東方キャノンボールレアリティアップ。 稼ぎ

東方キャノンボールとは (トウホウキャノンボールとは) [単語記事]

東方キャノンボールレアリティアップ

東方キャノンボール 東方CB のリセマラ当たりランキングを紹介しています。 現時点でのリセマラ当たりキャラややり方、リセマラの終了ライン・注意点なども掲載しておりますので東方キャノンボールを始める際の参考にしてください。 【特性:CB獲得量アップ 大 】 プラスマスでもらえるCBの量が大きくアップ。 リセマラを繰り返すことで通信量にかなりの負担が掛かってしまうため、 Wi-Fi環境で行うことをオススメします。 排出確率 東方CBガチャは「キャラ」と「写し絵」 装備のようなもの が一緒に排出されます。 星5複数体が理想 当然の事ながら、なるべく多くの星5キャラが引けることに越したことはありません。 そもそもリセマラはやるべき? やりやすさの点からやるべき! 東方CBのリセマラは1回当たり5分程度で行えるため、基本的にはリセマラ推奨です。 レアリティは上げられる レアリティアップ素材を集めることで、星4以下のキャラでも星5まで育成する事が出来ます。 ただし、 素材を集めるのは現状ではかなり厳しめなため、やはりリセマラで星5キャラを引いておくことをおすすめします。 狙うキャラを性能で選びたい場合は、「切札」に注目しましょう! ステータスは「出目勝負」が重要 【出目勝負】の値によって、出目勝負時のサイコロの数を増やすことができます。 出目勝負で勝つことで相手のシンボルを奪ったり、1回休みにしたりすることができるため非常に重要なステータスと言えます。 出目勝負の合計が100ごとにサイコロ1個増加。 弾幕バトルではスペルカードが重要 東方キャノンボールはボードゲームの要素の中に「弾幕バトル」というバトルの要素があります。 弾幕バトルでは、「スペルカード」が重要となるため強力なスペルカードを持つカードを狙っていくのも良いでしょう。 リセマラではキャラを狙おう 東方CBガチャは「キャラ」と「写し絵」 装備のようなもの が一緒に排出されますが、キャラ性能の方がゲームに与える影響が圧倒的に大きいので、リセマラをする際にはキャラを狙っていくことをおすすめします。 攻略データベース キャラには5種類の属性がある キャラにはそれぞれ「花」「鳥」「風」「月」「陽」の5種類属性があります。 月属性と陽属性はお互い有利属性になり、その他の3属性には中立になるため、序盤は高く評価されると思います。 【特性: HPターン回復 大 】 3ターンに一度チームのHPを大きく回復。 【特性: CB減少量ダウン 大 】 マイナスマスで失うCBの量が大きくダウン。 【特性: CB減少量ダウン 大 】 マイナスマスで失うCBの量が大きくダウン。 【特性: CB減少量ダウン 大 】 マイナスマスで失うCBの量が大きくダウン。 【特性: 休憩 大 】 一回休みの時チームのHPを大きく回復。 【特性: スタート時CBアップ 大 】 クエスト開始時にCBが大きくアップ。 【 イベント: 努力と賜物】 CBをたくさん獲得! 【特性: 休憩 大 】 一回休みの時チームのHPを大きく回復。 【特性: スタート時CBアップ 大 】 クエスト開始時にCBが大きくアップ。 【特性:CB獲得量アップ 大 】 プラスマスでもらえるCBの量が大きくアップ。 【特性: CB獲得量アップ 大 】 プラスマスでもらえるCBの量が大きくアップ。 【特性: CB獲得量アップ 大 】 プラスマスでもらえるCBの量が大きくアップ。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

博麗霊夢とは (ハクレイレイムとは) [単語記事]

東方キャノンボールレアリティアップ

星3以上• 必須キャラ。 いるかいないかで稼げるCBが段違い。 ボードの切り札でCBを割合で入手できる=総資産の増加につながる• 星3以上• 切り札は自分が二回行動できる。 なんと二回行動時にも切り札のリキャストが進むため、星4以上のてゐならクエストのノーマル(18ターン)で3回撃つことが可能になる。 また、ボード特性がバトルメンバー回復のため、残り体力を気にせずバトルマスを狙い続けることができる。 また密着取材などのターン開始時にCBが貰えるイベントでは、切り札を使うことで一回多く貰うことができる。 、 星3以上• COMによるステージ中での妨害行為対策に。 小傘・屠自古のCB半減を食らっては報酬の半減に直結する。 ボード特性が咲夜と同じくバトルメンバー回復のため、残り体力を気にせずバトルマスを狙い続けることができる。 収益率は低いので、妨害が少ないステージでは非推奨。 星3以上• MAP構造上出目が多いほど任意の場所に行きやすくなる。 シンボル買収や出目勝負を仕掛けるなどに安定感が増す。 収益率が高いため、総資産増加に貢献する。 初回発動がてゐや咲夜と被るのが難点。 星3以上• てゐやにとりなどを上回る収益率に加え、下記の幽々子や文などに迫る高い出目勝負力持ち。 サイコロの出目以内であればシンボルマスに止まれる切札を持ち、星5では2ターン目から使えるため4ターン中3ターンはこの効力を得られる。 この性質により、短いターンで多くのシンボルを確保して、CBボーナスを少しでも多く稼ぐことが可能になる。 また、シンボルにバトルマスが設けられているパターンが多いため、弾幕バトルでの稼ぎも副次的に可能。 相手ターンがCBを獲得した時に、自分もCBを少しではあるが獲得する特性持ち。 確定でシンボルを奪えるため、特に配達ルールでは終始安定して稼ぐことができる。 買収されて相手がゴール条件を満たした場合においても、緊急用に使える。 出目勝負力も高めに設定されているので、戦力としては申し分ない。 収益率は低いので他キャラで補う必要がある。 、、、、、、 星4以上• 収益率が高い。 枠が余っていれば入れたい。 ドレミーは何度も弾幕バトルで稼ぐのに向いている。 ストーリーよりもマルチプレイ向きの性能のキャラが多い。 、、、、、、 星4以上• 出目勝負力が高い。 他のメンバーで十分な出目勝負力が確保できていれば不要。 この中では、幽々子と文と早苗が重要度が高め。 幽々子はプラスマスでの獲得値が特大、切り札が1回休みと強力。 文は切り札が擬似的に小町の護符のような使い方ができ、イベントもシンボルがもらえる。 早苗はこの中で、収益率・割引率が高い。 映姫は全員1回休みのイベント持ち。 たいていの切り札が使えない1〜4ターン目の行動で護符を生かしやすく、運こそ絡むが移動系護符が手に入ると、シンボルをほぼ確実に早く確保しやすくなる。 移動系以外の護符が出ても、護符店で売り払うことである程度の資金を確保して、河童護符の購入に回すことができる。 出目勝負力も高めになったが、収益率はかなり低いので他キャラで補う必要がある。 星3以上• プラスマスの効果アップのため、プラスマス特化ならば地味ながら総資産増加に貢献する。 シンボルを集める場合は収益率の高い別キャラ推奨。 星4以上• これと以下に示す2キャラは、いずれも固有イベントでCBを多く獲得できるという共通点がある。 全イベントの中でトップクラスのロマン砲なので、クエストの終盤での発生に期待したい。 出目勝負力はかなり低いので、他のメンバーで補う必要がある。 星4以上• 出目勝負力が比較的高めなので、フランのように出目勝負力で足を引っ張りにくいが、代わりに収益率はかなり低い。 ただし、イベントをスキップする設定にしていると、シンボルマスワープかCB獲得からランダムで選ばれてしまうので、これを使う場合は設定確認を忘れずに。 