プルシュカ 笛。 メイドインアビス白笛が六層で作られたのならどうやって手にいれたのか?絶界の祭壇と成れ果て村の入り口とともに考察中

【メイドインアビス】プルシュカは白笛の娘?可愛さと儚さを知る3つの魅力!【メイドインアビス】

プルシュカ 笛

白笛を作るための原料がユーアースなのはわかるがユーアワースと白笛作り方、作る場所はどこなのか考察してみる。 白笛は六層に行かないと完成しないとニコ生でつくし卿が言っていたらしいが、だとすると白笛達はどうやって絶界行(ラストダイブ)と言われている深界六層から白笛を手に入れたのだろうか。 まずユーアワースはブルシュカの描写をみてみるとそこに一つ答えが載っている。 頭の中と背骨を残してカートリッジにいれたらポリタンクから液体が出てきて固まったユーアワースが出来上がった。 カートリッジはボンドルドが発明した物なので、他の白笛達は違う方法でユーアワースを手にしているということになると思うのだが、ユーアワースはいくつか違う作り方があるのではないだろうか。 前線基地にある絶海の祭壇は白笛の形をしていないブル石でも動いたので六層までは行ける。 完成された白笛でなくとも命を響く石の状態、あるいは完成されていないレプリカの白笛でも祭壇は動き、白笛はこのエレベーターの中で作るという情報もある。 次に5人以外の 別の白笛が「命を響く石」持って六層に降り「石が得意な者」に加工してもらって、それを祭壇に載せて五層にいる 現在の白笛達に届けた。 オーゼンが 「何人かの白笛がみたという深界七層の不思議な輪」と言っていたが何人かは7層まで辿りついた歴代の白笛達が存在するということだろう。 」 エレベーターはリコ達が使う前に神秘卿スラージョが乗り六層まで降りているが エレベーターは五層に戻って来ている。 ボンドルドは 「神秘卿は届けも出さず降りていった。 先導卿は自らの遺物を使って」言っているので 神秘卿スラージョが祭壇のエレベータを使い六層まで降りたんだろうと普通は考えると思う。 エレベーターの中にはスラージの姿はなく「トコシエコウのいぶしの香だけが残っていた」ということはエレベーターは 「降りるときは内部から白笛を使わないと動かせないが帰りは勝手に自動で五層に帰ってしまう」人を決して帰えさせない絶界行エレベーターなのだろうか。 五層に祭壇エレベーターがあったということはそういうことではないだろうか? 次に白笛達が直に六層まで降りて 「白笛」を成れ果て村で加工して持って帰ってきたと仮定してみると ボンドルドは「 カートリッジやゾアホリックを使えば六層から帰って来れる」だろし、ナナチもボンドルドは六層の呪いを克服していると言っていたので六層から生きて帰ってこれるのだろう ボンドルドは自らを供物にしたということだが、命を響く石になる仮定でいきなり人間から石になったのではなく おそらく、カートリッジのように余計な物を取り除いて 「命を響く石」になったのではないかと思っている。 余計な物を取り除いたあと自ら動くことはできないはずだ。 ゾアホリックで祈手を使い、自ら供物にすることさえ可能にしたということだろうか。 五層まで戻ってこなければ 「人間性の喪失」わからないのではないだろうか ボンドルドは人間性を失っているし、白笛はある意味人間離れしているので人間の限界は超えている。 絶界行はオースの街の言い伝えであり。。 「深界七層最果ての渦こそが本当に戻れない場所」なのではないだろうか。 祭壇の入り口からエレベーターに入るときに 「水のようなもので膜を張ってあった」その中にくさい子メイニャがメヤァといって飛び込んで祭壇の中に一番乗りしている。 そして六層に着いて、 成れ果て村の入り口でも祭壇の膜に似たようなものに変化の子メイニャは一番に飛びこんでいる。 そして中に入ったときナナチがマジカジャが階段を登るのを見て怖がっているリコに対して言った言葉 どういう理屈か知らねえがここには力場存在しねぇ ぼくはこの記事で六層は建物が逆さまにになっているので力場も逆さまになったのでないかと考えたのだが この似たようなシーン、 祭壇と成れ果て村の水の膜と メイニャが同じように飛び込む描写はなにかを意味しているのではないかと思えてきた。 つまり成れ果て村の入り口の 「水のような膜が力場」を防いでおり、祭壇の「水のような膜にも力場」を防ぐ機能が備わっているのではないかと思ったわけだ。 祭壇エレベーターの中に力場が存在しなければ 「白笛」を六層で加工して白笛達だからこそエレベーターを起動させることができるので五層まで戻ってこれる。 他の笛を持つ短窟家達は「白笛」を持っていないので成れ果てるしかない 白笛達だけに口伝されていることでボンドルドには教えてないと無理やり解釈してみるw 書いてる自分でもツッコミどころはたくさん見つけれるほどだ。 上の霜織りのような膜は力場を防ぐと予想してみる。 qtime.

