モササウルス ark。 モササウルス

Basilosaurus

モササウルス ark

組み立てられたモササウルス・ホフマニ M. hoffmannii の骨格キャスト。 所蔵 後期 - : : : : : : : : : : : モササウルス属 Mosasaurus ,• Batrachiosaurus ,• Capelliniosuchus Simonelli,• Batrachotherium ,• Drepanodon , 1861 non Nesti, 1826• Lesticodus ,• Baseodon ,• Nectoportheus ,• Pterycollosaurus ,• Mosasaurus hoffmanni , (タイプ種)• beaugei Arambourg,• conodon ,• hobetsuensis? Suzuki,• lemonnieri ,• missouriensis ,• mokoroa? prismaticus? Sakurai et al. , モササウルス(: Mosasaurus)は、絶滅した水生のの属。 約7,000 - 6,600万年前にあたるのの間に生息し、西部と北アメリカに分布した。 やに生息した可能性もある。 属名は「のトカゲ」を意味するが、これは最初の標本がマース川の付近で発見されたことに由来する。 を捕食するモササウルス・ホフマニの復元 モササウルスはの最後の属の1つで、最大の属の1つでもあった。 大半のモササウルス科爬虫類と同様に、モササウルスの四肢はヒレ足へ進化し、前肢のヒレは後肢のヒレよりも大型であった。 最大の種は全長17メートルに達したモササウルス・ホフマニ であり、近縁なやをわずかに上回っている。 モササウルスは近縁な他のモササウルス科より頑強でもあり、下顎は頭骨に固く附随していた。 体型は上下に深い樽型で、目は顕著に大きく、立体視はあまりできず、嗅球も発達してはいなかった。 モササウルスは浅海に生息して魚類・ウミガメ・・小型モササウルス科爬虫類・・・を捕食していたと専門家は考えている。 モササウルスは潜水も可能であったが、彼らが深海へ進出した証拠はない。 には傷を負い、治癒した痕跡を持つものが少なくなく、闘争が絶えなかったことを示している。 頭骨はを思わせる形態で、頑丈では細長く伸び、後方に湾曲した多数の歯を持つ。 また、先の丸い砕くのに適した歯を持つものもいた。 これらの歯で獲物を捕らえ、砕き、切り刻んでいたとされる。 モササウルスの頭骨は短い円錐形の先端部に向かって細くなり、顎には巨大な円錐形の歯が並んだ。 ヒレ状の前肢には5本、後肢には4本の指が存在した。 尾は強靭で、やにも似た二股の尾ビレが存在したことが他のモササウルス科の化石から示唆されている。 尾の末端が強力な推進力を生みだす際に引きずられないよう、体は硬くなっていたと推測されている。 発見の歴史 [ ] 第一の発見 [ ] 1764年に発見された最初の頭骨である標本 TM 7424 モササウルスは最初に命名されたモササウルス科の属である。 学術的に知られた最初の化石は、1764年にジェーン・バプティスト・ドローウィンが発見して1766年に記載したものであり、の付近の丘である聖ピーター山の白亜産地から産出した頭骨断片である。 のテイラーズ博物館初代館長マーティン・ヴァン・マルムは1784年にこの標本を自館に持ち込み、1790年に記載を発表した。 彼はこの標本をクジラの一種と考えた。 この標本は TM 7424 としてコレクションの一つとされている。 第二の標本が発見された時期には諸説あり、1770年 、1770年ごろ 、1780年ごろ とするものがある。 いずれにせよ、この頃に第二の部分的な頭骨が発掘されている。 これはテオドルス・ジョアネス・ゴディングが所有する土地で発見されており、彼は標本を丘の上の斜面に立つ自身のカントリーハウスに展示した。 退役したドイツ軍医 1710-1782 もまた、同じ断片を収集し、ドイツ人の医者兼博物学者とともに頭骨を組み立てた。 ホフマンはこの動物をワニと推測した。 しかし1786年にカンパーはこれに反対し、標本を未知のと結論付けた。 不正確ではあるが、モササウルス発見の様子を描いたイラスト。 ホフマンが左に見える マーストリヒトは重要な要塞都市であり、1794年の末にフランス革命軍に占領された。 1974年12月に標本は戦争の戦利品として略奪されてへ運ばれ、国の遺産に指定されて新しいのコレクションに加えられた。 