富川 キャスター。 富川悠太アナが復帰のメド立たず「虐待疑惑」報道が影響か

【2chまとめ】富川悠太キャスター(報道ステーション)新型コロナウイルス感染

富川 キャスター

「報道ステーション」の富川悠太キャスターの新型コロナ感染の報は、衝撃をもって受け止められた。 毎日同番組を見ていた視聴者にとっては、まるで知り合いが感染したように感じられたのではないだろうか。 他方、取材先との接触があり、対面での打ち合わせが多く、スタッフも多いテレビ局の労働環境の危険性を指摘する意見も従来から無かったわけではない。 *** 実のところ、画面の裏側もさることながら、表側においても十分に対策が取られているかはいささか怪しい。 緊急事態宣言発令の直後、4月8日をサンプルに主要なニュース番組を検証してみよう。 緊急事態宣言を受けて、8日の「ニュースウオッチ9」(NHK)は、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の副座長である尾身茂氏をスタジオに招き、現状の分析、今後の展望と注意点を語ってもらっていた。 キャスターの問いかけに答えて尾身氏が強調していたのは、「人との接触を極力減らしてください。 8割減にすれば収束は可能です」というメッセージだ。 これはこのところ専門家会議、あるいは安倍総理が繰り返しているメッセージなのは誰もが知るところだろう。 「8割減」を実現すべく、テレビ各社も対応している。 レギュラーコメンテーター、時にはメインキャスターがリモート出演する姿も珍しくなくなった。 が、改めてニュースウオッチ9を見ると、不思議なことに気づく。 尾身氏や出演者は申し訳程度に距離を取って話しているが、特に出演者は減っていない。 男性アナウンサーと女性アナウンサーは通常通り出演しているし、「お天気お姉さん」もその場にいる。 終盤に駆け込んでくるスポーツ担当のアナウンサーも相変わらず元気そうだ。 百歩譲って、尾身氏は生出演することでメッセージに説得力をもたせるという意味はあったのかもしれない(それでもリモート出演も可能だろうが)。 しかし、その他のレギュラー出演者にどの程度の意味があるのだろう。 あわせて読みたい関連本•

