筋 膜 リリース 福岡。 筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

筋膜リリースのやり方を覚えて筋肉をケアしよう!効果ややり方を優しく解説

筋 膜 リリース 福岡

筋膜リリースの効果と方法 公開日:2016年7月24日 02時00分 更新日:2019年8月 6日 14時09分 筋膜とは 筋膜とは筋肉を包んでいる膜で、身体全体にはりめぐらされています。 筋繊維や器官、神経などとも連結していて三次元的に全身を覆っており、第二の骨格 1 とも呼ばれています。 筋膜は浅筋膜(せんきんまく)、深筋膜(しんきんまく)、筋外膜(きんがいまく)、筋周膜(きんしゅうまく)、筋内膜(きんないまく) 2 と連続して層になっており、すべての筋組織はお互いに滑りあうように動きます。 筋膜には筋肉を保護する作用、筋収縮時の滑りを助ける作用、血管や神経、リンパ管を支えて通過させる機能があります。 筋内膜以外の筋膜はコラーゲン繊維とエラスチン繊維でできており 2 、コラーゲンとエラスチンはお互いに協力し合って身体の形を整えたり、身体の動きに合わせて形を戻したりしています。 筋膜に機能異常がみられると、本来はサラサラの水溶性の基質が粘土の高い状態になり、筋膜全体の滑りが悪くなります。 また、筋膜を通っている血管や神経、リンパ管などの通過部分が圧迫されて循環障害などが起こります。 筋膜リリースとは 非対称な姿勢や動作をとり続けることや同じ姿勢を長時間とり続けること、怪我などによって身体の一部に負担がかかり、身体がアンバランスな状態となると筋膜が自由に動けない状態になります。 すると筋膜のよじれが生じて筋膜と皮膚・筋肉との間の滑らかな滑りが失われます。 筋膜のよじれができると、コラーゲン繊維とエラスチン繊維が一部により集まり、本来はサラサラの状態が粘っこくなってほどけなくなります。 筋膜は全身につながっているので、ほかの筋肉や筋繊維にまで動きの悪さが波及し、痛みや筋力の低下、柔軟性の低下、運動パフォーマンスの低下、日常生活活動の低下がみられるようになります。 筋膜のよじれやねじれを解消して、正しい筋と筋膜の伸長性と筋肉の動きの回復を促すのが筋膜リリースです。 筋膜リリースはストレッチのようにある一定の方向に伸ばすのではなく、筋膜をさまざまな方向に解きほぐしていくことです。 筋膜リリースの効果 本来は理学療法士などが筋膜リリースを施術し、その後の効果を持続するために自分で行える筋膜リリースが指導されますが、日常的な姿勢や動作のとり方による身体の動きの硬さや肩や首の凝り感、腰痛、むくみ、バストアップなどの改善には自分で行う筋膜リリースでの改善が期待できます。 自分で筋膜リリースを実施することで身体のバランスが整い、身体が軽く感じられるようになります。 継続することで身体の良い状態を保てるようになり、身体が動きやすくなっていくのでセルフコンディショニングとしても活用できます。 ただし、悪性腫瘍・がん、開放創(皮膚の開いた傷)、縫合部がある場合、全身・局所感染時は、筋膜リリースは禁忌 3 となります。 筋膜リリースを実際にやってみて、痛みが強くなる場合や痛みが変わらない場合もほかの病気が原因となっている場合もあるので筋膜リリースを一旦止めて受診しましょう。 筋膜リリースの方法 筋膜リリースは自分の身体の硬い部分、伸びにくい部分を感じとり、ゆっくりと呼吸しながら行います。 一部分により固まったコラーゲン繊維とエラスチン繊維を解きほぐしていくのですが、解きほぐれるまでには時間を要するので無理せずに痛みを出さないようにしてゆっくりと伸ばしていきます。 最初は20秒~30秒から始め、90秒以上 4 行えるように慣らしていきます。 首都大学東京健康福祉学部理学療法学科教授の理学療法士・医学博士の竹井仁先生は筋膜が解きほぐされる感覚をフライパンの上の固形バターが溶けるイメージ 4 と表現されています。 午前、午後、入浴後など一日の内で数回に分けて筋膜リリースを行うことが効果的とされています。 竹井仁先生による筋膜リリースはテレビや書籍、書籍出版社のYoutubeの動画で紹介されています。 その中からいくつかの方法を説明します。 【竹井仁】疲れない体になるには筋膜をほぐしなさい【筋膜リリース動画】著者・竹井仁先生による紹介 誠文堂新光社(YouTube) 5 猫背・肩こり、二重あごの改善に効果的な筋膜リリース• 椅子に座り、背中が丸まらないように注意して肩甲骨を前に押し出すように両手を肩の高さで前に伸ばします。 20秒数えます。 肩の高さから両腕を下げないように平行に保ちながら、両肘を後ろに引いて20秒数えます。 肘の高さは保ったまま両手の手のひらを前に向けるように肘から上を上に上げていきます。 腰が反らないように、顎が上がらないように注意して20秒数えます。 首のこり、肩こり、腰痛の改善に効果的な筋膜リリース• 立って右腕を上に上げて肘を直角に曲げます。 左腕は左肘を直角に曲げて左手の甲を腰の後ろにあてます。 両肘を直角に保ったまま、両方の肩甲骨を反時計回りに回すように動かして20秒数えます。 右足を左足の前に交差させて、右のわきを伸ばすように左に身体を倒して20秒数えます。 鼻を左肩に近づけるように顔を向けます。 右肘が前に引っ張られないように注意しながら20秒数えます。 フォームローラーを使った筋膜リリースの方法 筋膜リリースを行う際に筒状のフォームローラーを使うこともあります。 身体の硬い部分、伸びにくい部分にフォームローラーを当てます。 身体の重みで当てた場所を圧迫しつつ、圧迫した部位に関連する関節を前後、左右に動かしながら解きほぐすように伸ばしていきます。 これらの手順を圧迫する箇所につき1分程度行います 5。 参考文献• 自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド 竹井仁 自由国民社 2017•

