プーアール茶。 プーアール茶.com

プーアル茶の賞味期限について | プーアル茶通販専門店 美麗館

プーアール茶

日本では健康茶としも親しまれています。 おいしい!と言って飲むことはもちろんですが、プーアル茶の効果を期待して飲む方も多いのではないでしょうか。 プーアル茶は研究により健康面への効果が発表されています。 ここではプーアル茶に含まれる健康によいと言われる成分と効果・効能についてご紹介したいと思います。 健康・アンチエイジング プーアル茶に限らず、お茶には抗酸化作用物質が豊富に含まれています。 この細胞の老化を防ぎ、若々しい体を保つなど嬉しい効果がたっぷりの抗酸化物質はなぜ生まれるのでしょうか。 茶葉が日光に晒されると、日光の紫外線などで酸化(=老化)が進みます。 それを防ぎ、葉を若々しく保つために生み出されるのが抗酸化物質です。 ポリフェノールやタンニン、茶カテキンなど、お馴染みの成分は抗酸化物質の一種です。 生き物は(正確には、酸素を使って生きる生物は)酸素を吸って大きなエネルギーを生み出し、成長することができます。 しかし、呼吸するたびに体内で活性酸素がどんどん生まれ、細胞を傷つけます。 紫外線などでも細胞は傷つき老化します。 我々はエネルギーを得る代わりに老いる宿命を背負っているのです。 それは生きていく上で避けられない宿命ですが、生物は傷ついた側から治す、防ぐという方向に進化しました。 抗酸化物質が含まれる食品を摂取するのも生体防御機構の一例です。 ぜひ日々の生活にこれらの成分を取り入れて体の老化を防ぎたいですね。 没食子酸の抗酸化作用 カテキンなどは緑茶にも含まれますが、プーアル茶が豊富に持つ独特の抗酸化物質が没食子酸(ぼつしょくしさん)です。 プーアル茶は放線菌や酵母菌などの働きで発酵させる特殊なお茶です。 お茶の渋み成分、タンニンが発酵すると酸化が進み、分解することで没食子酸が生じます。 タンニンは渋み成分で味を悪くしますが、没食子酸が生じると渋みは消えます。 没食子酸はポリフェノールの一種、抗酸化作用が高い物質で体内の老化を防ぐ効果が期待できます。 プーアル茶を飲んでも渋さを感じないのは没食子酸のおかげです。 抗菌・歯を強くする効果も! プーアル茶にはフッ素も含まれています。 フッ素といえば虫歯予防でお馴染みの成分ですね。 フッ素には歯や骨を頑丈にして、歯の再石灰化を促して虫歯を防ぐ効果が期待できます。 フッ素入りの歯磨き粉で歯を磨くのも良いですが天然のフッ素が入ったプーアル茶を毎日飲むと、同様の効果が期待できるのです。 さらにプーアル茶には細菌性下痢を起こす細菌にも効果があることが分かっています。 細菌に多く晒されるお子さんの健康にも大いに役立ちます。 小さな子だとお友達同士で風邪を移し合いすることも珍しくありません。 毎日プーアル茶を飲むことで細菌性の風邪を防ぐ効果が期待できそうです。 ぜひご家族でいっしょにプーアル茶を取り入れてみませんか。 あまり大量に飲むと胃が重くなることもありますが、プーアル茶は後述のリパーゼ酵素の働きにより脂肪を溶かし消化吸収を良くすることができるお茶と言われています。 食事中や食事後に適量飲むことで消化を促進させ、胃もたれを軽くします。 体を温め腸を活性化 なぜプーアル茶は便秘に効果が期待できるのでしょうか。 アイスコーヒーやアイスクリームばっかり食べていると夏でもどんどんお腹が冷え、便秘や下痢など様々な悪影響が出てきます。 腸は体が冷えるとどんどん動きが鈍くなるのです。 