こっ 粗相 症。 本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」

【骨密度とは】平均値は?減った骨は増やせる?

こっ 粗相 症

骨粗鬆症とは? 「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」とは、骨の強度が低くなることで骨折しやすくなる病気のことを言い、骨粗鬆症になると骨の内部がスカスカの状態となって密度も弱く脆くなるため、ちょっとしたことがきっかけになって骨が折れやすくなってしまいます。 骨粗鬆症になる可能性は、年齢を重ねれば重ねるほど高くなり、50歳以上の女性に特に多く、およそ3人に1人の割合で骨粗鬆症の症状が見られるようになっているため、更年期以降の女性にとって身近な病気であると言えます。 骨粗鬆症になると、背骨(椎体)の骨折が起きやすくなり、椎体(ついたい)骨折の多くは、脆くなってしまった椎体が上下に押しつぶされたように骨折する「椎体圧迫骨折」であり、この椎体圧迫骨折が起こると、身長が低くなったり背骨が曲がってしまうのです。 この椎体骨折は、50歳以上の日本人女性に多く起こりやすく、およそ3人に1人の方の身に起こるとされています。 椎体骨折の原因として挙げられるのは、軽いものであっても腰を曲げた姿勢でものを拾ったり、腕を伸ばして頭上のものを取ろうとするなどの、日常生活の中で何気なく行う動きであることも多いため、日頃から自分自身の動作に注意することが大切になります。 骨粗鬆症の原因 骨は一度できたらずっとそのまま変わらずに存在するわけではなく、実は常に作り変えられていることを、ご存知でしたでしょうか? 骨は「骨吸収(こつきゅうしゅう)」と「骨形成(こつけいせい)」を一定のサイクルに沿って繰り返しており、骨吸収は骨を壊す役割を、骨形成は骨を作る役割を担っています。 この骨吸収と骨形成による新陳代謝のバランスを保っているのが、「エストロゲン」という女性ホルモンですが、女性は閉経をすることでこのエストロゲンの分泌量が減っていきます。 エストロゲンの分泌量が低下し、以前のような働きができない状態になると、骨の新陳代謝のバランスが崩れてしまい、骨を作る骨形成よりも、骨を壊す骨吸収のスピードの方が上回り、その結果骨密度が低くなって骨の強度が弱くなるのです。 この状態がまさに骨粗鬆症であり、エストロゲンが急激に減るということの少ない男性よりも、閉経という特有の身体の変化を迎える女性の方が骨密度の減少が大きいため、骨粗鬆症は特に女性に多い病気であると言えます。 また、最近では「骨質(こつしつ)」と呼ばれる骨の質が悪化すると、骨の強度が低下することがわかってきており、この骨質を低下させる原因として挙げられるのが生活習慣病なので、生活習慣病を患っている方は骨粗鬆症にも注意する必要があります。 骨粗鬆症の症状 骨粗鬆症という病気そのものによる症状というものはないですが、骨粗鬆症になることで骨折しやすくなったり、骨折がきっかけとなってさまざまな症状を引き起こすことがあります。 また、骨折をしたことで初めて、そもそも自分が骨粗鬆症になっていたということが判明したという方も多いため、自覚症状はないものの骨粗鬆症になっているというケースも少なくありません。 骨粗鬆症の方が骨折しやすい代表的な部位は、「背骨(ついたい)」「手首(橈骨)」「腕の付け根(上腕骨)」「足の付け根(大腿骨近位部)」の4つであり、この中でも背骨(椎体)を骨折する方は多いです。 この背骨の骨折は、尻もちをついたり、重いものを持ったりといったことだけでなく、日常生活の中で大きな衝撃を受けていなくても生じることがあり、骨粗鬆症によって脆くなっていた背骨(椎体)が上下に押しつぶされるように骨折してしまいます。 骨粗鬆症による背骨の骨折(椎体骨折)は、一ヶ所だけではなく、その周りの椎体の骨折も重なることがよくあり、身長が縮んだり、背骨が曲がったり、慢性的な腰痛の原因になったりします。 手首や腕の付け根、足の付け根といった部位の骨折は、転倒がきっかけで生じることが多く、特に足の付け根を骨折してしまうと、歩行困難や寝たきりになる可能性があるので、日々の生活の中での動作に気をつけるようにして下さい。 骨粗鬆症の予防法とは? 転倒防止の対策を行う 骨粗鬆症を自覚するきっかけは骨折をした際などであることが多いですが、骨折後に気づいたとしても、時すでに遅しとなる場合もあるため、骨粗鬆症の自覚のあるなしに関わらず日頃から骨折をしないように気をつける必要があります。 この骨折の原因で多いのが転倒によるもので、特に高齢の方による転倒の原因で多いのが、何かにつまずいた、足が滑ったというものが多数であり、その他にもめまいやふらつきによるもの、足を踏み外してしまったという動作なども挙げられます。 そして転倒する場所は、段差の少ない室内であったり、平坦な道路などがとても多いことから、障害物などのない道や慣れた部屋などの何でもないところで、つまずいたり滑ることで転倒してしまうということになります。 そのため骨折を避けるには、まずは膝や足の痛みやめまい、白内障といった、転倒の原因となりやすい病気がある方は可能な限り治すことや、運動で筋力をつけて転倒しにくい身体を作ること、また、ふらつきや眠気を引き起こす作用のある薬を飲んでいる場合は、夜間のお手洗いへの道といった見通しの悪い場所を歩く際に気をつけるようにするといった、転倒を防ぐ対策を行うことが大切になります。 日光浴を習慣にする 骨を強くするにはカルシウムの摂取が大切ですが、そのカルシウムの吸収を助ける役割があるのがビタミンDであり、ビタミンDは日光を浴びることで身体の中で作られます。 そのため、適度な日光浴を習慣にすると、健康な骨を作ることに繋がりますので、冬場は30分~1時間程度の散歩を行ったり、夏場は木陰で30分ほど過ごすようにするのが望ましいです。 美容のために紫外線を過度に避けている方や、室内で過ごすことの多い高齢者の方などは、ビタミンD不足が特に心配されるため、積極的に外出して適度に日光浴をするようにしてみて下さい。 