デュエマ ブラック ロータス。 デュエルマスターズ Black Lotus 謎のブラックボックスパック(DMEX08) BBP

【デュエマ】《Black Lotus(ブラック・ロータス)》で宇宙が見えた!?【ブラックボックス収録】

デュエマ ブラック ロータス

Black Lotus P 無色 0 Mono Artifact このArtifactがバトルゾーンに出た時、封印を3つ付ける。 (カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く) 自分のターンのはじめに、このArtifactに付けた封印を1つ、自分の山札の一番下に置く。 このArtifactの封印がすべてなくなった時、これを自分の墓地に置く。 このターン中、次にカードを使う時、そのコストを最大3少なくしてもよい。 ただし、コストは0より少なくはならない。 で登場した。 に入るとしては史上初の0であり、新しい「」を持つ。 コスト0のなので、のが例え0枚でも、にあれば即座にできる。 に出た際に自身に封印を3つ付けるが、なのでを出してを外すことはできない。 また、であるため封印されていても無視されず、かつのようにを持っていないので、にがないという欠点がある。 一応、除去されても封印は全て墓地に行くので、として使うことも視野に入る。 に自身に付いた封印を1枚山札の下に置き、封印が全てなくなった際に自身をにする。 すると次にするを3できる。 一切しないデッキであっても、4ターン目には7コストのカードが使えるようになる。 消費を抑えながらの始動に使うのもいいだろう。 さらにと併用すれば4ターン目に10コストのカードをプレイできる。 例えばではの早出しに活かすなどが考えられる。 しかし、4目に発動するには初手にこのを引いておく必要がある。 中盤以降に手札に加わっても3後にはが終わることも多く、に置いてもにもならないので、考えなしに積めるではないだろう。 効果はかつ内の最初に使う限定。 よって、妨害を受けて指定ターンに目当てのが使えないと無駄撃ちに終わる難点も抱えている。 ルール [ ] としてはに存在できるため、などでを付けるのを妨害された場合、に残り続ける。 封印はどのような方法で剥がしても能力が起動する。 カード指定除去で誘発を早めることもできる反面、相手ターン中に封印が全てなくなってしまうと効果が無駄になってしまうので注意。 封印が付いている状態でこのカードがバトルゾーンを離れた場合、はで墓地に置かれる。 ただし、で封印とまとめてされる場合は、封印もバウンスされる。 封印が付いても無視されないためによってにでき、が出るごとにが外せるようになる。 環境において [ ] 効果が判明した当初はとして注目され、中でもの新戦力として期待された。 またではのと合わせて5ターン目に着地させる型も考案された。 ところが実際には、2ターン目以降では環境の速度的に手遅れとなり、初手に引けるかどうかに活躍が依存しやすいことから目立った活躍はなかった。 その他 [ ]• でこののをすべて外してコスト軽減を利用することはできない。 複数枚同時に除去を受けたカードは同時にバトルゾーンから離すという裁定なので、封印がすべて外れた状態でバトルゾーンに残るタイミングがそもそも存在しない。 一方で、これは裏を返せば「このカードをごと吹っ飛ばせば0マナで4枚のアドバンテージを得られる」と言うことでもある。 例えばこれと封印6枚が残っているがいる状態で先述の《ギガタック》を使えば、封印を全てマナにして Lotusも含めた 計10マナを稼ぎつつによってを放てる。 この時にが手札にあればが確定し、なくても増えたマナからのような重量級カードを出しに行ける。 このカードはノーコストですることになるが、このカードに反応するは現時点で存在しない。 また、何らかの手段でのが上げられてしまった場合、上がった分のをしなければならないが、このカードのコストを上げるカードも現時点では存在しない。 それどころかこのカードのプレイを妨げるカードも存在しない。 手札にさえあれば、どんな状況下でもでプレイできる。 元ネタは黎明期に登場した同名のカード、。 本家もコストが0のカードで、生贄に捧げるだけで無条件で好きな色のマナを3つ生み出すことができる。 MTG黎明期に猛威を振るったカード群『パワー9』の1つである。 のルールで見ても強力な能力であり、さすがにそのままの再現はされていない。 「効果が発動するまで3ターンかかる」というの仕方はを元にしていると思われる。 カードタイプのMono Artifact(モノ・アーティファクト)は、1ターンに1回しか起動できない能力を持つアーティファクトの事を指す。 黎明期にのみ存在した用語であり、94年以降は全てアーティファクトに統一されているため現在のルール上は存在しない。 デュエマでのコラボにおいては、オリジナルにならった表記をとっている。 封入率がでは1カートン 18BOX に1枚にも満たないと噂されるほど低く、の相場は異常な価格になっている。 なお、本家のBlack LotusはMTGで最も相場の高いカードとされていて、比較的流通数の多い後期版 白枠 でも数十万円、初期版 黒枠 の美品は数百万円で取引される事もある。 しかもBlack Lotusはこのカードをモデルにした様々なLotus派生カードが存在するが、「Lotusは能力にかかわらずLotusというだけでコレクターに人気がある」と言われるほどであり派生カードすら高額の値段が付く。 おそらくで活躍しなかったデュエマ版のの価値と人気が異様に高いことにも影響しているのだろう。 必ずしもやでの活躍だけがの価値ではないのである。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus. ) 参考 [ ]• 封印の付いた 《Black Lotus》を、カードを選ぶ効果で選ぶことは出来ますか? はい、出来ます。 封印の付いたクリーチャーは無視されますが、これはクリーチャーではないので無視されません。 封印の付いた 《Black Lotus》を、などのカードを選ぶ効果により手札に戻しました。 この場合、 《Black Lotus》に付いていた封印はどうなりますか? 墓地に置かれます。 《Black Lotus》のみが手札に戻り、封印は単体でバトルゾーンに存在できないため、状況起因処理によって墓地に置かれます。 《Black Lotus》が他のゾーンへ移動した場合も同じで、封印は墓地に置かれます。 がバトルゾーンにいる時に 《Black Lotus》をバトルゾーンに出した際、封印を置けなかった 《Black Lotus》はどうなりますか? バトルゾーンに置かれたままになり、コスト軽減も発生しません。 《Black Lotus》が持つ「このArtifactの封印がすべてなくなった時」の能力は、最後の封印が外れた時にのみ発動します。

