梅雨 いつ 東京。 気象庁

梅雨入りはいつ?2020年東京の予想日!

梅雨 いつ 東京

— 2019年 5月月25日午後9時23分PDT 今年2020年の東京の梅雨入りを予想をしたいと思います。 気象庁の1951年~2019年までの過去69年間のデータによると、関東甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日ですが、ただこの年は過去見渡しても5月初めに梅雨入りというケースはほとんどなく、少し異例のようにも思います。 よってその1963年を除くと早い梅雨入りは、2011年5月27日、2008年5月29日、1993年5月30日と続きます。 逆に最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 だいたい1か月以上の差がありますね。 その次は、6月11日~20日が全体の28%です。 ちなみに平年時期は6月8日と公表されていました。 ちなみに68年間の関東の平年時期は7月21日と公表されていました。 これは中旬と下旬の境目である7月18日~22日頃に梅雨明けすることが多いことも意味しているようですね。 それにプラスして近年の梅雨明け時期を調べてみると… 2019年は7月21日 梅雨期間44日 2018年は6月29日 梅雨期間24日 2017年は7月 6日 梅雨期間30日 2016年は7月29日 梅雨期間54日 2015年は7月10日 梅雨時期38日 直近の5年間をみると2016年が梅雨期間が54日と長期化していますが、しかし過去の傾向をみていると55日以上の梅雨期間というのは実は過去69年間で3回だけです。 2015年から2019年の5年間の梅雨期間の平均は38日。 ちなみに過去69年間の平均は41日間です。 こうして梅雨入り時期や平年時期、梅雨期間が長期化した時も考慮し考えると 2020年の関東甲信地方の梅雨明け時期は、 7月11日頃から7月25日頃の間くらいになりそうかなと思います。 そこに暮らしている方にとっても日常の洗濯までも梅雨時期は色々と支障がきたりするものです。 なので梅雨は今年はいつからいつまでかを把握する方のがいいかもしれません。 今回は東京の2020年梅雨の期間はいつからいつまでかを平年のデーターを参考に予想、そして速報をまとめさせていただきました。 お出かけ等の何かの参考にしていただければありがたいです。 ・・・・・・ 【梅雨でもおしゃれに! 雨の日が楽しくなる! 】 かわいい総柄プリントのレインブーツです。 お子さんもご機嫌になるかも・・・。

次の

東京の梅雨の時期

梅雨 いつ 東京

そのため、北海道は日本で唯一、梅雨のない地域になっています。 ですから、気象庁のHPにおいても、北海道の梅雨の情報はありません。 しかし、北海道には、梅雨の代わりに、 蝦夷梅雨(えぞつゆ)と呼ばれるものがあるそうです。 普通の梅雨とはどんな違いがあるのでしょうか。 今回は、そんな 蝦夷梅雨の意味や時期、本州の梅雨との違いなどをまとめていきます。 ・蝦夷梅雨の意味は?どんな梅雨? ・蝦夷梅雨が起きる原因や仕組みは? ・蝦夷梅雨の時期はいつからいつまで? ・蝦夷梅雨と本州の梅雨の違いは?気温は? Sponsored Link 蝦夷梅雨の意味は?どんな梅雨? 北海道に梅雨がないことをご存知の方は、6~7月の北海道は爽やかな日が続いていると思いがちです。 でも、 北海道でも、2週間くらい雨や曇りの日が続き、少し晴れてもすぐに雨になるというような天気が続きます。 とはいえ、梅雨のように、激しい豪雨や、高温度・高湿度に悩まされることは少なく、ただ、 雨が多い時期という程度です。 北海道の特に南西部では、このジメジメの季節を 「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」とよんでいます。 蝦夷というのは北海道の旧名、蝦夷地より来ていると思われます。 蝦夷梅雨が起きる原因や仕組みは? 蝦夷梅雨は、 雨の多い日が続くことは同じですが、 本州以南の梅雨とは全く違います。 蝦夷梅雨は、本州のような梅雨前線が原因ではありません。 オホーツク海付近で発生する高気圧によって、冷たくて湿った風が吹き込むことによって蝦夷梅雨は起こります。 ですから、 気象庁には「梅雨」として定義はされていません。 Sponsored Link 蝦夷梅雨の時期はいつからいつまで? 蝦夷梅雨(えぞつゆ)の時期は、だいたい、 5月末から6月にかけてです。 10日間~15日間ほど続きます。 梅雨前線の動きには関係なく訪れる現象です。 そのため、「東北が梅雨に入ったから北海道もそろそろ蝦夷梅雨がくる!」ということにはなりません。 オホーツク海高気圧の風が、いつから吹き始めるのかが問題なのです。 しかも、本州以南の梅雨ように、毎年必ず訪れるものではなく、年によって、蝦夷梅雨のある時ない時があるようです。 蝦夷梅雨と本州の梅雨の違いは?気温は? 本州の梅雨は5月から6月にかけて日本上空で、オホーツク海高気圧の冷たく湿った空気と太平洋高気圧の温かく湿った空気がぶつかって、「梅雨前線」が発生することで始まるものです。 その後、1~2ヶ月の間ふたつの高気圧がぶつかり合いを続けながらも、徐々に威力をました太平洋高気圧が前線を押し上げていきます。 この間、前線が通過する地域では、雨と高温多湿に悩まされます。 最終的に前線は消滅し、「梅雨明け」することになるのです。 この前線は、北海道に到達する前にほとんどの年は消滅します。 たまに、梅雨前線がかかることはあるようですが、まれな例なので、気候学的には北海道に梅雨はないとされているのです。 一方、蝦夷梅雨というのは、毎年というわけではありませんが、北海道の太平洋側で、梅雨の時期に雨が続く現象をいいます。 これはオホーツク海高気圧の冷たく湿った空気の影響で起こります。 蝦夷梅雨とは呼ばれていますが、梅雨とは全く別物ということなのです。 蝦夷梅雨の期間は2週間程度です。 蒸し暑くジメジメした気候ではなく、 梅雨と比べるとかなり過ごしやすい気候です。 逆に、日照不足によって起こる、低温に悩まされることもあるようです。 5月下旬から6月上旬を中心として見られる一時的な低温は、北海道ではリラの花が咲く時期であることから、 「リラ冷え」と呼ばれています。 梅雨前線が原因の梅雨とは違って、オホーツク海高気圧の風の影響を受けるのが蝦夷梅雨ということが分かりましたね。 梅雨と違って蒸し暑いということはなく、肌寒いというともわかりました。 5月末~6月に北海道を旅行する人は、対策が必要ですよ。

