ドロップ ダウン リスト 空白。 前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト【Excel・エクセル】

Excel:入力規則でドロップダウンリストと入力を混在させたい −教えて!HELPDESK

ドロップ ダウン リスト 空白

逆に削除をするときは、 リストシートの「行の削除」をすればOKです。 この方法のメリットは、 「元の値」欄に入れる計算式が単純でわかりやすい、ということ。 逆に次のような欠点もあります。 プルダウンリストの最後に、空行ができてしまうこと• 値を挿入・削除するときに、適切な行で、行の挿入・行の削除をしないと、式が壊れてしまうこと• メンテナンスに行の挿入・削除が必須であることから、 現実的には、1つのプルダウンリストの選択肢メンテナンス用に1つのシートを作らなければならず、面倒 とはいえ、 計算式が単純、というメリットは非常に大きいため、 運用がきちんとできるのであれば、 個人的には、単純なので、一番おすすめです。 2.counta関数とoffset関数の組み合わせ 入力規則の「元の値」欄に、 counta関数とoffset関数を組み合わせて、 次のように入力すると、リストが表示されます。 この「行数」のところに、 先ほどの、counta関数を入れることで、 F2セルから「F2セルからF999セルまでに何か入力されているセルの数の合計」行分の 「セル範囲」を指定することができます。 この方法は、 マイクロソフトが、自身のホームページに記載している方法ですので、 いわば、マイクロソフト公認? の方法で、 offset関数さえ理解できれば そこそこ、いろいろな場面で使えると思います。 ただし、• リストの途中に空白セルがあるとうまくいかない(左図)• 計算式で空白になっているようなセルがあるとうまくいかない(右図) といった欠点もあります。 ちょうど、 先ほどのcounta関数のところを、match関数に置き換えています。 match関数の中で「黑」という文字が出てきていますが、 これは、黒という漢字の旧字体です。 この「黑」は、 Windowsベースのエクセルでは、 文字列の比較をした時に、一番大きいと判定される文字です。 (細かい説明は省略しますが) match関数の「近似値検索」で「黑」を探すことで、 (元のプルダウンリストに、この文字が入っていない限り) 「A2セルから数えて、データが入っている一番下の行が何行目か?」 が求められます。 あとは、先ほどのcountaを使った結果と同様に、 offset関数に入れればOKです。 メリットとしては、 先ほどのcountaではダメだった、 「リストの途中に空白セルがある場合」 でも、うまく動きます。 ただし、次のようなデメリットがあります。 計算式で空白になっているようなセルがあるとうまくいかない(先ほどと同様)• これだと、 ほぼ制約なく、プルダウンリストを増減できますが、 作業列を作らないといけないのが面倒です。 まとめ ということで、今回は、 プルダウンリストの挿入・削除に対応する方法5つを紹介しました。 どれも、一長一短あるので、 どの方法が一番、というのはないのですが、 どれを使うか迷った場合には、 特別な理由が無い限り、1番目の方法がいいと思います。 やはり、計算式は単純なのが一番です。 次点は、 2番目のcountaを使う方法。 やはり、マイクロソフト公認(?)の方法だけあって、 情報が、豊富です。 他は、 どうしても、上の2つの方法ではダメ、という場合に、 適宜使い分けてもらえればいいと思います。