星4以上• フラン・リグルと違い、収益率は影響せず、直接持っているCBの割合になる。 ただし上記2人に比べて収益率が30%と高いので、発動しなくてもイベントが同じタイプのフランとリグルと比べて一番リスクは少ない。 レベルを上げていたり、属性をしっかり考えていれば気にすることはないが、強いて言うならば…。 霊夢、紫 星4以上• 他キャラとは一回りくらい違う戦闘力を持つ。 属性も陽なので、弱点を突かれず、メンバー選出の間違いで相性の悪いのを出してしまったという事態だけはない。 また、適当にやっても強く、困ったときにはこの2人がいれば大体かたがつく。 パチュリー 星4以上• 属性が陽なので、弱点を突かれず、メンバー選出の間違いで相性の悪いのを出してしまったという事態だけはない。 全体回復が可能。 同じ回復系の護符持ちでもてゐよりはステータスが高い。 小傘 星4以上• 凸ロールが優秀。 スペカを撃つとボーナスが貰えるため、それを早められる小傘は余裕があるなら入れてもいい。 あとは、ボーナス狙いなら単体スペカの方が早く撃てるため、小傘以外は単体で固めるのも手。 ルールが配達であること。 難度は上がるがポイントでも可• ストーリーなら難易度ノーマル、それ以外は自分の実力に合わせて。 ストーリーでは、難易度ノーマルはターン数が長く、ハードやルナティックと比べても報酬があまり変わらないため。 たとえば、10-4ではノーマルだと護符集めに没頭してたレティが完全に勝ちを狙いに行ったりしている。 エクストラやイベントでは、基本的にターン数は全難易度共通で、高難易度ほど良い報酬が得られる。 可能な限りエネミーレベルが高いこと• 高レベルほど一度に手に入る強化ポイントが多い。 また、素材も同時複数ドロップする。 登場するCOMの妨害を受けないこと• 自身の戦力と照らし合わせて選択。 手持ちにサグメがいないのに屠自古が敵で出てくるステージなどは非推奨。 シンボルの購入• 持っていると定期的に収益を受け取れるためなるべく早めに買いまわること。 尚シンボル購入にかかった費用も総資産にカウントされるため、原則的に買うことに損は無い。 イベントで廃棄され得る、短期的にてゐの切り札による獲得量は減る、などデメリットもあるがそれでも買うべき• COMに買われたら出目勝負では奪うことを優先する。 特にCOMが買った直後に同じシンボルに止まって勝利すると奪ったことで低下したシンボルのレベル上げも同時にできる。 弾幕勝負 配達ルールのみ• 入手CBが多く、スペルカード発動でさらにボーナスを得られるため• てゐの切り札• 咲夜を用いて3回撃つのであれば最速で撃つ。 そうでない場合はクエスト中に2回撃てるのでCBボーナス直後の手持ちCBが多いときを狙って撃つ。 プラスマスに止まる。 イベントや布都の切り札効果中などはバカにならない。 余ってる護符を売る• 護符によっては一枚1000CB程度で売れる。 バトルマスで敢えて戦わず留まる。 (ポイントルール限定)• 相手から出目勝負に持ち込ませ1ターン休ませることで、安全に次のターンを進められる。 3pt制のクエストでは相手に1pt先取させ、後から出目勝負で奪い取ることが有効。 HPが減っているCOMは基本的に弾幕バトルで負ける。 その状況だとCOMは回復マスに向かうことが多いので、そこで迎え撃つ手もあり。 大体のCOMは1回の弾幕バトルでHP満タン状態なら確実に勝ってしまうが、そこでHPが10〜40%程度に減る。 配達 月の霊玉・全能の神玉・不思議なキノコ• 用の素材はここの周回のみで集められる。 またがドロップするので、限界突破用にも周回が可能。 こちらもCOMによる妨害が無く、ゴールのある袋小路で弾幕バトルを延々とできる上に、密着取材が発生することも。 ただしこの袋小路はプラスマスに行けるのが実質1か所のみ(もう1つはゴールを兼ねる)なので、CB稼ぎの効率がかえって落ちることも。 放浪は雛のみ。 一方通行が絡んでいるマップなので、出現場所によっては被害を受けることが少ない。 事故要因は「厄神様の戯れ」くらいなので、出目勝負力を十分に確保できれば大丈夫。 出目勝負力に余裕が無ければ、雛の出現場所によってはCBを失う前に切り上げる判断が必要。 サグメがシンボルを買う気が無いので、護符マスから闘争との境界・消費との境界を得るなどの方法でなければ、シンボル買占めは困難。 配達 風の霊玉・全能の神玉・開運のお守り• 敵は藍と小傘。 小傘が確率で行動不可にしてくる為、サグメルーミアor妨害による一回休みでタイミングをずらすと安定する。 現状キャラポイントを高レア度で確保する事が難しいがドロップする。 小傘は護符集めを優先気味に動く。 序盤でサグメのバリアを貼る前に護符を買い込んだら秘宝乱閃を食らったりすることもあるので、何の護符を持っているかは注意しておこう。 出目勝負を仕掛けまくるときもあるのでその時はラッキー程度に思っておこう。 ルナティックでは藍も小傘もサグメバリアを意に介さないくらいに妨害切札を連発するため、稼ぐならばノーマル一択。 また、藍は出目を増やす切り札を持つため、場合によっては出目勝負も安定しないことも。 小傘も小傘で、弱点のボード能力の低さもだいぶ改善されているので、藍より組し易いとはいえ、迂闊には出目勝負を挑めない。 加えて、藍のシンボル狙い率が上がったことでより厳しくなった。 配達 花の霊玉・全能の神玉・瓶詰めの霧• 敵がアリスとパチュリー。 当初は危険度が低かったが、2020. そもそもルナティックの場合はアリス・パチュリー 両方がお供に魔理沙を連れているため、確率でシンボルを奪ってくることもあるのが厄介。 さらにルナだとアリスの切札が高速かつ全体に飛ぶので、ノーマル推奨。 COM挙動の危険度は低めといえど、それでもノーマルですらクリア達成目的で動いてくる(後半になるとCBが余りがちになることもあり、敵がプレイヤーのシンボルを買収してくることも多々ある)ため、シンボル回収はテンポ良く行いたい。 また、シンボル破棄系イベント「不機嫌娘」と「マネーのアドバイス」両方発動する可能性がある。 発生確率が低いとはいえ防ぐ手段がないのが非常に厄介。 護符にも確定シンボル奪取「強欲な蒐集癖」や1回休みの「眠りへのいざない」などの妨害があるため、ノーマルでも油断はしないこと。 このステージだけ紅魔館組(パチュリーを除く)のレアリティアップアイテムが稼げる。 ついでにアリス(のキャラポイント)も稼げる。 裏返せば霧や全能の霊玉の枠がアリスに食われてしまう可能性も…。 強化ポイントも結構稼げるため、先のステージ攻略のために攻略メンバーのレベルを上げたいときにも良い。 「密着取材!」や「休む門には福来たる」など、CBを大量に稼げるイベントが発生するステージでもあるため、アップデートにより難易度は上がったものの、準備をきっちり整えれば稼ぎやすいステージであることには変わりは無い。 放浪キャラは雛と女苑。 一方通行もなくマップも広めなため避けるのは然程難しくはない。 ポイント 月の霊玉・全能の神玉・瓶詰めの霧• 瓶詰めの霧がレアリティアップに必要な1人である、美鈴が大量にドロップできる。 3ポイント先取なので、場合によってはライバルからポイントを奪うことを前提に。 一方通行が絡むシンボルが2か所もあるが、合計5か所のシンボルのためCBボーナスを稼ぎやすい。 あうんを利用して短いターンで全確保を目指そう。 買収はバトルマスが絡むシンボルを狙う傾向があるので、いかに敗北させるかがミソ。 