プーアル茶は体を温める効果があると言われています。 HOJOで取り扱うプーアル茶は、肥料を使わず育てた自然栽培茶です。 これら上質なプーアル茶には豊富なミネラルが含まれ、これが血流を改善します。 全身がホカホカ暖かくなり、顔が赤くなってくるほどです。 このような上質なプーアル茶は体を芯から暖め、腸を活発に動かす原動力となります。 腸が動けば冷えが原因の便秘は解消されていくでしょう。 消化酵素リパーゼが消化を促進 プーアル茶は普通の茶葉が発酵することで作られる特殊なお茶です。 発酵の過程でカテキンから没食子酸が生まれ、脂質を分解するリパーゼも生成されることが分かっています。 胃薬の成分で有名なリパーゼは自然界にも存在し、プーアル茶は中でもとても身近な存在です。 わざわざ薬を飲むよりもお茶でリパーゼを摂取したほうが体にも優しく、より安全ではないでしょうか。 ぜひ食べ過ぎる年末年始や宴会が多いお父さんにも勧めたいですね。 リラックス効果 プーアル茶は深いリラックス効果も期待できます。 体が暖まるとそれだけでも緊張がほぐれ、リラックスできますがプーアル茶の効果はそれだけではありません。 プーアル茶には2種類あり、日本で流通しているものの大半は「熟茶」と呼ばれる発酵茶です。 お茶に発酵を促す菌を合わせ、湿度を入れて発酵させたものです。 たいして中国で多く消費されているのは「生茶」です。 菌の力を借りず、作られます。 プーアル生茶は花のような香りを放ち、これら2つのお茶は全く違う香気を放つお茶です。 お茶を煎れる前から良い香りがするので、飲む前の香りを楽しんでもリラックス効果が期待できます。 また、HOJOのプーアル茶は完全無酸素のパッケージとなっています。 数年経つと徐々に香りが変化し、味にまろやかさが出てきます。 味わいの正体 プーアル茶の味わいの正体は何でしょうか。 様々な物質が影響していると言われています。 抗酸化作用のあるポリフェノール、甘味成分のテアニン、カテキンやカフェインなどが複雑に入り組み、独特の味わいを生み出します。 特にプーアル熟茶はカテキンが重合カテキンという渋みを感じない物質に変化しています。 他のお茶にはない円やかな風味はこの変化によるものです。 これらの効果は自然栽培茶だとより効果的 プーアル茶と一言で言っても産地、栽培された環境、気候などで風味は大きく変わります。 お茶の木は肥料を与えると大きく育ちます。 しかし栄養たっぷりに育てた茶葉はサイズが大きいばかりで甘み成分が少ないのが特徴です。 収穫量は上がりますが味わいという点ではいま一つ。 甘味やコクが少ないお茶になりがちです。 HOJOで扱うプーアル茶の多くは自然栽培茶や野生の木から採取したお茶です。 しかも年に一度だけ採取することがほとんどです。 自然栽培のお茶は肥料を与えた茶葉に比べるとずっと小さく、淡い色合いのが特徴です。 一見すると頼りなさげに見えますが、ミネラルやポリフェノールがギュっと詰まっています。 栄養が乏しい厳しい環境でゆっくり時間をかけて育った茶木だからこそ、プーアル茶しか出せないコクと味わいが生まれるのです。 もちろん農薬汚染もありません。 健康と味を気にするなら大自然の中で育つ自然栽培茶がお薦めです。 また、上質の春茶にはもともと渋味はありません。 強い渋味はお茶の美味しさを邪魔しますが、渋味がない上等な春茶ならお茶の美味しさを存分に楽しめます。 プーアル茶のイメージが「健康茶」から「美味しいお茶」「嗜好品」に変わること間違いなしです。 jstage. jst.

