東亜産業 コロナ。 株式会社東亜産業/社名より商品が有名な劉凱鵬(渡邊龍志)社長の会社を勝手に調査

劉凱鵬氏(東亜産業社長)の対応がかっこよすぎるので徹底調査した!

東亜産業 コロナ

大量のマスクを配布!各地から感謝の声! 東亜産業の社長である劉凱鵬氏はこれまでに多くのマスクを配る社会貢献を行ってきました。 2020年初めには新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの人に恐怖を与えました。 瞬く間に感染が広がっていき、多くの人がマスクを買い求めるようになりました。 しかし、これまでに日本で販売されていたマスクのほとんどのものが、 新型コロナウイルスの発症源となった中国で生産されていたものばかりでした。 そのため、マスクは品薄状態が続き、さらには買い占め、そして転売といったように、 欲しい人にマスクが届かないという状態がしばらく続いたのです。 その影響は接客業や医療機関にも及んでおり、マスクをせずに仕事をする危険性と 隣り合ってしまいました。 そんな状態ではさらなる感染の危険があると気付いた劉凱鵬氏は、 2020年3月21日に東亜産業 CSR活動 第1弾として名古屋にマスク10万枚の寄付を行ったのです。 なぜ名古屋が選ばれたのか? なぜ名古屋だったのかというと、 東亜産業は10年ほど前まで名古屋市内に本社を置いていた過去があります。 市長との縁もあったせいか、名古屋でのマスク寄付活動を第一弾にしようと考えたのです。 名古屋市に寄付を行ったのは東亜産業常務の広嶋聡氏です。 彼は当時「必要なところで使ってもらい、少しでも名古屋の経済が元に戻れば」 という言葉を述べていました。 全国に新型コロナウイルスの猛威が広がった3月は東京だけではなく 各所で感染者の拡大が見られ、名古屋も多くの感染者が出ていた状態でした。 名古屋市長は受け取ったマスクを、マスクが不足している施設に調整して配る形で 名古屋の人に感染の不安を解消していきました。 第6弾まで行われたCSR活動 東亜産業 CSR活動は2020年6月現在までに第6弾まで行われています。 名古屋、広島、佐賀、北九州、福岡そして東京といったように 各所にマスクを配り続けたのです。 その枚数は述べ160万枚以上に及びます。 これほどまでに多くの枚数を届けてきた東亜産業は各市長や都知事から 感謝の言葉を貰っており、劉凱鵬氏自身は「皆様や各医療関係者様のたゆまぬ努力と 貢献に深い敬意を表して贈りました」と述べており、その感謝を見せる姿勢は 多くの人の心を釘付けにしたのです。 5年もの間眠っていた機械を稼働させた英断! たくさんのマスクを寄付してきた東亜産業ですが 一体このマスクはどこから入手したものなのか気になる人が多いことでしょう。 東亜産業が述べ160万枚も作ったマスクは、 かつて東亜産業がマスク生産のために使用していた機械を稼働させて作ったものだったのです。 現在はこの機械は事業では使用されておらず、 東亜産業が販売する製品にマスクもありません。 このマスク生産のための機械は5年ほど前に使用をやめている物であって、この危機的状態を前に稼働させたものでありました。 東亜産業では衛生用品や家電といったように様々な物を生産販売しています。 どの製品も安全で品質の高い物を作っており、 機械の劣化によってマスクの生産は中止されていたのではないかと推測されています。 しかし、感染拡大の背景がある中で少しでも力になれればという想いが劉凱鵬氏にあったのでしょう。 動くがどうかもわからないマスク生産の機械を結果的に稼働し、 きちんと検査を行った上で寄付したことで、感染者の拡大に大きく貢献できたことでしょう。 劉凱鵬氏は「マスクの生産のために従業員を働かせて良いのか?」という想いもあったはずです。 しかし、それ以上に社会の安全性を守りたい願った劉凱鵬氏の熱い思いが、 各市長と都知事から「頭が下がるような思い」という感謝の気持ちを生み出し、 結果的に素晴らしい社会貢献としてたくさんのニュースにも取り上げられました。 