夏マップのため、HP回復イベント「涼しいスキマ」が発生することは留意したい。 密着取材こそ無いが(?)、ライバルの1人はてゐなので、NORMALクエストではあちらの「幸運の分け前」を2回使わせて、こちらのてゐ切札によるCB獲得量を増やす手段が使える。 スロットマスが使えるものとなったので、運が良ければ「CB増加」を引き当てられる。 ルナサの切札がマイナスマス化の妨害でCBを減らしやすいが、ダブルてゐ編成なら特性によってCB減少を抑えやすい。 配達 鳥の霊玉・全能の神玉・天狗の羽・文• 敵は橙と魔理沙。 ノーマルかハードなら魔理沙の切札は確率で失敗する事もあるが危険度は高い。 挙句に入手できる護符はCB半減(からかさチャレンジ&裁きの落雷)、切札&護符封印(ブラインドロングソング)、確定シンボル強奪(強欲な蒐集癖)と厄介なものが多い。 スロットマスの効果は無効化できないがそれでもサグメがボードメンバーに欲しいところ。 COMは勝利条件(シンボル狙い&ゴール狙い)優先で動いてくる。 バトルがあろうがお構いなしにシンボルへ突っ込んでいくので、2つめのシンボルを取りに行った際に自滅してくれることも多いが、北のバトル無しシンボルだけは要警戒。 長引いてくると買収も積極的に仕掛けてくるため、入手したシンボルは早々に最大レベルにしておきたい。 放浪キャラは雛と女苑。 一方通行も多く避けにくいため、ボードメンバーの出目力が高いならこちらから出目勝負を仕掛けて黙らせるのもいい。 配達 花の霊玉・全能の神玉・瓶詰めの霧• 敵が慧音と妹紅で、さらにお供にアリスがいないのでサグメは不要。 スロットマスもない。 エネミーレベルが高いので、プラスマスでのCB獲得が多くなりやすい上に、密着取材でさらなるCB獲得に期待できる。 ノーマルは1100CBごとに1個と高めだが、つづらカンストできることも。 妹紅の「出目勝負で奪われなくなる状態」を定期的に剥がす必要あり。 サグメと同じように効果中もリキャストが進む為、必要な時に奪えなくなる• シンボルが3つしかないのでAIをハメる等の工夫が必要。 容赦なく買収してくる• 7-5との比較• メリット• 強化Pが多く、大勾玉が落ちやすい(Normalでもつづら1つで2個)• がドロップする• お供にアリスがいないため、切札発動のタイミングをずらされずに済む• デメリット• バトル地点は1つも復活しないため、弾幕バトル目的でのCB稼ぎはしづらい• 放浪キャラが女苑と紫苑で、マップも密集していて危険度が高い• 迷いの竹林のためボードイベント「姫のお散歩」発生の場合あり、序盤に発生すると思うようにシンボルを回収できない• シンボルが3つしかないのでCOMの管理は必須、不機嫌娘の発生によるリスクが高い• 消費APが多い• のドロップ率が高すぎて肝心の神玉と霧が集まりにくい• ポイント(風の霊玉・全能の神玉・月明かりのタケノコ)• 待望の優秀たけのこマップ。 ポイント制とはいえ、3ポイント戦なので余裕もあり、敵はそこまでシンボルには執着しない。 敵はレティと橙。 レティは護符集め優先なので放置していても問題ないが、護符マスや護符屋マスがバトルマスの場合は突っ込んでいくことがある。 橙は勝利条件優先で回復もしつつ、バトルマスを狙ってくるため危険。 従って橙を優先的にマークする必要がある。 橙はHPが減ったときは回復を優先させるが、HP50%程度でもバトルマスに挑むので、自滅することも。 時には左上の回復マス+バトルマスでハマってそのまま行動不能になって終わったりする。 護符マスからは妨害系がなく、相手のボードメンバーも特に恐ろしい妨害切札はないため、サグメなどの防御切札は不要。 てゐと咲夜以外なら、イベントで大量にCBを獲得できる可能性のあるフラン・リグル・慧音、マップが広めのため機動力をアップできる早苗やにとりがおススメ。 シンボルこそ少ないが、プラスマスで稼げる額が多い上に、ターンごとに稼げる密着取材と運命の逆転が起こりやすく、咲夜を入れると1ターン分多めに稼げることも。 ボードメンバーを「てゐ」「てゐ(お供)」「咲夜」で固められるならば、このステージの葛篭200個分である22万CB稼ぐことも難しくはない。 放浪キャラは紫苑のみ。 移動パターンとしては、右下寄りに居続けようとするため、紫苑が出てくる前に下のシンボルは取得しておくと良い。 ただし最近の紫苑はノーマルでもプレイヤーを目指してくることが多々あり、注意が必要。 取憑かれたときのために、護符屋でにとりの護符を買っておくことをおススメする。 ポイント(陽の霊玉・全能の神玉・開運のお守り)• 陽素材を集められる稼ぎ場。 陽素材を集められるのは、他に5-1くらいしかない。 基本、布都は護符マス、妹紅はプラスマスを狙ってくる。 Ptを取られても、3ポイント先取なので余裕がある。 ノーマルでは妨害が一切飛んでこないので、サグメがいなくても回れる。 5-1との比較• メリット• 強化ポイントがたくさんもらえる(15〜40万)。 日曜LunaticよりAPは多く消費するが、安定感はこっちの方が上。 がドロップする。 デメリット• 消費APが多い。 5-1の1. 放浪キャラが紫苑で危険度が高い。 がドロップし過ぎて肝心の神玉とお守りがドロップしにくい。 配達(陽の霊玉・全能の神玉・瓶詰めの霧)• 5-1、10-6と並んで陽素材を集められる稼ぎ場。 5-1との比較• メリット• エネミーのレベルが高いのでCBを稼ぎやすい分、強化ポイントがたくさんもらえる(15〜40万)。 日曜LunaticよりAPは多く消費するが、安定感はこっちの方が上。 がドロップする。 デメリット• 10-6より1少ないとはいえ、消費APが多い。 5-1のだいたい1. バトル地点は復活しないのでバトル敗北による1回休みがほとんど狙えず、買収を狙ってきやすい。 放浪キャラが女苑に加え紫苑もいるので危険度が高い。 加えてマス同士が近い場所が多く、巻き込まれる危険度が高め。 強めの妨害護符が多い。 輝夜が護符マス狙いで行動するため、思わぬ妨害を食らう羽目になりがち。 がドロップし過ぎて肝心の神玉と霧がドロップしにくい。 魔法の森マップのためシンボルを失う「マネーのアドバイス」が発生することも。 配達(風の霊玉・全能の神玉・霊妙な石) ターンレート制• 霊妙な石を得るための貴重な稼ぎクエスト。 消費APは24と大きいが、強化PもEX日曜以上に稼げることがある。 をドロップすることもあるため、副産物として限界突破狙いに。 2人共ある程度のCBが貯まると買収や出目勝負でシンボルを狙ってくるため、毎ターンの行動に注意すること。 強力な妨害護符が出やすい。 1か所だけあるバトルスポットの護符マスに相手が止まった際は入手護符に注意。 放浪キャラが出ないことで当初は稼ぎやすかったものの、Ver. 0で出現するように修正された。 出現するのは3人の内のいずれかになるため、どのキャラクターが来ても対処できる立ち回りは重要。 配達(鳥の霊玉・全能の神玉・霊妙な石) ターンレート制• 13-6と同じく、霊妙な石を得るための重要な稼ぎクエスト。 強化PもEX日曜以上に稼げることがある。 をドロップすることもあり、素材的に限界突破用に稼ぐことが可能。 最初の5ターン程で右側に護符店が固まった、2か所のシンボルと真ん中のシンボルを確保したいところ。 映姫のお供にアリスがいるものの、Lunaticでないと影響しないのが救い。 密着取材あり、タイミングによっては多くCBを稼げる。 放浪キャラは3人の内のいずれかが出現。 13-6との比較• メリット• 消費APは13-6より1少ない。 死神のお慈悲イベントが発生するので護符を得られる。 