと。 おちょくる からかうこと。 オメコ 女性器のこと。 関西及び西日本で使われる方言 親父(おやじ) 親分のこと。 親分(おやぶん) 暴力団組織の代表者。 肩書きは組長・会長・総長・総裁などがある やくざ用語「か行」 稼業(かぎょう) テキヤの商売。 ガサ(がさ) 捜査すること意味する警察隠語。 ガサ入れ(がさいれ) 家宅捜索のこと。 回状(かいじょう) 回し文のこと。 カスリ(かすり) ピンハネのこと。 兄弟(きょうだい) やくざ社会における血縁関係の一種。 「五分の兄弟(ごぶのきょうだい)」「五厘下りの兄弟(ごりんくだりのきょうだい)」「四分六の兄弟(しぶろくのきょうだい)」「七三の兄弟(しちさんのきょうだい)」「二分八の兄弟(にぶはちのきょうだい)」などがある。 おとこぎ 金筋(きんすじ) 筋金入りの極道ということ。 愚連隊(ぐれんたい) 戦後に威勢を誇ったテキヤでも博徒でもない不良集団のこと。 ケツをかく(けつをかく) そそのかすこと。 ケツを割る(けつをわる) 逃亡・逃げること。 若い衆・若者。 シケ張り(しけばり) 見張りのこと。 島(しま) 一家の縄張りのこと。 地回り(じまわり) 島を巡回したり、カスリを取り立てること 舎弟(しゃてい) 兄弟盃をした間柄における弟分のこと。 舎弟頭(しゃていがしら) 組長の弟分たちの代表となる実力者のこと。 娑婆(しゃば) 刑務所の外のこと。 シャブ(しゃぶ) 覚せい剤のこと。 ションベン刑(しょんべんけい) 短期刑・微罪のこと。 筋者(すじもの) 暴力団員・やくざを指す言葉。 墨(すみ) 刺青のこと。 彫り物・タトゥー 政治結社(せいじけっしゃ) 政治団体。 主に右翼の事をさす。 絶縁(ぜつえん) やくざ社会の処分のひとつ。 最も処分が重く暴力団を引退し堅気にならなければ、絶縁状が各組織に送られやくざ社会で生きていけなくなる。 外(そと) 刑務所の外のこと。 やくざ用語「た行」 タマ(たま) 相手の命のこと。 垂れ込む(たれこむ) 他人に頼ること。 警察に走り込むこと。 チラシ(ちらし) 回状のこと。 襲名披露・結縁式・放免祝い・冠婚葬祭などの案内状 チャカ(ちゃか) 拳銃のこと。 チンコロ(ちんころ) 警察に密告すること。 チンピラ(ちんぴら) かけ出しのやくざのこと。 下っ端やくざ 勤め(つとめ) 刑務所へ入ること。 出入(でいり) 組同士の抗争のこと。 手打ち(てうち) 和解が成立すること。 的屋(てきや) 露天商・大道商人・香具師のこと。 テキ屋 鉄砲玉(てっぽうだま) 敵対組織へのヒットマンを意味すること。 行ったきりで戻ってこない人間。 取持人(とりもちにん) 親子・兄弟・跡目相続の杯を取持つ役柄の人 トル(とる) 殺すこと。 やくざ用語「な行」 殴り込み(なぐりこみ) 喧嘩のこと。 野良をつく(のらをつく) やくざになること。 やくざ用語「は行」 媒酌人(ばいしゃくにん) 取持人・仲介人の補佐を行う役柄の人。 博徒(ばくと) 博打うち。 賭博で生計を立てているやくざのこと。 パクられる(ぱくられる) 警察に逮捕されること。 ハジキ(はじき) 拳銃のこと。 破門(はもん) やくざ社会の処分のひとつ。 組織からの追放。 全国の組織に破門状が送付され、他の組織がその人間に関わった場合、破門した組織への敵対行為と見なされる。 赤字破門は永久絶縁処分。 黒字破門は復帰可能な破門を意味する。 ポン(ぽん) 覚せい剤のこと ポン中(ぽんちゅう) 覚せい剤中毒者のこと。 やくざ用語「ま行」 見届人(みとどけにん) 式の次第を見届ける役。 やくざ用語「や行」 ヤクザ(やくざ) 暴力団のこと。 ヤッパ(やっぱ) 刀などの刃物のこと。 寄せ場(よせば) 刑務所こと。 やくざ用語「ら行」 やくざ用語「わ行」 若頭(わかがしら) 組長候補。 組織のNo. 2に相当する役職 若頭補佐(わかがしらほさ) 若頭の補佐役。 若衆(わかしゅう) 親分から盃を貰った子分。 カテゴリー• 405• 400• 359• 392•

次の