次の

プーアール茶

プーアール茶

私はプーアール茶をずっと飲んでいるおかげか、実は トイレが近くなるという感覚がわかりません。 でも、初めて飲み始めた人にとってはトイレが近くなったと感じるかも。 それも、デトックス効果のひとつなので心配することはないでしょう。 あと、体内のナトリウムを出してくれるので、 塩辛いものを食べるときに一緒に飲むようにするといいですよ! プーアール茶の効果効能その3:冷え性を改善 冷え性改善に効果のある成分はコチラ。 発酵茶:体を温める作用• 重合カテキン・没食子酸(もっしょくしさん):脂肪が吸収されるのを防ぐので、血液がドロドロになりにくい• タンニン:血流をよくして新陳代謝を活発にする• 鉄:酸素を体中に運んで、新陳代謝が落ちるのを防ぐ 私のオススメの飲み方は、「 ホットで飲むこと」です。 冷たいプーアール茶も美味しいんですけど、冷え性対策なら断然 ホットですね! 私は学生時代に寮生活をしていたんですが、寮の友達に「甘いものとかご飯とか食べる量が多いし、運動もしないのに 何で太らないの?」とよく言われていました。 実は私、飲み物だけは甘いものではなくてプーアール茶を飲んでいたんですよね。 それも、物を食べる時には 必ず。 それは今でもですが、変わらず 体型を キープできているのはプーアール茶のおかげでしょう^^ プーアール茶の効果効能その7:美肌効果 美肌効果のある成分はコチラ。 ビタミンB2:皮膚や粘膜を健康にする• ビタミンB6:健康な細胞をつくる• 重合カテキン・没食子酸(もっしょくしさん):老化の原因になる「活性酸素」の発生を抑える• メチオニン:活性酸素を取り除く まず、プーアール茶には 便秘解消の効果効能もあるので、老廃物が原因の吹き出物ができにくいですね。 眠りの質が落ちる(眠れなかったり、浅い眠りになるなど)• 胃もたれを起こす• 腹痛や下痢• めまい• 血圧の上昇• 不整脈• 肌荒れ などの不調に襲われることがあります。 妊婦さんの場合、お腹の赤ちゃんにも影響がでることがあるので特に注意してくださいね。 では、いったい どのくらいの量のプーアール茶を飲めばいいのでしょう? 基本的に、人間が1日に摂ってもいいカフェインの量は• 健康な人・・・およそ300mg~400mg• 妊婦さん・・・およそ 100mg となっています。 そしてプーアール茶のカフェインの量は100mlあたり• プーアール茶( 生茶)・・・およそ20mg• プーアール茶( 熟茶)・・・およそ15mg です。 ちなみに 生茶と熟茶の 違いは、• 生茶:茶葉を自然発酵させたもの• 熟茶:生茶にコウジ菌を混ぜて、さらに発酵させたもの になります。 日本のプーアール茶は、「 熟茶」が一般的なのでカフェインは少なめですね。 健康な人は 1日1000ml、妊婦さんは 1日500mlくらいを目安にしておくと安心ですよ^^ どうしてもカフェインが心配なら、薄めて飲んだりお医者さんに一度相談してみましょう! さて、プーアール茶の気になることがすっきりできたところで、今まで見てきたことを まとめておきますね。 まとめ プーアール茶の 効果効能 7つはコチラ!• 便秘解消• デトックス効果• 冷え性を改善• 免疫力アップ• ガンの予防• ダイエット効果• 美肌効果 プーアール茶は摂りすぎると• 眠りの質が落ちる(眠れなかったり、浅い眠りになるなど)• 胃もたれを起こす• 腹痛や下痢• めまい• 血圧の上昇• 不整脈• 肌荒れ などの 副作用があらわれる。

次の

プーアール茶の気になる味は?効果・効能、飲み方を解説!副作用や妊娠時の心配事は?|お茶ラボ

プーアール茶

「茶流痩々」は静岡 牧之原産やぶきた茶を100パーセント使用し、当園独自の製法でクリーンルームにてじっくりと「後発酵」させました。 成分に含まれる「重合ポリフェノール」「没食子酸」はスッキリ生活には欠かせない成分です。 油っこい食事や甘いものが好きな方にはピッタリ。 健康維持をしっかりサポートします。 お茶には4種類のカテキンが含有されています。 カテキンガレード 2. エピガロカテキンガレード 3. ガロカテキンガレード 4. エピカテキンガレード 【プーアール茶のエピガロカテキンについて】 プーアール茶を発酵すると、上記1〜4と5〜8 ガレード が分離します。 分離した時点で発酵を止めるためにガレード 渋み成分 が少なくまろやか味になります。 分離してガレードが離れたカテキン類 1〜4 が重合して重合ポリフェノールになります。 没食子酸は、エピガロカテキンガレードが変化してできています。

次の