新型 インフルエンザ。 強毒型(H5N1型)新型インフルエンザの脅威|これからの衛生管理

新型インフルエンザ等対策有識者会議|内閣官房ホームページ

新型 インフルエンザ

製品情報• おなかのガスについて• おなかに良いヨガにチャレンジ!• 環境活動• 財務ハイライト• IRライブラリー• 株式情報• 症状別のおなかのトラブル 腹 痛• 軟便・下痢• 便 秘• おなかの張り• 時季によって起こる おなかのトラブル• その他のおなかのトラブル• うんち(便)ってなに?• インフルエンザとは• 新型インフルエンザとは• 対策特別措置法• 製品別のご質問•

次の

日本における2009年新型インフルエンザ

新型 インフルエンザ

ひとつインフルエンザに関する専門家の怖い意見を紹介しましょう。 新型インフルエンザのパンデミックがおきると 国内での死亡数は 64万人と推計されますが、実際はそれを上回る可能性が高いです。 これは全人口の25%が病気にかかったと想定、これをもとにスペイン インフルエンザの致死率2%を当てはめた場合の推定なのですが、 この64万人の死亡数でも楽観的な予測だという意見もあるくらい です。 これから 発生が懸念される首都圏直下型地震でも推定死亡者数は 1万2000人なので、新型インフルエンザの人的被害の大きさは 比較にならないと言えます。 ですので、新型インフルエンザについて理解し十分な予防対策をとる ことが非常に大切だといえるでしょう。 今回はそんな新型インフルエンザについて紹介していきましょう。 スポンサーリンク 新型インフルエンザのパンデミックとは? まず「新型インフルエンザ」について簡単に説明しますと…… 本来動物同士の病気であるインフルエンザが何十年かに一度 突然変異し人にうつるようになってしまったインフルエンザです。 人類がいまだ接触したことのない新しいインフルエンザのため 誰もウイルスに対して免疫をもっていません。 しかも新型インフルエンザの場合には実際にウイルスが 出現してからワクチンの製造に入りますので、少なくともこれに6ヶ月を 要するために、早期には間に合わないと考えられています。 それゆえ、仮に新型のウイルスが毒性の強いタイプだと多くの人に 感染し甚大な被害をもたらすと予想されています。 そんな インフルエンザが世界的に大流行することをパンデミック というのです。 すなわち新型インフルエンザのパンデミックとは、 「新型インフルエンザウイルスがヒトの世界で広範かつ急速に、 ヒトからヒトへと感染して広がり、世界的に大流行している状態」 を言います。 ではそんなパンデミック……いつ、どれくらいの規模でおこるのか 予想できるのかというと、これが全くできないのです。 どの程度可能性があるか、それがいつくるかは、誰にもわからない というのが事実です。 しかしながら、インフルエンザ専門家の間では、 「いつ来るかはわからないが、いつかは必ず来る」 というのが定説になっており、もし来た場合には大きな被害が 予想されるにもかかわらず、準備がなければ社会は混乱するのみ であるということです。 実際に日本でもパンデミック発生を想定した空港の検疫所などで 訓練も実施されています。 しかし全く新しいインフルエンザの為、こうした水際対策の効果も 未知数だといえます。 そのため、個人での予防・対策が重要なのです。 確実におこると予想される新型インフルエンザのパンデミック、 個人で知識を蓄え、予防を行い、万が一かかってしまった時の 対処法をあらかじめ準備しておいた方がいいでしょう^^ 新型インフルエンザのパンデミックの歴史は衝撃! 1918年(大正7年)スペインかぜ 今から100年ほど前に世界中に大被害をもたらしたスペインかぜは 第一次世界大戦末期にアメリカの陸軍基地内から発生し、それが 軍隊とともにヨーロッパに運ばれた。 戦争中でどの国も内密にしていたが中立国だったスペインの王族 が発症したことが報道されたため「スペインかぜ」と名付けられた。 かなり病原性が強く、 当時世界人口が20億人のうち4000万人が死亡 するという被害になった。 日本でも人口6000万人のうち30万人から40万人が死亡したといわれ ている。 