ザ ミュージック デイ。 【ミュージックデイ】タイムテーブル最新版!嵐にキンプリに関ジャニや欅に乃木坂に三代目は何時ごろ?|LDs

ザミュージックデイ2019出演者とセトリや歌う順番は?ジャニーズメドレーも調査!

ザ ミュージック デイ

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年7月) 毎年年末に放送している『』から派生し、日本テレビ開局60年記念特別番組として2013年に第1回が放送された。 懐かしい名曲から最新曲まで、日本人に力をくれた名曲を紹介する。 第2回までのサブタイトルは『 音楽のちから』だったが、第3回以降はサブタイトルは1年ごとに変わる。 第2回から第4回までのテーマ曲はの「」だったが、第5回からはの「Music Day」がテーマ曲となった。 第7回では再び「時代」を起用しながらも並行して「Music Day」も使用している。 日本テレビ系列フルネット28局 に関しては全編ネットワークセールスとなっており、フジテレビ系列とのクロスネット局でも、通常時の土曜日にフジテレビと同時ネットとする時間帯を含む一部時間帯を除いて全編放送されている。 なお、11:55 - 12:00に放送される事前枠(第4回まで)は関東他一部地域でのみの放送となっている(ローカルセールス枠)。 なおメイン会場の運営はが行っており、ほかの日テレ系音楽番組主催イベントの運営も同様に行う。 は感染拡大の影響により、夏の放送が断念され、秋以降の放送が検討されている(本来、同時期に放送される『ベストアーティスト』と統合される形と見込まれる)。 放送日時・司会進行 [ ] 放送回 タイトル 放送日時 総合司会 司会 進行 NEXTゲート ナビゲーター その他の主な出演者 第1回 THE MUSIC DAY 音楽のちから 第1部…10:30 - 11:25 第2部…12:00 - 17:00 第3部…17:20 - 18:25 第4部…18:25 - 21:17 第5部…21:17 - 22:54 (日本テレビアナウンサー) (日本テレビアナウンサー) コーナーMC: その他:、 (日本テレビアナウンサー) 第2回 THE MUSIC DAY 音楽のちから 第1部…12:00 - 17:00 第2部…17:20 - 19:00 第3部…19:00 - 22:54 宮城県七ヶ浜国際村ホール・進行: (日本テレビアナウンサー) 汐留ライブステージ・進行: (当時日本テレビアナウンサー) 第3回 THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。 第1部…12:00 - 16:30 第2部…16:50 - 19:00 第3部…19:00 - 22:54 桝太一 (日本テレビアナウンサー) (日本テレビアナウンサー) 汐留ライブステージMC:、葉山エレーヌ (当時日本テレビアナウンサー) 川崎シンフォニックMC:鈴江奈々 (日本テレビアナウンサー) 第4回 THE MUSIC DAY 夏のはじまり。 第1部…12:00 - 16:30 第2部…16:50 - 19:00 第3部…19:00 - 22:54 桝太一 (日本テレビアナウンサー) (日本テレビアナウンサー) 汐留ライブステージMC:マギー、 (日本テレビアナウンサー) 座間シンフォニックMC:鈴江奈々 (日本テレビアナウンサー) 第5回 THE MUSIC DAY 願いが叶う夏 第1部…13:00 - 16:25 第2部…16:45 - 19:00 第3部…19:00 - 22:54 スペシャルサポーター:みやぞん() 三軒茶屋シンフォニックMC:鈴江奈々 (日本テレビアナウンサー) 明治神宮野球場・進行:岩本乃蒼 (日本テレビアナウンサー) 第6回 THE MUSIC DAY 伝えたい歌 第1部…12:00 - 16:30 第2部…16:50 - 19:00 第3部…19:00 - 22:54 桝太一 (日本テレビアナウンサー) 横浜・進行: (日本テレビアナウンサー) 麹町・進行: (日本テレビアナウンサー) 第7回 THE MUSIC DAY 2019 時代 Part1…13:30 - 15:00 Part2…15:00 - 16:30 Part3…16:50 - 19:00 Part4…19:00 - 22:54 水卜麻美 (日本テレビアナウンサー) バカリズム 辻岡義堂 (日本テレビアナウンサー) 東京ドイツ村・進行: (日本テレビアナウンサー) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト・進行: (日本テレビアナウンサー) 出演アーティスト [ ] 幕張メッセ・イベントホール• 相川七瀬• aiko• E-girls• いきものがかり• AKB48• SKE48• NMB48• EXILE TRIBE• 海援隊• KAT-TUN• きゃりーぱみゅぱみゅ• Kiroro• 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE• THE ALFEE• GENERATIONS from EXILE TRIBE• with マーティ・フリードマン• TOKIO• 夏川りみ• 西野カナ• NEWS• 乃木坂46• Perfume• 一青窈• (・)• ・葵司朗• Hey! Say! JUMP• ポルノグラフィティ• 槇原敬之• 森高千里• 