次の

日本初!筋膜はがし取り入れたストレッチ専門店! ストレッチの逹人|新宿(東京),大阪,神戸三宮,広島,福岡,札幌

筋 膜 リリース 福岡

Contents• トリガーポイントってなに?筋膜リリースと違うの? トリガーポイントとは? トリガーポイントとは 筋肉の中にある固くなった部分の抑えて痛みが出る部分のことを指します。 この固い部分は 筋硬結と呼ばれ、筋肉に過剰な負担がかかることでできます。 筋肉とはゴムのような組織のため、正常の状態であれば伸びたり縮んだりします。 力を入れている時には筋肉は縮んだ状態になるのですが、この縮んだ状態が維持されることで筋肉の中にある血管までずっと縮みっぱなしになります。 そうなると、 筋肉に十分な血液が供給されなくなり、阻血状態になります。 阻血状態になることで筋肉に十分な栄養が行きわたらなくなり、固くなって筋硬結となります。 その筋硬結の中で、押えたら痛みを感じる部分があります。 それが トリガーポイントです。 その名称の由来は、痛みが抑えた部分だけでなく 離れた場所にも生じるためです。 筋硬結を抑えることで離れた部分に痛みが出るため、ピストルに例えて引き金=トリガーを引くと離れた部分に弾が命中し痛みを感じると表現したことからきています。 なんで離れたとこに痛みが出るの? ではなぜ、離れたところに痛みを感じるのでしょうか? これには諸説ありますが、最近の研究では筋膜によって筋肉の緊張が伝えられ、痛みが伝達するのではないか?と言われています。 筋膜は筋肉同士を連結して、力を伝達するために全身を張り巡っています。 例えば、野球のピッチャーは投げる前にしっかりと踏ん張ることで足のエネルギーを上半身に伝達し、力強い球を投げることができます。 これも筋膜の働きによるところが大きいのですが、この力の伝達は悪い方向にも働いてしまうため痛みのエネルギーも離れた筋肉に伝達してしまうことがあります。 この伝達する痛みのことを 関連痛と呼びます。 筋硬結の中で抑えた部分だけでなく 関連痛を生じさせる部分のことをトリガーポイントと呼ばれます。 筋膜リリースとの違いはなに? 筋膜を介して痛みを伝達させるということで、筋膜リリースによりトリガーポイントが解消されると考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、トリガーポイントを解消させるためにはしっかりと 筋硬結を取り除く必要があります。 まず、そもそもなぜ痛みが生じるかについて解説させていただきます。 筋硬結は阻血によって生じることは上記に記した通りです。 この阻血の影響は筋肉を固める以外にも、筋肉が痛みを感じやすくなるという悪影響もあります。 痛みを感じる強さのレベルを 閾値(いきち)というのですが、阻血によってこの閾値レベルが下がってしまうのです。 そのため、本来であれば痛みを感じるはずのない部分にも関連痛が生じてしまいます。 閾値レベルを元に戻すには阻血を元に戻す必要があります。 