次の

原作未消化エピソードがあるのが惜しい

プルシュカ 笛

ボンドルド編が劇場版として製作されたのは嬉しいが、その出来は凡庸。 「深界六層 : 還らずの都」に降りるためには「自分のために身を投げ打った人間で作る白笛」が必要なんだが、その為の行動、つまりはボンドルド同様にレグ一行は人身御供をせねばならないのに、その事に全く、誰もが何も、具体的な行動はおろか、想いもめぐらせないのだ。 とにかく劇中はボンドルドとの肉弾戦がメインになってしまい、他の事が全て後回しになってしまっている。 このために『真理探究(=あこがれ)』という作品の持つテーマ性は一切何も語られない。 ようするに6層に降りるというクエストが完全に忘れ去られているのだ。 で、ボンドルドを倒したら、自動的に白笛もゲット! 何、この低レベルストーリー。 褒めてる人の意見を見ると、やれプルシュカのおっぱいだの、残酷シーンがどうだのとどうでもいい事ばかりに目が行ってるようで、まぁ、そーいう層には受けがいいんだろうが(連中は萌えキャラが見れればそれでいい人種)、作品のテーマに惚れてる僕には残念な出来だった。 また展開にも納得できない点が多く、それがノイズとなって乗れなかったのも大きい。 (オープニングからボンドルドに出会うまでは最高、、、なんだが、ここから「ハァ?」が連続する。 ) ボンドルドがどんな奴か知っているのに相手の弁を信用し、無策にも眠りコケ、出会って数時間でレグが拉致される。 意味がわかんないです。 全員で一緒に寝ないでください。 またボンドルドはナナチを仲間に引き入れたいようですが、だったらレグの拉致監禁はその交渉の後にすべきでしょう。 ナナチは恐怖で黎明卿に付き従ったと言ってますが、それをボンドルドは理解してなかったのでしょうか? では人間性の先読みが出来ないボンドルドが研究バカとして、じゃあ、その研究バカの「真理探究の成果」や「目的」は何なのか?ってのが気になって来ますが、映画ではほぼ何も語れらないです。 親子同然のプルシュカを上昇負荷、つまりはアビスの呪いを肩代わりさせるために犠牲にしますけど、それって研究成果として凄いですかね? だって上昇負荷を耐える実験って、アビス探索にそんなに必要な要素じゃないでしょ。 そりゃ死ぬ確率が減りますけど、単なる防御手段の一種でしかないわけでしょ。 だいたいゾアホリックで精神を他の体に移管できるボンドルドにとって、死は脅威ではないし(5層限定だけど)、このプルシュカ犠牲のシークエンスは「ボンドルドならやりそうな事」の一つ、いわば些事でしかないのに、これが映画の根幹を占めているのが気に入らないのです。 ボンドルドはアビスには呪いと祝福がある、もしくは同義だと言ってますが、ナナチのように獣人化するのが「祝福」なんでしょうか? 僕には獣人化なんか、大した事には思えません。 まだあります。 ボンドルド卿は愛は肉親関係は必要ではないとカッコイイ事言いますが、やってることは単なる損得勘定でしかなく、自分の研究の道具にしか人間を見なしてません。 自分自身を犠牲に白笛を作ったというエピソードも、結局、自分のために死ねる人間を見出せなかった言い訳にしか僕には写りません。 こんなボッチが愛を語る自体が論外です。 ナナチは彼との論争を途中で諦めてしまいますが、突込みが足りないと思います。 僕なら「研究成果もない」「他人を道具としか思ってない」「6層に行かない腰抜け」とボンドルドを論破できますよ。 構成として不満もあります。 プルシュカの描写が薄い段階で、彼女を殺してもショック度合いは低いんじゃないでしょうか? 映画ではボンドルドとレグとの戦闘中に回想をぶち込んできますが、こういう心理描写の補足は「プルシュカが生きてる時」にすべきです。 死んだ後に、こーいう生い立ちでしたー、、良い子供でしたー、、と説明されても、死んだ後には今更感しかもたらさないと思います。 意味ないでしょ、死んだ後の故人談義なんて。 葬式のスピーチじゃないんですよ。 プルシュカもボンドルドも掘り下げが低いんですよ。 結局、悪い奴倒したら、都合よく白笛を落としてくれて6層に行けるぜ!って話でしかない。 物語が薄い。 プルシュカのエピソードは原作からオミットされた部分が少しあるので、せめて、彼女の部分は完全に拾い上げてほしかった。 あのクダらないオーゼンとマルルクの話を入れるくらいなら尚更ね。 ゾアホリックも破壊しないし、残りのボンドルド軍団も健在。 結局、何も5層は変わらないまま、単に戦闘用のボンドルド卿が死んだだけで物語りは終わりです。 うーん、戦闘を見たかったわけじゃないので全体的に残念な出来でした。

