ノン アルコール 除 菌 シート コロナ。 【新型コロナウイルス】アルコール消毒の濃度は?スプレーとシートどっちが良いのか調査!

雑菌シートですが コロナ対策として 携帯用に購入するにあたり、「ノンアルコー...

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

北里大学大村智記念研究所 大村智記念研究所は、生命科学領域の基礎研究・応用研究と高度専門教育に取り組み、各種重要疾病の原因・予防・治療法に関する研究と教育を通じ、学術研究の発展と人類の健康増進に貢献している研究所です。 さんとは、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された方です。 有名どころで言うと2012年さんがiPS細胞で同賞を受賞されています。 つまり、 市販製品の中で新型コロナウイルスに効果的なものがどれなのかを探してくれたわけです! 『除菌』って言っても新型コロナウイルスに効くかはわかんないから調べてくれたんだよ 実際世の中には『除菌』という名のものは多いですが、アルコール濃度によっては効果が無かったりするものもあります。 今回の研究結果は、そのあたりが明確になっているので、とても参考になるんじゃないかと思います。 不活化とは 今回発表されたのは、 新型コロナウイルス不活化効果を有する可能性について、試験管内でのウイルス不活化評価を実施したものです。 不活化とは、微生物などの病原体を熱・紫外線・薬剤などで死滅させ、 感染性を失わせることをいいます。 市販の医薬部外品及び雑貨については、十分な供給体制を確保可能なことからこの研究に意味があるとして実施されました。 市販製品の選定は 本研究結果の公開に異議を唱えないことを前提として、国内複数企業へ製品サンプルの提供を要請し、同意が得られた企業の製品を使用したようです。 ではさっそく市販製品をご紹介していきます! コロナ不活化効果のある製品名 各製品サンプルについては、製品のパッケージ裏面に書かれている使い方を参考にし、希釈が必要な場合には水道水を用いています。 手指の洗浄、拭き取り洗浄• セイフキープ(絞り液)• ハンドスキッシュEX(原液)• ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)• ビオレガード薬用手指消毒スプレー(原液)• リセッシュ除菌EXプロテクトガード(原液) 上記製品は 接触時間を1分とした場合に不活化効果が得られました。 や系は、掃除用具という印象が強いことから、現在でも ドラッグストアやスーパーで容易に手に入れることができます。 (2020年4月25日現在) 特には手がよく触れる場所の掃除にもばっちりなので、常備しておいてもいいと思います。 洗濯、器具の洗浄• 上記製品は 接触時間を10分とした場合に不活化効果が得られました。 コロナ不活化効果が得られなかった商品も・・・ 洗濯、器具の不活化効果が得られた製品に非常に似た名前で、且ついかにも効果がありそうな製品名でも、不活化効果が得られなかったものがあります。 アタック抗菌EXスーパークリアジェル(1200倍希釈液) こちらは今回の研究結果では不活化効果が得られませんでした。 コロナ対策に有効なエタノールの濃度 アルコール消毒も、濃度によって効果の有無があるそうで、この研究結果が発表される前に私が聞いていたのは、エタノール濃度70%以上じゃないと新型コロナウイルスには効果がないというものでした。 では、実際の結果をご紹介します。 10%、30%、50%、70%、90%のエタノールでのコロナ不活化効果 接触時間が1分でも10分でも結果は変わらず。 不活化効果があったのは、50%、70%、90%エタノールでした。 我が家のコロナ対策グッズ。 ・・・ 大学の研究結果では、 リセッシュ除菌EXプロテクトガードが効果ありなんですが、色々調べましたがその商品はどこのネットショップでも取り扱いがないんです・・・ 正しいものを買ってきてもらったと思ったんですが、 なんか違うやつでした。 (今気づきました) 成分を見ると、リセッシュ除菌EXプロテクトガードと同じではあるんですが、割合とか違うんでしょうし・・・消臭って書いてるけど、除菌とも書いてあるし・・・気休めとして使おうと思います。 製品のリンクが確認出来たらまたアップしていきたいと思います。 この商品は我が家ではお馴染み、 研究結果が出るより前にたまたま売ってたので購入しました。 (現在は品薄です) 我が家のコロナ対策グッズ。 この商品、日本製と中国製とがあって、中国製の方がお安いです。 私がいただいたのは日本製。 色々調べた結果、という会社が作っているようで、 アルコール濃度が56~59%とのこと。 一切の責任は負いませんので、ご了承下さい。 すべてのメーカー製品の検査が出来ればいいのでしょうが、そこはメーカー側の都合もあるため難しいところです。 が、エタノールの有効濃度が分かったのはかなり大きな収穫だと言えると思います。 アイリスプラザのマスク購入、詳細はこちら.