劉凱鵬氏が代表取締役を務める東亜産業ってなんの会社? マスクやハンドジェルといった衛生商品に家電や食品も製造販売している東亜産業ですが、まだどんな企業なのか詳しく知らない人も多いはずです。 ここからは東亜産業の魅力についてご紹介していきましょう。 会社概要 株式会社東亜産業は、現在東京都千代田区に本社を置いています。 社長は劉凱鵬(渡邊龍志)です。 設立は1996年9月、資本金は1,000万円で創立された会社です。 売上高は2019年8月期で約60億円と好調、従業員は114名が在籍しています。 ・事業内容 東亜産業はあらゆる商品の製造と販売を行います。 電気製品、日用雑貨、美容健康製品、PC周辺機器、医療機器といったような 数々のラインナップがあります。 OEM・ODM製造から、システム・アプリ開発、AI、IoT開発までも手掛けており、 アプリケーションソフトウェア企画 開発及び運営までも行われています。 これらの中でも特に今力を入れているのが衛生商品です。 新型コロナウイルスによって自分の身は自分で守ることが当たり前となった今、 マスクの着用は絶対という世の中に変わってきています。 マスクの商品かは現在行われていませんが、 その他ハンドジェルやアルコールなどの衛生関連グッズを多数展開しています。 商品の中には紙ハンドソープや個包装になっている携帯用ハンドジェルなど、 これまでにはなかった画期的な商品ばかりです。 さらには首からぶら下げるだけで周囲を除菌するアイテムなども手掛けており、 独創的なアイディアから生み出される商品の数々は、多くの人を驚かせる力を持っています。 みなさんに正しい認識を持ってもらうための注意喚起! たくさんの商品を手掛けている東亜産業ですが、劉凱鵬氏は多くのものを手掛けていても、1つひとつの品質は高いものであるべきだと考えています。 そのため商品を扱っている販売店舗にも 一般消費者の方の誤解を招くような宣伝は行わないようにと注意喚起も行っています。 例としてこれまであったものには、ハンドジェルやウイルスシャットアウトといった製品です。 東亜産業が販売するハンドジェルというのは 新型コロナウイルスに対する効果があるという表示はパッケージ内には一切そのような表示がありません。 新型コロナウイルスの蔓延によって多くの取扱店舗では 「コロナ予防に」「殺菌力高め」といったウイルスに対する過剰な効果があるような広告で 宣伝している店舗が多いですが、実際のところ新型コロナウイルスは未知なウイルスである が故にどのようなものがウイルスに効果を見せるのが何も証明されていません。 東亜産業ではコロナ禍によって需要が高まっているこれら衛生商品の 正しい理解を広めつつ、安全に使ってもらいたいという願いから、 公式ホームページでも注意喚起を積極的に行っています。 ウイルスシャットアウトに関しても多くの場所で過剰な効果を謳って 販売されていたこともあり多くの人が購入に至り既に完売しています。 今は製造もしていないのですが、 ECで販売されており東亜産業のものではない偽造品の可能性があることも示唆しています。 ウイルスシャットアウトは既に生産を行っていないので、 要注意して購入する必要があります。 もう生産していないのは残念ですね。 しかし東亜産業では他の衛生商品も魅力的でありハンドジェルは 手荒れを防ぎアルコール濃度56-59%のパワーで除菌効果もあります。 未だハンドジェルが新型コロナウイルスに効果的かどうかは調査中ではありますが、 ハンドジェルで衛生面に気をつけることができれば、 より健康的な人が多い社会へと変化していく可能性があります。 社長の劉凱鵬氏はマスク160万枚の無償提供と画期的な衛生商品の数々で 様々なウイルスから暮らしの安全を守り、さらには商品の注意喚起を行っていくなど、 非常に対応力もしっかりしている人物です。 今後も新型コロナウイルスの感染はなかなか終息することはないはずです。 そんな世の中になってしまったからこそ、劉凱鵬氏のような素晴らしい対応ができる人物が 多くなることで、より安心して過ごせる社会が形成されるのではないでしょうか? 今後の東亜産業の活躍も見ものになってきます。