宮城シンフォニックコンサート中継(宮城県・国際村ホール)中継協力:• スキマスイッチ• (音楽監督・指揮) 事前収録• 汐留ライブステージ(日テレ大屋根広場)• (ゲスト)• (ゲスト)• アルスマグナ• ぷぷっぴどぅ〜 幕張メッセ・イベントホール• aiko• E-girls• いきものがかり• AKB48• SKE48• NMB48• HKT48• EXILE• KAT-TUN• 木村カエラ• きゃりーぱみゅぱみゅ• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• THE ALFEE• GENERATIONS from EXILE TRIBE• スキマスイッチ• SEKAI NO OWARI• 谷村新司• TRF• TOKIO• ナオト・インティライミ• 夏川りみ• 西野カナ• NEWS• 乃木坂46• Perfume• Hey! Say! JUMP• ポルノグラフィティ• miwa• 森高千里 事前収録• (幕張メッセ・展示ホール4-6)• 川崎シンフォニックコンサート会場( テアトロ・ジーリオ・ショウワ)• 一青窈• 藤原いくろう(音楽監督・指揮) 汐留ライブステージ(日テレ大屋根広場)• フェアリーズ• アルスマグナ• イチゴBERRY• 渡辺大知() ・タイムマシーン(事前収録VTR)• 幕張メッセ・イベントホール• 秋川雅史• E-girls• いきものがかり• 石野真子• イルカ• 岩崎宏美• AKB48• SKE48• NMB48• HKT48• 加山雄三• きゃりーぱみゅぱみゅ• KinKi Kids• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• THE ALFEE• ジャニーズWEST• ジュディ・オング• SEKAI NO OWARI• TOKIO• ナオト・インティライミ• 西内まりや• 西野カナ• NEWS• 乃木坂46• 秦基博• 平井堅• Hey! Say! JUMP• ポルノグラフィティ• 南こうせつ• miwa• LINDBERG• 渡辺直美• 事前収録• 薬師丸ひろ子 座間シンフォニックコンサート会場• コブクロ• DAIGO• 谷村新司• 藤原いくろう(音楽監督・指揮) 沖縄・屋我地ビーチ• 石井竜也• Kiroro 汐留ライブステージ(日テレ大屋根広場)• スキマスイッチ• PUFFY• ほか 幕張メッセ・イベントホール• 相川七瀬• E-girls• 家入レオ• ウルフルズ• AKB48• SKE48• HKT48• EXILE THE SECOND• 木村カエラ• きゃりーぱみゅぱみゅ• 欅坂46• ジャニーズWEST• 鈴木雅之• SEKAI NO OWARI• Sexy Zone• (KinKi Kids)• TOKIO• 西野カナ• NEWS• 秦基博• Perfume• &,Crystal Kay,• 平井堅• ビリー・バンバン• フェアリーズ• 藤井フミヤ• flumpool• Hey! Say! JUMP• ポルノグラフィティ• miwa• モーニング娘。 '17• 渡辺美里 三軒茶屋シンフォニックコンサート会場• 秋川雅史• 倉木麻衣• 德永英明• 藤原いくろう(音楽監督・指揮)• 乃木坂46 LIVE MONSTER LIVE 2017 (幕張メッセ・国際展示場)• GENERATIONS from EXILE TRIBE• 事前収録(・収録協力:)• DREAMS COME TRUE 事前収録(幕張メッセ・イベントホール)• 薬師丸ひろ子 事前収録(日本テレビ)• 星野源 ゲスト(幕張メッセ・イベントホール)• ゲスト(事前収録VTR)• ・()• ・(追悼企画)• THE ALFEE 幕張メッセ・イベントホール• 秋川雅史• 石井竜也• EXILE• AKB48• 荻野目洋子• (・・・・・)• KAT-TUN• 華原朋美• Kis-My-Ft2• きゃりーぱみゅぱみゅ• 欅坂46• 倖田來未• さだまさし• さとう宗幸• 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE• THE RAMPAGE from EXILE TRIBE• THE ALFEE• GENERATIONS from EXILE TRIBE• ジャニーズWEST• 鈴木雅之• SEKAI NO OWARI• Sexy Zone• 高橋優• TRF• DEAN FUJIOKA• 西野カナ• NEWS• 野口五郎• HOUND DOG• PUFFY• Perfume• hitomi• 平井堅• フェアリーズ• ポルノグラフィティ• (元)• 三浦大知• miwa• 森高千里• Little Glee Monster• WANIMA スペシャルメドレーMC(幕張メッセ・イベントホール)• (ハスキーボイスメドレー)• (日本縦断 47都道府県メドレー) リポーター(幕張メッセ・イベントホール)• ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん) ゲスト(幕張メッセ・イベントホール)• (TOKIO)• 乃木坂46• 加山雄三• 三浦祐太朗• Hey! Say! (日本テレビアナウンサー)• (日本テレビアナウンサー) 幕張メッセ・イベントホール• (・)• AKB48• 荻野目洋子• 葛城ユキ• KAT-TUN• Kis-My-Ft2• 木村カエラ• 桐谷健太• 