1798年には Histoire naturelle de la montagne de Saint-Pierre de Maestricht [Tome 1] を発表し、ここに発見の道のりを綴った。 彼によると、化石発見の折には通知するようホフマンは採石場の職員に金を支払っており、頭骨が1770年に発見された際に知らせを受けた彼は発掘の指揮を執ったという。 後にゴディングが地主としての権利を主張し、法廷に圧力をかけてホフマンに勝訴し、所有権の放棄を彼に迫った。 1795年にド・サン=フォンは標本を保護し、ゴディングに過失の補償を約束させた。 しかしながら、ドイツ人の歴史学者ペギー・ロンペンはこの物語に一切の証拠がないと指摘しており、実際に他の情報源により実証が不可能である。 ゴディングが本来の化石所有者であり、ホフマンは化石を手にしたことがなく、ド・サン=フォンが何かを支払ったこともおそらくなく、軍事力による化石の没収を正当化するためのカバーストーリーであると考えられている。 絶滅した爬虫類 [ ] モササウルス・ホフマニのホロタイプ標本である、顎の断片 ド・サン=フォンは標本をワニのものと推測した。 1798年にペトルス・カンパーの息子エイドリアン・ギレス・カンパーは、父親の記載論文を読むことで間接的に研究を再開した。 彼はまず、これが巨大なの化石であるという結論を導き、1799年にに賛同されるに至った。 1808年にキュヴィエはカンパーの結論を確定させた。 化石は既に、動物種が絶滅へ向かう可能性についてのキュヴィエの最初の推論の一部に組み込まれていた。 絶滅のアイデアは進化論の一つである彼のに繋がることとなった。 これに先立ち、かつて生息した動物に由来すると解釈された大半の化石爬虫類標本は、ワニ・魚類・鯨類・大型陸生哺乳類といった現存する動物と同様の形態として考えられた。 しかしマーストリヒトの標本が現存するどの動物とも異なる大型動物であるとするキュヴィエの考えは、彼自身にも奇妙なものであった。 彼は当時発展しつつあった比較解剖学における自身の技量を信じ、この考えを妥当とみなした。 彼は既に巨大なバクやナマケモノの標本など、現代では絶滅して化石からしか知られていない大型動物を相手にしていた。 1822年には、ホロタイプに指定された第二の頭骨 MNHNP AC9648 に基づき、マース川のラテン語表記を用いてモササウルスと命名した。 種小名の hoffmanni はが1829年に付け加えたもので、タイプ標本の発見者と推測されるホフマンの名誉を称えたものである。 hoffmanni というスペリングは代替となる綴りの hoffmannii よりも使用されているため、に基づいて保護されている。 1854年には、ドイツの生物学者がモササウルスが普通の四肢ではなくヒレ足を持っていたと推測した。 より近年の発見 [ ] 2015年4月18日(土)に、オランダの Rijkevoort 村の40歳アマチュア古生物学者ラース・バーテンが、彼の父ジョス・バーテンとともに、マーストリヒトの近くでモササウルス・ホフマニの化石を発見した。 この化石はラースと命名され、マーストリヒト自然史博物館に所蔵されている。 分類と種 [ ] ミネソタ科学博物館のモササウルス・コノドン モササウルス科は複数の亜科に分かれており、モササウルスはに属する。 モササウルス亜科はさらに に細分でき、モササウルスは、、とともにに分類される。 本属が命名されたのが19世紀前半であるため、北アメリカとヨーロッパから産出した数多くの種がモササウルス族に割り当てられている。 不完全な標本が多く含まれているものの、ヨーロッパの種は実際にはアメリカの種のシノニムであると多くの研究者は提唱しており、どの種をシノニムとしてどの種を独立種とするかについては見解が割れている。 例を挙げると、アメリカから産出した巨大な種モササウルス・マキシマスは大半の研究者がモササウルス・ホフマニのジュニアシノニムとみなしているが、頭骨の特徴により両者を区別できると主張する研究者もいる。 一般的には5種が有効であるとされており、その5種とはモササウルス・ホフマニ(タイプ種)、モササウルス・コノドン、モササウルス・レモニエリ、モササウルス・ベアウゲイ、モササウルス・ミズーリエンシスである。 さらに日本から産出したモササウルス・ホベツエンシス とモササウルス・プリスマティクスの2種、ニュージーランドから産出したモササウルス・モコロアの1種も、2016年に Street と Caldwell が発表した太平洋におけるモササウルス亜科の分類学的再検討において有効と認められている。 