次の

プルシュカ (ぷるしゅか)とは【ピクシブ百科事典】

プルシュカ 笛

TV版 メイドインアビス• 見放題配信: ちなみに 劇場版総集編なら更に短い時間で視聴できます。 31日以内に解約すれば無料で見れる(小声)• 劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』作品情報 2020年1月17日劇場公開 あらすじ 隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。 ある日、母・ライザの白笛が発見されたことをきっかけに、 アビスの奥深くへ潜ることを決意するリコ。 リコに拾われた記憶喪失のロボット・レグも自分の記憶を探しに一緒に行くことを決意する。 深界四層でタマウガチの毒に苦しむリコ。 リコを救ったのは成れ果てのナナチだった。 ナナチを仲間に加え、ボンドルドの待つ深界五層へと三人は冒険を進める。 そこで、プルシュカと名乗る女の子に出会い… リコが毒から回復し、レグの火葬砲が"文字通りの意味で"使われた後の話。 一行にナナチが加わり、目指すは深界五層の 前線基地 イドフロント。 ナナチの因縁、 ボンドルドが待ち受けている場所です。 劇場版メイドインアビスを見ました絵〜〜!えっと、プルシュカっていうかわいい女の子がいるんですけど、この女の子が主人公と仲良くなって、「一緒に冒険行きたいんだ!」って言って、それで色々あって一緒に冒険に行くっていうお話です — するぽあw sulpoaN そうです。 テレビシリーズを未視聴でも大丈夫か 見ていなくても大丈夫。 だと僕は思います。 話が分からなくなる…みたいなことは無いと思う。 上昇負荷のヤバさや作用が分かりにくいかも…くらいかなぁ。 ただ、一つ。 ボンドルドへの憎しみが薄くなる。 テレビシリーズを視聴した人は例外なく、 ボンドルドへの憎しみを心に灯して映画館に来ています。 少しでもナナチに寄り添いたいと願うなら、テレビシリーズを見ておくことをオススメします。 見放題配信: キャスト・スタッフ 劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』ネタバレ感想 あらすじの続き(最後まで) 前線基地 イドフロントに辿り着きプルシュカと仲良くなった一行は、 紆余曲折あってレグの右腕をもがれ、 二転三転してプルシュカが"完成"し、 なんやかんやでボンドルドを倒すことに成功しました。 紆余曲折……用意された部屋で休む一行。 夜中にリコが目覚めると、二人の姿がない。 プルシュカの助けを借りて二人を探すリコだったが、 ちんちんの話をしている間にレグの右腕がもがれていた…。 二転三転……ブチギレて ボンドルド成れ果て化作戦を実行した一行。 しかしボンドルドは生き返り、「おかげでプルシュカとの愛が深まりました。 なんやかんや…… 祝福ボンドルドと化した相手に3人で挑む一行。 最後の火葬砲も外れてしまうが…… リコ「火葬砲!!!」ファ!?