倉木麻衣• さだまさし• 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE• THE ALFEE• GENERATIONS from EXILE TRIBE• GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE• ジャニーズWEST• スキマスイッチ• Sexy Zone• DA PUMP• TUBE• 夏川りみ• NEWS• 乃木坂46• Perfume• 広瀬香美• Hey! Say! JUMP• ポルノグラフィティ• 三浦大知• 森高千里• 八代亜紀 リポーター(幕張メッセ・イベントホール)• (長田庄平・松尾駿) スペシャルメドレーMC(幕張メッセ・イベントホール)• 天龍源一郎(ハスキーボイスメドレー)• 徳光和夫(日本縦断 47都道府県メドレー) ゲスト(幕張メッセ・イベントホール)• 城島茂(TOKIO)• ・・()• () E. MIYAVI• 岡本真夜• Little Glee Monster BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF SPEAK YOURSELF' (大阪・)中継協力:読売テレビ• 欅共和国2019 ()中継協力:• 欅坂46 裏配信・大魔王の部屋(幕張メッセ)• 古坂大魔王• 青木源太(日本テレビアナウンサー)• (日本テレビアナウンサー)• SASUKE(トラックメーカー・歌手)• アンジョー(MZM)• かしこまり• 銀河アリス• コーサカ(MZM)• バーチャルゴリラ• ネット局 [ ] 『THE MUSIC DAY』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 備考 (NTV) 制作局 (STV) (RAB) (TVI) (MMT) (ABS) (YBC) (FCT) (YBS) (TSB) (TeNY) (SDT) (KNB) (KTK) (FBC) 日本テレビ系列/ 中京広域圏 (CTV) 日本テレビ系列 近畿広域圏 (ytv) ・ (NKT) (HTV) (KRY) (JRT) (RNC) (RNB) (RKC) (FBS) (NIB) (KKT) (TOS) 日本テレビ系列/ (KYT) 日本テレビ系列 スタッフ(第7回) [ ]• 技術統括:木村博靖(第1回-)• 美術統括:栗原純二(第7回、第1-5回は美術デザイン)• 美術・技術協力:、、、、、、、、、中央宣伝企画、三響社、、エス・アイ・エス、いち屋• 情報提供:• 制作協力:AGASUS(第1回は運営)、(第1回-)、(第2回-)、(第1,3回)、ゴットキッズ(第1回-)、、(第1回-)、(第7回)• 運営:光岡裕子(第1回-)、脇阪真琴(第1回-)、鈴木涼介(第5回)、佐々木有雅(第5回)、井原美貴(第7回)、山崎李奈(第7回)• デジタルコンテンツ展開:中村光祐、椿原麻恵(共に第7回)、山本浩伸(第3-5回)、石川甚敬(第5回)• 協力:フォアキャスト・コミュニケーションズ• 編成:天野英明、岩崎秀紀• 営業:鈴木信• 宣伝:沖絵未• 幕張メッセプロデューサー:笹部智大(第4,5回)、廣瀬由紀子(第5回)、吉無田剛(第4回も担当、第1回は編成、第2回は嵐の東北未来旅二宮編P)、合田伊知郎(第6回はプロデューサー)、渡辺卓郎、齋藤久美子、(第1,2,4-6回、第3回は総合プロデューサー)、吉田一浩(第1-5回はプロデューサー)、本橋武夫(第1-5回はプロデューサー)、内藤智子• 構成:(第1回-)、川上トリオ(第1回-)、木南広明(第3回-)、成瀬正人(第3回-)• デスク:西端薫(第1回-)、小原麻実(第1,4回-)、津下佳子(第4回-)、岡田真美、石田貴子(共に第7回)• AD:田中もも(第2回-)、巻下歩夢(第5回)、廣本諒介(第5回)、新井美咲、阿比留ほのほ、山口拓朗、南斉岬、岩崎林太郎• FM:氣賀澤宏隆(第2,4,5回、第1回はディレクター)、新井万季(第5回はAD)、田村幸大(第3回はメッセージ、第6回はD)、上野詩織(第5回はAD)、廣瀬龍太郎• 制作進行:斎籐寿(第1回-)• 番組企画プロデューサー:(第7回-、第1,2回は総合プロデューサー、第3回は企画、第4-6回は企画プロデューサー)• プロデューサー:原司(第5回-)、渡邊文哉(第7回-、第6回はAP)(汐留本社・SVサブ)/宮崎慶洋(第5回はAP)、伊藤茉莉衣(第2回は汐留ライブAP、第3回はFD、第4回はFM、第5回はAP)、杉山直樹(第6回はAP)、福田一寛(第3回はTOKIOスペシャルライブP)、久道恵、山本めぐ、岩崎小夜子(第5回はAP、第4回はGEMプロデューサー)、森下典子(第1回-)、高尾あずみ(第5回-、第1-4回はAP)、清千里(第3回は汐留本社 汐留ライブAP、第4回は汐留ライブステージAP、第5回はAP)(幕張メッセ)• 音楽演出:渡邉友一郎(第7回、第5-6回は幕張メッセ中継車ディレクター、第1-4回はディレクター)• 演出:渡辺春佳(第7回-、第5-6回は汐留本社 SVサブD、第4回は汐留本社 SVサブP)• 総合プロデューサー:(第5回-、第1回は総合演出、第4回はプロデューサー)• 製作著作: 過去のスタッフ [ ]• 美術統括:林健一(第1回)、大川明子(第2-6回)• 美術プロデューサー:稲本浩(第1,2回)• 美術デザイン:平岡真穂(第1-5回)• 