横に長いマップの関係上、放浪キャラを回避しやすい。 デメリット• マップが横に広く、どのバトルスポットも復活しない上にクイズマスが無いので、短いターンでのシンボル回収やCB稼ぎがやや難しい。 死神のお慈悲でライバルが妨害護符を獲得すると、即座に使われることがあり思わぬ痛手を食らう場合も。 ルールがポイントでCOMも勝利を狙ってくるが、現状強キャラのの素材である天冠が集まるステージ。 ストーリーよりもはるかに効率よく天冠と経典を集められる。 ポイント制ではあるが、COMの下記の挙動のおかげで悪名高い曜日クエスト木曜 タケノコ よりは安定して稼ぐことが出来る。 ただ、シンボルを買うには、切札で奪ってくる魔理沙対策をしてないとダメだが。 マップの止まれる箇所が多い為、COMの潰しあいは期待できない点は注意が必要。 COMが二人とも1Pt持ってる場合は出目勝負でPtを奪ってクリアされる恐れがあるので注意。 難易度ルナティックのCOMは基本的に青マスばかり狙う。 なので左下にあるバトル地点がシンボルマスやマイナスマスに復活した場合、最終ターンまでもつれこませやすい。 ルールがポイント、バトルマスから回復マスが容易に踏める関係でCOMがかなり勝利しやすいがタケノコを稼げる数少ないステージ。 タケノコとキノコはハードで1or2個、ルナティックなら2個ドロップ。 安定は難しいが効率よくキノコとタケノコを集められる。 バトル地点に陣取って積極的に出目勝負に勝たないといけない。 COMサイコロ数:ハード4ルナ6 安定するにはサイコロ数を最低でもダイス2個分出来れば3個以上確保しよう。 編成によってはてゐ2発目を撃つのは困難であり、青マスを踏む機会が多いので布都の採用も検討。 魔理沙の切り札妨害もあるため、霊夢幽々子などのCB獲得量アップ特性を詰め込み、青マス特化でも悪くない。 出目次第でそのターンにクリア出来ない場合があるので必ずしもてゐ二回使った場合が最適とは限らない。 同時に実装されたスキップチケットで35000CBか21000CB分のつづらを入手出来るためチケットを使うだけでかなり稼ぐことが出来る。 入手量にムラがあるのはCOMの行動依存のため。 基本的に霊夢はプラスマスを優先して狙いに行くが魔理沙は比較的にクリアを目指してくる。 回復が足りずに弾幕に挑み1回休みになってることも多いが。 霊夢と魔理沙の行動AIが入れ替わる場合があったり、両方プラスマス優先の場合もあったり、最悪の場合両方ともクリアを目指してくる場合もある。 開始時にランダムでAIが抽選されるものと思われる。 右側2つのバトル地点はプラスマスなのでCOMが狙ってきやすい。 どちらかを確保すればCOMが条件を達成しにくくなる。 霊夢が連れているミスティアと、魔理沙の切り札に注意。 ルナティックなのでCOMの出目勝負ダイスが6個なことに注意。 魔理沙は藍の切り札も使用するので出目勝負に勝つのは困難。 AIのレベルが下がっているので比較的安定して稼げるが負けるときは負ける。 バトルメンバーは、できれば鳥属性推奨。 相手が陽・月・風なので、ダメージ2倍もなく優位に戦える。 獲得物• 月曜: 瓶詰めの霧・ 開運のお守り・花素材• 水曜: 天狗の羽・ 瓶詰めの霧・風素材• 金曜: 開運のお守り・ 天狗の羽・陽素材• すべて総資産ルールで4500CBを超えた時点でゴールになるため、2ターンから4ターンで終わる。 収益率の高いボードメンバー・お供を連れていく。 切札性能は考慮しない 使う前に終わる、ただし性能変更されたは例外。 総資産を4500CBギリギリまで稼いでから、弾幕バトルや+マス・CBボーナスを狙う。 シンボルを複数所有して4ターン目のCBボーナスで上がれば、9000CB以上でゴールすることも可能。 ただし敵が先に4500CBを超えたり、イベント収入で超えてしてしまうことも多い。 シンボルを購入するとその割引金額のぶんだけ総資産が増えるので注意。 ただし現在の仕様ではイベント「密着取材!」「楽しいお花見(月曜)」が発生するため、ターン開始時に増えたCBによってクリアになってしまうことも。 限界突破に必要なキャラPを稼ぎたいキャラとおススメの稼ぎ場所 星1ならキャラP1ポイント、星2ならキャラP5ポイント 星2には強化P91550、進化の勾玉10、各種勾玉10でレアリティアップ可能• てゐ:稼ぎキャラとしては最適解。 さらに、レアリティアップのタケノコは入手が難しいため、リセマラ筆頭。 稼ぎ場所は7-2。 7-1は総資産なので、論外。 咲夜:1ターンに行動2回はリキャストターンを縮められるうえに、てゐの相棒としても必須。 稼ぎ場所は4-5。 瓶詰めの霧も入手できる可能性がある。 配達のうえに競争相手もあまり厄介なのはいない。 サグメ:切り札が非常に強力で、バリアがあれば護符・切札の影響は受けない。 稼ぎ場所は6-5と6-6。 ただ、どちらかといえば、タケノコが稼げる6-5が重宝されている。 幽々子:出目320族その1。 一回休みが強力だが、サグメには注意。 稼ぎ場所は3-1。 進化素材の亡者の天冠も入手できる可能性がある。 ただし、バトルポイントなので少し厳しいかも。 影狼:出目320族その2。 切札は一回休みになるが、9マス進めるという癖のあるもの。 稼ぎ場所は4-4。 進化素材の瓶詰めの霧も入手できる可能性がある。 ただし、バトルポイントなので少し厳しいかも。 ルナサ:出目320族その3。 切札で相手のシンボル購入を抑制できる。 稼ぎ場所は9-3。 バトルポイントだが、3ポイント先取なので、少し余裕がある。 文:出目320族その4。 切札は妨害系ながらサグメの影響が小さく、移動にも使える。 稼ぎ場所は9-4。 配達ではあるが、サグメバリアが効かないスロットマスなど、色々厳しい部分が。 ルーミア:出目320族その5。 切り札はサグメバリアの劣化に見えるが、彼女より出目が大きい点では有利。 稼ぎ場所は総資産でないステージ10の1と3以外。 なんと、ステージ10でドロップするキャラは全てルーミアだったりする。 美鈴:バトル性能だけなら、最強クラス。 ステージの関係上、フランよりも限界突破がしやすい。 稼ぎ場所は9-1。 バトルポイントだが、3ポイント先取なので、少し余裕がある。 パチュリー:バトルでのスペカが強力。 いると、闘技場での戦いが楽になりすぎるくらい。 稼ぎ場所は5-6。 進化素材の瓶詰めの霧も入手できる可能性がある。 ただし、バトルポイントなので少し厳しいかも。 ちなみに、敵のパチュリーは回復マスによく止まりたがる。 小傘:闘技場ができてから、見直されたキャラ。 稼ぎ場所は2-2。 シンボルステージだが、回復マスがないために、相手はバトルマスにいったら2回目からは自滅しまくる。 番外編:魔理沙はドロップステージが第1章しかもすぐ終わるステージのため、他のキャラと比べて難易度が高い。 また、11月以降に追加されたキャラはドロップステージがまだ存在せず、ガチャで引いて「お別れ」する以外にキャラポイントを稼ぐ手段がなく限界突破が難しい。 さらに、その上を行くのが先行追加枠と、花見合戦や新干支レースのイベント衣装枠。 魔理沙:シンボル奪取が強力で、Hardまでなら50%の確率、Lunaticでは確定で奪ってくるためサグメがいないと苦労させられる(ルーミアやドレミーでは効果が終わったターンを狙ってくるのでタチが悪い)。 さらに、どのルールでもクリア目的重視の行動を取ることが多いため、危険度が高い。 サグメが居ない状態で食らったら出目勝負は避けたいが、反射できれば一転有利になることも。 