お前…!!!! ボンドルドの下半身を焼き払った直後、呪いを受けた プルシュカートリッジを抱いて泣き叫ぶリコ(この辺でテレビシリーズ挿入歌のインストが流れる• Kevin Penkin• アニメ• provided courtesy of iTunes いい曲…カートリッジから液体出てきちゃってるけど… あ……だめ……溢れちゃう……プルシュカが溢れちゃう………コト…(何かが出てくる音 プルシュカートリッジから出てきたのは、白笛の原料 『 命を響く石 ユアワース(プルシュカの姿)』でした。 THE END そういえば映画本編が始まる前に「マルルクの日常」という5分くらいの短編があったな。 寝てしまった御師さまを起こそうと奮闘した結果、マルルクが恥ずかしいことになってしまう内容でした。 恥ずかしいことに。 ニチャア… やっぱりトラウマ不可避だった 奈落の闇がどんなに暗くても大丈夫!あんたとっても明るいから! なんていいセリフ……と思っていたらクライマックスでリフレイン。 はい涙腺崩壊。 こんないい子が……こんないい子が……。 こんなのR-15に決まってるよナァ!?!?! 親子連れ「おっかわいらしい映画ポスターやんけ!ちょっと見たろか!w」 カートリッジ「よろしくニキーwwwwwwwwwwww」 まあ確かにカートリッジ、というか、 友達だったものがトクトク溢れ出ている箱を抱きながら泣く少女とかいうのもヤバイんだけど、それだけで済まないのがボンドルド編だった。 そういえばテレビシリーズでも似たような場面があったなあ。 リコの腕を治そうと入った泉で 大きくなったレグのキノコを見てキャッキャウフフしてると思ったら、次の瞬間リコが 泣き叫びながらキノコを抜かれるやつ。 食べてるポテチ落としそうになったわ。 映画でも、ああ…回想だ…プルシュカ…いい子…と思っていると はい、カートリッジを渡される。 みたいな頭の追いつかなさがあった。 音楽が止まない感情の椅子取りゲームをやってる感覚。 地獄の音楽が。 こんなん健全な青少年が見たら トラウマ…というか情緒の発達に影響しそうなんだけど、僕はリコの精神も心配です。 ナナチにも "加工場"でボンドルドを手伝っていたという話がありましたね。 最初は怯えていたけど、最後に「話はついた」と言っていたのが印象的でした。 僕たちは画面を通して見てるだけだけど、リコたちにはこれが、トラウマシーンだらけのこの世界が現実なんだよな。 見てるだけだからいいけど、ワイが加工場なんか行った日には1日で発狂するレベル。 いやでも逆に考えるんだ。 ボンドルド編をR-15で映画化したってことは、きっとここが頂点なのだと(エグさ的な意味で)。 いやこのエピソードの映画化はすごくよかった。 エグさ、ボンドルドへの感情、白笛(プルシュカの姿)。 映画だからこそ消化できたんじゃないかなと思います。 でもここが頂点(願望)。 これよりヤバイエピソードなんて…ないよね…?またR-15指定しなきゃいけないじゃん…?六層からはきっと、四層で見たトコシエコウの花畑が広がっている…みたいな話が続いていく…んだよね…?きっとそうなんだ。 ワロタ。 さっきも言ったが、映画を見る人の中には、 ボンドルドへの憎しみをどうにかするために映画館に足を運ぶ人も多い。 というか僕もその一人。 でも多分、 ボンドルドにはそれが理解できない。 え…?アビス潜りたいじゃん…?上昇負荷克服したいじゃん…?なんでキレてんの?w ボンドルドからしてみればそのためのカートリッジなんだよな。 