木下 優樹 菜 活動 自粛。 【全文】木下優樹菜、当面の芸能活動自粛を発表「自らの言動を深く反省」

木下優樹菜「芸能活動自粛」もインスタは荒れ模様 コメント欄には: J

木下 優樹 菜 活動 自粛

木下優樹菜 人気タレントが一般人に送った恫喝まがいのメッセージがインターネット上で晒され、物議を醸している。 事の発端は、タレントの 木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 テレビ局関係者は語る。 それだけに、過激な恫喝メッセージを一般人に送っていたことが暴露され、イメージはガタ落ちです。 文面的にもシャレですまされるレベルではなく、テレビ局はどこも起用自粛の姿勢になるでしょう」 今回の木下の行動は、脅迫罪などに問われる可能性はないのだろうか。 は次のように解説する。

次の

木下優樹菜“電撃ヌード”のお値段は? タピオカ恫喝に離婚…巻き返しへ起死回生 (1/2ページ)

木下 優樹 菜 活動 自粛

「え、何? すげー撮られたんだけど……」 6月中旬のお昼すぎ、都内の自宅マンションから車で出てきた木下優樹菜を直撃すると、おなじみのハスキーボイスが返ってきた。 マスクをつけていたため、はっきりと表情はうかがえないが、憔悴しきった様子はなく、その目は以前と変わらないように見える。 初めは驚いた様子だったが、逃げる素振りは見せず、少しの沈黙の後、覚悟を決めたようにゆっくりと話し始めた。 離婚後もフジモンとは同じマンションで暮らして ママタレとして絶大な人気を誇っていた木下が、表舞台から姿を消したのはトラブルが原因だった。 「昨年10月に実の姉が勤務していたタピオカ店でもめごとになっているところに介入し、オーナーの女性宛にツイッターで宣戦布告のように《事務所総出でやりますね》など、恫喝めいたメッセージを送ったことが発覚。 11月には、所属事務所が当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表しました」(スポーツ紙記者) タピオカ騒動に加えて、もうひとつ物議を醸したことが。 「サッカー日本代表の乾貴士選手との不倫疑惑です。 乾選手が彼女のファンを公言していたことから疑惑を持たれてしまったんです」(同・スポーツ紙記者) 日に日に木下への風当たりが強まる中、年末にはFUJIWARAの藤本敏史との離婚を発表した。 「'10年に結婚して'12年に長女、'15年に次女が生まれ、おしどり夫婦として有名でした。 離婚の原因は、騒動とは関係なく、芸能活動をする中で生じたすれ違いだったそうです。 親権は木下さんが持つことに。 「藤本さんに対して未練はありませんよ。 ただ、コロナ禍で以前のように気軽に友達と会えなくなったので、子どもに関する相談をできるのが彼ぐらいしかいなかったのでは」(木下の知人) すべての発端となったタピオカ店とのトラブルは、まだ解決していない。 「一部のメディアで、オーナー側が木下さんを訴える方向で話を進めていると報じられています。 早ければ、6月中に訴状を提出する可能性もあるそうです。 昨年末から弁護士を立てていましたが、コロナの影響で話が前に進まなかったようです。 しかし、緊急事態宣言が解除されたことで、本格的に訴訟に向けて準備を進めているのでしょう」(ワイドショー関係者) 都内にあるタピオカ店のオーナーに話を聞いた。 裁判になった場合、木下はどんな罪に問われるのだろうか。 『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士に話を聞いた。 「500万人近いフォロワーがいるインスタグラムで《もうこのお店には行かなくていい》と投稿したことは、お店への名誉毀損罪や威力業務妨害罪にあたる可能性があります。 ツイッターのダイレクトメッセージで送った《事務所総出でやる》《認めるとこ認めて筋くらい通しなよ》などは脅迫罪や強要罪にあたる可能性が。 ただ、告訴には期間制限があり、犯人を知った日から6か月がたつと告訴できなくなります」 騒動から半年以上たったいま、刑事事件として告訴されることはないということだ。 ただ、民事の場合はこんな可能性が。 「オーナー側が精神的苦痛をこうむったことに対する慰謝料請求が考えられます。 また、この件でお店の営業に支障が出て、店側の収入が減っていれば、金銭的な賠償を求めることもできます」(坂口弁護士) その場合、慰謝料はどれくらいの額になるのだろう。 「投稿の内容のほか、木下さんが悪意を持っていたのか、事実誤認だったのか、事実誤認であればその不注意の程度によって慰謝料の金額は変わります。 また、事後的に訂正や謝罪をしたかという事情も加味されます。 彼女の場合、インスタグラムで撤回と謝罪のコメントを出しました。 多くのファンに向けて、芸能人が一般人を名指ししたのですから少なくとも100万円程度は認められるのではないかと思いますが、裁判所が彼女の撤回と謝罪を重視すれば、あまり大きな金額になるのは難しいのでは」(坂口弁護士).

次の

木下優樹菜、活動自粛も“裏切りの矛盾言動”疑惑浮上で事務所もお手上げ!?

木下 優樹 菜 活動 自粛

実姉の勤務していたタピオカドリンク店に暴言ともとれるダイレクトメール(DM)を送り、ネット上などで騒動になっていたタレントの木下優樹菜(31)が18日、所属事務所を通じ当面の間芸能活動を自粛することを発表した。 騒動の発端は、今年7月にオープンした都内のタピオカドリンク店でのトラブル。 店のオーナーがいる中、木下は、従業員である実姉の店がオープンしたように自身のインスタグラムで宣伝した。 その後、実姉は店側との溝が深まり退職したが、それに対し木下が激怒。 SNSで「ウチらを怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」などの暴言DMを送付した。 10月に騒動が明るみに出て、舞台やイベントの降板に発展した。 最近の木下について関係者は「精神的にも落ち込んでおり協議した結果、仕事ができる状態ではないと判断した」と語っている。 事務所は「本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆さま、およびファンの皆さまにご迷惑をおかけしたことを深く反省をしており、引き続き相手の方に対して、誠心誠意対応していく所存でございます」と謝罪。 木下も「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います」とした。 木下はTBS「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(木曜後8・00)とAbemaTV「こじらせ森の美女」(土曜後11・00)にレギュラー出演中。 TBS担当者によると2週分収録済みで、出演シーンはカットする。 AbemaTVは収録済みの分を放送後、出演者を交代するという。

次の