カワサキ2504気筒。 カワサキ「Ninja ZX

ついに出た“4発ニーゴー”!カワサキ Ninja ZX

カワサキ2504気筒

ホワイトベース二宮翔平さんはヤングマシン編集部とは「全く繋がりはありません。 」と言っています。 しかし、ホワイトベース二宮翔平さんの予想とヤングマシンの予想が一致していることから今回の4気筒250ccニンジャは 今秋発売は確定と断言をしています。 今秋発売が確定の根拠 ホワイトベース二宮翔平さんが「 4気筒250ccニンジャが今秋発売が確定」と断言している根拠は動画内で述べています。 ヤングマシンが出した予想価格帯とホワイトベース二宮翔平さんの予想が一致している。 最近のヤングマシンの予想的中率が非常に高いこと ヤングマガジンの去年の新型カタナ予想は情報が非常に少ない中でも予想再現CGは実際に販売された新型カタナとほぼ一緒だったこともあり、今回の予想は的中するだろうと思われます。 ホワイトベース二宮翔平さん曰く「 400%出ます」とのことです! 4気筒250ccバイクは2010年からすでに開発に取りかかっていた? 「水面下で進めていたプロジェクトが直前にゴーサインが下った。 」と書かれているが 2014年にシリンダーヘッドの画像が流出していることから2010年にはゴーサインは下っていたのではないかとホワイトベース二宮翔平さんは語りました。 生産はもう始まっている! 「水面下で進めていた」というものの開発はしっかり進めていたことから既に生産は始まっていると予想しています。 それよりも今秋発売するなら既に生産を始めていないと間に合っていないですよね。 ホンダCBR250RRが無ければ4気筒250ccニンジャは販売されなかった?! 4気筒のエンジンを開発するとなると、とてつもない費用がかかります。 そうなると自然とバイクの販売価格も高くなってしまいます。 値段の高い250ccバイクが売れるのかわからない状態で販売することはできませんが、 高価格の250ccのCBR250RRが大ヒットしたこともあり、高価格250ccバイクの販売に踏み切ったのではないかと思います。 つまりCBR250RRが無ければ、4気筒250ccニンジャニンジャ ZX-25Rは発売決定されなかったかもしれません。 他のメーカーも4気筒250ccを出してくる この4気筒250ccニンジャによって他メーカーも4気筒250ccバイクを出してくるだろうと予想されます。 しかしヤマハに関してはそこまで4気筒に固執していないのでヤマハからは出ない可能性もあります。 どっちにしろ、どこからのメーカーからこの4気筒250ccニンジャに続いて4気筒250ccバイクは出てくるであろうと予想できます。 現行2気筒のニンジャとは差別化を図る 2気筒のエンジンと4気筒のエンジンでは特性が大きく異なります。 現行2気筒のニンジャとは全く違うバイクとして扱われるのではないかと思われます。 また相対的に現行2気筒の価格が変動するとのこと。 そうなると現行の2気筒や単気筒のフルカウルバイクの市場価格はいっきに落ちていきます。 スポンサードリンク 4気筒ニンジャに乗り換えるべきか? 4気筒エンジンにはいろいろな魅力はありますが、乗り換えるべきなのか考察してみました。 出典: こちらのブログ原文 The ニンジャ ZX-25R reportedlu sports a race exhaust and has the characteristic sound of a big displacement inline-4 cylinder engine. There has been no official word from Kawasaki on the performance numbers yet. However, going by the current ニンジャ 250 which uses a 249cc, liquid-cooled, parallel-twin engine which churns out 39hp at 12,500rpm and 23. 5Nm of peak torque at 10,000rpm, the new ZX-25R, with two more cylinders will produce something around 45 hp to 50 hp. They did the same with the Kawasaki ZXR250 back in the 90s. That ridiculous machine was capable of revving up to a jaw dropping 19,000 rpm while it produced 45hp of power, restricted by Japanese safety norms. And that was way back in the 90s. The Kawasaki ZX-25R will be pretty well kitted too. It is expected to have bigger disc brakes which will be clamped by four piston calipers and dual-channel ABS will likely be offered as standard. For suspension duties, the ZX-25R could be using premium upside down forks at the front and a monoshock at the rear. As for the features, it is expected to have LED headlamps and tail lamps, a fully digital instrument cluster and a suite of electronics as well. 引用: 簡単に訳すとこんなかんじ。 レース仕様のようになっており最大の特徴は4気筒の250エンジン。 カワサキから公式の発表はまだないが、さらに2気筒の新しいZX-25Rも生産される。 (おそらく新型ニンジャ)4気筒ZX-25Rは45〜50馬力程度だと予想される。 装備のパワーアップもされており、4つのピストンキャリパーの大型ディスクブレーキと予想されている。 デュアルチャンネルABSが標準で搭載される可能性もある。 倒立フォークになり、リアはモノショックを使用される。 LEDヘッドランプやメーター周りもデジタル化、その他の部分でも電子化される予定。

