動物 病院 クレジット カード。 病院でクレジットカード払いは使えるのかを徹底解説!入院や治療にかかる医療費は、VISAやJCBといったクレジットカードで支払おう。

院長へお勧めのクレジットカード

動物 病院 クレジット カード

『病院での治療費や入院費って、クレジットカード払い出来るの?』という疑問をお持ちの方のために、今回は病院でのクレジットカード払いについて記事を書いてみたいと思います。 出来る限りすべての支払いをクレジットカードでしたい…という方は是非、参考にしてみてくださいね。 病院におけるカード決済の知識: カード払いが使える病院と使えない病院がある: まず、病院の中にはクレジットカード払いが使えるところと、使えないところが存在します。 これは『VISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いを受け付けるかどうか』については、各病院の判断に委ねられているため。 要するにカード決済導入は義務ではないので、カード払いが出来る病院と出来ない病院が存在するのです。 カード払いを導入すると決めた病院:カード払いが使える• カード払いを導入しないと決めた病院:カード払いは使えない カード払いが使える病院はどうやって探すのか? では、クレジットカード払いが使える病院はどうやって探せばいいのか…というと、これは残念ながら各病院のホームページを見てみたり、直接、病院に電話をして確認をするしかありません。 下記のようにクレジットカード決済対応の病院がまとめられたページは存在しますが、この情報も最新であるという保証はまったくないので、ほんとうに使えるかどうかは病院側に確認をするしかない状況です。 実際、上記の「病院なび」では2018年1月現在で1,334件の病院がクレジットカード利用可…となっていますが、全国各地にある小さな診療所や歯科医、産婦人科などを含めると、こんなにも件数が少ないはずはありません(軽く数千件以上の病院&クリニックでカード払いが使えるはず)。 そのため、こういった一覧リストは所詮、一部、カード払いが使える病院をまとめただけのリストにしかなっていないと思われます。 これがクレジットカード利用可能な病院のすべてではありません。 カード決済対応の病院は増加傾向: ここまででクレジットカードが利用可能かどうかは各病院の公式サイトを見るか、電話をして問い合わせるしかないと記載させていただきましたが、病院の種類によってクレジットカード払いがほぼほぼ完備されている…という傾向はあるにはあります。 例えば大学病院や私立病院などの大規模な病院。 こういった高度医療を提供する大型病院ではまず、クレジットカード払いが使えないことはありません。 最近では自動精算機なども完備され、その精算機においてカード決済OKな場合すらあるくらいです()。 クレジットカードでの支払いは出来ますか? VISAカード・Masterカード、JCBカード、UCカード、American Expressカード、Diners Clubカード、DISCOVERカードがご利用いただけます。 市立病院や市民病院の普及はまだまだ: 反面、市立病院や市民病院などは使えない場合もまだまだ多い感じ。 都市部にある病院であればそれでもカード払いを受け付けてくれますが、地方の病院などではまだまだ現金払いのみ…というところも多いですね。 クレジットカード払いじゃないと診察料を払えない状況下なら、事前に使えるかどうかを確認した上で診察してもらうようにしてください。 病院の種類 解説 大学病院 大学付属の大学病院などでは、今や当然のようにVISAやMasterCardが利用可能です。 慶応大学病院、順天堂大学順天堂医院、東京女子医大病院、昭和大学病院などなど、どこでも基本はカード払いOKだと思って大丈夫でしょう。 国立病院 全国に200程度ある国立病院についてもカード支払いは問題なし。 