極端な冷酷さ。 結果至上主義。 アビスの祝福 (アイデスヨ…(CV. 森川智之))も謎を解明する上で避けては通れない。 「完成させてくれてありがとう」でプルシュカが兵器にでもなんの?とか思ったけど、アレか。 二人の愛か。 娘へ注いでいた愛は自分が祝福を受けるための手段だったってわけですね。 エゴイズム。 無慈悲。 『 命を響く石 ユアワース』の原料には使用者に身を捧げるレベルの意思が必要(石だけに(は?))と言っていたけど、祝福を受けるためにも同じような条件が必要なんですね。 ナナチとミーティにも強い繋がりがあったなあ。 愛ですよ…(CV. 森川智之) しかし白笛の原料には自分自身をしていたし、手段のためには目的を選ばないだけなんだろうと思う。 カートリッジも自分を原料にしようとしたみたいだし。 結果主義。 そう考えればボンボルドの心も分からなくはない(そうか?) アビスへの憧れに突き動かされたサイコパス。 狂人は理解に及ばないけど、サイコパスというなら共感はできないが理解はできる。 リコが 「あなたは許せないけどロマンは分かる」と言っていたのとちょうど同じ感じで。 だから3人に倒された後も、 「君たちの祈りが私のそれにまさったのです。 応援していますよ。 」みたいなことが言える。 感情の欠如。 暖簾に腕押しとはこのことか。 止まらない椅子取りゲームのせいもあって、マジでどういう感情になっていいか分からないんだよな…。 この憎しみをどこに持っていけばいいのか…。 ナナチかわいい そんなボンドルドにも、唯一共感できる部分がある。 ナナチはかわいいですね。 なきがらの海で獲れたヤバイ見た目の魚を食べるレグを見るナナチがかわいい 食べるナナチもかわいい ナナチはかわいいですね。 プルシュカに質問責めされてる時のナナチかわいい ここのプルシュカもかわいい プルシュカもかわいいですよ。 ボンドルドと出会って「お前がナナチのォ!!」みたいにキレるレグをモフモフで制止するナナチかわいい 用意してくれた食べ物に文句言うナナチかわいい ナナチはかわいいですね。 「夜明け」を説明するプルシュカかわいい 「明かりが…つくんだ…!」 プルシュカもかわいいですよ。 祈手 アンブラハンズにもみくちゃにされるナナチかわいい ボンドルドに「下衆外道がァ…」と言うナナチかわいい おやおや…ナナチはかわいいですね。 「行くぜ…冒険を取り戻すんだ…!」口調とセリフがいちいちかっこいいかわいい ボンドルドvsレグの流れ弾に当たりそうになるナナチかわいい 負傷したレグがモフってチンコ硬くしてるのに気づくナナチかわいい おやおや… 「やったか!?」三連発 ナナチの敵は僕の敵だ!!! レグかっこいい 涙ぐむ ナナチとワイ(え…?)そんな ナナチとワイを横で見ながら微笑むリコ(は?)こんなん映画版ジャイアンじゃん…。 ナナチの敵は僕の敵。 なのでボンドルドはみんなで倒そうな。 ナナチが誘い込み、リコがカッショウガシラをおびき寄せた後、レグの腕で退避する作戦。 祈手 アンブラハンズはめちゃくちゃに食われていきますが… やったか!? はい 『 枢機へ還す光 スパラグモス』〜www 火葬砲に似た武装を使い、ボンドルドは生き残ります。 