モモカ 脱落。 虹プロ モモカ脱落も復活あり!?女優デビューをおす声も多数!!

「Nizi Project」で惜しくも脱落したアカリ、リリア、モモカらが視聴者に感謝! 「みなさんの応援のおかげでがんばることができました」・・“NiziU”へのエールも

モモカ 脱落

6月13日、韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループオーディションプロジェクト『Nizi Project』Part 2の第8話がHuluで配信された。 第7話から始まったファイナル決戦前の最後のミッション。 練習生13名は、3チームに分かれて、パフォーマンスを行うことに。 前回パフォーマンスを披露したマヤチームは全体として、J. 今回はダンス、歌ともに高難易度の楽曲「Heartbeat」(2PM)を披露するマコチームからパフォーマンスを披露。 課題曲を渡された時、息つく間もない速いビートとラップに、メンバーは唖然とする。 ボーカルトレーナーですら、「この曲が一番難しい」とため息。 マコたちは休む暇もないほど、一つひとつの動きを合わせるために練習を重ねた。 完璧を求めるばかりに感情がこもっていない5人に、J. Park氏は「練習したことが自然と出てくるからステージの上ではただ感情だけを考える!」と助言した。 Park氏はその歌声を評価し、「(これまでは)ステージでどんな曲をやっても優しい子にしか見えなかった」と、もどかしかった気持ちを明かす。 しかし、今回の自信溢れるパフォーマンスは「パワフルでカラフルだった」と評価され、マユカの努力が報われる結果となった。 一方、リクとモモカは厳しい評価を受ける。 特にモモカは実力を発揮できていないことを指摘され、「今まで努力が足りなかった」と涙を浮かべた。 「エネルギッシュなステージを披露するのが一番重要」とJ. Park氏が口にするのは、ITZYの「ICY」をミッション曲にパフォーマンスを披露するリマチーム。 アップビートでダンスも難しい楽曲だったが、良いチームワークで明るく練習を行った。 サプライズレッスンでもJ. Park氏から曲が合っていると言われたリマチームだったが、歌の経験がないリオは「歌の練習量を増やして自信をつけること」を課題として与えられる。 その後のレッスンでは、互いの足りない部分を補い合いながらレッスンに励んだ4人。 本番でも楽しむことを一番にダンスと歌を披露、J. Park氏も目を潤ませながらステージを見つめた。 特にリオはダンスを「力、正確性、柔軟性、雰囲気が全て備わっていた」と絶賛されただけではなく、「歌までも上手だった」と評価を受ける。 そして、メンバー全員が良い評価をもらったリマチームのステージが終わり、J. Park氏は「全員が誇らしいと褒めてあげたい」とした上で順位を発表。 検討の結果、最初にパフォーマンスを披露したマヤチームが1位に、個人ランキング1位はJ. Park氏に完璧だと絶賛されたマコが獲得した。 リオ(2位)、マユカ(3位)は大幅に前回からランクアップ。 その後も初めて上位にあがったメンバーが続き、リリア(9位)も初めてのキューブを獲得する。 一方で、これまで高評価だったミイヒやリクはランクダウン。 さらにモモカが再度13位を取ってしまい、ここで脱落となってしまった。 Park氏は「ここまで来たことを誇らしく持って、この経験を元にもっと頑張ってください」と声をかける。 メンバーが泣きながら別れを惜しむ中、涙を堪えてステージを降りるモモカ。 後悔を滲ませたモモカだったが、Nizi Projectについて「私の人生を変えてくれた1つのストーリー」と表現し、最後に笑顔を見せた。 第9話は6月19日配信。 残された12名が、デビューメンバーを選抜するファイナルステージに挑む。

次の

【ネタバレ】虹プロ・モモカの脱落が確定か?メンバーが流した涙の訳とは?

