笠井 times 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい。 笠井アナ、闘病生活伝えるブログ開設へ「自分が消えるのは許せない」:マピオンニュース

笠井信輔

笠井 times 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

頑張るしかないですもんね(笑)。 でも抜き、上げ、緩み、と、 進んでいく日々、そのときどきで、 下げたりもしながら、でも、 英語で言えば、<Keep tryin'>。 生きるために、保つ、それがね、 頑張る、ということだと思います。 だから、いざ、とか、山場とかね。 で、奮起し、戦えるように。 抜いて休む日には、頑張らず、 自分を労わり。 はたまた、 今日は頑張ろう、としかできない日には、 テンパリ。 それが人生です。 いつも、頑張る、頑張らない、それは、 言わないで、と、今、2年ぶりぐらいに、 嫌がる人もいるんだなあ、と、 高校時代に先生から聞いたのにね(笑)。 もうちょっと気迫で、頑張る、と。 これが一番、さんには、 正しいなあ、と、思い、書いています。 負けない。 その気持ち、誰でも、 ちょっと失礼だけど、現状でも(ですね)、 必要だったりします。 いや、 逃げられないですもんね。 逃げられない、だから、 のんびりしてね 自分甘やかしてね という言葉、これすなわち、 頑張れ、という意味だと。 あたしは、常から、思い。 頑張ろう、と、頑張っています。 だから、頑張って、って。 人生を好転させて欲しいなあ、と、 思う人のところには、書いてあります。 うーん、言葉の運用で、 頑張れ、頑張るな、失礼だ、と、 そういうアクシデントがね、 あるのは、さんが見ていても、 嫌だろうから、そんなことで揉めないの。 元気になって、って方が、 これだけだと顰蹙ですし。 頑張らないと、元気にならない。 笠井さん、すみませんが、あたしは、 あなたのこの先の普通の仕事を見たいのです。 だから、 頑張って ください(応援していますよ!)。 今日ものんびり、頑張って耐えて下さいね。 の投与、生還を祈念してやみません。 あたしも、頑張ります。 cherylwind.

次の

笠井アナ、闘病生活伝えるブログ開設へ「自分が消えるのは許せない」:マピオンニュース

笠井 times 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

笠井信輔氏56歳、フジテレビで32年間アナウンサーを務め、今年9月末に退社し、10月から張り切ってフリーで仕事を始めた矢先に、青天の霹靂の『悪性リンパ腫』になっていたことを語っていました。 笠井氏の場合は『全身にがんが広がっていて強い抗がん剤が必要。 笠井氏は「長年テレビで有名人のプライバシーを報じる仕事をしてきたので、自分のことを知ってもらうのは義務だと思った」と話していて、「自分の病気のことでテレビ番組に出たり、ブログでも発信していく」としています。 わたしも笠井氏が出ていたフジテレビの情報番組はときどき見ていて、自分のイメージでは、俺が俺がでガンガン行くタイプではなく、にこやかな人の良さそうなタイプのアナウンサーで、好感を持っていました。 しかし今回の報道では、見た目の一見穏やかそうな、軟弱そうなイメージとは違い、しっかりした強い人だという印象です。 今年フジテレビを辞めると発表があった時、「笠井氏の性格上これから管理職になるのが重荷になったのかな?」とか失礼ながら「彼クラスのアナウンサーだとフリーも大変だから定年まで勤めた方がいいのでは?」などと余計なお世話に思ったものでした。 今回の病気の発表を知った時、お気の毒と思うと同時に、2人に1人ががんになる、人ごとではないとつくづく思いました。 フリーになったばかりで闘病も大変ですが、全て自己責任で費用も大変だろうなと他人事ながら思っています。 『ブログも始めました』ということなので、Amebaブログを見つけて数記事ですが読ませていただきました。 抗がん剤治療や症状のことなど闘病生活の、なかなか濃い内容の投稿がされています。 このブログはお気に入り登録させていただいて、今後も読ませていただきます。 治療が順調に進んで、回復してまたお仕事に復帰できるよう願っています。 ブログランキングに参加しています。 118• 278• 363• 366• 148•