阻血を元に戻すには筋硬結を取り除く必要があるため、筋硬結部分をしっかりとほぐさなければなりません。 以上の理由により、 トリガーポイントを解消するためには筋膜リリースではなく筋硬結をしっかりともみほぐす必要性があります。 しかし筋膜リリースにもまったく意味がないわけではありません。 弦楽器を想像してみてください。 弦をピンと強く張ったほうが大きな音が出ますよね? 筋膜も一緒で、固くなった筋膜のほうがより大きな関連痛を引き出してしまします。 筋膜リリースによって筋膜を柔らかくすることで関連痛の程度を弱くすることは可能です。 まとめ• トリガーポイントとは何か• トリガーポイントと筋膜リリースとの違いはなにか トリガーポイントについて上記2つの視点から説明させていただきました。 一見すると治療も似ているものではありますが、意味を知っていないとせっかくの治療も意味を成しません。 筋膜リリースを行ってもトリガーポイントを探し出さないと痛みを取り切ることは難しいです。 ですが、筋膜リリースで全身をほぐしていくことで、痛みがある部分が限定されていくため、 トリガーポイントを探しやすくすることができます。 難しく考えずに全身いろいろな部分をリリースして、自分の弱い部分をケアしていきましょう。

次の

筋膜リリースのやり方を覚えて筋肉をケアしよう!効果ややり方を優しく解説

筋 膜 リリース 福岡

全身の筋肉は、日常生活やエクササイズなどの運動で絶えず動いています。 しかし、日々、仕事などで繰り返す動きや激しい運動、加齢などにより炎症や血行不良を来し、その結果、筋肉を包む筋膜の癒着が起こると言われています。 最近では、肩こりや腰痛の原因がこれらの筋肉の癒着によって起こると考えられるようになってきました(筋筋膜性疼痛症候群:MPS症候群)。 この疾患は筋肉や筋膜が原因であり、骨や関節には明らかな異常は指摘できず、レントゲンでは診断ができません。 この筋筋膜性疼痛症候群の治療として注目されているのが筋膜リリース(ハイドロリリース)です。 炎症などにより癒着した筋膜を、体に害がない液体(生理食塩水)で剥がすことで痛みを緩和します。 最近はテレビなどでも報道され認知度が上がっているかも知れません。 基本的には鍼灸治療と同様、押して痛い所(圧痛点)に針を刺して痛みを緩和します。 筋膜リリースが違うのは、超音波検査(エコー)を用いて痛みのポイントを確認し、そこへ生理食塩水を注入し筋肉をほぐす、という点です。 時間も一部位(肩、腰など)につき5分程度で終わる簡便な治療です。 超音波はカラダに放射線被曝などの侵襲がなく、筋肉や血管を認識しやすい特徴を持った検査です。 また治療に用いる注射の針先もしっかり見えるため、血管や神経を傷つけること無く治療が可能です。 当院では2018年9月頃からこの治療を取り入れ、腰痛や肩こりなど良好な効果が得られることが確認出来ました。 残念なことに現時点では保険診療が認められておらず、自費診療で行っております。 ご興味、ご希望がある方はお気軽にお問い合わせください。

次の