リカード ボサノバ。 YG31_Recad Bassa Nova ~Eydie Gorme version~(リカードボサノバ)

「Recado Bossa Nova リカード ボサノバ」は、1959年のマイーザの歌を聴け!

リカード ボサノバ

Sponsored Link ハイ! リカード・ボサノヴァです。 Recado Bossa NovaまたはThe Gift という英語名で呼ばれています。 ブラジルのジャルマ・フェヘイラ(Djalma Ferreira)が1959年に作曲した曲です。 (その時のタイトルはRICADO ジャズで取り上げられることも多く、ジャズのスタンダード・ナンバーとなっています。 ポルトガル語のRICADO(リカード)は贈り物、伝言という意味で、英語のタイトルはRicado Bossa NovaまたはThe Giftとなりました。 初めのほうは筆者がCD or Recordを持っていて愛聴しているものを並べます。 それからYouTubeを見て気に入った演奏を追加します。 (*これだけ有名曲になると、プロ、セミプロ、素人の演奏がゴマンと並んでいます) Contents• ハンク・モブレー まずは敬意を評してハンク・モブレーの演奏です。 何と言ってもモブレーのDippin!(1965年)に収録されていたこの曲によって世界的にヒットして、この曲の知名度を一気に上げたのですから。 リー・モーガン Lee Morgan, Trumpet ハンク・モブレー Hank Mobley, Tenor Sax ハロルド・メイバーン Harold Mabern, Jr. , Piano ラリー・リドレイ Larry Ridley, Bass ビリー・ヒギンズ Billy Higgins, Drums この4人の名前は覚えて下さい(できれば^^)あとでピアノのメイバーンの演奏も取り上げますし。 特にフロントの2管、モブレー ts とモーガン tp は忘れてはいけません。 *もちろんラテン・テイストで演奏されていますが、正確に言うとこのリズムはボサノバではないですね。 *音が良くないという欠点がありますが、筆者はどちらかと言えば、このよりハードな演奏に愛着があります。 この後は、筆者がネット上で見た30本以上の動画の中から気に入ったもの4つをお送りします。 (いずれも知らなかった人です) 堤智恵子 (アルトサックス) ここまで全部テナーサックスだったので、アルトでもこんないい演奏が出来る! (このところ日本女性の健闘が光ります) この演奏はサンバのリズムですが。 キャプションには以下のように書いてあります。 プロの演奏も多いですが、アマチュアの演奏もたくさんアップされていました。 やりたくなる曲なんですね。 その中に自衛隊の音楽隊による〈Recado Bossa Nova〉もありました。 音楽で食べてゆくのが大変なことはみなさん分かっています。 自衛隊に入って、その音楽隊に入り「音楽をやりながら食べてゆく」のもいい生き方ではないのかーーーと筆者は愚考したのですが、、いかがでしょうか?。 Popular Posts (全期間の人気記事)• 68,935件のビュー• 61,958件のビュー• 60,439件のビュー• 57,576件のビュー• 54,624件のビュー• 47,364件のビュー• 40,710件のビュー• 31,559件のビュー• 27,891件のビュー• 26,307件のビュー• 24,573件のビュー• 23,856件のビュー• 23,161件のビュー• 22,483件のビュー• 22,205件のビュー• 22,132件のビュー• 22,115件のビュー• 20,242件のビュー• 19,926件のビュー• 19,226件のビュー• 19,151件のビュー• 18,843件のビュー• 18,239件のビュー• 17,713件のビュー• 17,362件のビュー• 16,591件のビュー• 16,361件のビュー• 15,737件のビュー• 15,277件のビュー• 15,144件のビュー アーカイブ• ブログをメールで購読.

