お宮参り 服装 親。 お宮参りの服装》赤ちゃん・ママ・パパ・祖母・兄弟・衣装・最近のお宮参りは?

お宮参りの服装マナー!祖母の役割を考えた服の選び方

お宮参り 服装 親

お宮参りに母親はどんな服装が好ましい? お宮参りは七五三、成人式と並ぶ儀式ですから、やはり参列者にはしっかりとした正装をしてもらいたいものです。 ただし、季節やお宮参りをされる神社などでどこを選ばれるかによっても服装は使い分けされている印象を受けました。 今回お宮参りを体験された方からのアンケートを実施しその中からお宮参りをされた方からの意見を参考にご自身のお宮参りの際に役立ててもらえればと思います。 お宮参りのときの母親の服装が着物の場合 昔は母親と父方の祖母は黒留袖と決まっていたそうですが、最近は訪問着やつけ下げ、色無地など落ち着いた色合いで清楚なものが好まれるようです。 お宮参りの記念撮影では赤ちゃんからみておばあちゃんが抱っこすることが多いので、赤ちゃんの祝い着の色に合うような色の着物を選びたいものですね。 ただ最近は着物を着なれない人も増えているため洋装を選ぶお母さんが多くなってきているようです。 お宮参りのときの母親の服装が洋装の場合 神社では露出の多い服装はふさわしくありません。 フォーマルなワンピースにジャケット、もしくは少しフォーマルなスーツのセットなどを着ると良いでしょう。 お宮参りのときの母親の服装の注意点 正装をしなければならないのはもちろんですが、赤ちゃんが快適に過ごせるようにするため気を付けておきたいことがあります。 授乳をしている期間であるから気を付ける 母乳のみで育てている場合、突然哺乳瓶を使おうと思っても赤ちゃんが受け付けてくれない可能性があります。 そのため着物を着る場合は長時間授乳できないため、哺乳瓶でミルクや搾乳しておいた母乳を飲むことに赤ちゃんを慣れさせておく必要があります。 洋装の場合は授乳しやすい服装を選ぶようにしましょう。 上質な生地で作られたワンピースは改まった印象を与えるため、こういった正式な場所ではよく着られるものですが、前で開くタイプのデザインでなければ外で授乳をするのはとても大変です。 ですので、前開きのブラウスや授乳服を購入して利用するのも良いでしょう。 フォーマルな授乳服はネットでたくさん見つけることができますので、購入する際には検索してみましょう。 お宮参りのときの母親の服装で気を付けたいのが足元 着物の場合は草履、洋装の場合はパンプスなどを履きますが、神社というのは滑りやすい石畳やつまずきやすい砂利道など実は危ない場所と言えます。 ですので少々不格好でも慣れない場合はかかとの低いパンプスやフェミニンなデザインのスニーカーを履いて臨むようにしましょう。 大事な赤ちゃんにけがをさせては意味がありません。 安全を考え万全の態勢でお宮参りに臨みましょう。 赤ちゃんの服装に関しては別のページで紹介していますので参考にしてみてください。

次の

孫のお宮参りの服装はどうあるべき?マナー知らずにならないために

お宮参り 服装 親

お宮参りの服装!親は何を着ればいい!? お宮参りの数日前になって、「あれ?何着ていけばいいんだっけ!?」となるパパもいるはずです。 親の服装は祈祷をうけるか、お参りだけで済ませるかでも少し変わってきます。 パパとママで考えが違う場合もあるので、まずは服装だけでなく、お宮参り当日の流れを家族で話し合うことが大切ですよ。 母親の服装 母親は、母乳で育てている場合は授乳できる服というのが優先的な条件です。 授乳できるフォーマルなワンピースがオススメです! お宮参りは祈祷までの待ち時間が長かったりします。 授乳してから行っても途中で授乳するケースもありますからね。 父親の服装 父親はスーツでいいでしょう。 迷ったときはだいたいスーツ着とけば間違いないレベルです。 こんな便利な服はないですよ! 迷うくらいならお宮参りは「スーツ」でいきましょう。 祈祷をうけない場合は、フォーマルな普段着でもOKです。 私は2人目の子どものお宮参りは普段着にしました! お宮参りの服装!赤ちゃんの服の選択肢は!? 私が長女のお宮参りに行ったとき、長女には白いロンパースの上に、妻が赤ちゃんのときにお宮参りで着た着物(羽織るやつ)を着せました。 正式には、妻の実家から送ってもらった「祝着」を着せます。 ただ、 赤ちゃんが慣れない服で嫌がる場合もあるので、祈祷と写真撮影のときだけ着物を着せるという選択肢もありますよ。 赤ちゃんの体調や体温調節が最優先です。 祖父母の服装 お宮参りに祖父母を呼ぶ家庭もあるかと思います。 その時にどういった服装で来てもらうか悩みますよね。 和装でお宮参りする人はかなり少ないみたいだゾー お宮参りで祈祷を受けるなら、ジーパンやTシャツなどのカジュアルすぎる格好はふさわしくありません。 一方で、 祈祷をしない場合は普段着でも問題ないです。 私は、長女のときは自分たちの親まで声をかけ、スーツを着て、しっかりとした形式の「お宮参り」をしました。 次女のときは、長女を見ておかないといけないし、祈祷を受けないという選択をしましたので、フォーマルな普段着でお参りだけで済ませました。 赤ちゃんは神社で写真を取るときだけ着物をおくるみのように着せましたよ。 お宮参り当日の赤ちゃんや家族の体調、気温や天候なども服装を決める大切な要素になってくると思います。 形を意識しすぎて赤ちゃんの体温調節がおろそかにならないように注意が必要です。 どんな服装で行くか家族で話し合って、統一感のないチグハグなお宮参りにならないようにしましょうね。 思い出に残る、素敵なお宮参りで赤ちゃんをお祝いしてください! 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