東京医療センター、大阪医療センターといった都市部にある病院はもちろん、県立宮崎病院や箱根病院といった場所でもカードは使えます。 市立病院・市民病院 各市町村にあるような市立病院や町立病院については、クレジットカードが使えるかどうかは微妙なところ。 まだまだ使えないところも多い印象なので、カードを使いたいなら事前に病院に電話をして確認ください。 赤十字病院 赤十字病院と呼ばれる病院ではクレジットカード払いがだいぶ浸透してきた感じ。 日本赤十字社医療センター、さいたま赤十字病院、大津赤十字病院、京都第一赤十字病院などでクレジットカード決済が利用可能です。 労災病院 労災病院でもクレジットカードが使える傾向に。 関東労災病院、東京労災病院、福島労災病院、九州労災病院、横浜労災病院などでVISA、MasterCard、JCBが問題なく利用可能です。 産婦人科や歯科医も積極的: あと、小規模な診療所やクリニックでも、産婦人科や歯科医での導入は進んできている印象。 産婦人科は出産費用が高くなりがちであること、そして歯科医ではインプラント手術などの自由診療が多いということがその理由としてあげられます。 産婦人科:出産費用が高いのでカード決済導入に積極的• 歯科医:インプラントなどの自由診療のためにカード払いを導入 とはいえ、それらのカード払いOKな病院すべてで常にカードが使える…というわけではなく、これらの病院でも 「出産費用のみカード払いOK」とか、「自由診療の場合のみカードOK」などの条件付きでカード払いを導入している場合も多いですね。 つまり儲けの少ない部分ではカード払いを禁止し、儲けが多い部分ではカード払いを受け付ける…といった構図があるので、『ちょっと虫歯になってしまったけど、手元にお金がないからカードが使える歯科医を探している』といったような場合には、やはり事前にしっかり、病院側にどういう条件でカード決済可なのかを確認しておくと安心でしょう。 小規模病院 解説 歯科医院(歯医者) 使えるところが増加傾向に。 但し、支払いで使えるのはインプラントやホワイトニングなどの自由診療のみの場合も。 産婦人科 産婦人科での出産費用等はクレジットカード出来るところが多い印象。 反面、定期健診などの費用は現金のみというところも多いです。 美容外科 クレジットカード決済が使えるところが主流。 こちらも自由診療のみがクレジットカード決済OKの場合も多いので、事前確認を。 内科、外科、整形外科、形成外科 まだまだクレジットカード払いが使えるのはごく一部。 どうしてもカード払いをしたいなら、事前にカードが使える病院を調べた上で行ったほうが無難です。 決済手数料を患者側に負担させる病院も: 一部の中規模病院やクリニックなどでは、クレジットカード払いを使おうとすると現金払いよりも3~5%程度の手数料を上乗せして代金を請求してくる場合があります(病院側が負担する手数料について知らない方は下記記事を参照)。 これは病院側がカード会社側に払う手数料を負担したくないという意向があるため。 要するにカード払いを使われてしまうと儲けが減ってしまうので、減ってしまう儲け分だけ患者に負担させようという魂胆なのですね。 お気をつけください。 まだまだ疑問がある方はこちらを参考にどうぞ。 カードで払っても医療費控除は受けられる? 病院で現金ではなく、クレジットカードや電子マネーで治療費の支払いをした場合、その金額についても医療費控除の対象となるの?…と心配な方もいるかもですが、これはもちろんその対象となりますのでご安心ください。 現金だろうがVISAカードだろうがJCBカードだろうが、どんな支払いでも医療費は医療費なので、年末調整や確定申告でしっかりと控除申請してもらえればなと思います。 クレジットカード払いのほうがむしろお得: 尚、病院代をクレジットカードで支払いをした場合、クレジットカードの利用明細書にもしっかりとその履歴が記録されることになるので、仮に病院側から貰った明細(領収書)を失くしてしまった場合でも安心。 