以下のモササウルス類と近縁な分類群のは、D. Grigoriev 2013 に基づく。 モササウルス Mosasaurus conodon Mosasaurus hoffmanni Mosasaurus missouriensis ジュニアシノニム、疑問名など [ ]• crassidens Marsh, 1870• hoffmanni• flemingi Wiffen, 1990• gaudryi Dollo, 1889• gracilis , 1850, ルッセロサウルス類に位置付けられている。 hardenponti Dupont, 1892? iguanavus Cope, 1868• ivoensis• lonzeensis Dollo, 1904• meirsii Marsh, 1869• neovidii , 1845• Grigoriev, D. 2014. Proceedings of the Zoological Institute RAS Russia 318 2 : 148—167. 2016年6月26日閲覧。. 『謎と不思議の生物史』、本田成正、山本聖士、〈イラスト図解〉、1996年、207頁。 149。 2010. "The roles played by museums, collections and collectors in the early history of reptile palaeontology. " Pp. 5-31 in Moody, R. , Buffetaut, E. , Naish, D. and Martill, D. eds. Dinosaurs and Other Extinct Saurians: A Historical Perspective. Geological Society Special Publication 343. van Marum, M. 1790. "Beschrijving der beenderen van den kop van eenen visch, gevonden in den St Pietersberg bij Maastricht, en geplaatst in Teylers Museum" Verhandelingen Teylers Tweede Genootschap 9:383-389. This article was published after Petrus Camper published his 1786 account and Van Marum follows Camper in his findings. Mulder, E. 2004. "Maastricht Cretaceous finds and Dutch pioneers in vertebrate palaeontology". In: Touret, J. eds. Dutch pioneers of the earth sciences, pp. 165-176. Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences KNAW , Amsterdam. Faujas de Saint-Fond, B. 1798-9. , 2013-11-05 at the.. 2013-11-05 at the. : start of the history of the head of the "crocodile", 2013-11-05 at the. and 2013-11-05 at the. : according to the text, both represent the skull that belonged to Godding, 2013-11-05 at the. : the skull of Teylers Museum, 2013-11-05 at the. : the lower jaw that would once have been in the possession of Petrus Camper, according to the legend drawn by Camper himself and now in the possession of his son. Camper, P. 1786. "Conjectures relative to the petrifactions found in St. Cuvier, G. 1808. 