次の

劉凱鵬|大量のマスクを寄付した東亜産業社長を調査!

東亜産業 コロナ

リンク 東亜産業 TOAMIT 東亜産業 TOAMIT というOEM・ODMの企業が販売している衛生用品。 ざっくり言うと、他社から依頼を受注し自社工場を使って製品を企画~販売、若しくは企画以外の部分から販売まで行っている企業であるという事。 その為、自社工場では基本他社から依頼を受け製造、依頼された会社のブランドで販売しているという事になります。 他者からのメリットとしては自社工場を持たない会社からするとコスト面を鑑みて、作って貰った方が安くつくので東亜産業に依頼しているという事でしょう。 東亜産業 TOAMIT 独自ブランドのアルコールハンドジェル そんな受注主体の会社でありながら独自ブランドとして販売している商品がこのアルコールハンドジェル。 冠名に【TOAMIT】という名が付いている完全自社製造自社製品となっております。 もちろん純日本産のアルコールハンドジェルとなっています。 【注意】東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルに中国産の商品がある! 東亜産業 TOAMIT のアルコールハンドジェルは日本産でもちろんパッケージには 【安心の日本産】と言う表記があります。 しかし詳細は明かされていませんが外観は同じなのに 【中国産】の類似品が存在します。 コチラには【安心の日本産】という表記は無いですが、何となく不安なので、この類似品には注意しておきましょう。 おおよそ国内での生産が追い付かなくなっている状況下の為、中国産が散見するようになったのだと思われます。 リンク 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの成分表 まず初めに東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルは除菌や消毒と言う文言は使用していません。 これは医薬部外品か化粧品かの違いとなります。 医薬部外品でなければ法律上 【除菌】【消毒】など効果が有る文言の使用は出来ません。 コチラの東亜産業のアルコールハンドジェルはアルコール洗浄タイプの化粧品として販売されてあります。 たとえ医薬部外品で無いにしてもアルコール製品が除菌や消毒に効果が有るものである事には変わりありません。 ただ医薬部外品でも 『新型コロナウイルスに効果アリ!』という文言を使っているアルコールハンドジェルの商品はありません。 マスクと同様に【リスクを軽減できるモノ】と言う感覚で使用して頂く方がいいと思います。 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの成分表• エタノール=主成分・濃度により除菌殺菌効果アリ 濃度56~59%程度• 水=希釈の為使用• グリセリン=保湿剤の役割を果たす• カルボマー=粘土調整用・化粧品などに用いられる• TEA=ph調整剤• メチルパラベン=防腐剤• フェノキシエタノール=防腐・殺菌剤• EDTA-2Na=調整剤 リンク 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェル500ml 本体サイズ高さ208㎜幅67㎜で500ml入りの大容量サイズ。 持ち運び用と言うより据え置き用としての仕様に向いたアルコールハンドジェルです。 家庭に消毒・除菌対策として安価でお手頃なアルコールハンドジェルです。 アルコール含有量は60%未満という事で除菌・消毒効果に少し疑問を持ちます。 60%以上ならばガンガン購入するのに・・・もったいない所です。 やはり悪い評判や口コミには医薬部外品で無い部分、アルコール含有量の少なさから除菌や消毒の文言が無い事などが指摘されています。 この辺りの事を分からない人達からすると文句を言いたくなるかもしれませんがコチラの商品は 医薬部外品では無い!という事を理解して購入・使用しましょう! 東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェル評判口コミや成分を紹介!・・・まとめ 今回は東亜産業 TOAMIT アルコールハンドジェルの御紹介でした。 医薬部外品ではありませんが、今の世界で自宅や外出用バック カバン にアルコールハンドジェルが無いのってどうでしょうか? ・・・不安ですよね? そんな不安を少しでも解消する為のツールとして安価で入手出来て非常に有効な商品だと思います。 マスクも100%ウイルスを防ぐなんて事はありません。 あくまでもウイルス侵入の可能性を低減させるツールとして身に着けるモノ。 東亜産業のアルコールハンドジェルもウイルス対策の1つとして、常備しておく事を意識するツールとして使用して頂けたらと思います。

次の

ハンドジェル(東亜産業、東和化粧品)口コミ評判!効果や入手方法を紹介|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