定期的に骨密度の検査を受ける 骨粗鬆症の症状が見られなかったとしても、特に女性は年齢が40歳を過ぎた頃からは骨密度の検査を定期的に受診するようにして下さい。 自治体などで40歳以降の女性を対象とした、骨密度検診をおよそ5年刻みで行なっているところが増えているので、ご自身が住む地域の保健センターなどに問い合わせてみると、検診について確認することができます。 この骨密度検診は、特に閉経後の女性においては、年に一度の頻度で検診を受けることを特にお勧めしていますので、ぜひ受診するようにしてみて下さい。 骨粗鬆症を予防する食事 厚生労働省の栄養に関する調査では、現代の日本人は糖質やタンパク質を始め、脂質やミネラル、ビタミンといったあらゆる栄養素を十分に摂取できている一方で、カルシウムの摂取量だけが必要量を満たしていないという結果が報告されています。 骨粗鬆症の予防や治癒のためには、カルシウムの摂取は欠かせませんし、そのカルシウムを体内に効率よく吸収するためにはビタミンDも必要なので、カルシウムやビタミンDを多く含んでいる食品を積極的に摂ることが重要です。 ただ気をつけるべきは、カルシウムだけが足りないからといってそれだけを集中的に摂るのではなく、さまざまな栄養素を含んだ食品をバランスよく食べることをベースとした上で、意識してカルシウムを摂取するというスタイルが理想的なので、「カルシウムが足りないから、一番に優先してできるだけたくさん摂ろう」という考えはあまりお勧めできないということを、ぜひ頭に入れておいて下さい。 骨粗鬆症は、骨密度が低下することで引き起こされるため、骨密度を下げない食事を習慣にすることが、骨を強くし骨粗鬆症の予防へと繋がります。 カルシウムを多く含む食品 牛乳、乳製品(ヨーグルトなど)、大豆製品、小魚、干しエビ、チンゲン菜、小松菜など。 ビタミンDを多く含む食品 卵、シイタケ、キクラゲ、サケ、うなぎ、サンマ、カレイ、メカジキ、イサキなど。 ビタミンKを多く含む食品 納豆、サニーレタス、キャベツ、ブロッコリー、ニラ、ほうれん草、小松菜など。 ビタミンKはビタミンDと同様に、カルシウムの吸収をサポートする働きを持っているので、カルシウムと共に積極的に摂取したいビタミンになります。 また、カルシウムとビタミンDを一緒に摂取することで、カルシウムの腸管での吸収率がアップしますので、セットで摂るようにすることをお勧めします。 一方で、年齢を重ねるにつれて少食になったり、食べ物の好みが変わるなどすることで、以前は十分に摂取できていたタンパク質の摂取量が減少するというケースが増えています。 タンパク質の摂取量が足りないと、骨密度の低下を促すことに繋がってしまうため、高齢と言われる年齢に差し掛かってきたら、タンパク質を意識的に摂取するようにして下さい。 そしてタバコを吸うことは避けるようにして、アルコールやカフェインを多く含む飲料の多飲や、インスタント食品・スナック菓子の頻繁な摂取も、できるだけ控えるようにすることをお勧めします。 骨粗鬆症を予防する運動 丈夫な骨を作るためにはカルシウムを摂取することが大切ですが、運動も同じくらい大切です。 なぜかと言うと、身体を動かすことによって力が骨にかかると、マイナスの弱い電気が骨に生じ、その電気がカルシウムを呼び寄せる働きをするからです。 それに加えて、運動をすることによって骨の血液の流れが良くなり、その血流の良さが骨を作る細胞の働きを活発にしますし、運動をすると筋肉が鍛えられるので、姿勢が良くなって身のこなしも良くなり、その結果転びにくい身体を作ります。 このように運動は、強い骨を作るために重要な役割があるため、若い頃にあまり運動をする習慣がなかった方や、病気などで長期間伏せていることが多かった方などは、骨が弱くなっていて骨折しやすくなっている可能性が高いので、骨粗鬆症を予防するためにも日常生活の中で身体を動かす習慣をつけるようにして下さい。 骨を強くする運動として、高い効果が期待できるのはたとえば重量挙げなどの身体への負荷が大きいものと言えますが、ウォーキングや自転車などの手軽に行える運動でも十分効果が期待できるので、まずは散歩などから始めてみるのをお勧めします。 また、散歩などのまとまった運動をする時間が取れないといった方は、掃除や洗濯などの家事で動くだけでも骨を強くすることが可能なので、日々の生活での動作を活動的にする工夫をするようにしてみて下さい。 運動の内容も大切ではありますが、一番重要なのは身体を動かす習慣をつけて継続することなので、ご自身が毎日楽しく続けやすいと感じる運動を選ぶようにすることをお勧めします。 運動によって筋肉やバランス感覚がつくことで、転倒しにくい身体になるため、運動の習慣がなかった方は、まずは1日あたり30分程度のウォーキングや、買い物で自転車を使って1時間ほど乗るようにすることを心がけてみて下さい。 散歩やウォーキングをする習慣のあるお年寄りの方は、姿勢が良いため背中がきちんと伸びていて、骨が強化されていること、そして膝も伸びていて脚力も強いので、転びにくい身体になっているケースが多いことが明らかとなっています。 全く何の運動もしない方と、ウォーキングやエアロビクスといった軽いものでも運動をしている方では、将来の骨トラブルに見舞われる確率も大きく違ってくるため、無理に激しい運動をする必要はありませんので、ぜひ毎日の生活の中に身体を動かす習慣をつけるようにして下さい。 まとめ 骨粗鬆症の原因や症状、骨粗鬆症を予防するための食事や運動などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 骨が弱くなっていたり、脆くなっていることを自覚するのはなかなか難しく、骨折などの大きな怪我をしたことで骨粗鬆症が判明したというケースは、思っている以上に多いとされています。 骨は身体の土台とも言える重要な部分なので、日頃から骨を丈夫にする食事や運動を行い、特に女性は40歳以上の年齢になりましたら、骨密度検診などを受診して異常がないかどうかを確認するようにしてみて下さい。