148で1780年と言及されている。 Fragmentum Maxillae superioris, lateris dextri capitis Physeteris incogniti ex Monte St. Petri, Traj. [ectum] ad Mosam as Camper writes in "Conjectures relative to the petrifactions found in St. 456, in a legend to Tab XVI. A Faujas de Saint-Fond later 1798• Rompen, P. 1995. Mosasaurus hoffmanni: De lotgevallen van een type-exemplaar. Camper, 1800, "Lettre de A. Cuvier sur les ossemens fossiles de la montagne de St. 278-291. 2019年3月30日閲覧。 ; Lucas, S. 2014. Netherlands Journal of Geosciences - Geologie en Mijnbouw 94: 39—54. Harrell, T. ; Martin, J. 2014. Netherlands Journal of Geosciences - Geologie en Mijnbouw 94: 23—37. Street, H. ; Caldwell, M. 2016. Geological Magazine 154 3 : 521—557. Grigoriev, D. 2013. Proceedings of the Zoological Institute RAS 317 3 : 246—261. Owen, R. in: Dixon, F. 1850. London: Longman, Brown, Green and Longmans. 380—384. Owen, R. 1851. London: The Palaeontographical Society. 29—41. Hallie P. Caldwell 2014. , and the status of Mosasaurus gracilis Owen, 1849. Journal of Vertebrate Paleontology 34 5 : 1072—1079. 2019年10月21日閲覧。

次の

ARK: Survival Evolved

モササウルス ark

史上最強のモササウルス・ホフマニイ さて、モササウルスを語る上で一つ注意があります。 モササウルスはメガロドンやホオジロザメのように一種を指しているわけではありません。 モササウルスは広義の意味でモササウルス科(以下、モササウルス類)の爬虫類もしくはモササウルス属の爬虫類を指しているものが多いです。 つまりスイカやメロンを瓜と言っているようなものですね。 テレビやネットで最強と言われているモササウルスはおそらくモササウルス類最強で最後の種であるモササウルス・ホフマニイ(Mosasaurus hoffmannii)のことでしょう。 同じモササウルス類のティロサウルス(ティロサウルス属の一種)がモササウルスとして紹介されていたり、混ざっていたりすることもあるようです。 ここではモササウルス類の中で最強を誇ったモササウルス・ホフマニイをモササウルスとして紹介をしていきます。 auctions. yahoo. モササウルス・ホフマニイ(以下、モササウルス)が出現したのはおよそ7900万年~6600万年前です。 ポルトガル付近の大西洋に生息し、現代のオオトカゲ類あるいはヘビ類の近縁とされています。 cocolog-nifty. モササウルスの化石はオランダ南部の都市のマーストリヒト近郊の鉱山で発見されました。 現代の海洋生物最強を誇るホホジロザメですら大きくなっても6m程ですので、2倍以上の大きさがあったということになります。 また、モササウルスの頭骨は大きく、1. 6m程もあります。 頭骨の大部分はワニのような長い吻になっているので、どれだけ大きい口なのかが分かると思います。 