幽々子:言うまでなく怖い一回休み。 唯一の救いはサグメで返すことができるということ。 COM挙動としてはあまり勝利条件を満たしに来ることはないが、切札の特性上兎に角足を引っ張りまくってくる。 藍:出目系でもパチュリーより影響が低いが自己強化のためサグメバリアが効かないのが厄介。 使われたら出目勝負を避けたいが、COMの挙動も勝利条件優先であることが多くうっかり放置も出来ないのが面倒。 永琳:バトルでの自滅率が大幅に減る回復系切札。 これのせいでバトルでの稼ぎが尚更安定しづらく…。 小傘:どちらが出ても恐ろしい「CB半減」と「一回休み」。 ちなみに、プレイヤー側ではボード性能が弱いので与し易いように見えるが、COM相手だと敵のボード性能に全く違いはないため、単純に切り札が強いだけで強敵になる。 屠自古:どちらが出ても恐ろしい「CB半減」と「バトルHP半減」。 特に、稼ぎで厄介なのは「CB半減」で、彼女が相手にいる場合はサグメを連れていないと安定して稼げない。 また、魔理沙同様クリア重視の行動を取ることが非常に多く、切札を使われる以前に勝利条件を満たされ瞬殺されることも。 妹紅:出目勝負で勝っても奪うことができないため厄介。 彼女がリードしている場合は、下手すると独走を許してしまうことが。 ちなみに、紫苑のなすりつけも効かないというおまけつき。 勇儀:障害物の継続ターンが長い。 ターンレート制のクエストでは影響が大きい。 そうなると、稼ぎで真に厄介なのは藍と妹紅と永琳だけ…?• 月〜金の素材クエストのルナティック(特に総資産)は、クリアしようと思えば2ターン程度で終わらせられるので大量のCB稼ぎに向かないが、1位でクリアするとほぼ赤葛籠が1つは入手できる。 貰える数は少ないものの、土曜の幻コインクエストでもキノコとタケノコがドロップする。 木曜がどうしても待てない人へ。 クエストスキップチケットが大量にあるなら、通常に回すよりも多くの素材(と妖夢)をゲットできる。 11-6ルナティックは強化ポイント約40000・経験値620クリア済みなら1分ほどで回せる。 葛籠3つで最大84000ptもらえるのでプラスマスを少し踏んでからバトルする、CBレートは1300CB。 収益率の高いキャラをボードメンバーに入れ、バトルでスペカと戦闘不能者無しのボーナスを狙おう。 ボーナスをすべて貰い収益率+115%なら3440CB、葛篭3個を達成するなら460CBバトル前に稼げばよい。 ボーナスをすべて貰い収益率+120%なら3520CB、葛篭3個を達成するなら380CBバトル前に稼げばよい。 ただし、収益率オール30%(全員収益率未強化の場合)にする場合の助っ人は戦闘力もそこそこある咲夜が無難である。 ボードメンバーおススメはてゐとにとり。 この2人は収益率30%に加えて、キャライベントが発生すればCBに関わるので、葛籠を増やしやすい。 慧音でも増やせるが、イベントでの効果が低いので優先度が下がる。 咲夜はターンが5ターンで終わるために本領が発揮できないうえに、イベントがCBに直結しないため、なお優先度が下がってしまう。 バトルメンバーは、レベルを最大まで上げていれば月属性以外ならオートでも事故は少ない。 特にパチュリーがいると事故率がぐっと減る。 イベントで総資産ルールは総じてCBレートが低めに設定されているため、1位になるだけでも葛籠が結構手に入る。 最近のものになると、短いターンで終わらせるとボーナスもあるので、より追い風になっている。 早いターンで終わらせられるので、相手からの妨害というストレスにも悩まされないのも利点。

次の

東方キャノンボールとは (トウホウキャノンボールとは) [単語記事]

東方キャノンボールレアリティアップ

博麗霊夢(はくれい )とは、「」による及びの。 曲はいっぱいあるので下記参照。 の、「」・「」・「」・「」を除く全ての作品で、もしくはそれに準ずる自機として出演。 自機及びとして同時出演している作品もある(、、、、、、)。 を含むなら「」にも出ており、「」では自機ではないがLの被写体として登場。 「」では八日のとして登場した。 第1作「」には、であるが居なかったため、は登場回数最多を誇る看である。 (但し、「」ではが()として登場するのに対し、は数あるの一つに出てくるだけと、あまり出番らしい出番ではないので数え方によっては登場回数はと並ぶ) の役は毎回が担当し、画面は毎回が担当している。 西方Project 「」の「」の1作である「」にとして出演という形で登場した。 これはが同のという縁からである。 時期的に版の()との版の間の作品であり、では「」という表記だったが、この「」からと同様の「」表記に変わった。 ラクガキ王国 の「()」に「の」という隠しが登場する。 が当時の社員であり、このの開発であったため。 を代表する技の一つ「」もこの作品が初出である。 容姿 に大きない、顔の両にを一総まとめてい飾りを付けている。 の長さは作品によってまちまちだが、後の作品に長くなっているようにも見える。 「」と呼ばれるだけあって、との装束。 胸元のいがアクセントだが、このは作品によって色が異なる(:、妖 :、地)。 このは袖が分離した、が露出する特徴的なをしており、そのためからは「」とも呼ばれる。 シを巻いており、「」のなど、袖口から稀にシが見えることがある。 因みにのは大幣(お祓い棒)などと共にの手によるものだが、の意がとのどちらによるものなのかは不明である。 はやや高い。 「」にて箸をに持っており、外にだと記載されていた(単行本では)が、「」と「」ではで箸を持っている。 「」ではにを持っていた。 このため実際には両利きだと考えるもいる。 性格 性格は単純だが裏表がい。 がしく、・を問わず惹き付ける不思議な雰囲気の持ち。 全ての物事に対し、一生懸命取り組むことを嫌う。 努が報われることなど信じていないからである。 人知れず努を重ねてを獲得している・とは対照的である。 普段はの端っこから、のを見つめつつ、でも飲むのがである。 暢気で感に欠ける。 自身はにもにもさほどはない。 「に対してもとして見ない。 周りに沢山やが居たり、一緒に行動を行っても、常に自分一人である。 実は冷たいなのかも知れない。 」と設定されている(設定. より)。 が、退治がである為、に対しては多少厳しいを取っている。 また普段は暢気であるが、異変解決の中は 立ちふさがる者に対して容赦はしない。 はもちろん、例えそれがであろうがであろうがであろうが、は関係なく退治してしまう。 ついでにただの通りすがりのも退治してしまうが。 その姿勢のためか特にの強いに好かれやすく、弱いやからは恐れられる。 これらの設定を見ると、な性格という印を受けるかもしれない。 ただ、以外のにを向けると、EDでしばしば行われるでの宴会の様子、また「」や「」ではやなどと親しげにしている様子がよく見られることから、設定を一見すると疑問を覚えるというもいるようである。 「」にての心を読んだによれば、のことは信用しているらしい。 「」では、からもらったをにしてとにしている。 負けると後がない為に本気を出さないというの性格はに似ているという。 また「」にてが行った「鷽替事」(今までに吐いたを啄むというが集まってくる)の様子から、鷽に啄まれないやはをあまり吐かない性格といえるかもしれない。 「」では、内に倒れていた玉を()まで行き、布団を貸して自分は眠れずにいたりと優しい面を見せた。 更にはも出している。 …もっとも、玉の羽衣を勝手に自分の物にしようともしていたが。 