履歴 書 封筒 新卒。 履歴書を持参する場合の、封筒の書き方・渡し方マナー|転職Hacks

就活生が知るべき封筒の書き方と好印象を与えるポイント|JOBRASS新卒|学生のための自己PR型就活サイト

履歴 書 封筒 新卒

履歴書を作り終えて封筒に宛名を書くとき、「どのペンを使えばいいのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?今回は、履歴書を入れた封筒に宛名を書く際の、使用に適したペンをご紹介していきます。 黒の油性サインペンが定番 第一印象が人の好みを大きく左右するように、一番に担当者の目に触れる履歴書の宛名は、求職者の印象において重要度の高いものです。 封筒の宛名を書く際に思い当たる筆記用具の種類は多数ありますが、結論から言えば、履歴書の宛名を書く際は 黒の油性サインペンが最も適しています。 しっかりとした文字を書くことができて耐水性も抜群、太すぎず細すぎず、読みやすい宛名を書くには相応しい筆記用具と言えるでしょう。 宛名の他に、表面には 「履歴書在中」または「応募書類在中」という文言を記載しましょう。 100円ショップなどで専用のスタンプも販売していますが、手書きでも大丈夫です。 「何が封筒に入っているか」を明記することにより内容物が明確となり、採用担当者にスムーズに届いて、早く開封して貰える可能性が高くなります。 スタンプではなく直筆で書く場合には、 宛名と区別するために赤色のペンを使用することが一般的です。 なお、水性の場合は雨(水)で文字がにじんでしまう可能性があり、おすすめできません。 太さは「中・細」か0. 5~0. 7ミリ サインペンの太さはメーカーによって異なります。 太・中・細で表しているものもあれば、ミリ単位で表記されているものもあります。 宛名書きする際の太さに関しては、 明確な決まりはありません。 自分が書きやすい太さを用意するようにしましょう。 しかし、自由でいいとはいえ限度はあります。 あまりに太過ぎるものや、反対に細すぎるものを選んでしまうと担当者に悪印象を与えてしまうことも考えられます。 具体的には、太すぎるペンは漢字が潰れてしまったり、細すぎるペンは弱々しく頼りない印象を与えてしまいます。 サインペンの太さを選ぶ基準としては、 太・中・細のものならば中か細を、 ミリ単位のものならば0. 5mm~0. 7mm程度が良いでしょう。 「細」もOKと書きましたが、極端に細いものは読みづらい字になります。 太すぎず細すぎず、丁度いいサイズのペンを用意し、あくまでも読みやすい文字を心掛けるようにしましょう。 現在、日本では多くの文房具メーカーからこの条件にあてはまるペンは発売されています。 コンビニでも買えるものもありますし、文房具店などでは試し書き用のものも用意されているので、1本買っておけば様々な場面で役に立つでしょう。 書くときに選んではいけないペン4種 サインペンの他にも筆記用具は数多くあります。 では、シャープペンや鉛筆などの消えやすいものは除外するとしても、ボールペンや万年筆、マジックや筆ペンではいけないのでしょうか?それぞれの理由を見ていきましょう。 まずは ボールペン。 封筒の宛名を書く際に使用するケースはありますが、 文字が細過ぎることが欠点です。 細いと弱々しく読みづらいため、重要書類である履歴書の宛名には適しません。 ただし、履歴書自体を手書きで書く際には、ボールペンを使用しても問題ありません。 マジックでは 太すぎて細かい文字を書くのに不適切。 読みづらい上に、乱暴な印象を与えてしまいます。 そもそも、一般的に封筒の宛名にマジックは使いません。 大きな文字を書くには相応しいペンですが、書類関係に用いる例は少なく、種類によっては中の書類までインクが染みてしまうリスクもあります。 筆ペンは丁寧なイメージですが、 履歴書の宛名という用途を考えれば不釣り合いな心象は否めません。 これも常識、マナーからかなり外れているものです。 格式高い筆記用具として知られる 万年筆は、 耐水性の面に不安があります。 雨や水などで濡れてしまった際、水性のインクを用いる万年筆では文字が滲んでしまいますから、万が一のことを考えると、使用は避けた方が賢明です。 こちらもボールペンと同様に、履歴書の中身を手書きする際の使用はOKです。 まとめ 黒の油性サインペンが選ばれる理由として、現在、履歴書を入れる封筒がA4サイズが主流という背景があります。 大きな封筒に見やすく書くにはボールペン等では文字が細くなり、読みづらくなってしまいますので、サインペンが適しています。 なお、履歴書を折りたたんで細いサイズの封筒で送る場合には、サインペンだと太すぎて文字が読みづらい可能性があるため、一般的な黒色の油性ボールペンが望ましいです。 以上のように、履歴書の宛名には黒の油性サインペンが適していることを解説しました。 あらためて要点をまとめると以下のようになります。 ペンの種類は油性の黒色サインペンがおすすめ• 「履歴書在中」「応募書類在中」は専用のスタンプか赤色の油性サインペンを使用する• ペンの太さは「中・細」か「0. 5mm~0. 7mm」程度がベター• ボールペン、マジック、筆ペン、万年筆は履歴書の宛名書きには適さない たかが宛名、されど宛名…。 細かい部分まで配慮できてこそ、採用の道が開けるというものです。 選ぶペンの種類ひとつで印象の善し悪しが変わってくると考えれば、間違いのない筆記用具を選びたいものです。 \ この記事をシェアしよう! /.