顎も頑丈で、その口の中は後方に湾曲した沢山の鋭い歯が並んでいます。 artstation. 実際、最近までモササウルスは悠然と泳ぎ、獲物を待ち伏せして捕らえるなどの方法で狩りを行っていたとされていました。 しかし最新の研究でモササウルスは「効率的に」「高速で」「長距離を」泳ぐことが出来たと言われています。 最大の理由はモササウルスの尾ひれの形です。 モササウルスの尾ひれはサメのような不等尾型の尾ひれをしていたことがわかりました。 サメと違い下に長い三日月のような形ですが(サメは上に長い三日月のような形)、この尾ひれはたった一回振っただけでより大きな推進力を得られたと考えられています。 また、モササウルスの胴体は流線型をしているため水の抵抗が少なかったと示唆されています。 このことから、モササウルスは遠洋性のサメと同等の高い遊泳能力があったと指摘されています。 遠洋のサメの最速はアオザメで時速55kmですので、これに近い速さだったということになるとぞっとしますね。 shigakujuku. 眼と言っても「松果眼」と呼ばれる主に光感知用の器官で、頭頂眼や顱頂眼 ろちょうがん とも呼ばれます。 現存種のトカゲ類などでは頭頂部付近にあり、角膜・水晶体・網膜まで揃っています。 人間には松果体として脳に存在し、体内時計に関わる役割を果たしています。 モササウルスは前述した通りオオトカゲ類の近縁ですので、やはり松果眼を持っていて明暗に敏感だったとされています。 つまり、自分と海面の間を泳ぐ獲物や海上と飛ぶ獲物が作る一瞬の明暗の変化さえも見逃さない、という感知能力が備わっていたということになります。 ジュラシックワールドでもモササウルスの松果眼の特性は出ています。 ショーの際はプールの上にサメをかざしただけで出てきましたし、その後にプテラノドンがプールの上に飛んできた時も出てきましたね。 あれはモササウルスが餌を待って上を見ていたというわけではなく、松果眼で水上の獲物の陰りを察知し、飛び出してきたということでしょう。 モササウルスのいた時代は主に爬虫類の体の超大型化がピークで、海では全長が10m程になるクビナガリュウ類とホホジロザメのようなサメ類の祖先などが生態系上部に位置していました。 その中でモササウルスは生態系上部に位置していた大型の海洋生物に手を出し生態系の頂点に君臨しました。 もちろん、大型の海洋生物の方もただ食われることはなく反撃に出ていました。 特にサメ類とは熾烈な直接対決を度々していたようで、モササウルスの化石にはサメ類による「噛み跡」が確認されています。 また、化石には治癒した痕跡を持つものが少なく、モササウルスが絶えず闘争していたことがわかっています。 naver. 卵を産まずにある程度胎の中で子供を育ててから海中に産み落としたとされています。 敵の多い白亜紀時代の海では確実に種を残していける有効な手段だったのかもしれないですね。 生態系の頂点にまで上り詰めほぼ敵なしだったモササウルスはなぜ絶滅してしまったのでしょうか。 その詳細は以下の通りです。 約6600万年前直径10kmに及ぶ小惑星がユカタン半島に衝突しました。 衝突地周辺は瞬時に燃え上がって消滅し、衝突によって吹き飛ばされた近く表層は粉塵となって大気に滞留、長期間にわたって日光を遮って「衝突の冬」と呼ばれる寒冷期をもたらしました。 衝突の冬は植物を枯らし、植物を食べる草食動物を、そしてそれらを食べていた肉食動物を滅ぼしました。 さらにこういった絶滅事件では生態系の頂点に近い種ほど滅びやすい傾向にあることからも、この事件でモササウルス類は絶滅してしまったと考えられています。 余談ですが、白亜紀のドイツ語をKreideにしたのは英語での白亜紀がCretaceousで「C」始まりだからです。 「C」始まりの地質時代名は多くあるので混ざらないようにドイツ語にしたのです。 PaleogeneがPgで示されるのも同じような理由で、「P」始まりの時代名が他にもあるので区別するためこの表記が採用されました。 hatenablog. このたった3000万年と少しの間でモササウルス類は現れ、繁栄し、そして最後は他の恐竜と同じく小惑星の衝突によって絶滅へ追いやられてしまいました。 短い時間の中で濃い進化をした彼らは現代においても生き残っていれば今でも海洋の覇者となっていたでしょう。 ですがモササウルス類の歴史はまだまだ解明されていないことが沢山あるので、また新たな伝説を古代から教えてくれるかもしれませんね。 今後の新しい発見に期待です。