次の

骨粗鬆症の処方薬は必要ない! 胃潰瘍や十二指腸潰瘍をはじめとする副作用の可能性に目を向けるべきだ|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

こっ 粗相 症

骨粗しょう症(骨粗鬆症)と治療薬 骨の構造と役割 ・骨の構造 骨はその構造全てが硬くて丈夫な訳ではない。 その内部はスポンジ状の穴が開いており、軽くて脆い。 この骨内部のスポンジ状構造となっている部分を海綿骨という。 海綿骨は強度はないかもしれないが、スポンジ状であるため骨が重くなるのを防いでくれている。 海綿骨により、私達の骨格の重さは平均7kgに抑えられている。 海綿骨の内腔には骨髄が存在する。 また、海綿骨の周りには硬くて丈夫な緻密骨が取り巻いており、緻密骨の外側を神経や血管が多く存在する骨膜が覆っている。 ・骨の役割 骨は骨格を形成することにより、体を支えている。 骨は体を形成するために必要不可欠であるが、その他にも重要な役割を担っている。 例えば脳は頭蓋骨に、肺・心臓は肋骨によって守られている。 これにより、血中のカルシウム濃度を一定に保つようにしている。 骨の代謝(骨形成と骨吸収) 鉄筋の建物であれば、古くなり取り壊すまで同じ鉄筋で建物を支え続ける。 それに対し、骨は「一度作ったら、ずっと同じ骨成分」という事はない。 骨は常に「 古くなった骨を取り除き、新しく骨を形成する」という作業が繰り返されている。 このように、古くなった骨を破壊してカルシウムを血液中へ溶かす工程を 骨吸収と言う。 この骨吸収を行う作業を 破骨細胞が行う。 骨吸収は、骨がカルシウムを吸収するという意味ではない。 実際にはカルシウムが血液中へ放出されるので、血液が骨のカルシウムを吸収するというイメージを持てばよい。 破骨細胞によって溶かされた部分へは、コラーゲン・リン・カルシウムなどをくっつけることで新しく骨を作る作業をする。 この工程を 骨形成と呼び、この骨形成は 骨芽細胞によって行われる。 骨粗しょう症の病態 骨粗しょう症とは、骨の量が少なくなることで内部がスカスカとなり、骨が脆く骨折が起こりやすくなっている状態(骨折が起こった状態)を指す。 骨の量は20代がピークであり、加齢と共にその骨量は減少する。 特に女性の場合、男性よりも全体的な骨量が少なく、 閉経によって急激な骨量減少が起こる。 老人の寝たきりとなる原因の上位に、「転倒による大腿部骨折」がある。 この骨折に骨粗しょう症が関係しているのは、言うまでもない。 この骨粗しょう症であるが、骨吸収と骨形成のバランスが崩れるために起こる。 ・骨粗しょう症の分類 骨粗しょう症は 原発性骨粗鬆症と 続発性骨粗鬆症の二つに大別される。 例えば、「ステロイド剤投与による副作用」や「卵巣の摘出」などによって起こる。 骨粗しょう症の治療薬 骨を形成するにはカルシウムが重要となる。 また前述の通り、骨粗しょう症では骨を形成する速さ(骨形成の速さ)よりも骨が溶ける速さ(骨吸収の速さ)の方が上回っている。 そこで、骨粗しょう症の治療薬としては「腸管からのカルシウム吸収量を増やす薬」、「骨形成を助ける薬」、「骨吸収を遅らせる薬」の三つが主に使用される。 ・活性型ビタミンD 3製剤 カルシウムを摂取したとしても、腸管から吸収されなければ意味がない。 そこで、腸管からのカルシウム吸収を促す薬が骨粗しょう症治療薬として使用される。 カルシウム吸収にはビタミンDが関わっており、日光に当たることでビタミンDが合成される。 このビタミンDは肝臓や腎臓で活性型ビタミンD 3となり、小腸のビタミンD受容体に働くことでカルシウム吸収が促される。 つまり、ビタミンD受容体を刺激することができれば、カルシウム吸収を促進することができる。 このような作用をする医薬品としては アルファカルシドール(商品名:アルファロール、ワンアルファ)、カルシトリオール(商品名:ロカルトロール)などがある。 このうち、ビタミンK 2が骨代謝に関わっており、ビタミンK 2製剤が骨粗しょう症治療薬として使用される。 