次の

去年は早すぎた梅雨明け 今年は梅雨空いつまで続く?(日直予報士 2019年07月09日)

梅雨 いつ 東京

そのため、北海道は日本で唯一、梅雨のない地域になっています。 ですから、気象庁のHPにおいても、北海道の梅雨の情報はありません。 しかし、北海道には、梅雨の代わりに、 蝦夷梅雨(えぞつゆ)と呼ばれるものがあるそうです。 普通の梅雨とはどんな違いがあるのでしょうか。 今回は、そんな 蝦夷梅雨の意味や時期、本州の梅雨との違いなどをまとめていきます。 ・蝦夷梅雨の意味は?どんな梅雨? ・蝦夷梅雨が起きる原因や仕組みは? ・蝦夷梅雨の時期はいつからいつまで? ・蝦夷梅雨と本州の梅雨の違いは?気温は? Sponsored Link 蝦夷梅雨の意味は?どんな梅雨? 北海道に梅雨がないことをご存知の方は、6~7月の北海道は爽やかな日が続いていると思いがちです。 でも、 北海道でも、2週間くらい雨や曇りの日が続き、少し晴れてもすぐに雨になるというような天気が続きます。 とはいえ、梅雨のように、激しい豪雨や、高温度・高湿度に悩まされることは少なく、ただ、 雨が多い時期という程度です。 北海道の特に南西部では、このジメジメの季節を 「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」とよんでいます。 蝦夷というのは北海道の旧名、蝦夷地より来ていると思われます。 蝦夷梅雨が起きる原因や仕組みは? 蝦夷梅雨は、 雨の多い日が続くことは同じですが、 本州以南の梅雨とは全く違います。 蝦夷梅雨は、本州のような梅雨前線が原因ではありません。 オホーツク海付近で発生する高気圧によって、冷たくて湿った風が吹き込むことによって蝦夷梅雨は起こります。 ですから、 気象庁には「梅雨」として定義はされていません。 Sponsored Link 蝦夷梅雨の時期はいつからいつまで? 蝦夷梅雨(えぞつゆ)の時期は、だいたい、 5月末から6月にかけてです。 10日間~15日間ほど続きます。 梅雨前線の動きには関係なく訪れる現象です。 そのため、「東北が梅雨に入ったから北海道もそろそろ蝦夷梅雨がくる!」ということにはなりません。 オホーツク海高気圧の風が、いつから吹き始めるのかが問題なのです。 しかも、本州以南の梅雨ように、毎年必ず訪れるものではなく、年によって、蝦夷梅雨のある時ない時があるようです。 蝦夷梅雨と本州の梅雨の違いは?気温は? 本州の梅雨は5月から6月にかけて日本上空で、オホーツク海高気圧の冷たく湿った空気と太平洋高気圧の温かく湿った空気がぶつかって、「梅雨前線」が発生することで始まるものです。 その後、1~2ヶ月の間ふたつの高気圧がぶつかり合いを続けながらも、徐々に威力をました太平洋高気圧が前線を押し上げていきます。 この間、前線が通過する地域では、雨と高温多湿に悩まされます。 最終的に前線は消滅し、「梅雨明け」することになるのです。 この前線は、北海道に到達する前にほとんどの年は消滅します。 たまに、梅雨前線がかかることはあるようですが、まれな例なので、気候学的には北海道に梅雨はないとされているのです。 一方、蝦夷梅雨というのは、毎年というわけではありませんが、北海道の太平洋側で、梅雨の時期に雨が続く現象をいいます。 これはオホーツク海高気圧の冷たく湿った空気の影響で起こります。 蝦夷梅雨とは呼ばれていますが、梅雨とは全く別物ということなのです。 蝦夷梅雨の期間は2週間程度です。 蒸し暑くジメジメした気候ではなく、 梅雨と比べるとかなり過ごしやすい気候です。 逆に、日照不足によって起こる、低温に悩まされることもあるようです。 5月下旬から6月上旬を中心として見られる一時的な低温は、北海道ではリラの花が咲く時期であることから、 「リラ冷え」と呼ばれています。 梅雨前線が原因の梅雨とは違って、オホーツク海高気圧の風の影響を受けるのが蝦夷梅雨ということが分かりましたね。 梅雨と違って蒸し暑いということはなく、肌寒いというともわかりました。 5月末~6月に北海道を旅行する人は、対策が必要ですよ。

次の