次の

ARKモバイルのモササウルス(Mosasaurus)

モササウルス ark

5 -• テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。 移動速度以外• 個体ごとにステータスにばらつきがあります。 (現在それより大きなハボロテウティスが日本より発見されている)イカなのでもちろん骨はないが、肉食性の魚キモクリティスの化石のなかからキチンでできた軟甲の化石が見つかっている。 調査書には「トゥソテウティス・バンピロス(吸血鬼の)」と記載され、「触手で押しつぶし吸血する(おそらくつかみ攻撃とそれに付随する体力回復のこと)」とあるが、もちろんそんな研究はない。 トゥソテウティス・ロンガは研究の結果、コウモリダコ(英名ヴァンパイアスクイッド)と近い関係にあると考えられているため、それを取り入れたアレンジだろう。 ちなみにコウモリダコが吸血するかというとそんなことはなく、暗赤色の体色とマントのような足の膜、赤い目からそうつけられているだけであり、マリンスノーを食べていると推測されている。 モササウルスやエラスモサウルス プレシオサウルス などの深海生物同様一定の水深までしか追いかけてこない。 攻撃は多段ヒットし強力で、尚且つ触腕を絡みつかせこちらを行動不能にし一方的に攻撃もしてくるので戦うつもりが無いなら近寄らないようにしよう。 どうしても倒す場合は捕まれないバシロサウルスで戦うか、レベルの低い個体なら追いかけてこない深さから遠距離武器を撃つとよい。 倒すとテイムに必要な黒真珠をドロップする。 テイム後は前方広範囲に判定のある通常攻撃、モサやエラスモをも一方的に攻撃でき尚且つ自身の体力も大幅に回復させる右クリックの拘束攻撃など、とても心強い味方となるだろう。 しかし全方位から多数の敵に囲まれるとこちらの攻撃判定が触腕がある前方にしかないので、胴体部分に張り付かれスタックし身動きが取れない状態で攻撃を受け続けてしまい非常に危険な状況となる。 囲まれそうになったら一度距離をとり、敵が一方向からまとめて来るようにしてから対処しよう。 掴み攻撃はつかんでいる間ずっと対象の気絶値を上昇させつづけるため、掴んだまま待っているだけで相手を無意識にできる。 昏睡テイムの相手ならテイムし放題である。 ただしつかんでいる間はダッシュできないので注意しよう。 Cキーで墨を吐き周囲の敵の視界を悪化させるとともに、自分に短時間移動速度上昇のBuffをつける。 時間経過とともに体内に原油を生成する能力も持っているが、生体原油なせいか腐敗する。 腐敗しないガソリンに精製すると良いだろう。 原油の生成スタックは最大で70個。 バシロサウルスと比べて生成スピードは遅い。 テイム方法 ペットを掴ませてる間に口 触手の根本あたり に0キーにセットした黒真珠50個を手渡し。 「ペットをつかませた状態」にすることが重要なので、バシロサウルスやトゥソテウティスのような掴めないペット以外なら何でもいいということになるが、いる場所が深海であるため酸素が無限のペットであることは最低条件となる。 また、死んだり気絶したペットはトゥソテウティスの興味を引けないため、ある程度の耐久力がほしい。 移動速度は遅いが地上でもテイムでき、スイートベジタブルケーキでの回復が見込めるカルボネミス カメ特有の防御力は野生相手では機能しない や、水中での戦闘力と機動性がそこそこで、海ならどこにでも大量にいるメガロドンが有力か。 モササウルスが最適正だが高リスク。 移動速度が速く、体力もカルボネミスの倍以上であり、テイムも比較的楽なエラスモサウルスも有力。 カルボネミスはクライオポッドと併用し、トゥソテウティス付近で出すことで致命的に低い機動力を補うことが可能。 利便性を重視したいならモササウルスかエラスモサウルス、低リスクで行くならスイートベジタブルケーキを大量に積んだカルボネミスや死んでも良いようにメガロドンを複数体用意しよう。 掴まれた瞬間に降り、泳いで手渡し。 その後すぐに泳いで浮上し、無抵抗&追従ON 追尾距離:中or低推奨 のペットをトゥソテウティスの来ない浅瀬まで引き上げる。 これの繰り返し。 1回目は15分、2回目以降は約10分のクールタイム。 トラップ ケージ は有効だが、逃げもせず負けたりもしないのでその場でテイムしても問題はない。 むしろ釣っている間に別の野生生物に襲われ大名行列になりかねない。 また、トラップの建造物が邪魔して上手く掴めない事も多々発生する。 