ビタミンK 2は骨芽細胞に作用することで骨形成を促進する。 同時に骨吸収を抑制することで、骨代謝のバランスを整える。 このような作用をする医薬品としてメナテトレノン(商品名:グラケー)がある。 ・副甲状腺ホルモン(PTH) そもそも副甲状腺ホルモンは骨吸収を促進する役割がある。 血中のカルシウム濃度を上昇させるために、副甲状腺ホルモンが重要となるのである。 副甲状腺ホルモンによる骨吸収促進は「持続的に副甲状腺ホルモンが分泌されている状態」で起こる。 つまり、常に副甲状腺ホルモンの濃度が高いときに骨吸収が促進される。 ところが、 断続的に途切れ途切れで副甲状腺ホルモンを投与し、一時的にのみ副甲状腺ホルモンの濃度を高めると、その逆に骨形成が促進される。 副甲状腺ホルモンには「前駆細胞からの骨芽細胞への分化促進」と「骨芽細胞のアポトーシス抑制」の作用もあり、この骨形成促進作用のみが引き出されたと考えられる。 このような、副甲状腺ホルモン製剤による骨粗しょう症治療薬として テリパラチド(商品名:フォルテオ)がある。 参考までに、テリパラチドは一日一回投与で半減期は約42分である。 なお、テリパラチドを持続的に投与すると骨吸収が上回ってしまい、骨量は減少してしまう。 ただし、カルシトニン製剤としての効能・効果は骨粗しょう症の治療ではなく、骨粗しょう症によって起こる疼痛(腰や背中の痛み)の緩和となっている。 このような医薬品としてエルカトニン(商品名:エルシトニン)などがある。 ・イプリフラボン イプリフラボンは植物性ビタミン様物質であり、合成によって作られたフラボノイドである。 骨吸収を抑制する作用をもつ。 このような医薬品としてイプリフラボン(商品名:オステン)がある。 ・ビスホスホネート製剤 ビスホスホネート製剤は破骨細胞の働きを強力に抑えることで骨吸収を防ぎ、骨量を増やすことができる。 中~重度の骨粗しょう症に使用されるが、ビスホスホネート製剤は腸管からの薬物吸収が悪い。 そのため、「起床後すぐに服用し、その後30分は水以外を飲んだり食べたりしてはいけない」などの制限がつく。 ビスホスホネート製剤による骨粗しょう症治療薬として エチドロン酸(商品名:ダイドロネル)、アレンドロン酸(商品名: フォサマック、ボナロン)、リセドロン酸(商品名: アクトネル、ベネット)、ミノドロン酸(商品名:ボノテオ、リカルボン)などがある。 ・エストロゲン製剤 エストロゲンは女性ホルモンの一つであるが、エストロゲンは骨吸収を抑制する作用がある。 閉経後の女性は急激に骨量が減少するが、この主な原因としてエストロゲンの欠乏がある。 そのため、閉経後の骨量減少に対してエストロゲン製剤を投与すると骨量の減少を抑え、結果として骨量増加に繋がる。 このような骨粗しょう症治療薬としてエストラジオール(商品名:ジュリナ)などがある。 ただし、エストロゲンには乳がんなどの発がん性がある。 ・選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM) 前述の通り、エストロゲンは骨吸収抑制作用を示すが、それと同時に発がん性も示す。 そのため、子宮や乳房のエストロゲン受容体には作用せず、骨のエストロゲン受容体にのみ作用することができれば、エストロゲンによる発がん性を気にすることなく服用することができる。 このような骨のエストロゲン受容体に対して選択的に作用する医薬品に選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)がある。 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)としては、 ラロキシフェン(商品名:エビスタ)、バゼドキシフェン(商品名:ビビアント)などが使用される。 ビスホスホネート製剤のような服用時間や食事の制限はない。 主に女性の閉経後に起こる骨粗しょう症治療に使用される。