次の

【見本あり】履歴書を送る封筒(横書き)の正しい書き方

履歴 書 封筒 新卒

封筒の選び方 白封筒を選ぶ エントリーシート・履歴書を郵送するときは、正式な手紙やあらたまった相手に送る白封筒を選びます。 「」も参考にしてください。 封筒のサイズ選び 封筒のサイズ選びはエントリーシート・履歴書のサイズによって変わります。 「」も参考にしてください。 封筒を書く前の注意点 エントリーシート・履歴書を郵送する封筒を書く前に注意しておきたい点をご紹介します。 手書きが基本 エントリーシート・履歴書を郵送する封筒は手書きがおすすめです。 封筒に宛名を印刷したり、宛名シールを貼ったりするのはやめましょう。 「」も参考にしてください。 太めのボールペンで書く エントリーシート・履歴書を郵送する封筒は大きいので、通常のボールペンだと字が細く感じます。 7mm以上のボールペンを利用するのがおすすめです。 また、水性ペンはにじんでしまうリスクがあるので油性ペンを利用してください。 「」も参考にしてください。 横書きではなく縦書き 目上の人や改まった内容を書くときは縦書きがマナーです。 エントリーシート・履歴書を送る封筒は縦書きにしてください。 「」も参考にしてください。 封筒表面の書き方 郵便番号 郵便番号は右上に書きます。 郵便番号枠がない場合は、郵便マーク、郵便枠、ハイフンは書かなくても問題ありません。 また、横書きなのでアラビア数字(1、2、3)で書いてください。 「」も参考にしてください。 住所 住所は封筒の右側に書きます。 縦書きなので、丁目・番地・号は漢数字(一、ニ、三)で書いてください。 また、住所を一行で書ききれない場合は、二行で書いても大丈夫です。 建物名などキリの良いところで改行してください。 「」も参考にしてください。 宛名 宛名は封筒の中央に書きます。 部署や係宛なら「御中」、担当者宛なら「様」を使い分けてください。 具体的に書くことで、履歴書が届く確率が高まります。 「」も参考にしてください。 それ以外にも宛名を書くときに注意したいことがあります。 会社名の注意点 株式会社が会社名の前後のどちらにあるかは会社によって違います。 会社概要で前株なのか後株なのかを確認しましょう。 また(株)と株式会社を省略しないでください。 会社名を略名で書くのもNGです。 「」も参考にしてください。 役職名の注意点 採用担当者の役職名までわかっている場合、役職名まで書きましょう。 また、役職名は正式名称で書いてください。 「」も参考にしてください。 複数名担当者がいる場合 複数名担当者がいる場合は、連名で書きましょう。 また、3名以上の場合は「採用ご担当者様」とまとめるのも手です。 「」も参考にしてください。 採用担当者名しかわからない場合 採用担当者名しかわからない場合は、名前の前に「採用ご担当者」をつけましょう。 こうすれば人事部に届ければいいことがわかります。 「」も参考にしてください。 部署・担当者名もわからない場合 部署・担当者名もわからないケースは「採用ご担当者様」と書くしかありません。 エントリーシート在中 封筒の左下に「エントリーシート在中」と赤字で書きます。 赤枠で囲み、エントリーシートが入っている封筒であることをアピールしてください。 履歴書も一緒に郵送するときは「エントリーシート在中」もしくは「応募書類在中」と書くことが多いです。 履歴書のみを郵送するときは「履歴書在中」「応募書類在中」と書いてください。 「」も参考にしてください。 封筒裏面の書き方 差出人 差出人情報として封筒裏面の左下に郵便番号、住所、大学名(学部・学科まで)、名前を書きます。 大学名まで書くことを忘れないでください。 