「」では、が楽しそうに本を読んでいたからと何となく不意打ちで退治しようとしたり、そのに反撃をされてが破れたからとのを勝手に着たり、が持っていた本を奪ってその本をにしているツケの肩代わりをさせようとしたりと、かなり傍若人に描写されている。 その為か、「大体勝手な」と評されるとべ、は「いつも勝手な」とに評されている。 とはいえ、で異変が起きた際には積極的に解決し、償で除けのお札をしたり、が拾い物で食い繋いでいるという誤ったを聞いて心配して尋ねたり、が店の商品を断で持ち去ったのではないかと危惧して報告に来るなどといったこともしている。 ちなみに、のことは普段から「 さん」と呼ぶ。 のならの「近さん」もしくは屋号の「さん」と呼ぶところだが、の性格だからこそ「さん」付けながらも下の名前で呼んでいる。 (が「さん」付けで呼んだのはと第2弾「」に登場する、の2人のみ。 ちなみにはだが、はだと勘違いしていた様である。 ) には専用の湯みが置いてあるが、それが何故なのかはにも分からないらしい。 人妖に対する考え 存在を保つためは人を襲わなければならない、またはに怯えなければならない。 こうしたを維持するための不変的なに対し、のはにとってのサーにもなっている。 人にを為す存在を調伏することもあれば、に見られるように全な退治にまでは至らぬ場合も多い。 話で「の外側」を見て「の管理する」に疑念を抱き、となりたいがために自ら命を断ったがいる。 人妖とは「じみた、あるいは人がに変質した存在」の事をし、はのを壊すのは人妖だと考えている。 また「 では里のがになることが一番の大罪」とも言っている。 に対し「勉強不足だったわね」と言う辺り、個人の考えというよりはのと考えられる。 これが明確化されたなのかは不明だが、里のの化がのを崩すのは確かである。 はと「一部の」を監視しているとの事。 のいるは「妖魔本」が集まるための監視対になっている。 そのうえで頻繁に問題が起きている為、も頭を悩ませている。 霊夢(博麗神社)は貧乏? 「」において、「は参拝客がほとんど訪れない」と書かれていたため、が少ない=はである、という解釈に端を発するもの。 実際、「」ではをやたらと気にしていたり、「」で「うちのは火の」と言ったりしている。 「」や「」においてや財宝に執心している描写もあり、は「俗気にまみれすぎている」と話しているが、は「あの程度の欲は有って当然なのさ」と返している。 一方で、物に執着しない性格であり、(質素だが)食事に困るほど困窮しているような様子もない。 銭に執着している描写はあるものの具体的に何かが欲しいわけではいようで、はただ単にへの信仰の尺度として見ているフシがある。 高い文明を持つたちと交流があるためそこそこ裕福な生活をしているようであり、への奉納品や食材を差し入れされている描写もあるため、「はないが生活に困っているわけではない」ということなのだろう。 下記の「」の項も参照のこと。 テーマ曲• :「」()• :「」()• :「」()• :「」収録• :「」• ():「」「」「」• :():「」• :「」• :():「」• :():「」• :():「」 「」、「」、「」 及び「」 における「」「」「」「 ~ ful h」は氏、「」における「」は氏 によるである。 尚、更に「」ではある条件を満たすと「」のを聴くことができる。 夢と伝統をする(・)• さん(・・)• an()• (・)• 楽園の素敵な巫女(・・・)• の(・・・)• の()• を飛ぶ不思議な()• 五欲の()• 奔放な()• の素敵な()• の代弁者()• 飛ぶ不思議な(・)• 秘!結界の()• 怪奇を追え!異変を終わらせる() 能力 を飛ぶ 通り。 の登場はを飛ぶので、持ってて当たり前のである。 では自分でを飛ぶことができなかった(を飛ぶ場合は、に乗ってを飛んでいた)という経緯もあるので、版の初期の頃はやっと飛行ができるようになったということを示しているのではと思われる。 しれはを考慮しているため、視しても問題い。 最近では、のこのはもっともっと広い意味を持っており、その場の雰囲気に左右されにくい、あらゆるものに縛られないという的なものであるとの事。 「」について 色々と究極義。 ありとあらゆるものから宙に浮きとなり、これが遊び(時間制限付き)でなければ、もに勝つことが出来ない。 このは説明からも判るようにに攻撃は一切当たらないで、の勝負としては一間切ればこの技は終了するが、これは下記の通りがこの技に名前との形を与えたからこうなっているだけである。 この技が、「のはか」という質問にが「じゃないかな」と答えた理由ではないかともわれる(「」以前の発言)。 の記事では「」を使うは半状態でを閉じ、も自動で放たれているらしい。 元はではなかったが、「私()が名前を付けて遊びにしてあげた。 そうでもしないと勝ちがない」という内容が書かれている。 「」の「」のであると自らがめかしているが、もし同じを持つが他にいて同士がぶつかったら、が意味を成さなくなりの殴り合いになったりするのだろうか。 霊気を操る 詳細不明。 のとしての 「」より。 上記のとは別のものであるという事以外の詳細がいが、御札布団、その他結界に関するの事だと思われる。 詳細は下の項を参照。 博麗の巫女 のとは、とを隔てる「大結界」の管理者である。 詳細は「 」の項を参照。 は歴代ののとべて感に欠け不足であるが、その実はかなりのもの。 持ち前の勘の鋭さと幸運、有り余る才によって、とは思えないくらいにとてつもなく強い。 体術にしても妖術にしても、は不足気味(というかどしない)だが、ある性のでしていて、もの凄く強い。 それはもう、人とは思えない位に ・通信. より もっとも本人はそのを誇示することもなく、何となくで使用している。 元々、は不思議なを色々使えるが、それをしたり自慢したりはしない ・設定. より そのためが異変解決に赴く経緯は異変のが自分に出て慢ならない(・・・)か、等の周囲の者に言われてしぶしぶ行く場合(・)、単に本位(・)などである。 他にも書籍作品でがしたっとの例を挙げる。 に宿る「生きていた頃の霊魂」を見るを持っていることに対して「私はよ?」と答えるなどとしてのらしき発言をしている。 里でタチの悪いが流行った際、はから譲ってもらった千年以上の前ののを使い、伴善男()というのを借りて流行り病を鎮めた(実はこの流行り病の原因は、祟りが封印された皿のお札を拾ったが破ってしまったことであった)。 この際、は伴善男が「疫病の原因である祟り」だとでっち上げて解決したのだが、によると「今では『疫病が治るのなら、祟りでもなんでもやっちゃるよ』っていう感じで気軽に汚れ役を受け持ってくれる有難いよ。 それになんだか暇そうにしていたので、今回頼んでみたの」との事である。 のこの言に関して、は「とはそんなにな会話をするのだろうか。 のの代弁者であるしかい知れないである」と述べている。 のを召喚し自らの身に降ろすという術を使っていた。 稽古を付けようと現れたに対して岩戸別命(あまのいわとわけと)を召喚。 が期待した効果は不明だがく「弱い幻覚」程度の効果しかなかったようである。 のの燃料として、航のである住吉三のを借りるため、に棚を設けてを同乗させた。 も本位で乗り込んだとはいえ、近く狭いの中で祈祷しっぱなしになる羽となった。 との戦において、を嫌う用に大禍日(おおまがつひのかみ)がその身に溜めた厄災を弾に変えたを使用した。 いわば弾をばら撒いたようなもので、これを見たは「すげぇぜ!まるで倒して然るべきみたいだ!が」と親友を賞賛した。 の参拝客を呼び寄せるため、様のご利益にった「鷽替事(うそかえ)」を(思いつきで)始めた。 どうもとは少しやり方が違ったらしく、あまり上手くいかなかったようである。 