次の

excelのプルダウンリストで邪魔な空白を削除する方法

ドロップ ダウン リスト 空白

皆様、おはこんばんちは!まおすけです! みなさん、エクセルで プルダウンリスト使ってますか? 使ってない方はこの記事を見る前に、是非こちらの記事を見てください。 で、これだけでプルダウンリストを使うことはできます。 でも実は、この作り方だと項目が増えた時に 範囲の変更が必要になってしまうんです。 この記事では 項目に変更があってもそのまま使えるプルダウンリストの作り方を解説していきます。 これができれば、業務が短縮できる上に、うっかりミスも防げるようになりますよ! それでは説明していきます!• 結論 まず、結論から書いてしまいます。 わかる人にはこれだけでわかってしまうと思うので、 コレ見てわかった!という人は、後の記事は読まなくて大丈夫です。 今回の場合はこんな感じで指定してください。 結論で見ての通り、「 COUNTA」と「 OFFSET」という関数を組み合わせています。 まずこれらの関数について順番に説明します。 両方とも知ってるよ!って人は、もう少し下の 「可変範囲の指定」まで飛ばしてもらって大丈夫です。 COUNTA関数とは 日本語に翻訳すると、こんな感じ。 これは理解しやすいと思います。 OFFSET関数とは こっちはすごくわかり辛い関数ですが、一回理解すると他にも応用が効く関数なので、頑張って付いてきてください! OFFSET関数の構造と日本語訳は以下のとおりです。 省略した場合は両方とも「1」になります。 文字だけじゃすごくわかりにくいと思うので、3つほど具体例を出します。 ) 図で表すとこんな感じになります。 図で表すと下記のような感じになります。 図で表すと下記のような感じになります。 いままでの2つを組み合わせただけなので、パッと見でわからない人はゆっくり考えてみてください。 わけわかんなくなっちゃいますしね。 一応こういうこともできるよ!という解説のために載せています。 これが OFFSET関数です。 可変範囲の指定 やっと、ここからが本番です。 2つの関数を組み合わせて プルダウンリストの範囲が変化するように範囲を指定します。 今回の結論はこんな感じでしたね。 結論のOFFSET関数を色分けしてみるとこうなります。 これを日本語訳するとこんな感じになります。 となります。 ここで「 COUNTA(D:D)-1」 という意味わからないものが出てきましたが、すごく簡単です。 COUNTA(D:D)はD列の項目を数えてるだけです。 なので、「6 」です。 そこから、1を引いてます。 なので、今回の場合は「COUNTA(D:D)-1 = 6-1 =5」となります。 なんで-1するのかというと、実際の項目数は5なのに、COUNTA(D:D)のままだと 「クソゲーリスト」という項目名までカウントしてしまうからです。 これでOFFSET関数によって、下記の図の 青枠の範囲を指定したことになるので、リストもその通りに表示されます。 項目が増えた場合 では、項目が1つ増えたらどうなるかを見ていきます。 1つ項目が増えると、D列の項目数を数えているCOUNTA(D:D)が1つ増えます。 つまり「COUNTA(D:D)-1」は「7-1=6」を表します。 なので、結論の「=OFFSET(D4, 0 , 0 , COUNTA D:D -1 , 1 」が表す範囲は以下の通りになります。 どれだけ下に項目が追加されても、勝手にCOUNTA(D:D)が増えていくのでプルダウンリストの範囲も勝手に増えていくというスンポーです。 注意! COUNTAは空白を数えません。 なので、リストの途中で空白が入っちゃうと、OFFSET関数で表す範囲が一番下の項目まで伸びなくなります。 リストは 空白無しで詰めて入力してくださいね。 まとめ 今回はCOUNTA関数とOFFSET関数を使った、 可変範囲のプルダウンリストの作り方の解説でした! 今回はちょっと応用的な使い方なので、ぱっと見では難しいと思います。 でも、1つずつ理解していけば絶対に理解できるようになります。 ここで覚えてしまえば他にも応用が効く内容ですので、ぜひともマスターしてください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

Excelでドロップダウンリストを作ります 関数と機能も組み合わせて幅広く使いましょう

ドロップ ダウン リスト 空白

UIPickerViewDataSourceとUIPickerViewDelegateプロトコルを使用する必要があります。 そうしないと、Swift 3のAppDelegateエラーがスローされます。 IBOutlet weak var dropDown : UIPickerView! view. textBox. list [ row ] self. dropDown. dropDown. IBOutlet weak var dropDown : UIPickerView! view. textBox. list [ row ] self. dropDown. dropDown. その代わりに、同じ結果を得るために、目的のビューの UIModalPresentationPopoverプロパティを設定する必要があります。 ポップオーバー 水平に規則的な環境では、コンテンツがポップオーバービューで表示されるプレゼンテーションスタイル。 バックグラウンドのコンテンツは淡色表示され、ポップオーバーの外側にタップするとポップオーバーが解除されます。 ポップオーバーを無効にしたくない場合は、関連するUIPopoverPresentationControllerオブジェクトのpassthroughViewsプロパティに1つまたは複数のビューを割り当てることができます。 これはpopoverPresentationControllerプロパティから取得できます。 水平コンパクト環境では、このオプションはUIModalPresentationFullScreenと同じように動作します。 iOS 8. 0以降で利用できます。 リファレンス: :.

次の