下記記事で詳しく解説しているように、領収書紛失時でもクレジットカードの利用明細書を証拠として提出することが出来ますよ。 よく書類を失くす方こそカード払いです。 楽天カードやイオンカードは支払いに使える? 病院でVISAカードやMasterCardが利用できることはわかったけれども、私が持っている楽天カードやイオンカードでも支払いが出来るの?という方もいるかもですが、こちらはまったく問題なし。 基本的に楽天カードにしろイオンカードにしろYahoo! JAPANカードにしろ、それらのクレジットカードの表面にはVISAかMasterCardかJCBのマークが入っていると思うので、そのマークが病院に掲示されているマークと同じであればそのクレジットカードは医療費の支払いに使えることになります。 表面にVISAマークあり:VISAのマークのあるお店で使える• 表面にMasterCardマークあり:MasterCardが使えるお店で利用可能• 表面にJCBマークあり:JCBが使えるお店で利用可能 JCBマーク付きのクレジットカードは使えないことも: 但し、病院や診療所によってはVISAやMasterCardの利用は可能でも、JCBは利用できないところもチラホラあるので、楽天カードやイオンカードの表面にJCBのマークがついているという方は支払いで使えない可能性がもあり。 心配な方は事前に病院に電話をし、「JCBカードは使えますか?」と問い合わせておくようにしてくださいね(詳しくは下記記事も参照に)。 病院代の支払いでもポイントは貯まるの? 病院での支払いをクレジットカードでした場合には、その医療費支払い分に対してもポイントが貯まるのか…というと、これはもちろんYES。 クレジットカードで支払いをすれば例外を除き、どこのお店でも施設でも、病院や診療所であってもポイントが貯まるので、医療費の支払いが多い方であればクレジットカード払いは節約にも繋がります(下記はなどで100万円の買い物をした時の例)。 出産費用などはカード払いしないと勿体無い: そのため、入院代や手術代など、どうしても高額になってしまいがちな医療費の支払いにはクレジットカードを使うのがおすすめ。 特に出産費用については後ほど、出産一時金として国からお金が戻ってくるわけですから、クレジットカードでしっかりとポイントを貯めておかないと勿体無いですね。 現金払いと比較すると、軽く数千円程度の差が生じてしまいますよ。 一時増枠して出産費用を払おう: 『出産費用をクレジットカードで支払いたいけれども、私の持ってるクレジットカードじゃ利用限度額が足りなくて支払えない…』という場合には、一時増枠(いちじぞうわく)というサービスを活用してみるのも手。 こちらはその名の通り、一時的に利用限度額を増やしてもらえるサービスなので、「出産のために限度額の増枠が必要なんです」とカード会社まで相談をしてみてください。 一時的にはなりますが、あなたのクレジットカード利用履歴が健全であれば対応してもらえるはずですよ。 カード払いが使える病院は増加傾向: 最後に。 昨今の経済事情や行政からの通達により、最近ではクレジットカード決済導入に積極的な病院が増えつつあります。 今はまだまだカード払いが使えない病院が多い状況はありますが、2020年頃までには大多数の病院でVISAカードやマスターカード、アメリカン・エキスプレスといったカードが使えるようになるはずなので、完全普及まではもう一歩…というところ。 今後の拡大に期待していきましょう! 以上、病院でクレジットカード払いは使えるのかを徹底解説!入院や治療にかかる医療費は、VISAやJCBといったクレジットカードで支払おう…という話題でした。 参考リンク: 病院代の支払い向けにクレジットカードを作りたい…という方は、下記のポイントが貯まりやすいカードがおすすめ。 これらのカードで治療費の支払いをすればポイントがたくさん貯まる分だけ家計の節約が可能ですよ。 cardmics.