次の

テレ朝・富川アナ、消えぬ降板説 物申すキャスターは今や希少― スポニチ Sponichi Annex 芸能

富川 キャスター

報道の概要 各メディアから報道が出ています。 とりあえず、その中からひとつ紹介します。 部分引用です。 富川アナは、9日木曜日の放送終了後、体調不良を訴え、検査を受けた結果、11日に陽性が判明した。 富川アナと一緒に月曜日から木曜日までメインキャスターを務めている徳永有美アナも出演を見合わせる予定で、共演していた森川夕貴アナウンサーは、既に10日金曜日の番組を休んでいる。 13日月曜日からは、小木逸平アナ(金曜日メインキャスター)と森葉子アナ(フィールドリポーター)を中心に放送する予定。 ……後略……。 yahoo. しかし、異変はその前からあった。 …むしろ、その異変を、なぜいち早く、せめてもう少し早く、周囲が察知し、ことの重大性を判断、対処できなかったのかと、非常に不思議。 それを紹介。 ぱっぱと行きます! 2020 年 4 月 12 日 当社アナウンサーの新型コロナウイルス感染について テレビ朝日(東京都港区)社員の富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルス の検査で「陽性」であることが確認されました。 7 日には「報道ステーション」の本番中に痰がか らむ症状があり、8 日ごろから息切れを感じるようになったということです。 9 日、体温は平熱でしたが、階段を昇ったり早歩きすると息苦しさを感じ、10 日の朝も同じ症状が続いたため都内の病院に入院、肺炎の症状があったため、11 日に PCR 検査を受けて陽性と判定されました。 なお当該社員には現在、咳・発熱・倦怠感・味覚や嗅覚の異常といった症状はないということです。 また当該社員と接触のあった番組共演者・スタッフには、現時点で体調の異変は確認されていません。 当社では、既に社内で当該社員と接触したスタッフの自宅待機や消毒等必要な措置を行いました。 引き続き保健所など関係各所と連携し社内および社外への感染拡大防止と番組出演者、業務にあたる社員・スタッフの安全確保に努めて参ります。 その後すぐに平熱に戻る。 その後すぐに平熱に戻る。 (休日) 4月5日(日) 平熱(休日)。 4月6日(月)~9日(木)平熱、通常出勤。 4月7日(火) 「報道ステーション」本番中に痰がからむ。 4月8日(水) 少し息が切れるようになる。 4月9日(木) 階段を昇ったり早歩きすると息苦しさを感じる。 4月 10 日(金) 朝、自宅で階段を昇る際に前日と同じ症状があり、都内の病院に 入院しCT検査を受けたところ、肺炎の症状がみられた。 4月 11 日(土) PCR 検査を受け、感染を確認。 現在入院中。 tv-asahi. pdf このページ、普通はなかなか見つけにくいとも思われ、かつ、 報道による記事ではないので、全文を引用、掲出した。 このリリースで注目しなければならないのは、後段の経過。 富川キャスターは、体調不良を訴えたとされる9日よりも、ほぼ1週間も前の4月3日に体調に変化があった。 …結果論だが、そこで気が付くべきだった。 あるいは警戒を強めるべきだった。 テレビ局でなくとも、普通の企業でも社員、スタッフに、毎日体調の報告を求めているところがある。 サイト管理人の関係先がまず、そうしている。 その会社では出社と同時に体温を報告させている。 自宅で検温をして来なかった社員は、会社で検温し、ボードに記入する。 そんな感じのことが行われている。 当然、テレビ朝日でも、そのくらいのことはしていただろう。 まして、報道機関だ。 まして出演者で、容易に交代などきかない。 最初に体温に変化が記録された3日、38度。 …その日は出演日ではないが、通常は出社する日。 それを在宅で勤務した。 …東京都がすでに移動の自粛を呼び掛けていたこともあり、」少し熱っぽい」で見過ごされたのかもしれない。 体温、38度…、疑うべきだった。 あくる日も、朝、38度。 強く疑うべきだった。 そして、一日置いて、富川キャスターは6日から9日まで番組に出演し続けた。 この間、家族と、放送局の番組出演者と、スタッフと…接触を繰り返したことになる。 テレビ朝日はすでに、いっしょに共演していた徳永有美アナウンサーの出演見合わせも発表している。 同じく共演の森川夕貴アナウンサーは既に10日金曜日の番組を休ませ他、とも発表した。 広報部からのリリースでは「当該社員(富川アナ)と接触のあった番組共演者・スタッフには、現時点で体調の異変は確認されていません」としている。 ほんとうにそうか…、まだわからない。 まったくぜんぜんわからない。 それが、必要を感じる人々に広く行えるようにすれば、状況は変わる。 軽症者は自宅待機にすればよいだけのことだ。 厚労省の役人って、バカばかりとまで言わないが、少しおかしい。 テレビ朝日にも、会社としての責任が問われなければならない。 … 結果論ではあるが、 甘い管理だったと認められるからだ。 富川アナの症状、感染経過、濃厚接触者は? 症状および入院先 富川アナの症状について、前掲のテレビ朝日広報部の発表によれば、「当該社員には現在、咳・発熱・倦怠感・味覚や嗅覚の異常といった症状はないということです」とされています。 9日まで出演していたこともあり、一応、軽症者とみてよいと思われます。 現在、都内の病院に入院中とのことですが、入院先などは、やはり公表されておりません。 感染経路について 感染経路について、現時点で報道では公表がありません。 まだ判明していないということもあるでしょう。 ただ、当然のことながら、クラスターを警戒しなければならず、追跡が行われるはずです。 わかった時点で続報、更新します。 濃厚接触者 濃厚接触者について、会社からの発表も報道による公表も、公式にはありません。 ただ、当然のことながら共演者は、少なくとも濃厚接触者でしょう。 前述のとおり、共演の徳永有美アナウンサー、森川夕貴アナウンサーが番組出演を見合わせていることについては、発表されています。 徳永アナ、森川アナの2人の体調について、公式には言及がありません。 新型コロナウイルスの感染力を考えると、富川アナ一人の感染で止まるのは、そう簡単なことではないように思われます。 接触者の体調不良、非常に心配ですね。

次の

富川悠太アナの嫁が虐待?家庭問題でキャスター復帰絶望か

富川 キャスター

テレビ朝日は12日、『報道ステーション』のメインキャスターを務める同局のアナウンサー(43)が新型コロナウイルス検査で陽性と確認され、入院中であることを発表した。 同局によると、富川アナは在宅勤務だった今月3日と休日だった4日の朝に検温したところ38度の発熱があったが、両日中に平熱に戻った。 7日には『報道ステーション』本番中に痰(たん)が絡む症状があり、8日ごろから息切れを感じるようになったという。 9日は平熱だったものの階段の上りや速歩きで息苦しさを感じ、10日の朝も同じ症状が続いたため都内の病院に入院。 肺炎の症状があったため、11日にPCR検査を受け陽性と診断された。 なお、富川アナには現在、せき・発熱・倦怠感・味覚や嗅覚の異常といった症状はないとのこと。 既に社内では富川アナと接触したスタッフの自宅待機や消毒など必要な措置を行い、「引き続き保健所など関係各所と連携し社内及び社外への感染拡大防止と番組出演者、業務にあたる社員・スタッフの安全確保に努めてまいります」としている。 その後すぐに平熱に戻る。 (在宅勤務) 4月4日(土) 朝、体温が38度。 その後すぐに平熱に戻る。 (休日) 4月5日(日) 平熱。 (休日) 4月6日(月)〜9日(木) 平熱、通常出勤。 4月7日(火) 『報道ステーション』本番中に痰がからむ。 4月8日(水) 少し息が切れるようになる。 4月9日(木) 階段を昇ったり速歩きすると息苦しさを感じる。 4月10日(金) 朝、自宅で階段を昇る際に前日と同じ症状があり、都内の病院に入院しCT検査を受けたところ、肺炎の症状がみられた。 4月11日(土) PCR検査を受け、陽性を確認。 現在入院中。

次の