次の

当社除菌剤のコロナウイルス科に対する効果を確認

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

新型コロナウイルスで飛沫感染が注目され、マスクが売れていますね。 インフルエンザが流行るときも同様の動きが見られますが、ウイルスには接触感染への対策も大事です。 手洗いや手の消毒は頻繁に行いたいもの。 エーザイの「 イータック 抗菌化ウエットシート」は、拭いた直後だけでなく、 乾いてからも1週間は抗菌(抗ウイルス)作用が続くというウェットティッシュです。 は広島大学大学院、医歯薬学総合研究科の二川浩樹教授が開発し、特許を取得したという成分。 手荒れしにくく、効果が持続するウェットティッシュ Image: アルコールの場合は、乾いてしまうと抗菌作用が働かなくなってしまいます。 手で触る前にいちいち拭くのは面倒ですし、何度も拭くと 手荒れの原因にもなりますよね。 でも、「イータック 抗菌化ウエットシート」なら、1度拭いてしまえば1週間効果が持続して、 頻繁に拭き直さなくていいので楽だし便利です。 ただしAmazonのレビューによると、アルコール系のウェットティッシュと違って乾きにくいとのこと。 公衆トイレで赤ちゃんのオムツ替えをするときなど、拭いたらサッと乾いて欲しいときには向かないようです。 よって、家のドアノブや、家電のリモコン、スイッチ類などを拭くのに最適かも。 日々の掃除の仕上げに活用したいですね。 1枚でもさまざまな場所にたっぷり使えるそうですよ。 ちなみに 無香料なので、強いニオイが苦手な人でも安心。 それに、そろそろ行楽の季節。 アルコールで肌がカサカサになるのがイヤな人はおしぼりとして使うのも良さそうです。 なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。 変更の可能性もありますので、表示ページをご確認ください。

次の

1回拭けば1週間、除菌・抗ウイルスの効果が続くノンアルコールのウェットティッシュ

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

平成28年9月20日~12月20日 3 テスト方法 一様に細菌の付着したテーブルをテスト対象商品にて拭き取り、拭き取り1回目、2回目、3回目で細菌の数がどのように変化するのかテストを行いました。 実際の生活環境に近い細菌を使用するため、使い古しのスポンジから細菌を得ました。 細菌の種類については特定していません。 拭き取りはテスト対象商品を三つ折りにして縦方向に1回、更に折面を変えて横方向に1回の合計2回行いました。 4 テスト結果• アルコールタイプ、ノンアルコールタイプのいずれの除菌ウエットティッシュも、1回の拭き取りだけで全ての細菌を除去することは困難でした。 除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)が最も除菌効果がありましたが、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも除菌をすることができました。 いずれのテスト対象商品も拭き取りの回数を重ねることで細菌数を減少させ、3回目の拭き取り後は大部分の細菌を除去することができました。 ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌) 5 考察• 細菌数を確実に減少させるためには2回、3回と繰り返し拭き取りを行うことが有効と考えられます。 テストの結果、除菌効果は除菌ウエットティッシュに含まれるアルコールなどの成分以外に、物理的な除去(拭き取り)が大きく関与している可能性が考えられます。 消費者へのアドバイス 1 除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 アンケートの結果、比較的多くの消費者が「除菌によって大部分の菌が取り除かれる」と考えていることが分かりました。 しかし、除菌ウエットティッシュの商品表示には「除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません」と書かれています。 除菌という言葉は消費者に広く浸透しています。 除菌の対象となる菌や効果については、国の意見を参考にした業界団体の自主基準が定められていますが、公的に定められたものはありません。 環境中には多種多様な菌が存在しており、除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 使用上の注意を確認し、商品の特徴を理解して使用しましょう。 2 1回の拭き取りで全ての菌を除去することは困難です。 こまめな清掃を心がけましょう。

次の