お宮参りの服装】ママ、赤ちゃん、祖母、パパ、祖父母、春・夏・秋・冬、レンタル

お宮参り 服装 親

パパママの服装と合わせる 基本的には、赤ちゃんやパパやとママの服装に合わせるのが無難です。 昔は、赤ちゃんのお宮参りでの正式な服装は、肌着の上に白羽二重の内着を着せ、その上に紋の付いた晴れ着を羽織らせる和装が一般的でした。 しかし、 近年では出産時に病院から退院するときに着せている、洋装のベビードレスをお宮参りでも着せることが多くなってきました。 ママの服装は赤ちゃんに合わせて洋装、和装にするケースがありますが、パパは赤ちゃんが和装でも洋装のスーツを着ていることが多いです。 祖父母もパパとママの服装に合わせておけば基本的には問題ないです。 お宮参りで祖父におすすめの服装 一般的に、パパは洋装の場合が多いので祖父も洋装に合わせるといいですよ。 白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツがおすすめです。 ネクタイはスーツに合わせてフォーマルなものでもいいですし、祖母の服装に合わせた色合いでもお洒落に見えますよ。 気候に合わせて、ジャケットやコートを羽織りましょう。 夏場は暑いので、シャツは半袖でもOKです。 ジャケットやネクタイは祈祷時や写真撮影のときのみ着用でも問題ありません。 お宮参りで祖母におすすめの服装 祖父よりも、祖母の方が服装に迷うのではないでしょうか。 男性は、無難にスーツでも問題ありませんが、女性は難しいですよね。 洋装の場合は、目立ち過ぎない色のスーツやワンピースがおすすめです。 気候に合わせて、ジャケットやコートを羽織りましょう。 和装の場合は、淡い色の色留袖や訪問着がおすすめです。 柄物でも大丈夫ですが、あまり派手でないものがいいですよ。 気候に合わせてショールや和装コートを羽織りましょう。 祖父とは違い、祖母の場合、服装で気を付けなければならないことが一つあります。 お宮参りでは、昔からの習わしで父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするケースが多いです。 そのため、 父方の祖母の場合は、赤ちゃんを抱っこしやすいようなスタイルがいいですよ。 お宮参りが、晴れやかになるようにと、 コサージュやブローチなどのアクセサリーをつけていると、誤って赤ちゃんを傷つけてしまう恐れがあるので、やめましょう。 自分の身なりも大事ですが、 抱っこしやすいように歩きやすいように靴にするなど赤ちゃんのことを第一に考えた服装にしましょう。 \オシャレで洗練された大人の洋服はこちらがおすすめ!/ どうしても和装が着たい!だけど一人だと浮いちゃう? 見た目に華やかに見えるのは、やはり和装です。 孫が生まれて初めての大イベントなので、はりきって普段は着ない和装を着たい思う祖父母の方も多いのではないでしょうか。 赤ちゃんやパパママは洋装だから和装は着れない、ということはありません。 一人でも和装の人がいると華やかになりますし、写真映えもします。 服装をきちんとしすぎていても失礼ではないので、 和装が着たい人は和装を着ても問題ありません。 その場合は、 事前に和装を着ていく旨を家族に報告しておくといいでしょう。 お宮参りで事前にどんな服装にするか相談しよう 自分だけで服装を決めるのは、難しいですよね。 事前にパパやママにどんな服装にするか、相談しましょう。 また、相手方の祖父母も参加するのであれば、相手方の服装も聞いてみましょう。 相手方の祖父母とあまりにも雰囲気が違ってしまうと、すこし気まずい雰囲気になるかもしれません。 特に 和装の場合は、着物に書くがありるので注意が必要です。 着物の格は、高いものから順番に• 色留袖• 訪問着• 色無地 となっています。 事前に両家の祖母が和装でくることが分かっているのであれば、 同じ格の和装で合わせた方が無難です。 また、当日に「なんでそんな服装で着たの?」なんて言われないために、 自分はどんな服装で行くのかをあらかじめ伝えておくことも大切です。 もしかすると、パパママから服装の要望があるかもしれません。 気慣れない和装を着るときの注意点! 和装の場合は、普段着慣れていない人が多いので注意が必要です。 和服は帯で体を締め付けやすく暑いので、夏場は着ているだけでもしんどいです。 祈祷の時間も神社によってばらつきがありますが、長時間になるところもあります。 また、お宮参りの神社が遠いと、 歩く時間も長くなります。 慣れない服装で長時間孫を抱っこするのは、身体にも大きな負担となります。 気候や自分の体調をみながら、和装を着ても大丈夫そうか考えてみましょう。 当日の体調がすぐれない場合は、避けた方が無難かもしれません。 かわいい孫の幸せを願う大切なお宮参りに、服装のことで悩んだり、直前まで着る服が決まらずバタバタしないように、早めに準備しておきましょう。

次の