提出日 封筒裏面の左上にエントリーシート・履歴書の提出日を書くのがマナーです。 エントリーシートや履歴書の作成日とも合わせてください。 「」も参考にしてください。 〆マーク 封をのりで閉じたら、封の綴じ目の真ん中に「〆マーク」を書きます。 「」も参考にしてください。 封筒への入れ方 封筒を書き終えたらエントリーシート・履歴書を封筒に入れます。 送付状を入れよう エントリーシート・履歴書を郵送するときは「送付状」も一緒に送ります。 「」も参考にしてください。 履歴書の折り方に注意 履歴書を同封する場合は、履歴書の折り方に注意してください。 市販の履歴書は左右がつながっている見開きタイプとなっています。 見開きタイプの場合は、以下のように販売されているときの二つ折りが正しい折り方となります。 一方、自作の履歴書でA4やB5用紙を2枚印刷した場合は、折らずにそのまま封筒に入れます。 もちろん、エントリーシートや送付状も折らずに封筒に入れましょう。 「」も参考にしてください。 クリアファイルに入れる エントリーシート・履歴書は無色透明のクリアファイルに入れてください。 エントリーシート・履歴書の折れ曲がり、汚れ、水濡れなどを防ぎます。 「」も参考にしてください。 入れる順番 送付状の「記」に書いた順番で応募書類を封筒に入れるのが基本です。 採用担当者が同封書類を確認しやすくするためです。 向きをそろえる エントリーシート、履歴書、送付状は全て表面に統一し、左右上下もそろえてください。 クリアファイルも表面が来るようにします。 最後に封筒の表面に応募書類の表面がくるようにします。 「」も参考にしてください。 封筒の郵送方法 正しい郵送方法とマナーを守ることも重要です。 封はのり付けする 封筒はセロテープではなく必ずのり付けをしてください。 また、上記で説明したように封をしたら〆マークを書いてください。 「」も参考にしてください。 普通郵便が基本 エントリーシート・履歴書は普通郵便で送るのが基本です。 書留や速達を利用しなくても構いません。 まず、速達をすると書類選考で有利になるわけではありません。 「提出日ギリギリ」「早めに郵送して欲しいと依頼されたとき」以外は普通郵便で送りましょう。 また、書留は受け取り作業が発生するので嫌がる人事担当者も多いので避けましょう。 封筒が届いたか確認したいなら特定記録を利用しましょう。 メール便やレターパックもNGです。 以下のページも参考にしてください。 定形外郵便物となるので封筒全体の重さで切手代は変わります。 そのため切手代は120円か140円のどちらかと考えておきましょう。 「」も参考にしてください。 郵便局の窓口で出そう 初めてエントリーシート・履歴書を郵送するときは郵便局の窓口で出すのが安全です。 封筒全体の重さで切手代が微妙に変わることがあるからです。 140円の切手を貼っており、提出期限までに余裕があるならポストでも構いません。 「」も参考にしてください。 その他のポイント 返信用封筒を入れるべきか 応募先の企業から指示がないのであれば返信用封筒を入れる必要はありません。 「」も参考にしてください。 郵送前後に電話連絡をするべきか エントリーシート・履歴書の郵送前や届いているかを確認するために電話連絡をする必要はありません。 「」も参考にしてください。 まとめ エントリーシート・履歴書を郵送するときの封筒の書き方や送り方マナーに注意してください。 さりげないことですが、書類郵送のマナーを示すことができます。 せっかく書いたエントリーシート・履歴書の評価が下がらないようにマナーを守りましょう。 また、会社説明会や面接に直接エントリーシート・履歴書を持参する場合は、「」を参考にしてください。