モモカ 脱落

2019年7月よりオーディションが開催されているNizi Project。 韓国大手事務所のJYPエンターテインメントとソニーミュージックが合同で手掛けるプロジェクトで 2020年11月のデビューに向けて、かなり盛り上がっています。 2020年6月現在、虹プロジェクトでは韓国合宿が行われていますが、個人順位が連続で最下位の13位を取ると脱落する仕組みとなっています。 ミッション1ではアカリちゃん、ミッション2ではモモカちゃんが13位となってしまいました。 今回のミッション3では、モモカちゃんが再び最下位になるのではないかと噂されています。 今回はなぜそこまでモモカちゃんが評価されないのか、その理由を調査しました。 マコチームメンバー• マユカ• アヤカ• モモカ 同じチームのメンバー3人が泣いています。 そこまでわかりやすい予告を作るか、という疑問もありますが このチームの誰かが脱落したのではないか、と予想できてしまいますよね…。 映っていたメンバーに脱落はないとすると、アヤカちゃんかモモカちゃんになりますが、アヤカちゃんはダンスを褒められています。 唯一モモカちゃんは、JYパークさんから「ずっと同じ場所にいるように感じます」という辛辣なコメントをもらっています。 モモカちゃんが脱落する可能性は極めて高いと思われます。 虹プロで脱落…悲しい別れ…とかいう展開だけ突然モモカ使うのは許せないよ、今まで全然映してこなかったくせに。 悪い想像はしたくない。 それには大きく3つの理由が考えられます。 アマチュア感が抜けないことが、態度が悪いと見られてしまっている というのが正解なのかなと思われます。 では、態度が悪いと言われてしまった理由を詳しく見ていきましょう。 東京合宿に比べてどれくらい成長したかを見ていたと思われますが JYパークさんのモモカちゃんへの評価は、「アマチュア感が強く出ている」でした。 歌手になるために、歌もダンスも自分の基準を上げていかないといけないとも。 また、今回のミッションでは、ボーカル・ダンス・スター性の他に 人柄も重要視されました。 その 人柄では、教えてくれるトレーナーのレッスン態度評価が加味されます。 モモカちゃん、リリアちゃん、アカリちゃんの3人は、この評価が低くその中でも モモカちゃんは特に練習態度評価で1番低い点数でした。 プロになる心構えのようなものがまだ未熟だった、ということなのでしょう。 このときのJYパークさんの評価も、グループとしてもモモカちゃん個人としてもよくありませんでした。 韓国合宿のミッション3・3チームバトル編 こちらは冒頭でも説明しましたが、「ずっと同じ場所にいるように感じます」と酷評が続きました。 JYパークさんから見えるモモカちゃんは、 韓国合宿が始まってからずっと、プロになる意識が見られず、いつも自信がない という風に映っていたのではないでしょうか。 ですが、ミッション1から比較するとミッション3ではかなり成長したと思いますし、さすがに褒められないのは違和感を感じます。 ネットでもそのような意見も多くありました。 餅ゴリ、他の人同様にモモカにも具体的なアドバイスしてあげようよ 上手い下手を評価するというよりモモカ自体に無関心に見える… 正直あのパフォだったらアヤカの歌声の方が浮いて聞こえるし、モモカは何をしても酷評され、アヤカは何をしても褒められる気がする — 天津甘栗 Vsk3T9 モモカちゃんすごく成長してたと思うんだけど💧脱落するから泣いてたんじゃないよね?前回最下位だったモモカちゃんのことをもっと気にしてアドバイスしてあげるべきだったのでは?餅ゴリはモモカちゃんをデビューさせる気はないと見た。 それはむり。 わたしは彼女が脱落しても今後の人生を応援する。 同じ実力のアヤカは褒められている アヤカちゃんは、前々からJYパークさんの「お気に入り」と言われています。 アヤカちゃん東京の時から応援してるけど、ビジュアル担当なんだよねきっと 笑 J. Parkのお気に入りなのか歌が下手でもダンスがうまけりゃ褒められる。 見た目で得してるわこの子💗まあでもアイドル見た目大事だからね!😆 — みかりん🌻 himawarikai10 アヤカちゃんの実力は、素人から見ても歌はちょっと…という感じですが、ミッション3ではそのことには触れずダンスを褒めるんですよね。 アヤカちゃんを酷評することはないんです。 一方、同じチームでパフォーマンスを披露していたモモカちゃんもアヤカちゃんと同じくらい頑張っていましたし、 今回の成長は素晴らしかったのに一言も褒められることがありませんでした。 そこに差を感じてしまうファンも多くいました。 私はアヤカも餅ゴリもモモカも好き。 でも、韓国合宿中に餅ゴリがモモカを手放しで褒めないのがものすごく気になる。 JYPは人柄を重要視している JYPは人柄をかなり重視しています。 JYパークさんは、世界的スターになるための「心構え」を3つ上げました。 自分自身は常に足りないと思って、他人の短所ではなく長所を見て心から感謝すること。 もしかすると、この「心構え」がアヤカちゃんには見えたために「お気に入り」になったのかもしれません。 ミッション1の個人レベルテストでは、人柄評価がはモモカちゃんが最低点だったのに対してアヤカちゃんは最高得点と取っています。 そういったところで2人に評価の差が出てしまったのかもしれません。 (そうだったとしても、成長度はきちんと褒めてほしかった…というのが個人的意見ですが…。 これは、ミッションが始まる前に全員に伝えられていたことで、視聴者側もそれを意識せずにはいられません。 番組の盛り上がりや視聴者を逃さないためにも、このシステムが生きることになる可能性が高いです。 となると、連続で最下位となる可能性が高いのはモモカちゃんとなってしまいます。 そのせいか、圧倒的にモモカちゃんの尺が短いのです。 人柄評価が最低点だったという部分から、明らかにモモカちゃんのシーンは必要最低限のみでそれ以外はカットされており、 ファンがつかないような編集にしか見えないのです。 この業界の闇というか、この世の縮図を感じずにはいられません。 あまりにもモモカちゃんが不憫です。 モモカちゃんの練習している姿など平等に放送されるべきだと感じてしまいます。 こんなこと言いたくはないけど、少なくとも社会人は不信感を抱いてしまう構成だと思う。 全てが平等であるべきだとは思わないけど、評価の低くなるだろという証拠も放送されず、尺を割かれず皆から、だって態度最低評価じゃんってなるのはちょっと違うと思うんだ。 モモカちゃんが評価されない理由は• 本人に自信がないこと• JYパークのお気に入りじゃないこと• 酷評続きで自信を持ちたくても持てなかったのかな、と感じてしまいます。 もしかすると、本当はJYパークさんはきちんとモモカちゃんを評価していたかもしれませんが、悪魔の編集でカットされていた可能性もありますしね。 いずれにしても、大人の都合でこのままモモカちゃんがそのまま脱落となってしまったら、あまりに理不尽です。 まだ15歳で、夢に向かって親元を離れて単身韓国まで来てるわけです。 この虹プロジェクトがモモカちゃんにとって良い経験になったり、楽しかったと思えるのならいいのですが、つらい思い出になってしまわないことを願うばかりです。