次の

笠井アナ、悪性リンパ腫は「予後の悪いタイプ」 開設ブログで説明

笠井 times 人生 プラマイ ゼロ が ちょうど いい

笠井アナの心境告白の経緯 出典: 笠井アナが 悪性リンパ腫という血液の癌の一種である病気を真っ先に報じたのは2019年12月17日のデイリー新潮にて。 所属事務所の公式な発表はまだでしたが翌日18日には各メディアが一斉に大きく報道。 特に笠井アナが出演をしていたフジテレビ系「とくダネ!」には19日に笠井アナが 生出演して心境告白をすることを明らかにしていました。 小倉智昭が悪性リンパ腫発覚の経緯を明かす 小倉智昭は18日の「とくダネ!」にて笠井アナの現状について少しだけ触れていました。 実は悪性リンパ腫が発覚するきっかけは フジテレビの退社。 笠井アナは9月末にフジテレビ退社。 この時に荷物の整理をしていた時に腰に痛みが。 体重減少もあり排尿にも不備があるので前立腺肥大を疑って MRIの結果腰に影。 精密検査の結果悪性リンパ腫であるということが発覚と経緯を説明していました。 本人の心境告白 笠井アナは19日の「とくダネ!」に出演。 この時に以下のように心境告白をしています。 「自分でもこの激烈な展開についていけないような」• 悪性リンパ腫公表の理由は 「32年間ワイドアナウンサーとして 有名人のプライバシーを自分の言葉で放送してきた」• 「いざ自分が病気になった時に そっとしておいてくださいというのは自分の生き方としては許さない」• 「全身に癌が散らばってるって聞いて目眩がした」• 「自分大丈夫なのかなって」• 「え、死ぬの?ってその時は思いました」• 「 先生は大丈夫だよって言ってくださったので その言葉を信じて闘っていこうと今は思っています」 また、笠井アナが病気を公表した理由については実際に 小倉智昭もがんであることを自ら公表したことも一因。 偉大な先輩である小倉智昭の後に続いたという形です。 また、笠井アナが悪性リンパ腫であると発覚したことについては体重減少が一つのきっかけ。 今までの最低体重は62kgであり、どんなにダイエットしてもそれ以上は下がらず。 しかし特に何もしていなかったものの62kgに減少。 そのため 体になにか異変が起こっていると判断をしたと告白。 笠井アナは悪性リンパ腫で現在の予定は4ヶ月入院をして抗癌剤治療。 その後2ヶ月は自宅療養をすると 最低でも半年間治療に専念することを報告しています。 また、入院してからはブログの「笠井TIMES 人生プラマイゼロがちょうどいい」を開設予定であるとのこと。 2019年12月7日にはテレビ東京の「土曜スペシャル 鉄道沿線ひたすら歩き旅6」という旅番組に出演。 この旅番組はその名の通り、徒歩で鉄道沿線を旅するというもの。 この時に笠井アナは福澤朗アナウンサー、土屋アンナと共に歩いていましたが笠井アナは遅れ気味に。 福澤アナと土屋アンナは 自分たちが早く歩きすぎたわけではないよね、とお互いに確認し合う様子なども放送されていました。 そして笠井アナの顔を映して 「笑顔が完全に消える」というテロップもあり、番組スタッフサイドも笠井アナの体調の変化には気づいていたようです。 まさか悪性リンパ腫であるとは知らなかったわけですが…。 番組を見ていた視聴者からも以下のような感想が。 テレビ東京の番組で鉄道沿線を歩く旅番組をしていたが、自分の故郷福島県の磐越西線、郡山から会津へ。 でフリーになったばかりの笠井アナが出演していた。 最初は元気だったが最後は 酷くつらそうだった。 その後で病気を知ったと思うが、本当に身体を休め治療に専念して欲しい。 あと昔、辻よしなりがクイズ番組ですぐに答えなきゃいけない場面で、わからないならそういうリアクションすればいいのにポカーンとしてた時があって、軽い脳梗塞とかあるんじゃないかと思ったな — sindriさん sindrisan.

次の