東亜産業 コロナ

Contents• マスクを寄付した劉凱鵬氏。 どこに?どれくらい? 東亜産業で代表取締役を務める、劉凱鵬(渡邊龍志)氏は、 自治体にマスクを合計160万枚寄付しました。 2020年4月9日時点で第6弾までマスクの寄付は行われており、 第1弾では名古屋に10万枚、 第2弾では広島に10万枚、 第3弾では佐賀に10万枚しています。 続く第4弾の東京ではマスク100万枚に加えて、 アルコール入りハンドジェルを5万本も寄付しています。 第5弾では北九州に10万枚、 第6弾では福岡に20万枚のマスクとアルコール入りハンドジェル1万本を寄付しました。 日本全国の様々な地域にマスクを寄贈した活動は市町村からも称えられ、 感謝状を受け取っています。 東亜産業のマスク寄付活動は、 各自治体のホームページはもちろん、メディアでも取り上げられました。 産経ニュースや地域新聞では、 東亜産業が寄付したマスクを県庁職員が運び出す様子や市長との写真が掲載されています。 市長としても感染拡大について市民が大きな不安を抱える時期であったために、 感謝の気持ちが大きかったようです。 目録を受け取った福岡県北九州市の北橋健治市長は 「市民が不安を抱えて暮らす中、とても勇気づけられる」 と言っており、 広島市の松井一実市長は 「非常に頭が下がる思いで、感謝の気持ちでいっぱい。 感染爆発が起こらないように全力で取り組みたい」 とコメントを残していました。 寄付されたマスクは各自治体によって、 窓口対応の職員に配布されたり、高齢者福祉施設に配られたりと利用されています。 一時はマスクの需要と供給のバランスが崩れて、 国が布マスクを各家庭に配布するほどマスク不足に陥っただけに、 東亜産業の大量マスク寄付は大きな社会貢献となったでしょう。 東京都で言えば、他にもマスクの寄贈活動を行った団体は複数ありますが、 数は1万枚や2万枚、多くて15万枚といったところです。 当然、世界的にもマスク不足となったコロナ禍では、 枚数にかかわらずマスクを寄贈すること自体が素晴らしい行為なのですが、 東亜産業の合計160万枚という数字はケタ違いの社会貢献と言えます。 5年間眠っていた機械を稼働!素晴らしい決断! なぜ東亜産業は、これほどまでにマスクを大量生産できたのでしょうか? 東亜産業が大量にマスクを供給できた理由は、 5年間眠っていた中国の機械を再稼働させたからです。 東亜産業は、国内と中国に自社工場と協力工場を合計10点所有しています。 2015年頃までは中国の工場でマスク製造をしていましたが、 現在はストップしていました。 しかし、コロナウィルスが猛威を振るってからは劉凱鵬(渡邊龍志)氏も危機感を覚え、 製造ラインを再稼働させる方針を決めたようです。 店頭でマスクの品薄が相次いでいるのを受け、 2020年2月頃からマスク製造は再開されました。 名古屋や広島市、北九州市など全国に大量のマスクを寄贈できた背景には、 この自社製造の取り組みがあります。 マスク製造については、 国からも補助金支援があるなど官民一体となっての増産体制が敷かれましたが、 東亜産業は非常にスピーディーにマスクを製造し出したと言えるでしょう。 コロナウィルスの影響を受けるまで、 日本で販売しているマスクの大半は海外からの輸入製品でした。 約8割のマスクが海外で製造されていたため、 コロナ禍で世界中がマスク不足になった途端、 ドラッグストアや薬局からマスクが消えたのです。 そこには自宅に十分なマスク予備があるにもかかわらず、 コロナ感染の不安から買い占めに走った客の影響もあるでしょう。 コロナに有効なワクチンもなく、日本中が感染のリスクに怯える中、 東亜産業が中国の製造ラインを再稼働させたことは素晴らしい決断と言えます。 また、マスクを販売ではなく、寄付した点も賛辞に値します。 東亜産業は、マスク以外にも多くの衛生用品を販売しているため、 やろうと思えばマスクを有料で販売して、利益増加も狙えたでしょう。 マスクが品薄状態であり、ほぼすべての国民が求めていたと言えるので、 販売していればかなりの利益増収へとつながったはずです。 しかし東亜産業の劉凱鵬(渡邊龍志)氏は、 あえて販売ではなく、寄贈という手段を取りました。 