次の

ZX

カワサキ2504気筒

ZUIKO 40-150mm F2. 8 PRO 換算 80-300mm の望遠レンズも持っていき、ZX-25Rの各部の様子をかなりクローズアップしてみました。 その様子を動画にしていますので、興味のある方はご覧ください。 場所はやはり東京です。 仕事が速い! Ninja ZX-25R エンジンまわり1 Ninja ZX-25R フレームまわり1 Ninja ZX-25R フロントサスペンションまわり1 Ninja ZX-25R リアサスペンションまわり1 Ninja ZX-25R フロントブレーキまわり1 出典: Ninja ZX-25Rの公式コメント 公式は下記のような説明を付けています。 また、高回転エンジンならではのサウンドを追求した吸排気系チューニングにより、ライダーはスロットルをひねるたびに、鋭く官能的なエンジンサウンドを体感できます。 新設計の軽量トレリスフレームや250ccクラス初採用となる先進的なフロントサスペンションシステム「SFF-BP」、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションなどの採用により、スポーツ走行時における優れたコーナリング性能を有しています。 また、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やパワーモード、KQS(カワサキクイックシフター)といったライダーサポート技術も搭載。 Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしいファンライディングを提供します 出典: おさえておくべき点は下記ですね。 250ccクラス唯一の新開発並列四気筒エンジン• Kawasakiは「スーパースポーツ」もモデルと明言• 下記のような先進装備• フロントサスペンション: SFF-BP• ラジアルマウントモノブロックキャリパー• ホリゾンタルバックリンクリアサスペンション• KTRC トラコン• ヤングマシンさんが、Kawasaki担当者の方に突撃取材されていましたが、現在公開されているスペック以上のものは全て「明かせない」ということで、下記情報でほぼ全部だと思われます…• エンジン• 水冷4ストローク並列4気筒 DOHC 4バルブ• 総排気量• 249cc• エンジン回転数• レッドは17,000rpmから• フレーム• トレリス、ハイテンスチール• フロントサスペンション• SFF-BP Separate Function Fork — Big Piston• フロントブレーキ• シングルディスク• ラジアルマウントモノブロックキャリパー• 電子制御• KTRC カワサキ トラクション コントロール• KQS カワサキ クイック シフター• その他装備• セパハン• トップブリッジよりも下にクランプされており、かなり前傾なポジションになりそう SFF-BPについては、下記の記事にまとまっています。 Twitterでもかなり盛り上がっています Twitterでもかなり盛り上がっています…トレンドのトップがZX-25Rになっていました… 出典: 私も毎月買っている、ヤングマシンさんもTweetに画像4枚を掲載されています! WEBヤングマシンがパンク気味なので、うまくつながらない方はこちらでも。 レッドゾーンは1万7000rpmと判明しました。 4気筒250ccのバイクは… 2007年頃にホーネットが排ガス規制に対応しきれず生産終了に、時を同じくしてバリオス2も生産終了に… その後10年以上250ccクラスには4気筒バイクが不在となり、業界では「もう2度と250ccクラスに4気筒バイクが生まれることは無いだろう」と言われていました。 バイクが人気だった頃は台数が売れたのでともかく、現代のバイクが売れない時代では、250ccで四気筒というのはとにかくコストがかさむ…ということで、まず実現できない、という予想でした。 しかし!! ついに、ついにあのヤングマシンさんが一大スクープとして取り上げてきました!ヤングマシン2019年8月号です!がヤングマシンさんのページになります。 引用: どうやら、結構に確度が高いようです!まさか私も思っていませんでした…また250cc4気筒が新車で出てくるなんて!? 名前は!?発売日は!? Kawasakiには既に同じクラスに「Ninja250」がいますし、Rをつけてくるかと思えどそれは先代の「Ninja250R」と被るし、どうなるんだろうと思っていましたが、今のところの説は「ZX-25R」のようですね。 海外の諸ページ や でもZX-25Rでは?としています。 発売日についてですが、ヤングマシンさんの予想では、早ければ2019年の秋頃から発売される可能性があるとのこと。 1年前にも、ヤングマシンさんがKawasakiの250cc 4気筒バイクについて触れていましたが 、今度はもう製造レベルにまで入っている説、ですね。 