毎年、は年越しの際に、のである香香背男命(あまのかがせおと)のを封じるを行っている。 このは明けのであるのでもあり、、つまりを徴するこのが日のである(あまてらすおおみかみ)に勝ってしまわないようにするためである。 しかし、と三の悪戯によりはように見せかけられ、は愕然とし、の面々を「今年こその年になる」とぬか喜びさせた。 落で裂けたミズナラのを信仰の玉にしようとってみたりした。 が、どうやらその後すぐに飽きたらしくそのまま放置し、それがちょっとした騒ぎを呼ぶ原因となってしまった。 の常温ののためにがに協を要請した。 に必要な合を、にのである命(かなと)を降ろして生み出してもらうためである。 が命にお願いしてみたところ、「新しいが作れると聞いて喜んで一晩で作ってくれたわ」とのことで、は事成功したようである。 ののあり方や先代に関する設定は少ないが、関係がありそうなものとして以下の様ながある。 これは そろそろ新しいを捜さなきゃいけない時期ってことか もう何度になるのでしょう (「」にて・がしばらくに帰ってこない状況で) 、他のは先代を「の」と呼んでいたが、の事をとは呼ばない。 まともにしていないからであろう。 だが、先代は、としか呼ばれていなかったのだ。 名前も忘れてしまった。 (通信) 「スペルカード」ルールへの関わり で広く使われているを制定したのもであるとされている。 はのが「大結界」と呼ばれる巨大結界を管理しているからこそ保たれており、如何なるであってもを取って食ってしまう事は許されない。 はのを襲う事ができず、そのために存在意義が薄れようとしていたのだが、このによりそれは解決した。 ゲーム本編での自機としての性能 暢気な性格を反映してか、「移動が遅い」という特徴を持つ。 また同様に、な性格が「後の(いわゆる食らい)判間が長く、被弾を有耶耶にしやすい」「敵として登場したときの通常が乱雑」「弾がホーミングなので正確な照準が不要(ホーミングアミュ)」「の前に立つ敵は情け容赦ない威で撃滅する(封魔針)」という点で表現されているようだ。 が遅めで全体的に癖がなくりに万なため、でも扱いやすい性であることが多い。 弾幕シューティング として登場する作品ではほぼ全作品共通で高速移動・低速移動共にが遅く、が他の自機より一回り小さいため、精密動作での間を抜けるのに向いている。 は攻撃は低いが高い誘導性を持つ(ホーミングアミュ)と、前方の狭い範囲に威で攻撃する(パェイニー)という対極的な二つをどちらか選択することが多く、前者はよけるだけで手一杯のでも使いやすく、は敵前に立ち続けられれば素く敵を倒すことが可。 作品によっては両方を使い分けできる場合もあり、その際は非常に高い汎用性を発揮する。 が強い半面は防御重視でにべると弱い傾向にあり、アミュの際はホーミングする弾を撃ち込む較的長い時間をもつ「」、針の時はが弱くなり画面全体を攻撃して弾を一掃する「封魔」となる。 これらの他には「」にて扇状にお札を速射する「」、「」にて移動方向での向きが変化する「深山颪」が登場した。 弾幕アクション である・・にも当然登場。 こちらものとしてな性であるが、であると較してがやや遅くが低い代わりに打撃のに優れ、多種多様な射撃を持つ万。 特に高い強度を持つ上にある程度のホーミング性を備えるC射撃(通称・)は強で、のに打ち勝てるかどうかでの射撃性がられる事も多い。 を含めれば貫通の高い、または画面を半分以上埋め尽くすをばら撒くアミュを使う事もでき、射撃戦ではで対応できない状況はどいと言っても過言ではない。 一方で殴りあいになると強いという程ではなく、ある程度以上の熟練者でないと実戦で使うのは難しい高難度押しをしない限り、で他のに追いつく事はできない。 また棒を使ったは長いが、そうでない攻撃のはむしろ短い方で、 Aンボが途中でるとか 他を使った直後にを使ってを出したら届かないなんて事がよくある。 スペルカード 東方紅魔郷• 霊符「」-霊符装備自機• 夢符「封魔」-夢符装備自機 東方妖々夢• 霊符「・散」-霊符装備自機(高速移動時)• 霊符「・集」-霊符装備自機(低速移動時)• 夢符「封魔」-夢符装備自機(高速移動時)• 夢符「二重結界」-夢符装備自機(低速移動時) 東方萃夢想 壱符• 霊符「夢想妙珠」• 夢符「封魔」• 宝符「陰陽宝玉」 弐符• 霊「」• 「八方縛」• 「陰陽玉」 東方永夜抄 自機• 霊符「夢想妙珠」-自機• 霊「 」-自機 4面Aボス• 夢符「二重結界」-, 夢「二重大結界」-,• 霊符「 散」-, 散符「 寂」-,• 夢符「封魔」-, 「八方縛」- 「八方殺」-• 霊符「 集」-, 回霊「 侘」-,• 界「二重結界」-, 大結界「結界」-,• 霊「 」-,, ラストワード• 「」 東方花映塚• 霊符「陰陽印」-• 霊符「」-• 霊符「幻」- 東方星蓮船• 夢符「退魔符乱舞」-A装備自機• 霊符「」-B装備自機 東方緋想天、非想天則• 1 珠符「明珠暗投」• 2 霊符「夢想妙珠」 宝符「陰陽宝玉」 夢符「封魔」• 3 「覇脚」 結界「結界」• 4 「八方縛」 「陰陽玉」• 5 霊「」 「」• () 祈願「厄除け祈願」 宝符「踊る陰陽玉」 夢「二重大結界」 霊「霊宝珠」 「界の内側に潜む霊と不思議な」• () 御守「足止め守り」 霊符「 円」 霊「 」 「最も悪なびっくり玉」 ダブルスポイラー LevelEX• お札「新聞拡団調伏」• 結界「撃退結界」• 夢符「夢想亜」 東方神霊廟• 霊符「」-自機 東方心綺楼• 自機 霊符「」 「八方殺」 「陰陽」 「」• 御札「繁栄祈願札」 御札「の高速祈願札」 御札「対除」 「信仰心増大祈願の儀」-との連携 「二大九字護身法」-との連携 「面霊気大調伏」-、との連携 「最後の」-、との連携 東方輝針城• 妖器「なお祓い棒」-妖器「お祓い棒」使用自機• 霊符「」-妖器を使用しない自機 弾幕アマノジャク 八日目• 籤「反則結界」• 「パェイニー」 東方深秘録• 自機 霊符「」 「八方殺」 「陰陽」 *あんな隙間にがいるなんて!*• 結界「至る所の」 交友関係 のであるため露出自体は多いが、はのように活動的ではないため基本的に受身の交友関係になることが多い。 書籍作品ではがになることが多いため、判明している交友範囲自体は割と広い。 霧雨魔理沙。 かなり幼い頃からの知り合いのようであり、は用もいのにに来ることも多い。 むしろ暇だとに来る。 異変の際も、の会話がになっていることが常である。 しかし意外なことに、ではお互いを異変解決の障として衝突したことはあっても共闘したことはい。 異変解決も各々がに行っている、というかのをが横取りしようとしている節すらある。 こんな2人だが、生活を取り扱った「」や「」や「」や「」では並んで歩いている、で一緒にを食べる、下らないことで口喧してる、が出したをが食べている、やを一緒に飲むなどが豊富に見られる。 「」の話の中で、話の流れでと一緒に退治したり、「」で同じくと一緒に危険を促したりするので、仲が良いのは間違いないだろう。 八雲紫。 をするであるは大結界の要であるを重要視しており、やでは「私の」「(に)住んでいたの」と発言。 結界を管理するのことを(いろんな意味で)気にするのもごくであると思われるが、はを(表向き)邪険に扱うことも多い。 もっとも、や、書籍作品でははの端々にを頼りにしているような表現を滲ませているし、「」にてに心を読まれた際に「地上の(=)のことを信用している」と摘されたりもしている。 的な話をすれば、自体がにてとペアを組ませるために用意したである、とが述べている。 