次の

DMEX

デュエマ ブラック ロータス

TCGと言えば「デュエルマスターズ」、「遊戯王」、「MTG」、「ポケモンカード」の4種類が代表的だと思います。 今回は各TCGの最高額カードを調べてみました。 高額で出品や販売されているが、買い手がいない(買い手がいたか不明)ものはこちらに入れていません。 — まんだらけ福岡店カードスタッフ mandarakeFKcard お値段 19,000,000円 お値段なんと1900万円…!? 流石世界初のTCGです。 恐らくMTGを知らないよって方も知っている有名カードだと思います。 1993年に発売されて以降、世界中で2000万人以上のプレイヤーおよびファンを持つ世界初のトレーディングカードゲームが「マジック:ザ・ギャザリング」です。 ゲーム発売当初に登場した超強力なカードの1枚である「Black Lotus ブラックロータス 」は、その強力すぎる効果と美術的な価値から高値で取引されており、ニコニコ大百科によると「2015年末の時点で美品かつ鑑定済みの値段が300万円を超えている。 それでも在庫切れである」と記されています。 そんなブラックロータスがインターネットオークションのeBayに出品されたところ、なんと16万6100ドル 約1900万円 で落札されたことが明らかになっています。 初期に登場した「パワー9」と呼ばれる超強力なカード9種類の1枚です。 パワー9はいずれも数十万~数百万ほどするといった効果も値段もぶっ壊れのカード。 そのなかでもブラックロータスは群を抜いていて、MTG史上最強のカードと呼び声が高いです。 しかも他のTCGのカードは大会の商品で世界に~枚とかいうカードが高額なのに対してこちらは市販されていたカードだとか…。 因みにアマゾンで 1600万円で販売されているので、お財布に余裕がある方は購入してみると良いと思います!.

次の

【デュエマ・遊戯王・MTG・ポケカ】それぞれのTCGの史上最高額カードは?