インドネシア工場ではプロトタイプが生産されているとの情報 海外のサイトです。 もあり、こうした情報から発売はそう遠くないのではないかと思われます。 個人的には、海外でよく見かける50ps程度という予想が妥当かなあという気がします 例えば。 しかし、冷静に考えて50ps程度ってめっちゃすごいスペックですよね。 同社が現在販売しているは、最高出力が48psですので。 価格についても、2019年6月末時点では情報はありませんが…部品点数や、Ninja250との住み分けを考えた高スペックマシンになるだろうという各所の予想は、方向性としては合っていると思います…ので、軽くCBR250RRの価格は超えてくると予想されます。 CBR250RRの価格が、で78万円となっていますから、まあ80万円以上にはなるでしょう。 ううん。 私には買えません; しかし、CBR250RRがかなりのヒットモデルになっていることを考えると、CBRに負けないカッコイイ見た目のマシンで、足回りが良くてエンジンスペックが高ければ なんといっても4気筒の音を楽しめるんですからね!!250ccで 、十分に売れる見込みはありそうです。 海外の情報 海外でもKawasakiが250ccの四気筒バイクを出すぞ!?ということで、5月から様々な情報が飛び交っています。 情報が早いですね。 下記に、海外のKawasaki ZX-25Rに関する情報をピックアップしていたページを掲載していきます。 すごいです。 ヤングマシンさんの画像が貼ってありました笑• 2019年の東京モーターサイクルショーでお披露目になるのでは!?との予想。 実際はどうなんでしょう。 インドネシア カワサキでプロトタイプが生産されているとのこと• この画像は何処からもってきたのか、他の予想とは異なるZX-25Rの予想イメージになっています。 興味深いですね。 カワサキが250cc 4気筒バイクを作ろうとしている、という情報は新しいものではなく2014年以前からある、とのこと。 マジですか…そんなに昔から噂自体はあったんですね… また新たな情報を見つけたら、追記していこうと思います。 Youtuber ホワイトベースの二宮さんの情報 やはりスクープされています!Youtuberのホワイトベースの二宮さん!流石に仕事が速いですね!下記がYoutube動画です。 二宮さんの情報をサマリすると概ね下記の通り。 ヤングマシンを毎月購読している私なら分かる!• 2019年の秋に出てくる可能性が高そう!• CGをここまで作り込むことは無いだろう。 既に概ねの完成ビジュアルを何処かから入手しているのでは?• エンジン形状を見ると、新開発のエンジンと思われる• バリオスの後継として、2010年頃からプロジェクト自体はあったものと予想される• かなり前から250cc 4気筒の情報が散見されていたため• CBR250RRがあの価格 80万円 で売れたというところもあって、本格的にGoサインが出たのでは• 4気筒の中古バイクの価格は下落しそうだ• 250cc 4気筒は、5年スパンで見ると日本も各メーカーが出してくるのではないかと思われる• 自主規制により最終的にパワーがおさえられる可能性もある が、リミッター解除はそんなに大変じゃなさそう かなり踏み込んでコメントされていますね。 今回、海外含め、かなりの情報を漁ってみたのですが、正直どのサイトもかなり浅い情報で同じような内容ばかりが書いてありましたが、二宮さんのコメントはそれらとは違っていてかなり面白いですね。 おわりに もうあきらめていた250cc 4気筒バイク…ついに本格的に復活しそう!?ということで、もう興奮しっぱなしです! 速ければ今秋にでもお披露目、早ければ発売されるのでは!?ということですので、本当に期待できますね! これからも何かKawasaki ZX-25Rに関する情報が入ってきたら、記事をUPDATEしていこうと思います! 今回は以上です! 【文字数:6273文字】• 関連する記事• 2018. 20 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2016. 13 みなさん、こんにちは! 今回は、以前のブログで公開していた、GNの配線図を見易くするwebアプリ という程のものでもないんですが を、再アップしました[…]• 2017. 18 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2017. 14 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2015. 11 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2016. 12 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…].