次の

履歴書封筒の書き方・郵送方法を画像で解説

履歴 書 封筒 新卒

封筒の書き方 履歴書が企業に届いた時、一番最初に担当者が目にするのが封筒です。 第一印象を決めると言っても過言ではない封筒。 書き方が間違っていると「ビジネスマナーを知らない」「雑な人」と思われてしまう可能性があります。 書き方のマナーに気を付けましょう。 表 宛先 封筒の右側に宛先の住所を書きます。 住所のビル名、階数などは省略せず、縦書きの場合は番地などには漢数字を使いましょう。 宛名 企業名など宛名も省略してはいけません。 宛名は住所より少し大きめの字で、封筒の中央に書きます。 「様」と「御中」 宛名が採用担当や個人名まで分かっているなら「様」を、部署名などの場合は「御中」を使用します。 「応募書類在中」もしくは「履歴書在中」 封筒の左下に、赤字で「応募書類在中」または「履歴書在中」と書き、四角い枠で囲います。 裏 投函日 左上に投函日を書きます。 履歴書と同じ日付にしましょう。 「〆」マークを入れる 書類を確認したら、しっかり糊付けをして封字を入れます。 「〆」マークが一般的です。 自分の住所 差出人の住所も省略せずに書きます。 位置は左下に。 もしくは中央の継ぎ目の右側に住所、左側に名前でも構いません。 新卒の人は大学名 新卒の場合は、所属する大学名も入れると良いでしょう。 履歴書を入れる順番 履歴書を入れる順番にも気を付けましょう。 この時、上下の向きにも注意しましょう。 また、書類は雨による水濡れや郵送途中の折れを防ぐため、クリアファイルに入れた上で封入します。 面接前に見返せるよう封入する前に書類は必ずコピーをとっておきましょう。 履歴書を郵送するときのお悩みQ&A 履歴書を送付する際にはマナーを守ることが大切です。 ここでは、履歴書の送付マナーに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。 履歴書を送るときの封筒は、茶封筒ではダメですか? 履歴書を送付する際の封筒に決まりはありませんが、茶封筒より白色の封筒を選んだほうが好印象です。 白色の封筒は破れにくく目立つため、他の書類と紛れにくいメリットもあります。 詳しくは、本記事の「」と、「」をご覧ください。 履歴書を送るときの郵送マナーを教えて下さい。 履歴書を郵送する際のマナーには、以下のようなものがあります。 ・宛名の企業名や建物名は正式名称を記入する ・表面に「履歴書在中」または「応募書類在中」と赤で記入する ・切手は過不足のないように貼る 履歴書の送付マナーは上記のほかにもあるので、「」で確認してみると良いでしょう。 履歴書を郵送するときに、添え状は必要ですか? 履歴書の送付に添え状は必須ではありませんが、一緒に送ったほうが丁寧な印象になります。 添え状の内容を見れば、誰が何の目的で送ったのかがひと目で分かるからです。 添え状の書き方は、「」でご確認いただけます。 履歴書を送付した後は、メールも送ったほうが良いですか? 履歴書の送付後に、書類送付の手配が完了したことをメールで伝える決まりはありません。 とはいえ、丁寧な印象を与えられる、郵送トラブル時に履歴が残るといったメリットがあるため、メールを送るのがおすすめです。 メールを送る手順などは、「」でもご確認いただけます。 履歴書に関するお悩みがある方は、就職・転職のプロに聞いてみることをおすすめします。 若年層向けの就職・転職エージェント「」にぜひご相談ください。 書類対策が不安な人はハタラクティブを活用しよう! 履歴書などの書類の書き方が分からない、書いた書類を第三者に確認して欲しい、書類選考に通らない…などのお悩みを抱えている方は、就職・転職エージェントのご利用を検討してはいかがでしょうか? ハタラクティブなら、書類の添削からカウンセリング、面接対策、企業との連絡代行、入社後のフォローまで、あなたの就職を全面的にサポート。 就活に対する不安の相談も受け付けているので、ぜひお気軽にご相談ください。

次の