構成:(第1回)、橋本修平(第2回)、大平尚志(第2回)、長谷川優(第1,2回)、矢頭浩(第2-5回)• 美術・技術協力:NKL、、• 運営:倉茂得光(第1回)、中田洋(第1回)、山下純三郎(第1回)、佐々木明(第1回)、森田佳苗(第2-4回)、後藤範之(第2,3回)、植原佳世子(第2-6回) /(第1回)、(第1回)• デジタルコンテンツ展開:原浩生(第1-4回)、海野大輔(第1,2回)、清水大輔(第1,2回)、中曽根貴良(第1,2回)、岸遼(第1,2回)、秋保成樹(第1,2回)、松本悠輔(第1回)、大月真(第1回)、崎田浩介(第2回)、山本浩伸(第2-5回)、(第2回、第1回は 「嵐 Feat. YOU」共同企画・開発)、藤井彩人、堤泰生、中村光祐(第5-6回)、長島慎介、椿原麻恵(第3-6回)、森田麻衣、真鍋怜• 編成:渡瀬慶吾(第1回)、久保真一郎(第1,3回)、荻野陽介(第4回)、長田宙(第5回)、武末大作(第5回)、関根龍太郎(第6回)• 営業:中山大輔(第1回)、夏目充博(第2回)、足立美香(第3回)、酒向真一(第4,5回)、草柳和宏(第6回)• 宣伝:戸田聖一郎(第1-3回)、山崎和彦(第1回)、北條伸樹(第4回)、三瓶篤樹(第5回)、石尾純(第6回)• 宣伝デザイン:関口憲司(第1回)• 映像PR:栗原一浩(第1回)• デスク:田村麻衣(第1回)• ネットワーク:松島宣正(第1回)、倉橋佳子(第1,2回)、手柴英斗(第2回)、薗田恭子(第3回)• イベント事業部:木村正人(第1回)• CGデザイン:古川滋彦(第2-5回、第1回はCG、第2回はデザイン)、野村俊介(第4回)、矢島基充(第5回、第2,3回はCG)、崔智允(第5回)• CG:安田朝実(第1回)、里英樹(第2回)• 動画提供:堀江隆臣(第1回)、水落功真(第1回)• AD:竹内大樹(第1回)、梅本大介(第1回)、宮崎樹(第3回)、岡史哲(第3,5回)、藤山菜々美(第3回)、西田志帆(第4回)、金井楓(第4回)、岡村美里(第5回)、酒井瑞希(第5回)、町田有、平松結有、田野志織、柳沼元気、佐々木真由子、中川ゆりや、金森渉(第4,5回はAD)、井上統暉(第5回はAD)• FM:(第2-5回、第1回はディレクター)、久保田克重(第4,5回、第1-3回はディレクター)、花蔭篤(第4,5回、第1-3回はディレクター)、前田大輔(第3回はAD)• NEWS ZERO企画 THE BOOM『島唄』誕生秘話(第1回)• ディレクター:吉田稔• プロデューサー:納富隆治、山崎大介、田島たけし• 杉田二郎『戦争を知らない子供たち』秘話(第1回)• ディレクター:山野辺聖勝• 海援隊『母に捧げるバラード』秘話(第1回)• ディレクター:森田俊介• プロデューサー:林はる佳• ディレクター:鈴木和昭、川上渡、徳竹陽介• プロデューサー:小島康嗣• ディレクター:木村拓雄(第4,5回)、新井章司(第4,5回、第3回はLIVE MONSTAR LIVEディレクター)、萩原哲也(第3,4回)、篠田裕基(第4回は演出)• プロデューサー:高橋正昭(第2回まではディレクター)• AP:山崎みみ(第2-5回)• 演出:(第3回、第2回はプロデューサー兼務)• うたうで! おどるで! 制作進行:富澤美和子• AP:木村洋明、波塚康司• ディレクター:小田玲奈、藤原耕治、岩崎臣男、ハルカヨウスケ、黒木初美• プロデューサー:今井大輔、平井秀和、日向野明、佐藤三羽一、浪岡厚生、村上早苗/• 演出監修:• アニバーサリー企画(第2回)• 企画演出:(TOKIO編)• ディレクター:中澤洋貴(TOKIO編)• プロデューサー:(TOKIO編)• チーフプロデューサー:(TOKIO編)• 嵐の東北未来旅(第2回)• ディレクター:清水奈津子(大野編)、長岡新(櫻井編)、村田欣也(相葉編)、奈須亮三(二宮編)• AP:海老名和香(櫻井編)、円城寺剛(二宮編)、宇佐美昭(松本編)• 演出:川俣和也(大野編)、宮森宏樹(櫻井編)、藤森真実(相葉編)、古立善之(二宮編)、市川隆(松本編)• プロデューサー:佐藤理恵(大野編)、坂本真起子(二宮編)、高島良子(松本編)• AP:岡部憲道(第3回)• プロデューサー:明比雪(第4回はGEMはプロデューサー)、大武衛(第5回)• 中継車ディレクター・プロデューサー:藤本弘志(第1回はアリス中継、第2回は宮城シンフォニックコンサートD、第3回はLIVE MONSTAR LIVE演出、第4回は演出・プロデューサー)• TOKIOスペシャルライブ(第3回)• ディレクター:高宮恵蔵• AP:井手茶智• プロデューサー:切替愛• 演出監修:清水星人• 嵐にしやがれコラボ企画(第3-7回)• 演出:古立善之(第3-5回は企画演出)• AP:金銀善(第3,4回・櫻井)、平山美由紀(第5回、第3回松本)、永森有希野(第4回)(松本)、佐藤愛(第5回、第3,4回・二宮、第2回は、嵐の東北未来旅相葉編AP)、鈴木桃子(第4回・大野)、髙橋孝平(第5回)• プロデューサー:國谷茉莉、古賀絢子(企画全体)、原田里美(第3,4回・大野、第2回は、嵐の東北未来旅大野編AP)、羽村直子(第3,4回・櫻井)、影山幸子(第5回、第3,4回・松本)、八木田祐子(第3,4回・二宮、第2回は、嵐の東北未来旅相葉編P)、大橋あり(第5回)• キャラオケ18番コラボ企画(第3回)• ディレクター:岩本智也(第5回はチカラウタ企画D)• AP:村越多恵子• 