けいふう わ ちょう あっ と。 毎月6のつく日は“新政の日”――東京・板橋区の日本酒居酒家「恵風和暢 あっと」で1か月に3日だけ新政の3種飲み比べセットを666円(税込)で提供!

大銀杏(おおいちょう)|宇都宮市公式Webサイト

けいふう わ ちょう あっ と

生没年不詳。 2世紀中ごろから3世紀初めごろのの。 『傷寒論』『 きんきようりゃく 』の著者であり、中国医学における医方の祖、医聖とされる。 名は機、字 あざな が仲景。 南陽(河南 かなん/ホーナン 省)の人。 正史に伝記はないが、後漢 ごかん の何 かぎょう の別伝に「 が同郡の張仲景をみて、君はのちに良医となるであろうといった」とある。 医学を同郡の張伯祖に学び、治療に優れ、とくに経方に精通していた。 後漢の霊帝(在位168~189)のときに孝廉 こうれん にあげられ、のちに長沙 ちょうさ 太守となる。 都の洛陽 らくよう にいたときは名医といわれた。 当時、疫病が流行し多くの人が罹病 りびょう し死亡したが、『傷寒論』の自序で、「宗族は二百余人いたが建安元年(196)以来、10年もたたずに3分の2が死亡した。 その10分の7は傷寒であった。 天寿を全うできないのは痛ましい。 これを救うために古訓を求め、広く衆方をとり、素問・九巻・八十一難・陰陽大論・胎臚 たいろ 薬録ならびに平脈・弁脈を選用して傷寒雑病論十六巻をつくった」と述べている。 [山本徳子].

次の

恵風和暢 あっと(大山/居酒屋)