第二波、第三波が3年間にわたって大流行し、マイナーチェンジしな がら39年間続いた。 1957年(昭和32年)アジアかぜ 中国南部から発生したインフルエンザで全世界で推定200万人以上 が死亡した。 日本での死亡率は低かったが国民の4割以上が発症、ほぼ2人に1人が 発病するという大流行であった。 その後、マイナーチェンジを繰り返しながら11年間にわたって流行 し続けた。 スポンサーリンク 1968年(昭和43年)香港かぜ アジアかぜ同様中国南部で発症したインフルエンザ。 季節外れの夏に香港で流行し始めたので調べてみると新型ウイルス であった。 世界中で100万人の人々が死亡し、日本でも国民の2割が発症した と言われている。 その後ソ連型が加わって、 A型香港かぜ・A型ソ連かぜ・B型の3種がマイナーチェンジを 繰り返しながら現在の季節性インフルエンザとなって毎年の 流行株となっている。 2009年(平成21年)新型インフルエンザ 2009年4月、メキシコとアメリカで新型インフルエンザが発生。 これは北米型とユーラシア型の豚インフルエンザウイルスに、 鳥と人のインフルエンザウイルスを加えた4種類の遺伝子が 混ざり合って誕生した弱毒性のウイルスです。 ここ何十年かのWHO(世界保健機構)や日本の厚生労働省 研究者たちの基本的な考え方は 「スペインかぜのような被害を二度と繰り返すな」 ということで、そのための対策を研究してきました。 以前は日本はインフルエンザ対策が遅れている国でしたが 今では日本人は毎年3000万人ものワクチンを打ち、いつのまにか 世界でも有数のインフルエン対策を行っている国になりました。 ここでは仮にパンデミックが発生したときに生じうる被害を いくつかあげてみます。 適切な治療・医療行為が受けられない可能性がある 感染率25%をもとにすると医療機関に受診する患者数は1300万人から 2500万人、入院患者は200万人にのぼると試算されます。 病院は患者であふれ医師・看護師そして治療薬の不足が予想されます。 また感染拡大防止の観点から外出の自粛を余議なくされるかも しれません。 その間、各家庭では食料の備蓄など外出ができなくなった事態を 想定した備えが必要になります。 約1~2週間で世界中に蔓延すると考えられます。 現在は飛行機等で人や物が世界中を頻繁に移動しており、ウイルスが 極めて広がりやすい環境にあります。 そのため新型インフルエンザが発生した場合、 世界中のあらゆる国で ほぼ同時にパンデミック状態に陥ると考えられます。 そのため他国からの緊急支援はばず期待できないでしょう。 この認識のもと個人、家庭、職場、地域レベルでの発生後の 事後対策が大切です。 個人の自由な行動が制限されるおそれがあります 感染症法によると新型インフルエンザ発生初期段階では感染者や 感染の疑いのある人に対し、 強制力のある病院や外出の自粛を 要請する規定が盛り込まれています。 映画館や公民館など人びとが集まる場所に対し集会自粛の要請や 建物の立ち入り制限や封鎖、交通の制限などが想定されます。 流行期間は長期にわたると予想されます。 新型インフルエンザが発生した場合、その 最初の流行期間は 約2ヵ月と推測されています。 現時点では有効なワクチンの開発まで約半年間を要し、また大量 生産による供給体制が整うまでさらに時間がかかります。 その間は感染予防が最大のポイントとなります。 また、 流行の波は1回にとどまらず、さらにその後第2波、第3波 の襲来があると考えられています。 経済的に甚大な被害が生じます 社会的機能の停止より経済が大きな損失を受けると考えられます。 その額は 国内GDPの4%以上にあたる20兆円との試算があります。 世界銀行は1年間における世界経済の損失を2兆ドルと推定しており それはかつて1929年におきた世界恐慌を上回ると言われています。 新型インフルエンザのパンデミックのまとめ われわれが、数十年あるいはそれ以上の期間をおいて 大きな地震が起こる可能性を想定し、常日頃からそれに対して 供えを築き上げてゆくように、インフルエンザ・パンデミック に対しても、近い将来の最悪の事態を想定して、 社会全体で今から可能な準備を始めることが必要であるといえます。