名曲秘話VTR(第4回)• ディレクター:高橋公彦、鈴木大介、須藤将太• AP:山脇由紀子• プロデューサー:名田雅哉• 乃木坂46ライブ中継(第5回)• AP:峯亜希子(第3,4回 嵐にしやがれコラボ企画・相葉)• ディレクター:安達穣史• プロデューサー:藤井良記(第1回はうたうで! おどるで! DREAM COME TRUE スペシャルLIVE(第5回)• 欅坂46ライブ中継(第7回)• フロアディレクター:萩原哲也• ディレクター:岩田宣之、橋村和幸(第4,5回、第3回はFD)• プロデューサー:今井康則(第1-3回はプロデューサー、第4回は汐留ライブステージP、第5回はLIVE MONSTAR LIVEプロデューサー)、黒岩敏一(第1-4回はプロデューサー)• BTS大阪 生中継(第7回)• 技術協力:、promax、Gclef、ヒビノサウンド• ディレクター:新井章司、並河和奈• プロデューサー:横澤俊之、高橋正昭• 東京ドイツ村 中継(第7回)• AP:峯亜希子(第3,4回 嵐にしやがれコラボ企画・相葉、第5回は乃木坂46ライブ中継)• ディレクター:安達穣史(第5回は乃木坂46ライブ中継)、諏訪裕紀(第4,5回)• プロデューサー:小林拓弘、豊永満• 演出:徳永清孝(第1回は、うたうで! おどるで! YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2019(第7回)• サウンドプロデューサー:大島草太• サウンドディレクター:長野健• イベント制作:小田次朗• イベント運営:入江敦郎• ディレクター:星野克己(第1,2,4回、第5回はLIVE MONSTAR LIVE)、森貴志• FM:山下達磨(第3-5回はAD)• プロデューサー:渡辺健太郎(第3回はプロデューサー、第4回は沖縄屋我地ビーチ中継AP、第5回はDREAMS COME TRUE スペシャルLIVE)、山崎みみ• イベントプロデューサー:依田謙一• 中継車ディレクター・プロデューサー:藤本弘志• アーティスト・アバター企画(第7回)• AD:利元智幸• ディレクター:塚田直之• プロデューサー:井上伸正• 恐竜企画(第7回)• ディレクター:大井章生(第5回はAD)、波多野俊介、市川祐希• プロデューサー:菅原めぐみ• 汐留本社 SVサブ• VTR出しディレクター:広江孝吉(第1-5回)、入江将也(第1回)• 音ゲーディレクター(第3回):畠山剛治(以前はAD)• 汐留本社 汐留ライブ(第2,3回)• 美術プロデューサー:牧野沙和• デザイン:田澤奈津美(第2,3回)• デジタル連動:宮原耕介、寺本紀子• コンテンツ:沖絵未、染川快興• 運営:根本浩文 史 、古城戸利香(第2,3回、第4回は汐留ライブステージ)• プロデューサー:南波昌人(第1回はうたうで! おどるで! 演出:徳永清孝(第1回は、うたうで! おどるで! ディレクター:宇津浩二(第1回)、石原孝昌(第1回)、藤本元(第1回)、吉川真一朗(第1回)、大内勝(第1回、第3回は汐留本社 汐留ライブD、第4回は汐留ライブステージD)、小元肇(第1回、第3回は汐留本社 汐留ライブD、第4回は汐留ライブステージD、第5回はLIVE MONSTAR LIVEFM)、小野勇樹(第1回、第3回は汐留本社 汐留ライブD、第4回は汐留ライブステージD、第5回はLIVE MONSTAR LIVEFM)、宮崎浩一(第1,2,5回)、三富達郎(第2回、第1回はAD)、櫛山慶(第3回は汐留本社 SVサブD)、岩鼻優(第1-4回は、汐留本社 SVサブD)、川口信洋(第2,4回、第1回は演出、第3回は嵐にしやがれコラボ企画櫻井編D)、川上渡(第5回、第2回は嵐の東北未来旅企画櫻井編D)、森山琢哉(第3-6回、第1回は、うたうで! おどるで! 幕張メッセ中継車ディレクター:諸田景子(第4回はAD、第5回はFM)• 制作進行:東原祐子(第1回)• AP:伊藤真和(第1,2回)、大野眞奈美(第1-4回)、峯亜希子(第2回)、前田夏奈(第3,4回)、伊庭野はるか(第4回)• プロデューサー:(第1-4回)、大越理央(第1回、第2,3回は汐留ライブP、第4回は汐留ライブステージP、第5回はLIVE MONSTAR LIVEプロデューサー)、藤野はるか(第2回、第1回はAP)、岩沢錬(第1回は谷村新司・アリス秋田中継P、第3回は汐留本社 SVサブP)、藤崎一成(第3,4回)、(第2回、第3-5回は汐留本社 SVサブP)、西川宏一(第5回、第3,4回は嵐にしやがれコラボ企画P)、末延靖章(第5回)、宮太一(第1,2回はディレクター、第4回は沖縄屋我地ビーチP、第5回は幕張メッセP)• 音楽演出:利根川広毅(第1,2回は演出、第3回は演出プロデューサー、第4,5回は総合演出)• 演出:久木野大(第1回、第2,3回は汐留ライブCD、第4回は汐留ライブステージD、第5回は幕張メッセ中継車ディレクター)、上田崇博(第3-6回、第1,2回は汐留本社・SVサブD)• チーフプロデューサー:(第1,2回)、(第3回、第2回は嵐の東北未来旅CP)、(第3-6回、第1,2回は汐留本社 SVサブP)• 制作協力:(第1回)、(第1,5回)、(第2回)、SOLIS produce(第2回)、てっぱん(第2回)、(第3回)、(第1-5回)、オリオンクルー(第1,3,5回)、(第2,3回)、SINGARL(第3,5回) 受賞歴 [ ]• 「第30回」の優秀賞を受賞。 