デュエマ ブラック ロータス

Black Lotusとは、• 「」の• 氏の楽曲 初出は「」 本項では1.について説明する。 概要 Black Lotus 0 T ,Black Lotusを生け贄にげる:あなたの・に、好きな色1色の3点を加える。 M;明期の強群・通称のうちの一つ。 その強さは、一概にを決められないM;においてすら、これをとするが多数いるほどである。 がほぼ設定されていない競技・では実に以上ので投入されており、採用率は堂々の第である。 その他の競技ではとなっている。 でもほとんどだろう。 も評価が高く、20年以上前のにも関わらず「一番」と言う人が多数いるほど。 気になる人はしてみよう。 MTGよく知らないけど、どう最強なの? には・というがある。 これは全てのは要された(的な何か)を支払わないと使えない、というである。 そして、このは基本的に1ごとに使えるの量が1点つずつしか増えていかない設計になっている。 (色々と例外はあるが) このは、・が0なので、を全く支払わずに出せる。 それにもかかわらず、このを使えば3点のを得られるのである。 つまり、他のを1枚だけ、本来より3く使えるようにするなのである。 使い方 とも言われるこのだが、上記のように「他のをいで使えるようにする」効果なので、単品では何もしない。 これを使っただけでは、を引いたり、相手のを減らしたりすることはできないのである。 ゆえに、当然ながら、他のと一緒に使うことになる。 一緒に使うが弱ければBlack Lotusはさっぱりかないが、Black Lotusのを最大限に生かす構成ならば、相手を10回くらい殺す原動になる。 出てきた3をする他のがあってこそ、Black Lotusはのとして君臨する。 なお、かつて、・(を残したままを進行すると残ったに等しいを失うペナル)が存在した時代には、冗談めかして「単体では3点を食らうだけの」という表現をされることもあったくらいである。 使用例• <Xなどの0>を• 相手はを10個得てし、あなたはするだろう 上述の状況で、さらに、• が始まった、最初のである• < を出せる土地>があるか0部分が《》である• に1枚制限のを2~3枚初手で引くが必要にはなるが……。 なお、・しで相手を妨できるがあるので、上は上記のは止めることも可ではあるが、持っていなければそのまである。 でも、お高いんでしょう? 高い。 末の時点で(美品)かつ版、鑑定済みの値段が 0万円以上で落札されている。 (より ミ・ション(のがい。 発行枚数が較的多い)で状態の悪いものを探しても 万円はくだらない。 リミ・ション(のがい。 発行枚数が少ない) は中のを探しても在庫として置いてあるのは稀で、お値段もである。 何故高いのかといえばの用途的な価値と美術的な価値の相乗効果である。 前述の通りの強な効果を持つため用途的に値が上がる。 には再販禁止制度(全く同じかそのまま強くしたような効果を持つを刷らないようにする制度)があり Black Lotusはその対になっているため美術品的な投機の対として値が上がる。 値段が下がる要因がなく 、高騰ばかりが進むのだ。 はいずれも絶版であり「遊べる董品」として1枚1枚が数十万の値段だが、中でもこのは実用可なとしては界全体でものお値段である。 これより値段のるといえば、に1枚あるいは数枚の・の類、もしくはであろう。 な、とてつもない効果、そして信じられないほどの値段。 というの始祖においてのと言われるだけの貫は十分に備えただといえるだろう。 そんなBlack Lotusですが… なんとこの度、の分であるに。 Black Lotus 種類: 文明:色 : 0• このがに出た時、封印を3つ付ける。 を封印するには、自分の山札の上から1枚を裏向きのまのの上に置く• 自分ののはじめに、このに付けた封印を1つ、自分の山札の一番下に置く。 このの封印がすべてなくなった時、これを自分のに置く。 この中、次にを使う時、そのを最大3少なくしてもよい。 ただし、は0より少なくならない。 ・エクスションである「の・ボックス・パック」にて登場。 種類も でも0と、当時のに準拠している。 最大の特徴は同様の 0。 でも手札から使うとしてはこれが初。 最初の手札にあれば最初から使える点も同様。 だが、前回のであった同様、当然ながら調整はされており、「「最初から使える」とは言ったが「最初から軽減やブーストは出来ない」」この1点に。 0であるため1の他のと一緒に使えはするが、軽減するには封印を剥がさなきゃならない。 また軽減、それもたった一度だけ中最初のののみなので気軽に使えない。 また「封印を剥がす」とは言ったが、やり方を工夫すれば中に何枚でも剥がせるが、全て剥がすには基本的に3経過しなきゃならない。 回収や回収も「そのもの」を参照して回収は出来るが、「」を参照して回収する方法はいので使いまわしが とは言え、最初の手札にあってそれを使えば、4に7のが使えるのは言うまでもなく強であり、色を選ばないのも魅だし、何よりの封印剥がしにあった「に置く」ではなく「ボに置く」なので山札を弄らない点もうれしい。 では流石に使えないが。 後余談だが、がにアートなのが嬉しい。 では再録が出来ないからだろう。 このの登場によって高騰していたBlack Lotusがちょっとでも値下がり…すればいいな 関連商品 関連項目• リミ・ションも第一刷(通称版、のがのものより少し丸い)と第二刷(通称版、のはのものと同じ)に分かれる。 は約、は約7印刷され、当然版のほうが価値が高い。

次の