次の

虹プロジェクト|モモカ脱落!人柄や態度など評価が低い3つの理由!

モモカ 脱落

6月13日、韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループオーディションプロジェクト『Nizi Project』Part 2の第8話がHuluで配信された。 第7話から始まったファイナル決戦前の最後のミッション。 練習生13名は、3チームに分かれて、パフォーマンスを行うことに。 前回パフォーマンスを披露したマヤチームは全体として、J. 今回はダンス、歌ともに高難易度の楽曲「Heartbeat」(2PM)を披露するマコチームからパフォーマンスを披露。 課題曲を渡された時、息つく間もない速いビートとラップに、メンバーは唖然とする。 ボーカルトレーナーですら、「この曲が一番難しい」とため息。 マコたちは休む暇もないほど、一つひとつの動きを合わせるために練習を重ねた。 完璧を求めるばかりに感情がこもっていない5人に、J. Park氏は「練習したことが自然と出てくるからステージの上ではただ感情だけを考える!」と助言した。 Park氏はその歌声を評価し、「(これまでは)ステージでどんな曲をやっても優しい子にしか見えなかった」と、もどかしかった気持ちを明かす。 しかし、今回の自信溢れるパフォーマンスは「パワフルでカラフルだった」と評価され、マユカの努力が報われる結果となった。 一方、リクとモモカは厳しい評価を受ける。 特にモモカは実力を発揮できていないことを指摘され、「今まで努力が足りなかった」と涙を浮かべた。 「エネルギッシュなステージを披露するのが一番重要」とJ. Park氏が口にするのは、ITZYの「ICY」をミッション曲にパフォーマンスを披露するリマチーム。 アップビートでダンスも難しい楽曲だったが、良いチームワークで明るく練習を行った。 サプライズレッスンでもJ. Park氏から曲が合っていると言われたリマチームだったが、歌の経験がないリオは「歌の練習量を増やして自信をつけること」を課題として与えられる。 その後のレッスンでは、互いの足りない部分を補い合いながらレッスンに励んだ4人。 本番でも楽しむことを一番にダンスと歌を披露、J. Park氏も目を潤ませながらステージを見つめた。 特にリオはダンスを「力、正確性、柔軟性、雰囲気が全て備わっていた」と絶賛されただけではなく、「歌までも上手だった」と評価を受ける。 そして、メンバー全員が良い評価をもらったリマチームのステージが終わり、J. Park氏は「全員が誇らしいと褒めてあげたい」とした上で順位を発表。 検討の結果、最初にパフォーマンスを披露したマヤチームが1位に、個人ランキング1位はJ. Park氏に完璧だと絶賛されたマコが獲得した。 リオ(2位)、マユカ(3位)は大幅に前回からランクアップ。 その後も初めて上位にあがったメンバーが続き、リリア(9位)も初めてのキューブを獲得する。 一方で、これまで高評価だったミイヒやリクはランクダウン。 さらにモモカが再度13位を取ってしまい、ここで脱落となってしまった。 Park氏は「ここまで来たことを誇らしく持って、この経験を元にもっと頑張ってください」と声をかける。 メンバーが泣きながら別れを惜しむ中、涙を堪えてステージを降りるモモカ。 後悔を滲ませたモモカだったが、Nizi Projectについて「私の人生を変えてくれた1つのストーリー」と表現し、最後に笑顔を見せた。 第9話は6月19日配信。 残された12名が、デビューメンバーを選抜するファイナルステージに挑む。

次の