「 2014」大賞を受賞 備考 [ ] 第1回(2013年)• は第3・4・5部でそれぞれ11. テレビ史上初となるスペシャル企画として嵐のライブ中に行う視聴者参加型で参加する企画「リアルタイム音ゲーLIVE」が初めて行われて、嵐のデビュー曲「」を披露するライブに連動したの走りゲーム「テレビ史上初! リアルタイム音ゲーLIVE 嵐 Feat. You」が実施された。 嵐のレギュラー番組『』とのコラボ企画が番組の随所で行われた。 以後、毎年恒例のコーナーとして行われている。 のとののギターによる企画「坂崎茂の流しの旅」が行われた。 以後、毎年恒例のコーナーとして行われている。 全出演ジャニーズアーティストがグループのメンバーをしたスペシャルユニットでさまざまなメドレーを毎年恒例のコーナーとして行っている。 未明・深夜放送の『』では未公開シーンを含む総集編を放送した。 第5部に放送された企画「」は19:00 - 20:54に単独番組として生放送された。 番組内でと「」のコラボCMが放映された。 番組の放送中にの連動で、番組公式ので出番前や出番後のアーティストや番組の裏側を紹介するツイートが投稿されている。 以降、毎年行われている。 トップバッターはが務め、大トリではアーティストたちが名曲をメドレーでつなぐ「名曲60年のちから」が行われた。 第2回(2014年)• 視聴率は第1・2・3部でそれぞれ9. スペシャル企画「リアルタイム音ゲーLIVE」の第二弾として、嵐が「」を披露するライブに連動したデータ放送の走りゲーム「リアルタイム走りゲーLIVE 嵐 Happiness Run」を実施された。 ・深夜放送の『LIVE MONSTER』では未公開シーンを含む総集編を放送した。 ・未明放送の『』では汐留ライブステージの未公開シーンを含む総集編を放送した。 前年と同じく、トヨタ自動車とのコラボCMが放映され、本年はと、「」のコラボCMが放映された。 トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 第3回(2015年)• 視聴率は第1・2・3部でそれぞれ8. スペシャル企画「リアルタイム音ゲーLIVE」の第三弾として、嵐が「」を披露するライブに連動したデータ放送のキャッチゲーム「嵐 Trouble キャッチ」を実施された。 本年もトヨタ自動車とのコラボCMが放映され、今年はと「」、「」のコラボCMが放映された。 トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 第4回(2016年)• 視聴率は第1・2・3部でそれぞれ8. 嵐のスペシャル企画では、嵐が「」「」を披露中に楽曲の歌詞に出てくる単語が登場したらマスを開けられるに挑戦できるとデータ放送の連動企画「嵐 リリックビンゴ」として実施された。 第1部で南こうせつの「神田川」歌唱中にバングラデシュの日本人1人を救出のニュース速報が入り、後に臨時ニュースを挿入した。 トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 第5回(2017年)• 視聴率は第1・2・3部でそれぞれ7. トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 第6回(2018年)• 視聴率は第1・2・3部でそれぞれ9. 本年のスペシャル企画として、「ハスキーボイスメドレー」「星空ソングメドレー」「ジャニーズ平成30年間メドレー」「バブルソングメドレー」「燃える! 燃える! 燃える! 炎の夏メドレー」「日本縦断 47都道府県メドレー(東日本編)」「日本縦断 47都道府県メドレー(西日本編)」「小室哲哉メドレー」「ビーチメドレー」「みんなマネしたあの振り付けメドレー」といった史上最大の10個のスペシャルメドレーが行われた。 「THE MUSIC DAY AR」として、きゃりーぱみゅぱみゅ、ジャニーズWEST、乃木坂46がそれぞれのパフォーマンス時にスマートフォンをかざすと視聴者の部屋に各アーティストで登場する番組初となる企画が実施された。 番組内でとのコラボCMが放映された。 第3部放送中に千葉県東方沖を震源とする地震に伴うが入り、後に臨時ニュースを挿入した。 トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 この年から、シンフォニック中継と嵐のスペシャル企画が廃止された。 第7回(2019年)• 視聴率はPart1・2・3・4でそれぞれ7. Part1内で「レスリングプレーオフ 代表決定戦〜 vs 最終決戦〜」(から中継)を挿入した。 は当初、からの生中継による出演を予定していたが、直前の6月に発生したを巡るの影響を受けて、幕張メッセからの出演に変更となった。 メドレーのラインナップは「日本一周都道府県メドレー」「肩関節メドレー」「ハスキーボイスメドレー」「ツッパリメドレー」「ハイトーンメドレー」「歴代アイドルメドレー」「ジャニーズシャッフルデビュー曲メドレー(2部構成)」「ピアノメドレー」「再生1億回超えメドレー」• トップバッターは、大トリは嵐が務めた。 各局の夏の大型音楽番組 [ ]• (、 - )• (ほか、1970年 - )• (、 - )• (、 - )• (テレビ東京系列ほか、 - )• (、 - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 厳密にはテレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局であるを含む。 