ケージを使わない場合は見失わないように注意。 戦闘力 体力が高く、ブリーディングせずとも高レベル個体にHPを割り振るとHP3万は超える程。 左クリックの触手攻撃の前方への範囲が広く、攻撃力も65の最大3hit 基本的に2hit と非常に強力となっている。 右クリックは掴み攻撃。 PvEモードでは野生を掴む事が出来ない。 掴むと敵を拘束し、気絶値を上昇させる。 掴んだまま攻撃する事も可能。 そのため高メレー個体では場合によりとっとと触手で薙ぎ払ったほうが速いことも。 また、パッチv279. 225時点ではアルファメガロドン、アルファモササウルスすら拘束することができる。 とくにアルファモサはAIの都合上、一度つかんでから浅いところへ移動すると全くの無抵抗になるので一方的に蹂躙可能。 PvEでもペットは掴めるが、気絶値は上がるので長く掴むとダウンし、起きるまで手がつけられない状態になってしまうので注意。 Cキーでイカ墨。 視界不良になるが一定時間移動速度が上昇する。 元の移動速度も巨体故に速く、使い勝手が良い。 クラゲの電撃は効果時間中はスプリント出来ず攻撃が出来なくなる。 ただ他の生物と違い、電撃を貰ってスプリント出来ずとも素の移動速度が速いので離脱は可能。 一見スペックは非常に強力…であるが弱点として、敵対生物が触手側ではなく本体の横に張り付こうとする習性がある。 この仕様のせいで一度張り付かれると触手攻撃が届かず、その場で方向転換しても敵が横に張り付こうとし続けてメガロドンにさえ手こずるハメになる。 特にアイランド東の海底洞窟ではダンクルオステウスにスタックされてしまい、サドルが100を超えていてもあっという間に5万ダメージ以上被弾してしまう事も。 中~小型を相手にする時は常に距離を取り、前方 後方 の一箇所に敵をまとめるように立ち回ろう。 通常、攻撃する時は体を反転させるが、後ろの敵を倒すだけなら体ごと振り向く必要が無いためスムーズに移行する事が出来る。 大型相手ではこの欠点はあまり関係がないので、モサやイカ、そのアルファ種を倒すには最適と言えるだろう。 アルファメガロドンは前述の動きをしてくるので注意。 余談だが黒真珠を食べるので重いからとトゥソテウティスに持たせているといつの間にか平らげている事がある。 特殊な討伐方法や注意点 エラスモサウルスにプラットホームを付けるとトゥソテウティスの体にワープし、スタックする。 この状態では敵の攻撃が届かず一方的に攻撃出来る。 注意点…上記の手法や、通常掴まれた時にたまに発生するバグが存在する。 通称:無限掴み。 その名の通り掴んだ後一生離さず攻撃してくるバグ。 この時手渡しは出来ない。 このバグに遭遇してしまうと大ダメージor死亡を免れない。 プレイヤーは即座にペットを追尾した状態で描画範囲外に避難しよう。 そうするとエリアが凍結され、一時的に戦闘が終了する。 そして戻ると追尾したペットが凍結した隙に逃げ出してくれるだろう。 無限掴み 再現性は不明だが、野生のトゥソテウティスが掴んだ生物を離さなくなるバグが存在する。 こうなるといくらHPが高いペットでも耐えられないのでモサやエラスモなどで効率を求めてテイムしている際は要注意。 もしなってしまったらサバイバーが一旦海を離れて遠方に移動し、エリアを凍結させてみよう。 最新の10件を表示しています。 テイムしたイカは野生のイカに拘束されますか? -- 2020-03-30 月 00:10:31• されません。 テイムしたイカで野生のイカをつかむこともできません。 -- 2020-03-30 月 00:16:12• わかりました!ありがとうございます! -- 2020-03-30 月 00:35:47• 少し質問ですが、ブリーディングの際 -- 2020-04-08 水 15:54:32• 途中送信してしまいました。 ブリーディングの際に孵化温度はあるんでしょうか? -- 2020-04-08 水 15:55:10• ないに等しいのでだいたいどこでもできるよ。 ただ卵は移動不可だからそこは気を付けてね、例えば水面が近いと孵化と同時に死ななくとも水面にスタックして散歩要求されたら動けず詰んだり…クライオポッド使えばどうにかなるかもだけどね -- 2020-04-08 水 15:58:49• ありがとうございます。 早速ブリーディングしてきます -- 2020-04-08 水 16:01:32• あ、水中ブリに関してはブリーディングのページに詳細が載ってるから一応目を通したげてね~。 