、と勘のいい人は気が付いていたかも知れませんが、二つの、と二人一組というを幾つか入れてたんですよね。 の二人一組のを作りたい、でも新で自を用意されても着がわかない。 だからまず敵として登場させるを創る、っていう訳です。 それで三部作予定、気の長い話だ。 との相手役をく出すのは簡単でしたが、の相手を出すのが難しい。 版と称するはその為の布石だったんですが、の時はかなり唐突過ぎてに感じられた人もいたかも。 あとは、とを被らせて、性格も浮世離れしている所を似させました。 と合いが取れる様にこんな形に。 のはその為。 より 森近霖之助 古「」の店。 「」ではちょくちょくに遊びに来るが描写されている。 ここでのはと違い、年相応にワガ放題を言うという面と、りの見識と技術をもった「の」という面を見ることができる。 それらをぶつける程度にはは信用されているということだろう。 先述の通りのや大幣はの作ったものである、という点からもそれはい知ることができる。 伊吹萃香 に住む。 「」ではで倒壊したを建て直したり、「」ではを地下にしたり、「」ではに遊びに来てに抱きつくなど非常に親しげである。 がどこに住んでいるかは不明だが、上記の描写などからではにしているが多く見られる。 光の三妖精 の裏のに住むイタ三人組。 左から、、。 元々はのに住んでいたが、の裏のミズナラに引っ越してきた。 とは言えには厳しい、三たちもを捜ししたりイタを仕掛ける事はあっても、本人に直接ちょっかいを出そうとはしなかった。 も三とは何回か会っているものの、数多いるとして顔も覚えていなかったのである。 しかし「と仲の良いはみんなかつて敵だった」ことにが気づき、三はにした(そしてされた)。 そのあり、三たちはに「手懐けてもらう」事に成功し、の雑用係と引き換えに近辺での居住権を獲得した。 まるで仙人みたいだぜ (を使役するを見て) もっとも、たちのは雑で間違いも多く、が思ったほど捗らなかったようである。 ちなみに、この回(「」)のは的に「る」との事である。 射命丸文 の新聞の。 新聞の作りのためにをけしかけてを怖がらせたり、美味しいがありそうだが自身は行きたくなかったためを地底にしたりと、の部数増大のためにを利用している。 一方、を昔から見守ってきているようであり、「」ではが帰ってこないを見て「これは、そろそろ新しいを捜さなきゃいけない時期ってことか。 もう何度になるのでしょう」と述べている。 東風谷早苗 山の上の「」の(かぜはふり)。 初登場時に自らに出向いてのたるに喧を売った、ではしい存在。 騒動の後はとも和解し、ちょくちょくに遊びに来ている。 最近は自機出演することが多いためか、のの会話に参加することも多い。 「」ではに必要なを手に入れるためにのを降ろしてもらうよう頼んでいたり、の中に「だから」とにのを押し付けられたりしていた。 他にものにやられたを看病したりと、仲の良い友人として描かれている。 茨木華扇 山に住む仙人。 「」のがであることもあり、はちょくちょくにやってきてにをかましている。 一度に「参拝客寄せになんか見世物をやってくれ」と言われた際にはになり、根性をなおすために自分の場にをしてしまった。 数日後、を終えてに満ち溢れたが帰ってきたが、結局すぐに元に戻ってしまったようである。 少名針妙丸 小人族の末裔。 「」EDでは、打ち出の小槌を使用した代償でが縮み、によりかごに閉じ込められた。 恐らく保護的でもあったのだろう。 異変解決後、暫くにしていたようだ。 におけるとの生活は「」にて描かれている。 小さくなったをがつついたり振り回したり、の方も同作の切り「小噺」でをからかったりする等、もはや遠慮のない関係になっている様子。 一方、日頃お世話になっている事へのの印としてにを贈っており、の実さとの面倒見の良さも垣間見える。 割と染んでいたが「」前には小槌のもなくなり大きくなった為、に帰っていた様子。 その他 ではが「と仲の良いたち」を挙げている。 そのを挙げてみる(上記のは除く)と、• の氏のあとがきによると、らは「さん的にと仲の良い」だそうである。 ニコニコ動画では のは時から数多く掲載されてきたが、実際のよりものが流行となる場合が多かった(当がやをそのまま掲載することを禁止していた事にも起因する)。 特に初期はがしたのが大きくし、であるよりも、、などのが先に認知されていた。 ではの名前もにて広く知れ渡るようになり、多くのにて博麗霊夢が登場するが見受けられる。 二次設定 のは基本的には少ない。 ただしにおいては以下の要素が強調される場合が多い。 という解釈によるものと思われる。 実際、へのはへの信仰の表れであるが、これは信仰を広めるためのの増築の費用等以外に、とにとって不可欠な存在であるの生活費と言う意味も含むため、がい事はが困る事に直結する(もっとも、は何のをっているのか自身が知らないような有様ではあるが)。 「」でも、け話にはの色を変えて首を突っ込んでいる(そして大抵痛いを見ている)。 「だって、私はを持ち歩いていないわ。 に帰ってもないけど」と「」でに言っているため、実際はいらしい。 ただに買出しに出かけたりはしているので、常にい訳ではないと思われる。 「ちなみにはそこよ」「ああ札でもいいわ」「ちなみにはそこ」「素敵なはそこよ」と「」でに言ってみたりと、を気にしている…というか露に要しているがある。 「副業でを始めればかるのかな?」とに言ってみたりしている。 では昔からが期待できないため、代々ののは異変解決を生業としてきた、とで述べられている。 でも「」のの異変はに解決を依頼されたもので、報酬をされている。 「」にて自身が「うちのは火の」と発言している。 これは、前作である「」にてが倒壊し、財具を失ったが為という可性がある。 外見の特徴がしかない。 もしくは、必要以上にをする (わき)が露出したであることから、しばしば「」と呼ばれる。 を隠すと途端ににもだと気づいてもらえなくなるとか、がや胸や足よりもまず先にをする変人だったりとか。 に絡んで「に汚い」と言う付けの他、での性格がわりとキツイ(退治するに対して容赦がい)ので、しばしば「」などと呼ばれたりする。 なおでも、「」においてと対決した際、「1つ残らずり捨てて撃墜しないとがにばら撒かれてしまう」を使うなど、少々キツイと言うか容赦がいというか、時にはと見られかねない手段をも厭わない節がある。 ・だ等 倒れたに対し「」、だらけたに対して「だ」、怒ったに対し「」などのように、に名前が付けられる事がある。 類 要するにのこと。 おもにやが有名。 「」発表当時、「い」であるに対してが「の」とを髣髴とさせるだったことから、が「」と呼ばれていたことがあった。 ではが強な個性をしたこともあり、そのように呼ばれることは少なくなった。 にってあるについて は、にられているを知っている。 しかし、は何のがられているかについて全くがないので、一切られていない。 そのため、ってあるについて やそのものをっているなど、いろいろな解釈のがある。 との関係 を題材にしたの中で=説を取り扱った場合、とに何らかの関係をもたせる事も少なくない。 が隠しに遭ってのに迷い込み、の先代にあたるのとなる、またはパラレルの同一人物とする等が多い。 つまり=。 は退治の際、他人と関わる事も多い。 また来るもの拒まずのためからも好かれやすいとされている。 そのため、のみんなからされている。 本当に本気になった時、はとなる。 お絵カキコ 枚数が増えたため、 に分離しました。 枚数が多いため1~6まが、全てを見る場合はそちらへどうぞ。 関連動画 関連静画 関連立体 関連商品 関連コミュニティ 関連項目 一般• その他•

次の