11:25 - 12:00は『』・『』(同日先行放送済みの福井放送およびNTV版非ネット局は別番組)、17:00 - 17:20は『』挿入のため一時中断(うち、11:55 - 12:00には第2部の事前番組を別途放送)。 11:55 - 12:00には事前番組を放送。 17:00 - 17:20は『』挿入のため一時中断。 16:30 - 16:50は『NNNニュース』挿入のため一時中断。 16:25 - 16:45は『NNNニュース』挿入のため一時中断。 当初はビリー・バンバンとして出演予定だったが、メンバーで兄・がによる入院のため出演をキャンセル。 弟・のみの出演となった。 披露曲「白いブランコ」を弟・菅原進が1人で歌った。 歌唱映像はで放送している『地球劇場〜100年後の君に聴かせたい歌〜』の放送分からのアーカイブ放送。 当初はKinKi Kidsとして出演予定だったが、メンバーのがによる入院のため出演をキャンセル。 のみの出演となった。 20周年スペシャルメドレーのうち「」はと(いずれも嵐)がサポートし、「」はピアノによるアレンジに変更の上、堂本光一のみが歌った。 当初は香港から生中継出演する予定だったが、日本テレビ側が7月3日に現地の状況を考慮して生中継中止決定を発表。 幕張メッセからの生出演に変更となった。 第1回(2013年)は第3部を非ネット、第4部を18:30飛び乗り。 第2回(2014年) - 第6回(2018年)は第2部を18:30飛び乗り。 第7回(2019年)は第3部を18:30飛び乗り。 出典 [ ]• 日経BP社 2014年7月23日. 2015年6月28日閲覧。 ビデオリサーチ. 2015年6月28日閲覧。 ダベア日記 2013年7月8日. 日本テレビ. 2015年6月28日閲覧。 ORICON STYLE 2014年7月14日. 2015年6月28日閲覧。 ザテレビジョン 2019年7月2日. 2019年7月2日閲覧。 日本テレビ放送網(2019年7月3日作成). 2019年7月3日閲覧。 オリコン(2019年7月3日作成). 2019年7月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

THE MUSIC DAY(ザミュージックデイ)2018のタイムテーブルと曲目をリアルタイムで更新

ザ ミュージック デイ

2020年5月15日 金 に報じられたところによると、 今年の「THE MUSIC DAY 2020」の放送は、秋以降を検討中であることが判明しました。 夏の風物詩としての楽しみの1つではありましたが、状況が状況だけに、致し方ありません。 なお、具体的な放送時期に関しては、今後の状況をみながら検討していくとのことです。 今年で7回目となる「THE MUSIC DAY 2019 ミュージックデイ2019 」の放送が、2019年5月24日 金 に発表されました。 平成の名曲や、令和を飾るアーティスト、時代を超えて歌い継がれる楽曲を、約60組の豪華アーティストが登場し生披露! そして、気になる 放送日は、 2019年7月6日 土 放送時間は、 13時30分~22時54分まで、約9時間半放送! 総合司会はもちろん、櫻井翔さんです。 Say! Say! データ放送のBINGOで遊びながら、限定の番組グッズなど豪華景品に応募することができます。 ・MUSIC DAY AR …豪華アーティストが自分の部屋に来てくれたかのような、視聴体験が楽しめる「AR企画」。 プレゼントはアプリ「mixtaAR」内からのみ応募できます。 ・レスリングプレーオフ生中継! …午後1時30分~3時の放送時間内に、レスリングプレーオフ 世界選手権代表決定戦の生中継を放送!対戦するのは、伊調馨選手vs川合梨紗子選手。 なお、勝者が今年9月にカザフスタンにて開催される世界選手権に出場します。 さらに、世界選手権でメダルを獲得すれば、東京オリンピック2020への出場も決定します。 なお、ゲストには、10名のVチューバーが登場。 MCの古坂大魔王様や有名アーティスト様とのトークに、僭越ながら挑戦させて頂きます。 」 Hey! Say! 」 DA PUMP「U. 史上最多となる10個のスペシャルメドレー!! Say! JUMPが香港でスペシャルステージ!! 今年もGEMチャンネルでアジア6つの国と地域で同時生放送です。 そして、Hey! Say! JUMPが香港の絶景をバックにスペシャルステージを披露します。 今年もやります!フォークデュオ「坂崎茂」 THE ALFEEの坂崎幸之助さんと、TOKIOの城島茂さんが、「THE MUSIC DAY」だけのスペシャルコラボ!フォークデュオ「坂崎茂」として流しの旅に出かけます。 なお、今年のテーマは「結婚式場での流し旅」です。 今年の「THE MUSIC DAY 2019 ミュージックデイ2019 」の放送も、安定の「幕張メッセイベントホール」 千葉県 にて行われると予想されます 未確定情報。 なお、企画ロケVTRなどを除き、過去の事例を鑑みると、 ・事前収録映像 ・幕張以外のライブステージからの中継 もありそうです。 さて、本題。 幕張メッセで行われる当日のステージ観覧については、例年通りチケットの一般販売は行われず、 各出演アーティストのファンクラブ会員に対する入場無料の「招待」形式になると予想されます。 ということは、 ステージの観覧希望者の募集は 「ファンクラブ枠募集のみ」であり、 ファンクラブに所属していないファンに 「観覧するチャンスはほぼ皆無」となるわけです。 