次の

カワサキ Ninja ZX

カワサキ2504気筒

500rpm 1970年代に発売された初代250TRと外観は似ている事で、 クラシックな雰囲気に好む方が多く購入しています そして、カスタムパーツも豊富な上に 様々なスタイルにも適応する事が、出来て街に溶け込める250TRは 幅広い年代から性別問わず人気が高いバイクです。 スペックが、突出して高い訳ではありません。 000rpm ZXR250から引き継いだ高回転型エンジンを中低速重視にリセッティングしなおしたエンジンを搭載するバリオス 低速域は辛い部分もありますが、アクセルをしっかりと回せば ぐいぐいと加速してくれます。 000rpm KLXの派生車だけに留まらず、ホイール、サスペンション、ブレーキなども専用のセッティングにモデルチェンジし より、オンロードでの走りを重視した仕上がりに変化したモデルとなっています。 バイクの車重が、軽い事から取り回しもしやすく、燃費もリッター30キロと高燃費なのでお財布に優しい また、燃料計もついているのでツーリングなどで走っていても 安心して走れる事も嬉しさのひとつですね シートは結構柔らかいので、すわり心地は良好です。 1000rpm 同社からZ1000やZ800なども発売されている中で 250ccでのストリートファイターモデルは世界初の試み マッチョな外観で車体が大きく見える その上、ヘッドライトはストリートファイターらしい にらみ付けるようなライトが悪っぽさが、ありまたカッコよくなっています ちょっと残念なことが、ハザードランプが純正装備じゃない事。 最近のモデルはほとんど純正装備されているので、せっかくならつけてもらいたいところです。 もう一台が兄弟車にあたる Z250SL Z250SLの方が、トラス トレリス フレームが見えて私はこちらの方が好み しかし、一回りほど小さくしてあるので、 実際に見ると125ccクラスに見えるほど小さいです。 そして、Z250SLにはABSが純正で装備されてないので、どちらを選ぶか悩みどころですね。 500rpm ドッカンとした加速を楽しめるアメリカンとして人気が高いエリミネーター250V V型エンジンながら高回転に回すバイクと珍しいエリミネーター250Vはセカンドバイクとして所有する方が、多くいるのんです 長時間走っても尻が痛くなりずらい、厚めのシートに どっしりとしたスタイリングは人気が高いですね ただ、アフターパーツが少ないのが残念な所。 独自でカスタムする事を得意とすれば、その点は無くなるので せっかくなので、このバイクを期にご自身でバイクをいじるのも悪くはないはず.

次の