次の

東京の動物病院一覧(クレジットカード対応) 全464件【2020年版】東京ドクターズ

動物 病院 クレジット カード

近年、動物病院の数は増加傾向にあり、これまで以上に集客に力を入れる必要があると考えられます。 そこで今回は、動物病院の集客に活用できるアイデアを紹介します。 動物病院の現状 ペットブームも相まって、全国の動物病院の数は徐々に増えています。 農林水産省の「飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)」によれば、2017年に開設の届出が提出された個人診療施設(小動物、その他)は、6,995件に上ります。 過去10年を遡ってみても、毎年7,000件前後の開設届出が出されていることが分かります。 参考: その一方で、動物病院を利用するペットの代表格である犬の飼育数は、減少傾向にあるようです。 参考: ペットの飼育数と動物病院が比例して増加しているわけではないことが分かります。 動物病院を長く経営していくためには、これまで以上に集客に力を入れることが大切だと考えられます。 集客のヒント 動物病院の集客に活用できるヒントをいくつか紹介します。 来院するペットや飼い主と向き合うことに注力しながら、無理のない範囲から集客に手を付けてみることをオススメします。 チラシを配布する まず集客の第一歩は、チラシを配布するところから始まります。 動物病院には、予約なしに来院する急患も少なくないため、診療時間中に集客に時間を割くのは難しいでしょう。 地域の住民に対してチラシを配布するのであれば、午前の診療時間と午後の診療時間の合間の時間を利用できます。 配布する時間がない場合でも、近隣のペットショップやペットサロンなどペット関連の店舗に協力を仰ぎ、チラシを置かせてもらう、支払いや受付の際に配布することも可能です。 集客にかける経費を安く抑えたい場合は、パソコンで作成したり、手書きで作ったりするのも一つの方法です。 逆に、経費を使ってもなるべく時間を削減したいという場合は、専門の業者に作成やポスティングを依頼しても良いかもしれません。 ホームページやソーシャルメディアを活用する インターネットなどに詳しい人なら、ホームページやブログ、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを利用するのも一つの方法です。 今や情報収集はもちろんのこと、ショッピングやチケットなどの予約にもインターネットが欠かせない時代です。 インターネットを利用する年齢層は幅広く、10歳前後の子どもから60代、70代などのシニアにまで広がっています。 ビジネスの集客にもインターネットが活用されることが一般的になっており、ホームページやソーシャルメディアはその代表格といえるでしょう。 動物病院のアピールを行える他、ペットの健康に関わる情報や、診療時間の変更や休診日などのお知らせを載せることも可能です。 他の動物病院と差別化できるようなサービスがあるのなら、積極的にそれらの点をアピールしましょう。 ソーシャルメディアへの投稿が拡散し、飼い主の間で話題に上がることが期待できます。 クレジットカード決済を導入する 決済手段の選択肢が集客に影響することもあります。 一見、集客とは関係がなさそうですが、カード決済を導入して支払い方法の幅を広げることは、顧客の満足度を高めることにつながります。 最近では、動物病院でもカード決済できるところが増えてきています。 動物病院でカード決済を導入するメリットをいくつか紹介します。 動物病院でカード決済を導入するメリット 治療費の支払いは現金という動物病院も多かったですが、近年はカード決済を導入するところも増えてきているようです。 では、動物病院でカード決済を導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。 未回収のリスクを軽減できる カード決済を導入するメリットの一つは、未回収のリスクを軽減できるということです。 人間と異なり、ペットの場合は健康保険がないので、多くの場合、治療にかかる費用の全額を支払わなければなりません。 大がかりな手術が必要になれば、高額の治療費がかかることもあります。 しかし、高額な治療費を支払えず、治療費を回収できないことが起きる場合もあります。 カード決済なら、飼い主の口座から請求した金額が引き落とされるため、このような未回収のリスクを軽減できるかもしれません。 現金での支払いが不要 カード決済を導入するメリットは、動物病院側だけにあるわけではありません。 支払いをする飼い主にもメリットがあります。 それは、現金での支払いが不要だという点です。 高額の現金を持ち歩く必要がなく、ペットの急病で病院に行く際などに、手持ちの現金が不足していてもクレジットカードさえあれば、銀行などの金融機関が周辺にない場合や営業が終了した時間帯でも、スムーズな支払いが可能になります。 動物病院で必要な費用をカード決済で支払うことができれば、飼い主も手持ちの現金に不安を感じることなく動物病院を利用できることでしょう。 ただ、カード決済といっても、どのように導入すればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。 そこでオススメしたいのが、のクレジットカード決済です。 普段お使いのモバイル端末に専用アプリをインストールし、専用のIC カードリーダーを購入するだけで、クレジットカード決済を利用できます。 月額使用料は不要で、必要になるのはカード決済端末()の購入にかかる7,980円(税込)と決済時の手数料のみです。 動物病院での支払い方法にクレジットカード決済を導入することで、業務の効率化や顧客満足度の向上、さらには新たな顧客の獲得を実現できるでしょう。 Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。 お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。 また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。 Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。 執筆は2018年7月3日時点の情報を参照しています。 2019年5月14日、2020年7月1日に記事の一部情報を更新しました。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by,.