良いブリを~ -- 2020-04-08 水 16:05:57• ノートのイラスト怖すぎん? -- 2020-04-08 水 16:09:04• そう?愛嬌あると思うが。 ところで、イラストで拘束されてるのってモサなのかな? -- 2020-04-08 水 18:02:10• イクチオだと思うよ、あっちの調査書に書かれてるサイズ比較してる絵のやつと顔似てるし -- 2020-04-08 水 18:22:25• そうなんだ。 実際のゲーム内と対比すると大きさが違い過ぎるから分からんかった。 -- 2020-04-08 水 18:47:47• ジェネシスでイカちゃん乗ったらなんか挙動が前と違う。 完全に止まってないとなんでか攻撃をやめて反転してしまう感じ。 「こういう操作したらいいよ!」ってアドバイスあったらお願いします。 -- 2020-04-16 木 21:56:58• 以前から連打甘いと反転しちゃうことあったけどマジで戦闘に支障来すレベルでクルクル回っちゃうな、一応完全に静止してれば連続攻撃になりやすい感じはする、うまくすれ違う感じで敵を脚側に持ってきて攻撃後は攻撃中は移動入力しないようにってくらいか -- 2020-04-16 木 22:36:12• ありがとう、試してみる。 移動入力してなくてもくるくるするんだけど、頻度は減った・・・気がする?検証しようにもどう検証したらいいかわからんのう。 -- 2020-04-17 金 09:31:37• ジェネシス海洋の水泳速度ブーストが悪さしてるんだろうか?でも恐竜に効果あんのかな -- 2020-04-17 金 09:32:54• 何故だかわからんがラグナの浅瀬で虚無ってるこいつをよく見かける 目がぱっちりしてるせいで余計に哀愁が漂ってる -- 2020-04-19 日 21:20:10• ムーダーでモサなんかより活躍するだろって思ってたけど乗ってないとマジでダメだな…ムーダー自体はでかいからまだいいけど子ウナギ狩るの全然仕事しねぇ…まあ討伐の時の非騎乗モサのドリフトっぷりも大概だが… -- 2020-05-21 木 02:05:27• ミニオン小さめだからか、デカブツ組がオーバーランしまくるんだよね。 かといってバシロはAI死ぬしダンクルサメは渦でぐーるぐるな訳なんだけど… -- 2020-05-21 木 02:15:24• 個人的には自分以外非騎乗で挑むときモサイカのような早い大物は相性が悪い気がしてならない。 浅瀬にこいつが入れるくらいの隙間を上に開けて深海の生物を引っ張って入れたら下に戻ろうとして何もできなくなる。 みたいな罠って成立するだろうか -- 2020-06-05 金 04:10:08• 多分いけるけど、そもそも引っ張ってこれるイコール掴めてるから、箱に入れるまでもなくこのまま掴んでおけばってなる気がする。 深海連中は浅瀬に上がるとAI死んで抵抗しなくなるし -- 2020-06-05 金 04:37:02• 深みをまとめて帰ろうとだけするはずだからU字に巨大門置くだけで良かったイメージ -- 2020-06-05 金 10:02:32• なるほど、ジェネ用に水中生物のテイムをしようと思ってて今までバシロとこいつしかとってなかったからわからんかったんだ、ありがとう -- 2020-06-06 土 05:05:06• ジェネで掴んだ相手を真空室に突っ込むと即死させられる模様。 なおつかいどころはあんまりない -- 2020-06-05 金 10:56:11• それでうっかり150モサ即死させて泣いたわ。 入ると思ってなかったのだ。 -- 2020-06-05 金 14:43:35• dexにコイツの掴みで気絶させるのに必要な時間が書かれてたが、前からあった? -- 2020-06-05 金 11:22:28• 麻酔系の昏睡値のヤツね。 何かいつの間にか追加されてたね。 -- 2020-06-05 金 13:56:56• 返信ありがとう。 やっぱり最近なのかな。 というかメレー依存だったのか… -- 2020-06-05 金 14:26:00• 公式で変異無しでもブリ個体レベル上げたら体力5万メレー1000とか行くんだな。 シングルオンみたいな数字でビビった -- 2020-06-06 土 09:35:13• それ大分良個体なのでは -- 2020-06-06 土 10:35:14• イカは初期値が高い上にモサ等他の超大型種と比べて明らかにステの伸びが良いしね。 -- 2020-06-06 土 13:12:46.

次の