次の

アルトサックスで奏でるボサノヴァ:全音オンラインショップ

リカード ボサノバ

Sponsored Link ハイ! リカード・ボサノヴァです。 Recado Bossa NovaまたはThe Gift という英語名で呼ばれています。 ブラジルのジャルマ・フェヘイラ(Djalma Ferreira)が1959年に作曲した曲です。 (その時のタイトルはRICADO ジャズで取り上げられることも多く、ジャズのスタンダード・ナンバーとなっています。 ポルトガル語のRICADO(リカード)は贈り物、伝言という意味で、英語のタイトルはRicado Bossa NovaまたはThe Giftとなりました。 初めのほうは筆者がCD or Recordを持っていて愛聴しているものを並べます。 それからYouTubeを見て気に入った演奏を追加します。 (*これだけ有名曲になると、プロ、セミプロ、素人の演奏がゴマンと並んでいます) Contents• ハンク・モブレー まずは敬意を評してハンク・モブレーの演奏です。 何と言ってもモブレーのDippin!(1965年)に収録されていたこの曲によって世界的にヒットして、この曲の知名度を一気に上げたのですから。 リー・モーガン Lee Morgan, Trumpet ハンク・モブレー Hank Mobley, Tenor Sax ハロルド・メイバーン Harold Mabern, Jr. , Piano ラリー・リドレイ Larry Ridley, Bass ビリー・ヒギンズ Billy Higgins, Drums この4人の名前は覚えて下さい(できれば^^)あとでピアノのメイバーンの演奏も取り上げますし。 特にフロントの2管、モブレー ts とモーガン tp は忘れてはいけません。 *もちろんラテン・テイストで演奏されていますが、正確に言うとこのリズムはボサノバではないですね。 *音が良くないという欠点がありますが、筆者はどちらかと言えば、このよりハードな演奏に愛着があります。 この後は、筆者がネット上で見た30本以上の動画の中から気に入ったもの4つをお送りします。 (いずれも知らなかった人です) 堤智恵子 (アルトサックス) ここまで全部テナーサックスだったので、アルトでもこんないい演奏が出来る! (このところ日本女性の健闘が光ります) この演奏はサンバのリズムですが。 キャプションには以下のように書いてあります。 プロの演奏も多いですが、アマチュアの演奏もたくさんアップされていました。 やりたくなる曲なんですね。 その中に自衛隊の音楽隊による〈Recado Bossa Nova〉もありました。 音楽で食べてゆくのが大変なことはみなさん分かっています。 自衛隊に入って、その音楽隊に入り「音楽をやりながら食べてゆく」のもいい生き方ではないのかーーーと筆者は愚考したのですが、、いかがでしょうか?。 Popular Posts (全期間の人気記事)• 68,935件のビュー• 61,958件のビュー• 60,439件のビュー• 57,576件のビュー• 54,624件のビュー• 47,364件のビュー• 40,710件のビュー• 31,559件のビュー• 27,891件のビュー• 26,307件のビュー• 24,573件のビュー• 23,856件のビュー• 23,161件のビュー• 22,483件のビュー• 22,205件のビュー• 22,132件のビュー• 22,115件のビュー• 20,242件のビュー• 19,926件のビュー• 19,226件のビュー• 19,151件のビュー• 18,843件のビュー• 18,239件のビュー• 17,713件のビュー• 17,362件のビュー• 16,591件のビュー• 16,361件のビュー• 15,737件のビュー• 15,277件のビュー• 15,144件のビュー アーカイブ• ブログをメールで購読.

次の

ボサノバの名曲10選【おすすめのボサノバを美人女性ミュージシャンの演奏でご紹介】

リカード ボサノバ

邦題は『おいしい水』。 演奏者の寺井尚子さんは日本でジャズバイオリンの第一人者として活躍されている方です。 私がそうでしたが、バイオリンと言えばエレガントな音色で、どちらかと言えばクラッシクというイメージを持っている方が多いのではないかと思います。 しかし意外とジャズ(ボサノバ)にも合います。 動画の演奏も 情熱的ではありますがバイオリン特有の上品さが損なわれてなく、素晴らしいのひとことです。 (やっとジョビンじゃない) 『リカード・ボサノバ』のリカードはポルトガル語で「送り物」や「伝言」という意味。 ですので英題には『The Gift』とつけられました。 数あるボサノバの曲の中でも一番メジャーといっても過言ではないでしょう。 動画の人物はアストラッド・ジルベルト。 ジョアン・ジルベルトの奥さんだった人ですね。 もともと彼女は歌手の経験がない素人さんでしたが、『ゲッツ/ジルベルト』の収録中にプロデューサーに抜擢され、この『イパネマの娘』で歌手デビューすることになります。 そしてこの曲が大ヒットするんですね~。 史上屈指のテナーマンですので是非、注目してみてください。 まとめ 最近ではボサノバ調の邦楽カバーアルバムを多く出てますよね。 曲調が明るく、ゆったりしていて癒し系の印象を与えるので人気なのだと思います。

次の