次の

骨粗鬆症

こっ 粗相 症

骨は、 "衝撃"を与えることでつくられます。 そのため、骨を丈夫にするために運動は欠かせません。 骨には、運動などの負荷をかけると強くなり、逆に負荷をかけないと弱くなるという性質があるからです。 運動によって骨密度が増加することがわかっています。 逆に、寝たきりの状態や、無重力で過ごす宇宙飛行士などは、骨密度が急激に減少しますので、運動には骨を守る大きな効果があるといえます。 また、運動には転倒予防の効果があり、骨折予防に重要です。 いろいろな運動を習慣的に続けるとよいでしょう。 骨を守るために効果的な運動は、衝撃や負荷の大きい運動です。 例えば、ジャンプがその一つです。 閉経前の女性では、1日50回のジャンプで上がったと報告されています。 ほかにも、バレーボール、バスケットボール、縄跳び、ジョギングなどが挙げられます。 しかし、 高齢の方の場合は、腰やひざを痛める可能性があるので注意が必要です。 高齢者にもおすすめの運動は、「背筋運動」、「片脚立ち」、「スクワット」です。 また、ウォーキングもお勧めです。 のんびり歩くのではなく、姿勢をまっすぐにして歩幅を広くし、リズミカルに歩くようにします。 階段の上り下りや散歩の時間を増やすだけでも、骨にはよい効果があります。 ただし、足元がふらついたり、バランスを崩しやすくなっている人、最近1年間に転倒したことがある人は注意が必要です。 まずは安全な運動で足腰を鍛えることから始めましょう。 筋肉がついてきたら、ほかの運動にも挑戦してください。

次の