けいふう わ ちょう あっ と

社会の話ー。 「風景(ふうけい)は借りれないだろ!」と思ったら、意外と借りれたりするようです。 庭園(ていえん)を作る時の技の一つ、「借景(しゃっけい)」についての話です。 前置き。 先ほど、テレビで『ウチの子、ニッポンで元気ですか?』という番組を見てました。 そこで「庭園(ていえん)」を管理する庭師(にわし)の方に密着してたのですが、 番組中に出てきた「借景(しゃっけい)」という言葉が興味深かったので、その話を。 その前にざっくり用語説明を。 「庭園(ていえん)」とは歩いて見て楽しめる施設のことですね。 ざっくり言うと「広い庭」みたいな感じです。 特にその中で、日本的なものは「日本庭園(にほんていえん)」や「和風庭園(わふうていえん)」と呼ばれたりします。 (またイギリス式の庭園はよく「イングリッシュガーデン」と呼ばれたりします) で、それらの庭園、または庭(にわ)を手入れする人を「庭師(にわし)」と呼んだりします。 そして、本題の「借景(しゃっけい)」とは、 によれば、日本庭園や中国庭園(ちゅうごくていえん)における、「造園技法(ぞうえんぎほう)」のひとつみたいですね。 つまり庭園を造る時のテクニックの一つです。 これは具体的には「庭園の外の風景を、背景(はいけい)として使う」みたいな感じのようです。 例えば庭園の後ろの方、遠くに「山」とか「お城」とか、見栄えのするものなどがあった時に、それに合わせて手前の庭園を調整することで、一体化した景色が作り出せる…みたいな感じのようです。 にも「借景」をしている画像がいくつか載っていますが、 後ろの景色と合体している感じで壮大(そうだい)な感じがしました。 「庭園を造る」というと、筆者などはつい庭園の「中」をどう工夫するか考えそうですが、あえて「外」の風景を「借りる」、という考え方は面白いですね。 もしあなたが家や庭を作ることがあったら、ちょっと取り入れてみてもいいかもしれません。 まあそんな感じで~。 追記 今回は「風景を借りる」って考えが面白いなーと思って記事を書きましたが、 よく考えてみると現代でも結構あるかもしれません。 例えば「景色をバックに自分の写真を撮る」とか「を意識する」とか、 あるいは「ドラマの撮影で、それっぽい場所を借りる」とかは、 ある意味「借景」みたいな考えと言えるかもしれませんね。 正確に言うとまた違う気もしますが、風景に関してもいろんな工夫があって面白いです。 またコンピュータ画像でいいなら、3Dや「AR」、「VR」などで景色や空間を作ってしまう、という手もあります。 特撮とかでは「」とか「合成技術(ごうせいぎじゅつ)」もありますね。 演劇などでは「書割(かきわり)」という、絵に描いた背景などもあります。 追記2 ちなみに上記テレビ番組では「関守石(せきもりいし)」というものも紹介されていました。 これは道においておくことで、立ち入り禁止(たちいりきんし)などの意味を表す道具だそうです。 看板を使わないのは雰囲気に合わせてだとか。 ちなみにによれば「止め石」などともいうそうです。 …ところで「止め石」のページの中の関連項目に「結界(けっかい)」という言葉がありました。 ゲーム好きな筆者としては見るだけでワクワクしますね。 木や花壇(かだん)、噴水(ふんすい)などが設置してあることも多い。 英語では「garden(ガーデン)」。 自然(しぜん)のものが配置されていることも多いが、庭園によってその数や度合い、また「どれくらい人の手を入れるか」は異なるようだ。 ちなみにTRPGシステムには『ガーデンオーダー』というものもある。 関連用語:「公園(こうえん)」、「遊園地(ゆうえんち)」 関連庭園:「バビロンの」、「庭園」、「ハーブ庭園 旅日記 庭園」 ・日本庭園(にほんていえん): 日本式の庭園。 いわゆる「(かれさんすい)」などもこの中のテクニック。 日本のお寺などにある庭園は、日本式の庭園がついていることが多い。 当然と言えば当然かもしれないが、組み合わせは色々ありうるかもしれない。 ・関守石(せきもりいし): 関連用語:「関所(せきしょ)」 ・止め石: ・結界(けっかい): によれば元はらしく、仏教においてお坊さんが「空間を定めること」だったらしい。 ただ後になって「特殊なエネルギーを持った空間」というような意味になったようだ。 マンガやゲームなどではよく「バリア」みたいな感じで出てくることも多い。 の「結界」のページでは、「襖(ふすま)」、「障子(しょうじ)」、「衝立(ついたて)」、「縁側(えんがわ)」なども広い意味で「結界」だと書いてあった。 これは空間を「区切る」ということが、「結界」(隔離された、閉じた世界?)を作るということにつながると思われる。 バリア的な空間の場合、ゲーム風に言うと「空間にエンチャントをかける」みたいな感じとも言えるかもしれない。 ちなみにゲーム『』シリーズやその前、あるいは他の作品には「固有結界(こゆうけっかい)」というものがあったりする。 関連用語:「魔法陣(まほうじん)」、《オレルコスの結界》、「封印(ふういん)」、「魔力(まりょく)」、「陣形(じんけい)」、「呪文(じゅもん)」、「」、「線(せん)」、「壁(かべ)」、「敷居(しきい)」、「神社(じんじゃ)」、「縄(なわ)」、「碁(ご)」、「暖簾(のれん)」、「護符(ごふ)」 ・花壇(かだん): 花などが植えられている場所。 あるいは植えるための場所。 英語では「flower bed(フラワーベッド)」。 ただし人間が上に寝転がると花が折れてしまったりする可能性があるので、「ベッドだー!」と勢いよく寝転がってはいけない。 人間用のベッドではないのである。 ・『ガーデンオーダー』: TRPGシステムの一つ。 庭(ガーデン)の手入れをするTRPG…ではなく、正体不明の敵「」を相手に、能力者「オーダー」となって戦うシステム。 作中に出てくる「ガーデン」や「オーダー」といった用語は、英語そのものではなく頭文字をとった略称である。 関連用語:「超能力(ちょうのうりょく)」、「」、「クリオキネシス」、「属性(ぞくせい)」、「切断(せつだん)」、「衝撃(しょうげき)」、「バフ」、「デバフ」、「チカラ」、「PDW」、「装備(そうび)」、「アイテム」、「ラウンド」、「レーザー」、「ビーム」、「ステルス」、「(こうがくめいさい)」、「レールガン」、「ヴィークル」、「ドローン」、「(ひろう)」 : 「風景(ふうけい)」については を参照。 : 「背景(はいけい)」については を参照。 : 「山(やま)」や「線(せん)」については を参照。 : 「公園(こうえん)」については を参照。 : 「遊園地(ゆうえんち)」や「庭園」については を参照。 : 「バビロンの」については を参照。 : の「ハーブ庭園 旅日記 庭園」については を参照。 : 「関所(せきしょ)」については を参照。 : 「バリア」については を参照。 : 「襖(ふすま)」や「」については を参照。 : 「エンチャント」については を参照。 : 「魔法陣(まほうじん)」については を参照。 : カードゲーム『』のカード《オレルコスの結界》については を参照。 : 「封印(ふういん)」については を参照。 : 「魔力(まりょく)」については を参照。 : 「陣形(じんけい)」については を参照。 : 「呪文(じゅもん)」については を参照。 : 「壁(かべ)」については を参照。 : 「敷居(しきい)」については を参照。 : 「神社(じんじゃ)」については を参照。 : 「縄(なわ)」については を参照。 : 「碁(ご)」については を参照。 : 「暖簾(のれん)」については を参照。 : 「護符(ごふ)」については を参照。 : 「花(はな)」については を参照。 : 「超能力(ちょうのうりょく)」については を参照。 : 超能力の一種「」や「クリオキネシス」については を参照。 : 「属性(ぞくせい)」については を参照。 : 「切断(せつだん)」や「衝撃(しょうげき)」については を参照。 : 「バフ」や「デバフ」については を参照。 : 「チカラ」については を参照。 : 銃器「PDW」については を参照。 : 「装備(そうび)」については を参照。 : 「アイテム」については を参照。 : 「ラウンド」については を参照。 : 「レーザー」や「ビーム」については を参照。 : 「ステルス」については を参照。 : 「(こうがくめいさい)」については を参照。 : 「レールガン」については を参照。 : 乗り物を表す「ヴィークル(vehicle)」についてはを 参照。 : 「ドローン」については を参照。 : 「(ひろう)」については を参照。 benkyoumemo.