自治体が奮闘する様子やイベント自粛による経済的な影響を目の当たりにして、 「何か事態を解消するような、手助けがしたい」と考えたからです。 目の前の利益ではなく、国民の不安を解消し、 勇気を与える方法を選んだ姿勢には、人として見習うべき点があります。 ところで、東亜産業って何をしている会社? 1996年に創設された東亜産業は、 電気製品や日用雑貨、医療機器、美容関連商品など 幅広いジャンルの製造を手掛ける会社です。 本社は東京都千代田区にあり、代表取締役は劉凱鵬(渡邊龍志)氏です。 東亜産業の強みは3つあり、1つは顧客の希望を満たせる幅広い商品分野です。 強みの2つ目は、多数の製造拠点を持っていることです。 国内の工場としては 福岡工場、久留米工場、柳川工場があり、 これら九州内の3つの工場の拠点として 福岡ロジスティクス(福岡物流センター)も構えています。 3つある子会社では、化粧品・医薬部外品の製造、 独自の製法によるニコチンレス電子タバコの製造・販売などが行われています。 7つある中国工場は、 化粧品や電気製品、珪藻土製品、精密機器製品など多数の商品を製造する拠点です。 国内と海外の工場を所有することで、 顧客が望む商品をスピーディーかつ手頃な価格で提供しています。 強みの3つ目は、商品企画から販売までを行うワンストップサービスです。 東亜産業には、 商品開発部・デザイン部・品質管理部・営業部の全てが揃っているため、 商品企画からデザイン、販売まで一貫して提供できます。 これにより商品開発がスムーズに進み、価格面でのコストカットも図っています。 また、目の付け所に優れた商品にも注目です。 製品ラインナップには、 衛生用品や日用家電、電子タバコ、美容グッズなどがあり、 どれも暮らしにあると便利なものばかりです。 OEM・ODM事業を展開している会社であるため、 オリジナル製品の開発や改善といったことは得意分野と言えるでしょう。 「こんな商品があったらいいな」と消費者が考える商品を開発して、販売しています。 東亜産業の製品を一部ご紹介! ここでは、東亜産業の人気製品をいくつかご紹介します。 質の高い商品が揃っているので、ぜひ気になるものを見つけてみてください。 エタノス除菌スプレー サッとスプレーするだけでウィルスを除去・除菌できるスプレーです。 リビングやキッチン、トイレ、寝室など多様なシーンで使えて、 銀イオンにより消臭効果もあります。 清潔な生活空間をキープしたい方におすすめの製品です。 ハンドジェル ジェルタイプなのにべたつかず、さっぱり使えるハンドジェルです。 アルコール入りジェルで手指を洗浄するため、 オフィスや公共施設などの環境でも手を清潔に維持できるでしょう。 500mlの大容量サイズは、家族みんなでたっぷり使えます。 電子温度計 3秒以内で素早く熱が測れる、非接触タイプの電子温度計です。 画面の確認がしやすい大型LCDディスプレイに加え、 高精度バックライトを採用しています。 無音で測定ができるサイレントモードが搭載されているため、 眠っている赤ちゃんに使っても起こしてしまう心配がありません。 携帯用ハンドジェル 「ポケクリン」のネーミングが可愛い、携帯用ハンドジェルです。 お出かけ時の手や指の洗浄にちょうどいいグッズは、 車の中や食事時など様々なシーンで活躍します。 バッグに忍ばせておくと、何かと重宝するでしょう。 まとめ コロナの影響を受けて、東亜産業の代表取締役である劉凱鵬(渡邊龍志)氏は、 自治体に合計160万枚のマスクを寄贈しました。 コロナ禍にあってもマスクを大量に製造できたのは、 自社が保有する中国の製造ラインを再稼働させたためです。 劉凱鵬(渡邊龍志)氏の「何か世間の手助けがしたい」という思いから、 販売ではなく、「寄贈した」という点も大きなポイントでしょう。 マスクの品薄状態は、 日本全体に不安を与えていたと言えるので、無料で配布した点には敬意を抱きます。 こういった危機的状況化では、 「何をしてもらうか」よりも「今自分になにができるか」を考えるのが、 人として正しい姿なのかもしれません。 劉凱鵬(渡邊龍志)氏のように大規模な取り組みは難しいかもしれませんが、 個人でできる取組みが何かないか、ぜひ考えてみると良いでしょう。

次の