次の

2009年新型インフルエンザの世界的流行

新型 インフルエンザ

point• 比較されがちなインフルエンザと新型コロナウイルスは大きく異なっている• 新型コロナウイルスの感染が10回繰り返されたときの感染者数は、インフルエンザの40倍• 新型コロナウイルスの死亡率は、インフルエンザの10倍 伝染病を研究する「疫学」では、感染力を示す数値として「基本再生産数」を用います。 例えば、はしかの基本再生産数は12~18であり、これは感染者1人に対して、12人から18人に感染することを意味します。 ジカ熱は最高6. 6であり、季節性のインフルエンザはたったの1. 3です。 そして、話題のは、2~2. 5です。 基本再生産数や症状が似ているので、インフルエンザと新型コロナウイルスを同じ感覚で受け取る人は多いでしょう。 「どうせインフルエンザみたいなものでしょ?」 しかし、このような考えは非常に危険です。 なぜなら、新型コロナウイルスはインフルエンザよりも極めて危険なウイルスだからです。 情報誌「」は4月1日に、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを示す動画をyoutubeに公開しました。 Coronavirus is not the flu. 3ということは、1人の感染者につき、1~2人が感染してしまうということです。 つまり、10周すると、合計56人になります。 Credit: 次に、新型コロナウイルスの基本再生産数で考えてみると、どうなるでしょうか? Credit: 1人が2人に、そしてまた2人と、10周して、2000人以上が感染しました。 Credit: 基本再生産数が似ているように思えても、実際の広がり方は全く異なります。 潜伏期間の違い インフルエンザと新型コロナウイルスの最大の違いは、感染してから症状が出るまでの時間です。 これを「潜伏期間」と言います。 潜伏期間でもウイルスは他人へ感染します。 新型コロナウイルスの潜伏期間は5日~2週間です。 Credit: そして、インフルエンザの潜伏期間はたったの2日です。 Credit: 私たちは、インフルエンザの潜伏期間に慣れてしまっています。 「症状」には敏感であり、自覚すると即座に他人に移さないように行動します。 そのため、インフルエンザの感染は抑制されてきました。 Credit: しかし、「症状が無い状態」では、他人に移さないように行動しません。 そのため、新型コロナウイルスの感染は爆発的に拡大しています。 免疫の違い インフルエンザの季節になると、既に抗体を持っている人が存在します。 予防接種を受けた人や以前に同じウイルスにかかった人たちです。 Credit: そのため、感染者がいても、抗体を持っていない人同士でしか感染が広がりません。 免疫を持っている人たちがウイルスをブロックするので、広がりを食い止めることができるのです。 そして、抗体を持っている人口が多いほど弱い人たちを守っていることになります。 Credit: しかし、新型コロナウイルスは全く新しいウイルスです。 抗体を持っている人は誰もいません。 Credit: 誰もブロックの役割を果たさないので、感染の自覚のない人が他人と接触して、山火事のように感染していきます。 Credit: 結果、感染者一色になりかねません。 しかし新型コロナウイルスの入院率は30%に上ります。 これは少ない数値でしょうか? Credit: そんなことはありません。 インフルエンザの死亡率はもっと低い0. しかし、これでも米国だけで年間6万人が命を落としています。 Credit: 国や環境によって違いはありますが、新型コロナウイルスはインフルエンザの死亡率の10倍だと言えます。 そして、この死亡率は全年齢のデータです。 年配者、そして免疫力が低い人の死亡率は、圧倒的に高くなります。 Credit: さて、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いを「基本再生産数」「潜伏期間」「免疫」「死亡率」の観点で確認してきました。 これらの点をふまえると、今後世界人口20%~60%が新型コロナウイルスに感染すると予測されています。 Credit: 特効薬もワクチンもない病気に立ち向かうための最善策は、「接触をさけ、家から出ない」ことです。 人を介さない限り、ウイルスは広がりません。 Credit: しかし、これはすべての人が協力しなければいけません。 「インフルエンザに似ている」という安易な考え方は捨て去るべきしょう。 インフルエンザと比較すると、事態を小さく見せ、ホッとするかもしれません。 しかしそれは、深刻な問題に対して自分の感覚を麻痺させるのと一緒です。 麻痺している場合ではありません。 警戒し、賢明な判断をする時なのです。

次の