次の

恵風和暢 あっと (ケイフウワチョウアット)

けいふう わ ちょう あっ と

『毎朝ちがう風景があった』(椎名誠著、新日本出版社)は、椎名誠の写真+文章のエッセイ集です。 「怖くて美しいチベットの女神」の一節。 「この写真はチベットのある古寺で見た仏様である。 チベットにはいろんな仏様がおわして、その仏像もいろいろあるのだが全体にみんなこんなふうに美しくて怖い。 ・・・そしてみんなこんなふうに憤怒の表情をうかべているので、ひとりでそういう仏様の並んでいるところにしばらくいるといささか怖くなったりする。 自分のいろいろやましい人生のアヤマチを見透かされているような気持ちになり、思わず本気でひれ伏したくなる」。 写真を見ると、美しいが、本当に怖い顔をしています。 「ラサから八百キロのところで」は、いい話です。 「チベットの人々は熱心な仏教徒がほとんどで、彼らの一生の願いや目的は、チベット仏教の聖山であるカイラスへの巡礼を果たすことだ。 ラサからカイラスまではおよそ千キロ。 ここに至るまでは四千~四千五百メートルぐらいの高山地帯を進んで行くしかない。 巡礼の方法はいろいろあって、時間のある人は歩いて行くし、村単位でトラックの荷台に大勢が乗り込み、集団で移動していく方法もある。 最も尊敬される巡礼の方法は、五体投地拝礼という体を折り曲げて大地に頭を打ち付け、下半身をずり上げて立ち上がり、両手をあわせてまた大地にひれ伏しながら進んでいく拝礼の仕方だ。 ・・・写真の二人は若い夫婦で、この五体投地拝礼をしながらカイラス巡礼をしていて、今は昼の休憩および昼食をとっているところだった」。 その写真には、「長くきびしい巡礼の旅を続けている。 喜びは夫婦でいつもいられること。 こうして苦楽を共にできることだ」というキャプションが付されています。 「演歌の情念を研究する」は、椎名の面目躍如です。 「女は恋に破れるとどうして北へ行くのだろうか。 いや、べつに恋に破れた全ての女がどこへ行くのか尾行して統計をとっているわけではないけれど、演歌など聞いているとたいてい北を目指しているということがわかる。 あまりグアム観光やハワイに行ってフラ教室にはいる、などということはしない」。 凍てつく雪の中、遠くまで一直線に延びている線路の写真が印象的です。

次の