仲間が食われまくってるのに、 「これは驚きました。 やはり君たちは素晴らしい」みたいなことを言いながら感心している様子のボンドルド。 海へ突き落としたボンドルドを引き上げ、上昇負荷を与えます。 五層最下部の海の下は深界六層。 上昇負荷は六層分のものに。 深界六層:人間性の喪失、もしくは死に至る。 あ…ボンドルドが成れ果てに… 人間相手の戦闘は今までなかったので、"上昇負荷を与える"という発想にはビビりました。 しかも六層のだからね。 危うく僕も劇場で 「感心しました」とか言うところでした。 そしてアビスの呪いを受けたボンドルドのマスクの下からは、 成れ果て感のあるピンク色の物体が… やったか!? はい 『 精神隷属機 ゾアホリック』〜www 普通に生き返る(?)ボンドルド。 いや死んだけど。 別のボンドルドが歩いてきて死んだボンドルドのマスクを剥がしてボンドルドになるボンドルドボンボルド。 これが 『黎明卿 新しきボンドルド』 ヤバイ。 ボンドルドヤバイ。 え…? 闇レグ…? ボンドルド「おやおや。 おやおやおやおやおや。 」 そして メガンテみたいなクソデカ火葬砲で、ボンドルド…というか 前線基地 イドフロントの一部を無に帰してしまいます。 六層の箱庭に降り立てるほどに。 火葬砲の範囲が広すぎてどこに向けて撃ったのか分からない。 下か?そして意識を取り戻すレグ。 光レグ。 やったか!? え?w無傷だが?w え?死なない?ボンドルドってそういう…設定?ボンドルドだけ両津勘吉だった? レグはなんか アラバスタ編のルフィみたいな戦い方になってるし、竹書房だと思っていたら集英社だった…?何を言っているのか分からねーと思うが… まあ最後は火葬砲で倒すことになるんですが、リコが 精神隷属機 ゾアホリックに気づかなければマジで不死身では。 「ちんちんて何?」 メイドインアビス、度々ちんちんの話になるよね。 あとお尻の穴。 アビス育ちで夜明けを見たことがないプルシュカは、ちんちんも何なのか分かりません。 ちんちんて何だ? む、無知シチュ…… なので、 まだちんちんを知らないプルシュカに、 すでにちんちんを知っているリコが教えてあげるのです。 ちんちんはね、レグがおっぱいを見たりナナチを触ったりしてると…… ハ!・!!?!>!? いやおっぱいは分かる。 おっぱいは分かるよ。 おっぱい見ると大きくなるよね。 わかる。 ナナチを触ったりしてると…… ハ!!!?!?お……おま……おまナナチ触ってる時もちんちん………ちんちんをちんちんさせてるのかヲ!?!?!! こわい。 もはやこわいな。 作者の性癖がこわい。 レグのへそに色々突き刺してるのも怖い。 あ…これpixivで見たことあるやつ… あぁ!パパ棒のことか! ちんちん知ってたわ。 パパ棒wwwwwwwwwwww畳みかけてくんなwwwwwwwwwwww てかプルシュカおっぱい大きいよね。 もしかしてレグお前プルシュカでも…… 続編制作決定 ということでシリーズ続編が制作決定。 楽しみだな〜〜〜〜 !?テレビシリーズが2017年ってマジ!?2017年ってことは3年前ってことになるんだけどメイドインアビス放映からすでに3年経ってるって認識で合ってる???3年?????は??????.

次の