毎年のことなので、好きなアーティストが出演常連組ならば、ご存知の方も多いですよね。 でも、もしかして今年こそは、一般募集がある可能性がないとは言い切れません。 あったらいいよね でも全然見かけないよね…。 ちなみに、ファンクラブ枠の観覧募集については、例年通りならは、昼の部と夜の部の入替制になることは確実。 ファンクラブに加入しているアーティストが、昼の部・夜の部、どちらに出演するかで、応募できる「部」はかわってきます。 また、各アーティストのファンクラブによっては、ファンクラブ枠応募の締め切り日が違う場合もあります。 なお、お目当てのアーティストの出演が決まったとして、それからファンクラブに入会しても、観覧募集に応募するのはほとんど間に合わない可能性が高いといえそうです。 なので、今年の観覧は諦めて、早めにファンクラブに入会し、来年の観覧応募に向けて気持ちを切り替えるしかありません。 そして、忘れないでほしいことが1つ。 「オークション」や「フリマアプリ」などを使ってチケット 招待券 を入手するのは絶対にやめましょう。 というのも、前回もアナウンスがありましたが、当日はチケット 招待券 と座席指定券を引き換える際に、 身分証の提示が必要 となってきます。 どんな理由があっても、チケット 招待券 に名前がある人物と来場した人物が違う場合、座席指定券とは引き換えてくれません。 「ファンクラブ会員の友人が風邪で来れなくかったから、代わりに来た」 「妹が急に来れなくなったので、代わりに来た」 なんて、まっとうそうに見える理由であっても、ダメなものはダメなんです…。

次の

【ミュージックデイ】タイムテーブル最新版!嵐にキンプリに関ジャニや欅に乃木坂に三代目は何時ごろ?|LDs

ザ ミュージック デイ

47都道府県メドレー 『北海道・長野・千葉・奈良・山形・宮崎・石川・埼玉』 13:41 はなわ 47都道府県メドレー 『埼玉県のうた』 レスリング世界選手権 代表決定戦・生中継 伊調馨 VS 川井梨紗子 13:58 岡本真夜 『TOMORROW』 47都道府県メドレー 『神奈川・山梨・熊本・岩手・京都・大分・高知・香川・静岡・滋賀・鹿児島・富山・長崎・山口・他』15:30頃にPart2 14:19 坂崎茂 水卜麻美 音楽の聖地を巡る旅 『時代』『切手の無い贈り物』『結婚しようよ』 嵐にしやがれコラボ企画 総集編 【15:00~17:00】ミュージックデイ タイムテーブル~ 15:00 Hey! Say! JUMP 『Come On A My House』 15:02 MAX 『RIDE ON TIME』 15:04 GENERATIONS from EXILE TRIBE 『YMCA』 15:12 THE ALFEE 『メリーアン』 15:17 HiHi Jets 美 少年 『ジャニーズダンスメドレー』 アンダルシアにあこがれて can do! can go! 勇気100% 都道府県メドレー 青森・福井・大坂・岐阜。 15:27 森高千里 『渡良瀬橋』 18:15ごろ再登場! 『私がオバさんになっても』 都道府県メドレー 『徳島・佐賀・宮城・和歌山・群馬・三重・新潟。 Say! -』 20:34 Perfume 『ポリリズム』 『ナナナナナイロ』 20:41 DA PUMP 『P. 』 21:55 桐谷健太 『海の声』 21:58 AKB48 『ヘビーローテション』 【22:00~22:54】ミュージックデイ タイムテーブル~ 22:00 ピコ太郎 PPAP令和スペシャルバージョン 22:02 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 『R. 例年だと、長時間の音楽番組については一時間から二時間の枠でタイムテーブルの順番が発表される事が多いです。 ただ、 昨年は事前にタイムテーブルの発表はありませんでした。 今年も事前にタイムテーブルの発表がない場合は 9時間半のリアルタイム更新をして行きたいと思います! THE MUSIC DAY2019(ザミュージックデイ)の出演者 THE MUSIC DAY2019(ザミュージックデイ)の出演者をカテゴリ別にご紹介したいと思います。 ミュージックデイの見どころやメドレー一覧 日本一周47都道府県メドレー 47都道府県の名曲をランダムに紹介! 嵐 『BRAVE』 夏川りみ 『涙そうそう』 はなわ 『埼玉県のうた』 森高千里 『渡良瀬橋』 肩関節メドレー GENERATIONS from EXILE TRIBE 『Y. 』 Hey! Say! -LOVING- 手越祐也・丸山隆平・中島健人 Real Face 山田涼介・横尾渉・重岡大毅・髙橋海人 Sexy Zone 安田章大・中丸雄一・有岡大貴・宮田俊哉・佐藤勝利 Everybody Go 増田貴久・中島裕翔・桐山照史・平野紫耀 Everybody Go 櫻井翔・上田竜也・北山宏光・神山智洋・神宮寺勇太 希望~Yell~ オールラインナップ 仮面舞踏会 ピアノメドレー 20:50ごろ 木村カエラ Butterfly スキマスイッチ 全力少年 西田敏行 もしもピアノが弾けたなら 三浦大知 ふれあうだけで 〜Always with you〜 再生1億超えメドレー AKB48 ヘビーローテション 桐谷健太 海の声 三代目 R. DA PUMP U. ピコ太郎 PPAP 令和スペシャルバージョン.

次の