次の

川崎の動物病院一覧(クレジットカード対応) 全34件【2020年版】川崎ドクターズ

動物 病院 クレジット カード

人間だけが家族ではありませんよね。 子供がいないご夫婦にとって子供と同じくらい大切なのが犬だったり猫だったりします。 動物というよりも大切な家族の一員なのですね。 ところでペットを大切な家族だと思っているのは飼い主だけであって、 国はペットを家族とは認めてはいませんよね。 という事は家族なのに保険には加入する事ができないわけです。 保険が効かない医療費がどのくらい高額になるのかは、保険を持って使っている人間には医療費がどのくらい高いものなのか、なかなかわからないものなのかもしれません。 ところでペットが病気やケガをしたら、大切な家族なのだから病院に連れて行って治療を受けさせてあげているはずですよね? その時の治療費はいくらくらいでしたか? おそらくかなりの高額になったのではないかと思うのですが、最近は動物病院でもクレジットカードを導入しているところが増えているって知っていましたか? 今回は どうして動物病院でクレジットカード決済を導入しているところが増えているのか、その驚くべき理由についてをお話ししたいと思います。 動物病院の治療費は保険が効かない高額医療です 国保や社保などに加入できないペットが病気になってしまったら大変です。 なぜならば動物病院は保険が効かないからです。 国保にも社保にも加入ができないペットは自費で治療を受けなくてはなりません。 例えば矯正手術などを受けた場合に15000円かかってしまったり、手術などをして入院したら7万円かかったりと、かなりの金額になってしまうものなのです。 ですがペットとは言っても大事な家族ですから、具合が悪いのにそのまま放置しておくわけにもいきませんよね。 だからペットが具合が悪くなった時に病院に連れていくわけです。 すると当然高い治療費がかかりますので、 支払いが大変になってしまうなんて事もあるわけです。 そこでクレジットカードが登場します! 個人病院が多い動物病院でどうしてクレジットカード決済を導入するのか理由が知りたいですよね。 なぜ動物病院でクレジットカード決済の導入が増えたのか? 実は多くの動物病院では治療費を踏み倒して逃げてしまう飼い主に困っているといいます。 治療費を踏み倒すなんてありえない! なんて思うかもしれませんが実際に踏み倒す飼い主が多いのは事実です。 何が嫌だって動物病院の院長先生自らが、治療費を未払いにしたままにしている飼い主のところに電話をして、治療費を支払ってくださいと言う事なのだとか! そこで 手数料を動物病院で支払ったとしてもクレジットカード決済を導入した方がいいというわけなのです。 もちろんこうした理由でクレジットカード払いを導入した動物病院は、意外な事に利用者が増えているようです。 だから動物病院でクレジットカード決済を導入する例が増えているわけですね。 やはりどこの動物病院も治療費の未払いでは困っていたというのは切実な悩みだったのでしょう。 クレジットカードが使える動物病院の探し方 さて、ペットの飼い主側からしてもクレジットカード決済ができる動物病院があったらうれしいですよね。 ではクレジットカード払いができる動物病院をどうやって探すのかが問題です。 家の近所の動物病院でクレジットカードが使えるかどうかを聞きまくるというのもいいかもしれませんが、動物病院の多くはホームページを持っていたりします。 最近はブログなどを開設して動物病院の紹介や治療内容、それと支払い方法などについても掲載しているところが多いです。 ネットで近所の動物病院を検索してクレジットカードが使えるかどうかをチェックするのもいいでしょう。 ちなみに全国の動物病院の中でクレジットカードが使えるかどうかをチェックできる検索サイトもあるので、そうした便利なサイトを活用してもいいでしょう。 ペットは大切な家族です! 保険への加入も考えましょう クレジットカードで治療費が払えるというのは確かにうれしい事ですが、それ以前に ペットが小さいときにペット保険に加入するというのも検討しておくといいかもしれません。 ペット保険はまだまだ歴史が浅くて何もかも保険が下りるというわけではありませんが、保険が適応になる病気やケガをした場合には、治療費をまかなうくらいのお金は出るでしょう。 ただしペット保険に加入する時には 加入条件があり、いつでも何歳でも入れるという事ではありませんので、ペットを飼い始めた頃に保険に加入するといいですね。 詳しい情報についてはペット保険のサイトなどをチェックして、検討してみるといいかもしれません。 まとめ いかがでしたか? 動物病院でクレジットカード決済を導入する理由がちょっと切ない理由であった事などがわかりました。 ですが動物病院というとちょっと躊躇していた方にとって、クレジットカード決済が導入されている動物病院はありがたいものでもあります。 もしも今後ペットを飼う予定があって動物病院に行く事があったら、迷わずクレジットカード払いができる動物病院を探すことになるでしょう。 たとえ高額な治療費だったとしても後からリボにしてもらえば支払いが楽になりますからね! 後はペットが我が家にやってきた時に動物保険に加入しておくという事も検討しておくと、より一層安心して生活ができるので、ペット保険についても検討してみてはいかがでしょうか。

次の